カテゴリー「 その他のカレー屋さんの章」の11件の記事

2013年4月30日 (火)

「道の駅・さがのせき」のカレー

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ32)

今日の「ドォーモ」で、久々に「道の駅 イン ワンダーランド」をやってた!

そして思い出したとです!!、いつか記事に書こうと思って食べ歩いていた「道の駅のカレー」の数々を・・・(自分、これまでにかなりの数の駅を巡っている「道の駅マニア」でもあったりするとです・・・(;´▽`A``)

そんな「道の駅ニスト」(笑)の自分ですが、残念ながら(笑)どこに行ってもカレーを食う「カレー馬鹿野郎」なためヽ(´▽`)/、絶対に食べておくべき地元の名物的なモノではなく、「道の駅」には何故かよくあるsweat02 「ちょっと変わったカレー」を食べるとです・・・

・・と言うか、そのちょっと変わった「道の駅のカレー」を探しに 遠路はるばる出かけているんですけどねcardash・・ハハハハ・・・(゚∇゚;)>``

話は戻りますが、そんな自分なんで、今日の放送でやってた「道の駅」でもモチロン、「ちょっと変わったカレー」を食べてたんですがcoldsweats01、相変わらず「疲れたオッサン」全開なためsweat02(笑)、今日は一か所だけ記事にさせて頂こうと思います。

本日ご紹介させて頂くのは、TVを観て思い出した「道の駅・さがのせき」のカレー・・・

「佐賀関(さがのせき)」ですから、「関サバ」・「関アジ」が有名ですので、モチロン「関さば丼」等 それらを堪能できるメニューがございますfish

しか~し!!、ここの道の駅のレストラン・・い・・いや食堂には(笑)、「関あじ・関さばカレー 600円」 という とんでもない二大メニューがあるのだ!!!モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

しか~し!、自分はやっぱりコッチが気になる!!、「関あじ・関さばカレー(ぶりカツ入り) 750円」 だ~~~!!!(・・って、揚げモノのっとるだけやん」・・・(゚ー゚;) )

ぬぉぉぉ~~~!!、だが 「関あじ」・「関さば」どっちを選べばいいのだぁぁ~~ッ!!!(∩゚д゚)

・・・と、普通の方とは微妙に違っていそうな部分で悩んだ末sweat02、「関さばカレー(ぶりカツ入り)」をチョイスgood!、これまでは使っていなかった「関さばの残りの部分(切り身以外)」をじっくり煮込んでカレーに仕上げてあるらしい・・・

ワクワクしながら食べてみると・・・

当然「お魚感」はするものの、お子様たちでも大丈夫かな?ってな感じにバランス良く仕上がってて、ガツガツ行けちゃう!!restaurant

もちろん普通のカレーっちゃ~カレーなんだけど、十分個性もあるし、「ぶりカツ」(美味しかった)との相性も良くて、少し経った今でも速攻で味を思い出しちゃいます!shine

でも、番組でやってた「関さば丼」&「クロメ汁」は、やっぱ食べたておいた方が良い気が・・・(;^-^A``

その辺りを頼んだ上で、(カレー好きなら気合で)もう一品いっときましょう!!(。・ω・)ノ


ちなみに・・、分かり易くするために、新しく『 「道の駅」のカレー 』というカテゴリーを作りましたので、まだ記事数は少ないですが、ご興味のある方は是非「過去記事」もご覧ください。

ё 「道の駅・さがのせき」大分県大分市大字大平989-6

    097-576-0770

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

銀たちの郷(道の駅 くにさき)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ25)

別府を後にした自分は、国東半島をぐるっと回る213号線に進路をとり、次の目的地へと向かうのでした・・・cardash

次の目的地とは、「道の駅 くにさき」!!

何故ココなのかと言うと、ココにある「銀たちの郷」という「JFおおいた」(漁協)がやってる海鮮会館の中のレストランに、「太刀カツカレー」という(カツ)カレー好きならググっと来るメニューが存在するからなのです!!flair

何でも太刀魚が名産品らしく、「くにたち銀たち」というブランドで売られており、レストランのメニューは、太刀魚ばっかり!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ぶっちゃけ「太刀カツカレー」だけ食べれば満足だったのですが、新鮮だからこそ味わえる「太刀魚 造り」も一応頼んどきました・・・(;´▽`A``

ココね・・、実はめっちゃ安いんですよ!、「太刀カツカレー」が600円、「太刀魚 造り」なんか550円なんですよね・・・

・・で、その「太刀カツカレー」のお味はと言うと・・・

ち・・ちょっと微妙かな・・・(;゚∇゚)>

カレーは普通のレトルトなんで、まあコメントする事も無いんですが、「太刀魚のカツ」についてはちょっと好みが分かれちゃう・・かな・・・?sweat02

あくまで個人的な感想ですが、アジフライを淡白にした感じの味で、香りと言うか臭いは、アジフライよりもチトきつめってな感じでした。(^-^;)>

通常はナカナカやらないアイデアと言うか、他ではまず食べれそうも無いので、「道の駅的メニュー」としては、アリっちゃ~アリなのかな・・?・・・たぶんcoldsweats01

「太刀魚 造り」の方は、この価格なのに、銀色の皮がキラキラ輝く「普通のお刺身」と、香ばしい「炙り刺し」の2種盛りで、量的にも結構なボリュームが!

太刀魚のお刺身って、何か表現が難しいですけど、鯛刺しを淡白にした感じの味&食感と言ったら良いのでしょうかね~・・?coldsweats01、自分は 「炙り刺し」よりも「ノーマル刺し」の方が好きだったりしますけど・・・

・・ま、一番好きなのは、分厚い太刀魚に切り目を入れて、「こんがり塩焼き」!・・かな・・・?(;´▽`A``

・・という訳でsweat02、車はさらに国東半島を北上して行くのでした・・・carsweat01dash


ё 大分県国東市国東町小原2662-1

     0978-73-2170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

大阪マドラスカレー(小郡市三沢)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その96)

大阪にある「マドラス」のカレーを出している(と思われる)お店が、「西鉄 三沢駅」の近くに出来ているのは(あそこの通りを走行中に発見して)以前から気付いていたものの、「今日は止めとこうかな・・・」が続いていたお店・・・flaircardashhouseスルーかよ!!

そう!、今回行ってみたのは、小郡市にある「大阪マドラスカレー」です!(←「小郡」で「大阪」で「マドラス」(でも今インドの「マドラス」は、「チェンナイ」という名称になってる)sweat02…と、チト紛らわしいネーミングっスcoldsweats01

何故スグに行かなかったのかと言うと、以前何かで見た「大阪のお店の情報」が頭にあったからで、詳しい内容は忘れちゃってたものの、「激甘系に属する」という事だけはしっかりインプットされてたからです・・・flair

ま、そんな「食わず嫌い」的な思考はダメだと思い、「レッツ チャレンジ!」rockshine

(※ ちなみに、ココ最近の内容が「前回と矛盾しているんじゃ…?」とも思える展開の繰り返し&「チェンナイ」出身の方の料理を出されてるお店の次にコチラの記事が登場するのが「わざと」なのかは秘密です(笑)smile

出てきたカレーは、「普通サイズ」でも十分すぎるボリュームに見え、食べ応えがありそうです!(いざ実食!)

「甘~~~い!」flair

人間の伝達構造上「甘味→→辛味」という流れで味を感じるタイプ(いわゆる大阪老舗系)のモノではありますが、自分には やっぱ甘いっスsweat02。(フルーティーとかの域を超えてるbananawobblyapple
でも、「激甘系」のお店って 全国に結構あるみたいですし、これがジャストミートって人も多いかも??(そう言えば天神にもあったけど、最近はどうなんだろ?)

どんな料理でも、「甘味」・「塩味」・「酸味」・「苦味」・「うま味」の『五味』を、素材に合わせて上手く使いこなす事が大事だとは思いますが、人の嗜好も様々なので、「コレが究極」ってな塩梅は存在し得ないモノなのかも知れません・・・

そんで、そのどれかが突出(個性的な味付けを)していれば、逆に「苦手」だと感じる人が出てくるのは当然の事ですので、自分が「激甘系」を苦手にしている事もご理解頂けるかな・と・・・?coldsweats01(単に「酒飲み」だからという理由では無いのでござる…、お許し下され! m(_ _)m 何卒~!

もちろん、(いろんなカレーが世に広まってる現在)「甘いカレー」というのも全然珍しく無くなっちゃいましたし、自分も「甘味」を効かせたモノを結構作ります。(一応sweat02
しかし、どの位の甘さまでが「カレー」にマッチするのかは、自分にも全然分かりませんので、このお店の味の感想は、ホント人それぞれで違うでしょう・・・(個人的には、「甘系」だと「前々回にご紹介した老舗店」位の感じが、ココみたいに重くない&飽きが来なくて好きですけどね・・・happy01この辺も意図的に記事をUPしてるのかは、「秘密」ですが…(^ ^;)

ただね、(某サイトで知ったんですが)ココのオーナーさんは、本家のカレーを食べて「ビビビ!thunder」ときてからソコで修行されたらしいので、「この味に対する熱い想い」みたいなのをもっとアピール&広めるアクションを起こしたらいいんじゃないかな~・・なんて気持ちもあるんですよ!(さらに、「この技術を九州の味にアレンジする」なんてのもアリですしね~!)

・・と、(店内の素っ気無い感じもあって)いらんお世話な事を書いちゃいました。m(_ _)mΣだって、モッタイナイ気がしたんだもん!)

って、ココで終わっちゃったら「全てが皆さんの感想次第」みたいな内容なので、自分が「コレ素敵!!happy02」と思った点と、「少しだけ謎に感じた」点をご紹介!(あと、モヤモヤポイントも!smile

メニューの1つに、全9品のトッピングがのってる「夢カレー」(1,950円・要予約で15:00~)というメニューがあって、ソコの所に「男のロマン」と書いてあるのが、かなり素敵です!goodshine

あと、「お肉が2切れ」入ってるんですが、「お前は一体何なんだ!?(ホントに肉なのか?)」という謎があります。(「コレ豚っすか?、それとも『豚っぽい何か』ですか?」とは、とても聞けない・・・danger\(;゚∇゚)/ 大阪だから牛だったりして(笑)

そして、(本家が付けた名前ながら)何故「マドラス」なのか?も、NGワードっぽいので聞いてはいけなさそうなのが、モヤモヤポイントです!good

コレだけでも行く価値アリかも?sweat02sweat02

※ 草香江にも、お店があるらしいです(張り紙がありました)。 

ё 福岡県小郡市三沢3887-1(西鉄 三沢駅の近く)

  0942-75-8448

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

あ〇ぼ〇屋カリー

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ16)

過去最遅でカレーが出てきたお店!、「あ〇ぼ〇屋カリー」!!(思い出して怒りが再燃しちゃった!bleahannoyエヘッ!

湯布院のめっちゃショップが並んでる中にある 古民家風のお店で、ミュージシャンの方がはじめた、「地元の地鶏や豊後牛、そして自分の畑でとれた野菜を材料にし、独自で調合した香辛料でのカレー」があるらしいです。

ココは超遅でした!、昼12時頃行って 並んでもなく空席もあった(全く忙しい訳でもなく、の~んび~りした時間が流れてた)のに、既に下準備されタッパーに入ってるサラダが出てくるまで20分~、さらにカレーが出てくるまで10分~は掛かりました・・・(店員さん達は、目の前でフリーズしてるpenguinpenguinこち~ん!

一緒に行った仲間とジョークで「今から精米するんじゃない?」ってな会話が出てくるくらいに、店員さん達の動きが全く無かったっスsweat02

何があったんでしょうね~?、(夜は旅館で食事するだろうし)この地区の1番の書き入れ時とも言うべきランチタイムに、お米炊いてなかったんでしょうかね~?(何か言ってちょchick

まだ空席があるのに断っていたり、こっちは水だけでず~っと待ってるのに、スタッフが奥でしれ~っと食事しだしたりしてる様にも見えたんですが、目の前で放置されたまま時間は流れていきました・・・sandclock(ま、観光地なんでこんなもんかな・・ってな感じで、待ってましたけどねgawk

・・・・で、出てきた「精魂こめて丁寧に調理されたであろう(笑)カレー」は、上記のお店のコンセプトを考えると、「きっと糸島の“RUSTIC BARN”みたいなカレー&お店にしたかったんだろ~な~・・」ってな印象のモノでした。impactちゅど~ん!!

しかも、かなりコショウ辛いのでは・・・!?sweat02、しばらくピリピリしちゃった!bleahエヘッ!

何だか寂しいので、帰りに有名なコロッケ買って帰りました。

ё 湯布院のお店が並んでるトコ(有名なコロッケ屋さんの近く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

LA-35

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その89)

須恵町の県道35号線(筑紫野古賀線)沿いにある、その名も「CurryShop LA-35」!、まんまなネーミングなお店です。

移動販売もやられてるんですけど、ココがまた何ともご紹介しにくい感じなんですsweat02

最近のドラマ(少し前と今やってますね^^;)に度々出てくる様な感じのカレースタンドっぽいお店で、お店の車もカワイイんですが、カレーがあまりにもイメージ通りで・・・(‐‐;)

濃厚なカレーが好きな方にはアリかな・・・?(食べたら即保留にしてた訳が分かるかも?coldsweats01 詳しい方なら一発かな…?


ё 福岡県糟屋郡須恵町大字須恵1063-2

  092-934-3519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

オ〇ラ〇タン

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ12)

武雄にある「オ〇ラ〇タン」、何と表現して良いのか分からないですが、カレー・ピザ・パスタのお店です。

ココとの出会いは偶然で、以前 長崎の生月島のカレー屋さんに行った帰り道、なんか面白いお店がないかな~?っとダラダラ帰ってる途中にたまたま発見しました!flair(超気になる点があったので、絶対に行こうと決めてたお店っス)

何が超気になったのかと言うと、一見(よく地方にある)喫茶店風のお店なのに、「インドカレーのお店」という看板がデカデカと掛けてある点・・・(コ!・・コレは!!!)

そう、コレはマニアな域でカレーを愛する方ならピンflairとくるであろう、(前回の記事にも書いた)今では絶滅危惧種である「何故インド??なカレー店」の貴重な合図なのです!(どう見ても普通の日本式カレーなのに、インドカレーって書いてあるお店の事っス)

かつては普通にあったんですが、インド料理屋さんが進出してきたせいか?都市部では随分減ってしまいましたweep (※ 詳しくは、先日の「聞きたい」という記事参照)。

・・・、何でココが「インドカレー」なのか知りたい!typhoon(もやもや)

で、行っちゃいました。(ココだけのために行くには結構遠いsweat02carsweat01dash

結構広いお店で 厨房も結構デカイっス、早速メニューを見ると・・・!!キタ~~~!!!

凄い!凄すぎる!!、「インドカリー」・「オリジナルカリー」・「ベーシックカリー」とカレーのベースごとにメニューが数種ずつ分けてあるのですが、「インドカリー」のメニューが、「エビとトマトのタイ風カリー」・「キノコとトマトのキーマカリー」・「ナスとトマトのキーマカリー」の3種類で構成されているではないですか!!!coldsweats02

もうお気づきですよね?・・・・・、「インドなんかい!? タイなんか~い!?annoy

・・・sweat02、虫も殺せないピースフルな僕は、そんな事気にせず「カツカリー」を注文しましたが・・・coldsweats01 (って、ドコ行っても「カツカレー」しか頼まんやろが~~!)

もちろん「何故インド?」が知りたいので「キーマカリー」の方も注文しましたので 早速食べてみますと・・・、う~~ん・・トマトが効果的に使われているしスパイス感もあるので(挽肉は合挽きっぽいけど)、「コレがインドカリーだ!」と言われれば 「はぁ~そうなんですか・・・(--;)」ってな微妙なラインsweat02、普通のカレーを(自家製カレー粉使用とかで)ちょっとだけスパイスにこだわって「本格インドカレー」って自慢げにやってるトコと違って「絶滅危惧種」的なお店では無いのは、嬉しいと言うよりチト残念な気も・・・

しかし、ピンとくる点が!・・・、それは「カツカリー」の方を食べて確信する事になりました!

「コ!コノ香りは!」・・、インドの某スパイス会社が主に対外向けで製造しているアル商品では!?

あくまで推測に過ぎませんが、もしかするとインド製のミックススパイス(ガラムマサラ等)を使用して それとなくインドっぽく作成しているので、「インドカレー」なのかも知れません・・・(インド製のカレー粉で作ったカレーなら、確かにある意味「インドカレー」っス!)

肝心のお味はと言うと、普通&かなり重めな印象・・・、平日のランチだと699円なのですが、ランチタイム以外では共に1240円とかなりお高め!で、ウチの近所だと難しい価格設定っちゅうのを考えると、「近所だったらランチで行く」ってなトコでしょうか・・・(チト厳しいけど、高すぎるよ~bearing

で、支払いの際 推測が少し正解だという証拠を発見!、なんとお土産モノが並んでいる棚のディスプレイなのか?そのメーカーのガラムマサラが置いてあるではないですか!!coldsweats02 (推測した自分が一番ビックリだったりもする)

でも今回マジでピンときちゃいました!good、・・・何故かって?

自分もこの商品何個かゲットしてたんだけど、あまりに(自分のストライクではない)個性的な香りがする配合だったんで、自宅で眠ってるんです~~~!!(使い切れね~!crying

わざわざ行くのはオススメしませんが、近くに行かれた方は「カツカレー」でその香りを堪能してみて下さい(スパイスっぽくない強い香りがソレです)。

ё 佐賀県の武雄北方インターそば(お店の前にバス停があります)  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

バカカキッチン(Bacaca Kitchen)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その79)

大名(西通り)にある「バカカキッチン」、昨年できた新しいお店です。

・・・何と言いましょうか・・・、ココの紹介は難しいですね・・・

カレーやスパイスに詳しい方は、一度食べると自分の気持ちが分かって頂けるんではないかと・・・(‐‐;)ハハハ…

それでは!(また次回)(^^)/

 

・・・って、やっぱココで終わっちゃ いかんでしょ~な~・・・(やっぱチト解説します)

ココはメイン事業にレトルトの通販を行っているので、基本的にはそういう味です。(特にビーフカレー!!)・・・(・・;)Σ分かっていただけたかな?)

皆さんが気になっている(と思われる)「幻の白いカレー」というのは、日本では珍しいですね! ・・・インド料理にも白いヤツはあるんだけど(メニューにしてるお店はあまり無いないですけど)、ココのもそのスパイス使いに近いみたいです。

・・・ただ、そういうスパイス類と、ここのウリであるベースが豚骨という香りとのマッチングは・・・・(ご想像にお任せします) 

・・・でも、西通りのあの場所に出店したその心意気!・・そういうトコは好きだな~(強力なお店の近くだし)。

あと、あのお皿(のヘリ)もすくい易くていいですね~!(^^)b

【追記】: 閉店しましたね・・・

ё 福岡市中央区大名1丁目12-62

   092-713-2282

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

あんみ食堂(湖月のカレー)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その55)

「あんみ食堂」、昔中洲にあった「湖月のカレー」を出しているお店です。

どうも現在数店のお店で出している「湖月のカレー」は、(ショップカードを見る限り「あんみ食堂」のトコロが 「湖月のカレー工場」となっているので)ここでまとめて作っているのかな??

で、そのお味なんですが、・・・「湖月」ってこんな味だったっけ?ってな印象・・・

豚骨ベースのこのカレー、昔は「凝ったカレーだな~」って感じたんだけど、今食べるとレトルトカレーっぽい印象!(日本が豊かになったって事ですかね・・)

中洲で映画を見た時に食べれる“ご馳走”的なカレーだったんだけどな・・・(たしか高かったし(‐‐;))

ま、当時から個人的には「カレーのひらの」>「ナイル」>「湖月」って感じで影響を受けた&食べに行ってたので、「ひらの」や昔の「ナイル」の味の方が復活して欲しかったりもします。

もちろん普通に美味しいですので(個人的には胃もたれしたけど)、昔懐かしい「湖月」の味を楽しみたい方は是非!

追伸: おじさんの声がなんだか「いかりや長助」っぽくて印象的です(次いってみよ~)。

ё 福岡市東区馬出1-24-41

   092-651-4643 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

ウッ〇ィ・〇イフ(Woo〇y-〇ife)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ9)

「ウッ〇ィ・〇イフ」(Woo〇y-〇ife)、(長崎の)西海橋の近くにある カレーとケーキの専門店です。

観光のためでなく、このお店に行くために楽しくドライブ。(^‐^)

長崎では有名なカレー屋さんらしく、実際お客さんもスッゴイ多い!!

なんとか入店する事ができたので、はりきってカレー&タンドリーチキン&デザートまで注文!

待つこと約10分、予想よりでっかい「タンドリーチキン」がドカンと登場!

1日漬け込んだ鶏肉を素揚げしてあり、ソースは和風・カレー味の2種類からチョイスできます。(今回カレー味を選択)

ソースが濃厚すぎて下味が殆んど分からないんですが、珍しいタイプだし なかなか美味しい! でもコレだけでかなりお腹が膨れます。

で、やってきましたメインのカレー!!(自分は当然カツカレーを注文^^)

かなり薄めのターメリックライス?が多めに盛ってあり、カレーソースも十分にかかってます(これは美味そう)

・・・!!!!

コレ、濃すぎません??

(こっそり)周りを見回してみても皆普通に食べてる・・・(長崎の方って超濃い味好みなのかな?)

でもコレ、自分には味が濃すぎます!

「中濃ソース」とか「トンカツソース」にカレー粉を溶かした感じと言えば分かって頂けるかな? 

多分、トマト系のものやチャツネを加えてじっくり煮込んであるんだと思いますが、いじり過ぎて結果的には「中濃ソース」っぽい仕上がりになっているのでしょう・・・(「ソース」って野菜や香辛料をじっくり煮込んで作るから、カレーの親戚的なモノですし)

美味しいっちゃ美味しいんですけど、そのまま「デリー系のカレー」位にスープでのばしても良さそうな味(濃厚さ)なので、健康的な事を考えると塩分&糖分がチト心配になっちゃいます。

人一倍カレー好きで、カレーはどれも美味しいと思っている自分ですが、生まれて初めてカレー(ルー)を残してしまいました・・・(T-T)Σマジ濃すぎるんだもん)

今までご紹介した中で、「これってカレーと呼べるんだろうか?」って思ったのは、〇〇にある某洋食店の激辛肉煮込みだけだったんですが(それは完食しましたよ)、今回のも「これってソースご飯なのでは?」って少し思っちゃいました・・・

でも、常連さんっぽい方もおられたし、みんなバクバク食べてたんですよね~・・・

やっぱ自分の感覚がおかしいのかな??(もちろん味自体は酸味と甘味がきいてて美味しいし、カレーソースの量が1/3位だと〔それをのばすともっと〕バランスが良いと思うんですけどね・・・)

ちなみに、デザートはめっちゃ美味かったです!

ё 西海橋を過ぎて、海沿いを3分位行った所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

クリスマスカレー

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その48)

「クリスマスカレー」、天神ビルの食堂街(B1F)にある 最近できたカレー屋さんです。(ひな祭りの日にご紹介するには、微妙な店名だったりします)

席はカウンターのみで、気さくな店員の方が(聞いてはいないんだけど)親切にイロイロ教えてくれます・・・

その情報によると、オープンは去年の12月20日で、店名は(ココのカレーを食べることで)「年中クリスマスの楽しい気分になって欲しい」・・って意味を込めて付けたらしいです。

味は、某有名店(大阪)のカレーみたいな超甘系で、最初は甘味を感じるものの(辛味スパイスが結構入ってるので)後から香辛料の辛味を感じるタイプです。(人間の伝達構造上そうなる)

辛味を抑える“卵黄”のトッピングもありますが、ちょっと味がぼけちゃいますので、卵好きな方以外は必要ないかも・・・(この卵の存在&最初甘くて後から辛さを感じる&キャベツのピクルスは、正に先程も書いた某有名店風ですね!)

個人的には、メニューがほぼ1種類なんで、他のトッピングメニューもあるといいな~って思います。(カレーソースで勝負しているんだろうけど、何だか少しもの足りない)

盛り方にも特徴があって、真ん中にご飯、右に豚肉 左に牛肉って感じで具を配置し、その上からカレーソースがかけてあります。

洒落てますが、右利きの自分には逆サイド(左側)がとっても食べ辛く、(お店の人がいなければ)お皿を180度回転させて食べたくなるハズ!

美味しいんだけど、値段も(立地的にか?)チョイトだけ高めに感じましたし、なんか微妙に落ち着けないし、何て言うか・・(さっきも書いたけど)、何だか少しもの足りないって印象かな~・・・(逆に、ちょっと変えれば場所柄 大繁盛!? って気もしますが・・)

【追記】: 閉店してます。

ё 天神ビルB1F(食堂街の中)

 092-738-1225(←さすが!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧