カテゴリー「 長崎のカレー屋さん」の6件の記事

2012年7月16日 (月)

夕月 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ28)

カレー好きなら長崎の超老舗カレー店として誰もが知っているであろうお店・・・、「カレーの店 夕月」。

店名でピンと来ない方でも、長崎の「オレンジ色のカレー」と言えば、「あ~!アソコね!!」・・とピンflairと来るのではないでしょうか・・?

そう!、「オレンジ色のカレー」のお店だから「夕月」とcoldsweats01、その店名は めっちゃ分かり易いのだけど、ここのカレーを説明するのは チト難しいとです・・・sweat02

そもそも、「ココのカレーは、カレーなのか・・?」という疑問さえ残るそのカレー・・・sweat02

カレーやシチューを、「市販のルウ」を使わずに 一から作ったことのある方(もちろん、そんなものが市販されていない時代から食べておられた方や、お婆ちゃんのカレーを食べていた方もです)なら、「あ~!・・・」だとか「懐かしい」という印象を持たれるかも知れないですが、もし自分が そんなもなぁ~知らない若者だったら、(個人的には)「一般的なカレー風味ではないけれど、少しスパイスのきいたオレンジ色のスープシチューご飯」という印象を持っていたかも知れんとです・・わりとマジで・・・(;´▽`A``

・・ってな感じなのでsweat02、(あくまで個人的にですがcoldsweats01)「素カレー」だと 食べてる途中に少し飽きてくるかな・・?(コレは、トッピングが欲しいところ)

でもこだわりのルウとは違い、トッピング(揚げ物類)には そんなに凝られていないっぽいので、全体的には微妙な印象が残る・・かな・・・?( ̄◆ ̄;)(あくまで個人的にですよ!coldsweats01

でも、「『何だかまた食べたくなってしまう』魔力が、このカレーにはある!!」・・ナゼだか知らんけど(笑)・・・(;゚∇゚)>

コノ辺が、「これまで生き残ってきた超老舗」である所以なのかも?知れないです・・・もちろん根拠はないですけど(;´▽`A``

店内には若者も結構多かったですし、「昔ながらの味」を懐かしむ方々だけでなく、その若者達も「お持ち帰りパック」を普通に数個購入して帰っていたので、その魔力は年代を問わず絶大な効力があるのかも知れません・・・

オリジナリティー番長 「夕月オレンジ」、恐るべし!!
Σ( ̄ロ ̄lll)


ё 長崎県長崎市万屋町4-12-2F(万屋町のアーケードの中です)

      095-827-2808 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

サン・ミッシェル (〇)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ27)

いきなりですがcoldsweats01、長崎のカレー屋さんのご紹介です!!sweat01

今回ご紹介させて頂くのは、大村市にあるカレーラウンジ「サン・ミッシェル」というお店で、大村と諫早を結ぶ景色の良い海沿いの方(バイパスじゃない37号線の方)の道沿いにあるお店です。

ま~!何と言ったら良いのでしょうかね~!?、大村湾を見下ろす小高い丘の上とでも言ったら良いのでしょうか・・?、店内からも地中海的な景観が楽しめるイイ感じの立地でgood、やはりドライブの途中でと言うか・・それこそ自家用車でしか来れないと思いますので(笑)、長崎カレーツアーを開催する際には是非!!shine

肝心のカレーですが、「マイルドソース」、「ピリ辛ソース」、あと「焼きカレー」から選べる感じでした。

「マイルドソース」には、「カツカレー」・「ビーフカレー」・「シーフードカレー」等々…いろんな具材のカレーがラインナップされてます。

一方 「ピリ辛ソース」の方は、「チキンカレー」と「ベジタブルカレー」の2種類から選択する形となってます。(共にサラダ付きっス!)

「マイルドソース」は、フルーツの甘さが強めな感じで、ぶっちゃけ「普通っぽいこだわりのカレーを出されてるお店なのかな・・?」ってな感じで訪問させて頂いてた事もあって、予想外に本格的な欧風カレーでビックリ!!Σ(・ω・ノ)ノ!(すみません、てっきり「立地ありき」なお店かと・・o(_ _)o )

個人的には、トロトロの玉ねぎとスパイス感が絶妙な「ピリ辛ソース」の方(コチラは 甘めな欧風タイプではなく、しっかりスパイシーなタイプのカレーです!happy02)がかなりストライク!!baseballshine

辛さも、ほんのり汗ばむ感じのナイスな辛さで、実にイイ!!goodshine

美味ス!!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

何だよ いきなり「美味ス!!」って・・・(笑)

・・んで、「薬味」も 「ラッキョウ」・「福神漬」けだけでなく、「パイン」やら「干しエビ」やら「クラッシュしたアーモンド」やらがあって、ついついイロイロと試してみたくなる面白さがあります!

「サラダ」には、手作りドレッシングが付いてくるのですが、コレもみかん?がきいててナカナカ面白い感じでした。

ちなみに、トッピングするなら「ゴボウのフリッター」がオススメでやんす!!good

「マイルドソース」のカレーメニューにもあるのですが、カレーとの相性が思いのほか良く!、かなりお気に入りです!(きっと次に行く時も、「ピリ辛ソースのチキンカレー」に「ゴボウ」のトッピングだろ~な~・・・happy02

・・ってな訳でこのお店、マジでオススメでございます。happy01(長崎に行かれる際には是非!)


ё 長崎県大村市日泊町283-1

      0957-52-7517

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

ブラック (〓)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ23)

連休なので、久々の遠征だぜ~!!rocksweat01

・・ってな訳で、今回は佐世保にある「カレー&手作りケーキの店 ブラック」に行って参りました!cardash

コチラは、長年「激辛&イカ墨を使った真っ黒のカレー」を24時間営業で出されてるという地元では有名な・・、他県の人間には少し異色なお店です!( ̄◆ ̄;)

ちなみに、今回 「某有名グルメサイトのランキングで、カレー部門の長崎2位だったから」という実に単純な理由で選んだんですけどね・・・(;´▽`A``

ただ、同じく上位にランキングされているお店が、以前 「これってカレーと呼べるんだろうか?」&「これってソースご飯なのでは?」(「中濃ソース」とか「トンカツソース」にカレー粉を溶かした感じ)という内容の記事を書いちゃってたトコロだったりもするのでsweat02、少し心配だったりもします・・・despair(その時は、内容が内容だったので、伏字で店名を書いてたりも・・・(^-^;)> ) 

そんな不安な気持ちでメニューを見てみると、「激辛カレー」(★佐世保で一番辛いカレー)と「中辛カレー」(☆一般の辛口カレー)のどちらかをチョイスして、トッピングを選ぶという感じです。

お値段は、共に850円(サラダ付き)で、カツカレーは
1260円でした。(※ 値段は全て税別っス!!(・oノ)ノ )

「た・・高ぇ~な~!」と思いながら 待つこと約20分・・・sandclock(長い!)、桃屋の「江戸むらさき」シリーズに入れそうな(笑) 真っ黒のカレーが出てきました!!

イカ墨を使ったカレーって結構ありますが、ぶっちゃけて言うと、コチラのお店のは、少々臭いが気になるタイプです。(普通に美味しいカレーなんですけどねcoldsweats01

「激辛」の方は、スパイスやら辛味やらで全く気にならないんですが、「中辛」の方は、魚介類が苦手な人にはチト厳しいかも?

あと、少し酸味のある味付け&イカ墨のコクはあるものの、全体的には平坦な感じにまとめてあるので、トッピングがないと途中で飽きちゃうかな・・?

個人的には、「激辛」に「カツ系」を乗せるのがベストな気がします。good(「激辛」と言っても、日頃「激辛」なんて食べない自分が「少し汗ばむ」&「無理せず食べれる」感じの辛さだったので、ある程度 辛いのが大丈夫な人には、コッチの方が断然美味しく感じられると思います)

どうですかね~・・?、もしかすると 味・接客スタイル共に、「好きな人は好き」、「苦手な人は苦手」と、はっきり分かれる感じかも知れないですね~・・・?

・・とまあ、ナカナカに独特なお店でした!(;゚∇゚)>

佐世保駅近くのアーケードのそばにあるので、比較的行きやすい(駐車場とかに困らない)立地だし、くいしん坊!惨敗(笑)いやいや くいしん坊の方は、佐世保バーガーとかけもちで食べに行く手も・・・(自分は無理でしたが・・sweat02


ё 長崎県佐世保市下京町3-4

  0956-25-2595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

cafe Kom house

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ11)

以前このブログに「生月のカレー屋さん」という方からコメントを頂いて知った、長崎県の生月島にある「cafe Kom house」

何とココには鯨の肉を使ったカレーがあるという・・・

お土産用のレトルトではなく、お店の看板メニューとしてそんなカレーがあるなんて!(コレは驚きです!!)

・・・で、行ってきました生月島!(モチロン例の如く、このカレーを食べるだけの目的で・・・cardash

生月島は平戸のもう1つ向こうにある島で、平戸とは生月大橋で繋がっています。

島に着くと、すぐ「コノお店」とお隣の「あごだしラーメンのお店」(共に黒い建物なので、スグ分かります)が見えてきます!(奥側にあるのがコノお店です、お間違えの無い様に・・・)

メニューを見ると、「勇魚(鯨)カレー」・「勇魚丼」のメニューが看板メニューの様だったので、どちらも注文・・・(丼も気になるとですcoldsweats01

いや~!このカレー、鯨に合うルーをイロイロと試行錯誤されたのがヒシヒシと伝わってくる味わい(完成度)!

共に煮込んじゃうと鯨のクセが強く出てしまうので鯨肉を別に調理、その肉の旨味を包み込むような若干甘めの味わいのルー・・・、このマッチングはなかなかのものですgood。(クセが無くバランスがイイ!)

自分だときっと(クセを抑えるため)インド風のマトンカレーっぽく調理してしまうであろうこの鯨肉、それを欧風にまとめるのはなかなか難しかったと思います。

例えるなら、以前ご紹介していた同県(やっぱり大きな橋の近く)にある有名店のカレーを、もっと食べやすくした感じのルーですね~!happy01(それが丁度良い濃さになってる感じ!)

勇魚丼の方も、何でコノ値段で出せるの?(なんと共に650円でしたsign03)ってな印象&美味しさ!(コチラはお刺身っス)

今後は現在の赤身から白身へと(もっと多くの方に受け入れられる様に)チェンジを試みていくらしいので、そちらのバージョンも気になりますflair

いや~!、この(「生月のカレー屋さん」の)鯨への熱い想いには恐れ入りました。m(__)m

捕鯨に対しては、人それぞれいろんな考え方があると思いますので、自分もあえて強くオススメする事はできません・・・

しかし、鯨と共に生きてきた方々の熱い想いや伝統を強く感じることが出来て、大変勉強になった小旅行となりました。

「生月のカレー屋さん」、自分はこんな形でしか応援できませんが、これからも頑張って下さ~いpaper

追伸: 自分ならラーメン屋さんはお隣です(コチラは違います)という内容の張り紙では無く、(勇魚でなく)「鯨カレー!」・「鯨丼!」650円!!って自信を持って張り紙をしちゃうと思いますし、観光客に向けて(「のぼり」か何かで)「生月名物 鯨カレー!」って大きく広告しても良いのでは?って思いました・・・(せっかく美味しいのに勿体無いで~す!happy01)。

ё 住所とかは自分も分かりませんが、生月島に渡って100m位の所(道沿い)にある黒い建物です(手前がラーメン屋で、奥がこのお店です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

ウッ〇ィ・〇イフ(Woo〇y-〇ife)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ9)

「ウッ〇ィ・〇イフ」(Woo〇y-〇ife)、(長崎の)西海橋の近くにある カレーとケーキの専門店です。

観光のためでなく、このお店に行くために楽しくドライブ。(^‐^)

長崎では有名なカレー屋さんらしく、実際お客さんもスッゴイ多い!!

なんとか入店する事ができたので、はりきってカレー&タンドリーチキン&デザートまで注文!

待つこと約10分、予想よりでっかい「タンドリーチキン」がドカンと登場!

1日漬け込んだ鶏肉を素揚げしてあり、ソースは和風・カレー味の2種類からチョイスできます。(今回カレー味を選択)

ソースが濃厚すぎて下味が殆んど分からないんですが、珍しいタイプだし なかなか美味しい! でもコレだけでかなりお腹が膨れます。

で、やってきましたメインのカレー!!(自分は当然カツカレーを注文^^)

かなり薄めのターメリックライス?が多めに盛ってあり、カレーソースも十分にかかってます(これは美味そう)

・・・!!!!

コレ、濃すぎません??

(こっそり)周りを見回してみても皆普通に食べてる・・・(長崎の方って超濃い味好みなのかな?)

でもコレ、自分には味が濃すぎます!

「中濃ソース」とか「トンカツソース」にカレー粉を溶かした感じと言えば分かって頂けるかな? 

多分、トマト系のものやチャツネを加えてじっくり煮込んであるんだと思いますが、いじり過ぎて結果的には「中濃ソース」っぽい仕上がりになっているのでしょう・・・(「ソース」って野菜や香辛料をじっくり煮込んで作るから、カレーの親戚的なモノですし)

美味しいっちゃ美味しいんですけど、そのまま「デリー系のカレー」位にスープでのばしても良さそうな味(濃厚さ)なので、健康的な事を考えると塩分&糖分がチト心配になっちゃいます。

人一倍カレー好きで、カレーはどれも美味しいと思っている自分ですが、生まれて初めてカレー(ルー)を残してしまいました・・・(T-T)Σマジ濃すぎるんだもん)

今までご紹介した中で、「これってカレーと呼べるんだろうか?」って思ったのは、〇〇にある某洋食店の激辛肉煮込みだけだったんですが(それは完食しましたよ)、今回のも「これってソースご飯なのでは?」って少し思っちゃいました・・・

でも、常連さんっぽい方もおられたし、みんなバクバク食べてたんですよね~・・・

やっぱ自分の感覚がおかしいのかな??(もちろん味自体は酸味と甘味がきいてて美味しいし、カレーソースの量が1/3位だと〔それをのばすともっと〕バランスが良いと思うんですけどね・・・)

ちなみに、デザートはめっちゃ美味かったです!

ё 西海橋を過ぎて、海沿いを3分位行った所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

ランドール(curry house rundoll) (☆)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ3)

長崎市の「ランドール」、老舗の洋食風カレーのお店です

スッゴク煮込まれた肉がソースと一体になっているルウは 実に秀逸!、具の肉もかなりウマイです!

一番驚いたのは、こういう肉がほぐれたカレーのお店は、味にコクがなかったり(味が抜けパサパサしている)、唐辛子系の辛さばかりが目立つスパイス加減をしていることが多いのに、ここのお店は きちっとスパイスのバランスがとれた辛さ(結構辛い)が心地よく、肉の旨味を活かした味付けをされている点!、さすが人気の老舗店です!!

万屋町のアーケードの中にあり、眼鏡橋からも近いので長崎観光に行かれた時は是非!

上品な味をご堪能下さい!(アドバイスとしては、ライスの大盛が無料なので、お願いした方がいいです)

【追記】: 閉店されてます。

ё 長崎県長崎市万屋町5-4(2F)

    (095)-824-3947

| | コメント (2) | トラックバック (0)