カテゴリー「 佐賀のカレー屋さん」の6件の記事

2010年12月30日 (木)

ラジャ(RAJA) (Θ)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ21)

佐賀の「モラージュ佐賀」というショッピングモール内にある「ラジャ(RAJA)」、オールド「アバシ」さんファンなら おそらく知っておられるかも知れませんが?、あのアバシさんがやっておられるお店です。(詳しくは、「きょへき」さんが記事にされておりましたので、こちらをご参照下さい)

「きょへき」さんの記事にある様に、初期の「アバシ」さんの味がお好みの方には、ココのお店って たまらないかも??

もちろん、自分も「そう言えば、こんな感じだったっけな~・・・」って、その頃の記憶がちょっぴり甦りました・・・(詳しくは言えませんが、自分 何故かいろんな事があったんですよね~・・coldsweats01

自分が行った時にも、その頃からのファンの方々が来られてる様で、確かに今の「アバシ」さんとは、いろんな相違点があります。

ぶっちゃけ、自分の様な「マニア?」な人間からすると、やっぱり 大まかに言えば同じ系統に感じちゃうんですが(;´▽`A``、日頃 他のインド料理屋さんとかには あんまり興味が無い、「本場のカレー=アバシさん」ってな感じの方々からすれば、その辺が 福岡から佐賀まで足を運ばせるポイントなんでしょう!(きっと)

・・ってな訳で、自分が説明するまでも無く、こちらも日本人好みに調整してある「マイルドミルキー系」な感じなので、「ガッツリ本場」が苦手な方や、インド料理デビューにはイイんじゃないでしょうか?(・・ただ、ショッピングモール内=繁盛店(お客さんが殺到する)ゆえ、ホールの店員さんは、日本人・本場の方共に、もうチト オペレーションや商品知識について考えた方がイイのかな~?って感じちゃいましたケド・・sweat02(中にいるコックさんの方が、気遣いレベルが上って言うか、彼等特有の気遣い&プロフェッショナル感が・・・coldsweats01) )

そして、どんどん「ガッツリ系」に馴染んで行き、最終的に 自分の様な「マサラ中毒」になって行って欲しいものです・・・(エッ!?、それはそれで困るって??・・
\(;゚∇゚)/)

・・ま、自分が驚いたのは、何と言っても この「モラージュ佐賀」というショッピングモールっスよ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

同じ九州なのに、福岡のショッピングモールしか馴染みが無かった自分には、「贅沢すぎるレイアウト(通路&店舗配置)」がメッチャ衝撃的でした!(福岡にも広々した施設は多いのですが、どちらかと言うとコチラの感じの方が 気持ちイイ(豪快な)スペース使いで、個人的には かなり好き(ジャストミート)な感じです!goodshine

そして、「きょへき」さんが記事にされてた、輸入食材店「Jupiter」!!

ココが凄い!!(゚0゚)

天神とかのデパ地下にあるお店なんか目じゃない充実感!、今までココより(品揃えのセンス等で)満足感のあるお店って無かった気がします。shineshine

スパイス類や紅茶なんかの品揃えもそうなんですが、特にレトルトカレーのチョイスが素敵なんですよね~!good

プロ御用達の業務用食材店よりもランナップが充実してるので、各種業務用の食べ比べとか、マニアックなレトルトにチャレンジするには、最適なお店だと思います。(マジ凄い!)

ぶっちゃけ このお店、マジで近所に来て欲しいっス!!bearing

ё 佐賀県佐賀市巨勢町牛島730 モラージュ佐賀 北館(レストラン街)

  0952-27-7303

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

アムール (◇)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ18)

佐賀県多久市の 「アムール (COFEE&PATIO DINING AMOUR)」、以前記事にした武雄のお店を探している際に、偶然発見したお店です。

一見「ちょっと大きな喫茶店なのかな?」ってな印象だったんですが、入ってビックリ!! 昭和46年からやっておられるらしく、どちらかと言うと喫茶とかカフェと言うより 老舗洋食店ってな感じです!

こりゃ~「カツカレー」しか無いな!(・・って、こういうお店じゃ絶対カツカレー注文しとるやん!)と思ってたら、メニューにあったのは「とんかつカリー」という どちらかと言うと「とんかつ」メインっぽい感じのメニューでした・・・sweat02

ナンとライスが選べるみたいですが、メニューの写真を見た感じでは ナンは市販品っぽい(ま、当然か!?)&基本 ご飯しか注文しないので、コイツをライスで注文してみました。(あと、看板メニューっぽい「ビーフカリー」も当然注文!)

先に出てきた「ビーフカリー」は、土鍋的ソースポットに入ったグツグツ状態で登場!spa

前菜的に盛ってあるプチライスでまず楽しんでから、別皿の「バターライス」でガッツリ食べるという 何とも粋な趣向が凝らしてあります。

そうこうしてると、「バターライス」・「サラダ」・「大きくて分厚いとんかつ」が盛られたお皿と、「ステンレス容器に入ったカレーソース」ってな組み合わせで盛り付けられた「とんかつカリー」が到着、共にめっちゃ美味そうです!

ぬおぉ~!たまらん、いざ実食!!

ウメ~!!、ってか何じゃこの「とんかつ」!!、専門店クオリティーじゃんsign03(もちろんカレーとの相性もバッチリです!)

カレーソースは、想像通り デミグラス的な甘酸っぱさが美味しい洋食屋さんタイプで(5日間かけて仕上げてるらしい)、バターライス&トッピングと融合するとかなり完成度が高いっス!good(ウメ~!)

更に「ビーフカリー」の方は、土鍋ポットのパワーからか?香ばしさがア~ップ!up、こちらの方が もうワンランク完成度が高いっス!goodshine(さすがメインメニューってなトコロしょうか?)

・・で、コイツのお肉が これまたトロットロで美味しいの!!happy02(たまらんね!)

特筆すべきはお店の方の接客で、すっげ~丁寧なんだけど ローカルな雰囲気が醸し出された何とも心地イイ感じなんですよね~!

何かね、味とか雰囲気とかのトータルバランスが「がばい」です(笑)。(程好い美味さ、程好い接客、程好い価格、程好いインテリア)

自分が行った時には、厨房の方から聞こえてくる音の多くが「ハンバーグを調理していると思われる音」だったので、おそらくハンバーグもめっちゃ美味しいのでしょう・・・(って言うか ココ絶対全部ウマイと思うshine

ё 佐賀県多久市北多久町大字小侍666-42

 0952-75-4881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

オ〇ラ〇タン

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ12)

武雄にある「オ〇ラ〇タン」、何と表現して良いのか分からないですが、カレー・ピザ・パスタのお店です。

ココとの出会いは偶然で、以前 長崎の生月島のカレー屋さんに行った帰り道、なんか面白いお店がないかな~?っとダラダラ帰ってる途中にたまたま発見しました!flair(超気になる点があったので、絶対に行こうと決めてたお店っス)

何が超気になったのかと言うと、一見(よく地方にある)喫茶店風のお店なのに、「インドカレーのお店」という看板がデカデカと掛けてある点・・・(コ!・・コレは!!!)

そう、コレはマニアな域でカレーを愛する方ならピンflairとくるであろう、(前回の記事にも書いた)今では絶滅危惧種である「何故インド??なカレー店」の貴重な合図なのです!(どう見ても普通の日本式カレーなのに、インドカレーって書いてあるお店の事っス)

かつては普通にあったんですが、インド料理屋さんが進出してきたせいか?都市部では随分減ってしまいましたweep (※ 詳しくは、先日の「聞きたい」という記事参照)。

・・・、何でココが「インドカレー」なのか知りたい!typhoon(もやもや)

で、行っちゃいました。(ココだけのために行くには結構遠いsweat02carsweat01dash

結構広いお店で 厨房も結構デカイっス、早速メニューを見ると・・・!!キタ~~~!!!

凄い!凄すぎる!!、「インドカリー」・「オリジナルカリー」・「ベーシックカリー」とカレーのベースごとにメニューが数種ずつ分けてあるのですが、「インドカリー」のメニューが、「エビとトマトのタイ風カリー」・「キノコとトマトのキーマカリー」・「ナスとトマトのキーマカリー」の3種類で構成されているではないですか!!!coldsweats02

もうお気づきですよね?・・・・・、「インドなんかい!? タイなんか~い!?annoy

・・・sweat02、虫も殺せないピースフルな僕は、そんな事気にせず「カツカリー」を注文しましたが・・・coldsweats01 (って、ドコ行っても「カツカレー」しか頼まんやろが~~!)

もちろん「何故インド?」が知りたいので「キーマカリー」の方も注文しましたので 早速食べてみますと・・・、う~~ん・・トマトが効果的に使われているしスパイス感もあるので(挽肉は合挽きっぽいけど)、「コレがインドカリーだ!」と言われれば 「はぁ~そうなんですか・・・(--;)」ってな微妙なラインsweat02、普通のカレーを(自家製カレー粉使用とかで)ちょっとだけスパイスにこだわって「本格インドカレー」って自慢げにやってるトコと違って「絶滅危惧種」的なお店では無いのは、嬉しいと言うよりチト残念な気も・・・

しかし、ピンとくる点が!・・・、それは「カツカリー」の方を食べて確信する事になりました!

「コ!コノ香りは!」・・、インドの某スパイス会社が主に対外向けで製造しているアル商品では!?

あくまで推測に過ぎませんが、もしかするとインド製のミックススパイス(ガラムマサラ等)を使用して それとなくインドっぽく作成しているので、「インドカレー」なのかも知れません・・・(インド製のカレー粉で作ったカレーなら、確かにある意味「インドカレー」っス!)

肝心のお味はと言うと、普通&かなり重めな印象・・・、平日のランチだと699円なのですが、ランチタイム以外では共に1240円とかなりお高め!で、ウチの近所だと難しい価格設定っちゅうのを考えると、「近所だったらランチで行く」ってなトコでしょうか・・・(チト厳しいけど、高すぎるよ~bearing

で、支払いの際 推測が少し正解だという証拠を発見!、なんとお土産モノが並んでいる棚のディスプレイなのか?そのメーカーのガラムマサラが置いてあるではないですか!!coldsweats02 (推測した自分が一番ビックリだったりもする)

でも今回マジでピンときちゃいました!good、・・・何故かって?

自分もこの商品何個かゲットしてたんだけど、あまりに(自分のストライクではない)個性的な香りがする配合だったんで、自宅で眠ってるんです~~~!!(使い切れね~!crying

わざわざ行くのはオススメしませんが、近くに行かれた方は「カツカレー」でその香りを堪能してみて下さい(スパイスっぽくない強い香りがソレです)。

ё 佐賀県の武雄北方インターそば(お店の前にバス停があります)  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

田園 (Θ)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ6)

佐賀県鳥栖市にある「カレーハウス 田園」、“木のお家”ってな感じの外観が印象的なお店です。

カレーは洋食屋さんタイプで、洋食メニューも楽しめます。

どちらかと言うとデミグラスよりな味で、ビーフ・玉ネギ・ニンジンがいい感じにとろけてるカレーソースは、いろいろ選べるトッピングメニューとの相性抜群! なかでも唐揚げがうまかったです。

辛さは調整用のソースで自分好みに変えられるんですが、このソースはイイ感じの苦辛さで違和感なく自然に溶け込むので、辛いのがお好きな方にはオススメ!

何だかほっとする味と雰囲気。

のんびり過ごしたい休日なんかに良さげです。

追伸: 何度行ってもほっとするお店っス、やっぱ美味しいhappy02

ё 佐賀県鳥栖市蔵上町字野田620-10(福岡からだと、旧称「鳥栖~筑紫野有料道路」のバイパス沿いの、白玉饅頭の交差点を右折してすぐのトコにあります)

 0942-81-5475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ビスヌ (〇)

“カレーましん「まらじ」”の福岡カレー解析(その35)

インドレストラン「ビスヌ」、久留米(2)・小郡・佐賀・熊本(3)・長崎・鹿児島に9店+大阪・春日の「ハリー」+鳥栖の「ニューデリー」と、かなり店舗展開している“ビスヌ・グループ”のお店です。

「ハリー」の記事にも書きましたが、マイルドでスタンダードなインドレストラン料理です。

※ 自分が日本でのスタンダードと言っているのは、まずタンドールがあってなんぼの、インド北部(デリー辺り)の高級なレストランの料理を、日本の食材や舌に合わせてリメイクしたお店の事で、インドの家庭で食べられている料理とは相反する、インド外食料理の日本版スタイルの事です。

解析してみると、ナン(結構厚めのタイプ)・カレー(マイルドなんですけど、しょうが等のペーストの舌触りが若干残っているタイプ)・タンドリーチキン(表面が朱色の少しパサッとしているタイプ)と、好みを決める基準にしやすいです。

もっとパリッと薄めのナンが好きな人もいるだろうし、マイルドすぎるカレーよりこういった具の舌触りが心地よい人もいるだろうし・・・、全体的においしくてハズレがなさそうだから、ココを基準にしつつ いろいろ食べ比べると、自分の好みがだんだん分かってくると思います。

内装もきれいだし、料理もおいしい、・・・お値段と数時間後の胃の調子が、やっぱりチト気になりますが・・・

とりあえず2店(後は調べてね・・)

ё (百年公園店) 久留米市百年公園1-1 (0942)-37-0369

  (佐賀店) 佐賀市駅南本町2-1MT-16 

        (0952)-28-2150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

白山文雅 (◎)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ5)

「白山文雅」、佐賀にある全国区の超有名店、ついに登場!!

ここは、「シャトー文雅」、「ヌーベル文雅」と系列店?だと思うんですが、元有名ホテルのシェフ~独立してフレンチレストラン開業~大人気だったカレーの専門店に変更という過程を聞いただけでも、カレー好きとしては1度は行きたい憧れのお店です!

カレーの種類も多いですが、もちろんフレンチのコース(要予約)もあり、近くだったら全メニュー制覇したい・・・ その位美味しい!!

特に欧風カレー好きだと、「ここが1番!」って方も多いと思います。

お肉がゴージャスな「文雅カレー」は、代表メニューだけあって甘みがある奥深い味わい!
「セイロン風チキンカレー」は、マイルドかつ ちょっぴりスパイシーでしかも安い!
個人的にオススメの「辛口ジャワカレー」は、具の薄切りのお肉とスパイスの辛味が絶妙です!(他にも「森のきのこカレー」etc… メニューも豊富です)

高級感溢れるコチラのカレー(メニュー)、お値段が高いとおっしゃる方も 時々いらっしゃるみたいですが、レーズン等がトッピングされたバターライスが自由におかわりできたりする事を考えると、他の専門店と比べても決して高くないと思います!(・・と言うか、納得の味ですよ!)

巨匠と呼ぶべきシェフが作るカレーの数々・・、コレは さすがに真似できないな~・・・
・・と言うより、食べに行った方が絶対ウマイな~!(脱帽)

さらに帰ってからも、欧風カレーにありがちな“もたれる感じ”もなく、凄い人がいるもんだな~・・と感動! 

佐賀まで行く価値アリアリなお店です!(マジで超ウマイです!)

ё 佐賀市白山1丁目2-1(八幡神社角)

 0952-23-4789

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)