カテゴリー「 福岡市早良区のカレー屋さん」の9件の記事

2012年10月14日 (日)

インデラ (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その105)

いやいや~!、本当にお久しぶりになっちゃってスミマセン。o(_ _)o

忙しくって忙しくってsweat01、こんなにも更新しないでいたので、みなさんに「アイツ引退したんじゃね~の!?」って言われてても仕方ないな~・・・ってな位のお久しぶりな更新でございます。

ネタは沢山たまってるものの、さ~何の記事から書こうかな~・・・

やっぱココは(かなりご無沙汰しているsweat02)福岡のカレー屋さんのお話からっしょ!

ってな訳で、今回は今までご紹介していなかった かなり渋~いお店をご紹介させていただきます。

そのお店とは、西新商店街にある老舗、「カレーの店 インデラ」でございます。

通りにあるチト怪しげな「すぐできます」看板(笑)を目印にちょいと路地に入っていくと、奥にはこれまた怪しげな佇まいのお店が・・・!!(゚ロ゚屮)屮

若い女性客には、少々勇気が必要かも?ですが、カレー好きなら「オラ ワクワクすっぞ!(笑)」的な雰囲気でございます。

店内は、「カウンターのみ」・「お水はセルフ」という、カレースタンドでは定番な感じのスタイルですが、それはあくまでオープン当初のお話であって、当然ながら現在は(店内・マスター共にcoldsweats01)なかなかに年季が・・・

自分、この感じ嫌いじゃないんですよね~!happy02、ラーメン屋さんとかでも、「美味けりゃ許す!」主義なもので・・・

衛生番長な方には、向いていないと思われますので、そういう方々はご納得の上行かれて下さい。(間違っても、その場でカシャカシャ撮影して批判記事をブログとかにアップせんように!danger、「そげなヤツは、クラすバイ!punchimpact(笑)」 )

メニューは、カレーだけでなく、「ハヤシライス」や自慢の「揚げ物」等もありますが、やっぱりまずは昔ながらの「カレー」をチョイスして頂きたい!!(具だくさんの「田舎カレー」とか、日替のトッピングカレーもありますよ!)

「市販のカレー粉」・「小麦粉」等で作り上げられてる?ルウは、「これぞ昔ながらの懐かしい日本のカレー!」ってな感じではありますが、おそらく「香り系のミックススパイス」を使用してあるのではなかろうか?と思われる「ほんのりスパイシー」感もあり、普通の中にもさり気ない個性が光ってます!shine

・・ま、自分はオススメされるまでもなく、揚げ物ものせるんですけどね・・・coldsweats01(毎度おなじみ「カツカレー」っす!sweat02

あと、待ってる時間・食べてる間は、次の行動を繰り返し口にしながら奮闘しているマスター(ナイスなおじいちゃん)が微笑ましいので、退屈しないのもイイです!good

どうです「インデラ」?、何か普通がクセになるお店ですよ!happy01


ё 福岡市早良区西新4-9-17

   092-202-1323

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

南インドレストラン あんまー (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その97)

以前から何度か記事にしておりました「南インドレストラン あんまー」、グランドオープン後にもモチロン行って参りました!(前回の記事へは、コチラからどうぞ!happy01

チェンナイから来れられた料理人さんも加わり、随分とメニューも充実している様です。

いや~!嬉しいな~!happy02、やっと福岡にも念願の南インド料理専門店が出来たんですね~!!shine(感動crying

南インド料理と言えば、やっぱり「ミールス」(南インドの定食的メニュー)が気になりますよね!?(「これぞ醍醐味」ってなメニュー?ですし・・)
自分以外にも、最初は「ミールス」をお目当てに訪問されるってな方は、きっと多いんじゃないでしょうか・・・?(「カレー」って、ガッツリ食べれてナンボですしね!
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。)

・・で(早速ではありますが)、食べてみた感想はと言うと、「あ~!、やっぱミールスって い~な~!」・・・catface、そう しみじみ感じました。(混ぜ混ぜして食べる、独特の美味しさがイイ!good

当然、一言に「ミールス」と言っても、地域とか作り手とか価格によってイロイロだと思いますが、基本、いろんな「おかず」でモリモリご飯(主食)を食べれる&お得感(満足度)の高いメニューってのは共通してそうなので、日本の定食同様、(+α的な)「どれだけ真面目かつ丁寧に作って提供するか」という ちょっとしたトコで差が出てくる感じのメニューでもあると思います。flair

久々のミールスながらも、(少しだけ)気にならなくも無い(「あ!、これは・・」ってな)点があるにはあったのですがcoldsweats01、さすが超本格路線のお店!、その後イロイロとバージョンアップがなされてますし、これからもどんどんパワーアップして行きそうです!shine(巷には、「超本格」と言うより 「超守銭奴?sweat02」ってなトコが溢れてますからね~・・(・(ェ)・;)A``、ホントに期待しちゃいますhappy02

・・と、そんな 「待望の(九州初の)専門店」ではありますが、自分の様な「マニアな人間」とは違いsweat02、普通に生活してらっしゃる方(「インド料理ってナンとかだよね~!」という、ごく一般的なイメージを持っておられる方)がコノテの料理を食べたら、いったいどんな反応をされるんだろう??ってな好奇心は無きにしも・・・(特にココのは、シンプルですからね~!)

今まで世界各地で試行錯誤~洗練されてきた「一般的なインドレストラン料理」(タンドール・スタイルのもの)より、明らかに我々のイメージする「カレー」とは遠い料理に思います(中には、コレは「カレー」じゃ無いって思う人も、きっといるでしょう)し、「タンドリーチキン」&「ナン」みたいなパフォーマンス付き超万人受け料理(客寄せパンダ的メニュー)も無い・・・(南インド式のコーヒー・パフォーマンスは、有効な(TV受けするtv)気もするけど・・coldsweats01

今ではかなりお店が増えてる東京でも、それらの料理をミックスして出す感じのお店も多く、やっぱ「通好み」な部類からの脱却はまだまだの様ですし、そもそもインド国内でも、「ドーサ」や「イドゥリ」なんかのティファン(軽食メニュー)が徐々に全土に広まってる感じだと聞いた事があります。

これから九州で火がつくかどうかは、コチラや地元のマスコミ関係の展開次第なのかも?ですね~・・・(余計なお世話なのは百も承知ですが、コチラには九州での先駆者として頑張って欲しいっスrockshine

【余談】: 「ウリナリ」とかに出てた有名なインドダンサーの(番組&映画で知ってる方は、かなり多いであろう)方のトコだし、(好みが両極端に分かれそうな雰囲気ですが ^^;)「ダンス教室(スタジオ)+レストランの一体型店舗」ってのも希少でしょうから、話題性はありますよね!(オモロイ方だし・・・(笑)

ちなみに、コチラで食べて頂ければ、自分が何故毎日毎日スパイス料理(カレー的なモノ)を食べ続けても飽きないのかが、少しだけご理解頂けるかも??coldsweats01(も・・もちろん、インドダンス好きってな意味では無いですよ!(;゚∇゚)/(笑) 

【※ お店の進化に合わせて、追記+修正をしております。<2010-05>】

【追記2】: 途中からガッツリ専門店ってな感じでは無くなってましたが、南インド料理の専門店というスタイルはやめられたみたいですね・・・

【追記3】: 現在は、閉店されています。 

ё 福岡市早良区城西1丁目6-10 ルピナス西新1F(「福岡トヨペット(西新店)」さんのお向かいにあります)

092-210-0108

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

南インドレストラン あんまー(プレ紹介)

“カレーましーん「まらじ」“の福岡カレー解析(プレ紹介)
(※ グランドオープン後の記事は、コチラです

先日も記事に書かせて頂きました「南インドレストラン あんまー」、10月のグランドオープンに向けて 現在はプレオープン期間中で、夕方から「インドの居酒屋」さんってな営業をされてます。(詳しくは「きょへき」さんのブログ、「趣味はインド料理」の記事をご参照下さい)

自分も、遅ればせながら行かせて頂きました!happy02

いや~!、イイですね~! ココ!!shine

イイ感じに「インドの怪しさ」が出ているものの、「何か面白そうな事やってそう!」ってな雰囲気が醸し出されてて、プレオープン期間中も「スパイス好きな人間がお酒を飲むには、何ともたまらん感じ」だと思います。goodshine

まだメニューは、(おつまみに最適な)「単品モノ」がメインという感じなのですが、自分みたいに「10月まで待てね~!」という方は、ちょろっと一杯ひっかけに行かれても面白いかも?です。

ぼちぼち料理人をされる方がチェンナイから到着されるらしいです(と言ってあった気がする)ので、徐々にメニューも(テスト的に?)変わるのかな~?・・なんて気がして、あえて詳細は書きませんが、自分が食べた感じでは、今出されてるモノ(「オモロそうなインド人ダンサーの方(笑)」の家庭の味なのかな?)も、「あ~、マスタードやらココナッツの風味がエ~感じに効いとるな~!」ってな感じの、他では味わえない南インド仕様の美味しいモノでした!

こりゃ~!10月のグランドオープンが待ち遠しぃ~っスな~!!(チラシの、「九州で初めての南インド料理専門店 福岡についに上陸!」って文字に、たまらなくワクワクしとります!happy02

とりあえず、今回はココまでっス!(詳細は、10月に書かせて頂きま~す!happy01

※ 現在は18:00~オープン(日曜定休)の様です。

ё 福岡市早良区城西1丁目6-10 ルピナス西新1F(「福岡トヨペット(西新店かな?)」さんのお向かいにあります)

  092-210-0108

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

香味庵 (〓) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その49)

「創作カレー 香味庵」、カレー激戦地区「藤崎駅周辺」にある欧風カレーのお店です。

欧風って言うか洋食屋さんのカレーといった感じで、エビカツ・トンカツ・ハンバーグ・等々・・といったトッピング中心のメニューです。

思ったよりサッパリしていて、若干の“酸味+スパイス感”を感じるカレーソースは、“デミグラスより”な印象・・・(チト薄い感じかな・・)

美味しいんだけど、ギュッと盛り付けられたご飯が思ったより多く、カレーソースが途中で足りなくなっちゃうので、ペース配分がチト難しいです。

特にトッピングものを頼むと大変なんですが、ここで1つ発見! トッピングメニューを見ていると「カレー」とある!!

コレは、「替えカレー?」を頼めって事なのかな??(こんなん初めて見た!)、しかも530円!! ・・そりゃないよ~(T‐T)

ま、お客さん多いし、常連さんには問題ないのかも知れません。(お店の方スゴク感じいいし^^)

ё 福岡市早良区百道1-4-8

  092-843-9123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

マハラジャ (〇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その31)

「マハラジャ」、ホークスタウンの中にあるインド料理店です。

インド料理好きの方なら、すぐにお分かりになると思いますが、「ナーナック」グループのお店です。

ホークスタウンにあるので、当然休日はメッチャ混んでます!、そのためか?他の系列店より若干クオリティーが低下しているようにも感じます(ここは息子さんのお店って聞いたことあるけど、店名の違いって何なんでしょうね?観光地的施設のお店はどこもナーナックじゃない名前ですし・・)

自分が行った時は、辛さが注文と全く違っていたり、メニューの写真と違いすぎるものが出てきたりしたので、チト困りました。 

行列に並ぶ余裕がある方は是非! 味は気になるけど並びたくない&手抜きは嫌って方は、本家ナーナックへ!

ё ホークスタウン内にあります・・・(TEL・住所省略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

亜橋(アバシ) (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その21)

福岡にどんどん店舗を増やしている「亜橋」(「亞橋」?)、大野城サティー横・大野城南・那珂川・藤崎・・・・・!!、追いつけません!(--;)(コマーシャルモールとか、熊本にもできたらしい・・・)

たしか元々は、パキスタンの方がやっていたお店だったと思うんですが、お店のメニューはその地方のものだけでなく多彩です。

もちろん、パキスタンや北インド地方の料理人の方(インドで修行したネパールの方等も含む)が得意とするのは、ナンを初めとするタンドール料理やナンに合うようなマイルドなカレーですから、メインはそのタイプの料理です。

ここのお店も次々と店舗展開していますし、いつのまにやら福岡は、本場のカレー屋さんだらけ!!

そんな中このお店は、現地のカレーと言うより日本人の舌や好みに合わせたやさしい感じのカレーですから、お子様やお年寄りも一緒に食べれそうです(この辺じゃダントツで日本人(ファミリー)向けにアレンジされてて、もはやファミレス化しつつある・・・)(^^;) 既にライバルもファミレスだろ~ね!?

ものすごくでっかいナンや大盛りのカレー、家族でいろいろ注文して皆で食べるといいと思います!(ホントに多いから、最初は少なめに頼むのがオススメ)

ё大野城市錦町4-1-2(サティー横)

 (092)-587-7222

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

シャルマ (〇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その20)

早良区高取の「シャルマ」、藤崎駅近くの“カレー激戦区”にあるお店です

インド・ネパール・タイの料理が楽しめる、一風変わったお店かと思っていたら大違い! いい意味で、予想を裏切るウマさです

ここのインドカレーは、クリーミーなタイプにありがちの“もたれる感じ”がなく、楽せずキチット料理しているのかも知れません

採算性重視や高効率の料理法でやっているお店は、油分・乳製品・ナッツ等を多用するから、一見リッチなカレーですが、すぐ飽きてしまうし、胃もたれします(人気店にも結構多いんですよ!)

なによりビックリなのが、安さ! 500円のワンコイン・カレーまであります!!

“日本一安くてウマイ、タンドリーチキン2P”(580円)は、日本一ウマイかは置いといて、ボリュームから言ってホントに安いです!

香椎駅前にもあるそうですので、東区の方も是非!

※現在は「D.KHAJANA」(D.カジャナ)というインドレストランになっています シャルマさんは、国へ帰ったらしいです・・・

《香椎店は、健在です》-(2006-07)

~《シャルマさん復活》-(2006-9) ・・・詳しくはコメントにあります。

(2007)-香椎店閉店・・現在は店名を変え、郊外の方でニューオープンしてます。(詳細は後日・・)

ё 福岡市早良区高取2-1-15

   (092)-847-1210 (D.カジャナも同じ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

カレー屋さん集(合併号)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(合併号)

(Θ 強者の章 ※ Noは後で付けました)

о「スパイス」(その45):博多区上川端町

普通においしいです。 キャベツの上に、カツを置くというのはいいですね!

о「路」(その61):赤間

結構前から行ってます。 普通においしいお店です

о「インダス」(その63):城南区神松寺

懐かしい味!なんだかホッとします、できればもっとカツを温めていただけると・・。(希望)

о「河」(その67):中央区草香江→早良区田村

普通タイプのカレーで、すごいボリュームです!、結構美味しいですよ!(チト無愛想だけど) 

(〓 皆伝の章 ※ Noは後で付けました)

о「ManMa」(その59):太宰府市大佐野 【閉店】

おしゃれな店内で、いろいろあってなかなか面白いです。(逆に絞れていないって見方もできますが・・・)

о「伽哩本舗」(その60):博多区上川端町

焼きカレー・・・ 焼いて特許か~・・・ カレーで特許って凄いですね。

о「あんくる」(その71):北九州他

普通っぽいけど、安さ爆発って感じです!(本店に行った時、何だか怖かったな~)。  

о「赤坂美松」(その63):中央区赤坂

カレーが有名な喫茶店!、まろやか普通タイプのカレーです(ほっとする感じ)。

о「印度カレー」(その65):博多駅

店の見た目通りなカレーですが、結構イケテます。

о「コテージ」(その66):中央区渡辺通り

喫茶店なのに、かなり凝ったカレーです。

о「孝」(その68):博多区那珂

おふくろの味です。 お手軽なので、結構行きました。

о(チェーン・その1)「ウエスト」(博多区等)、味は予想できても、カレー屋が増えるのは、嬉しいことです。【閉店】

о「恐羅漢ロッジ」(アウェイ10)広島番外編!(おまけ)

海老カツ・豚カツどちらもビックリ!お試しあれ

----------------------------------------------------

(その他の章 ※ Noは後で付けました)

о「チャクラ」(その69):東区箱崎 【閉店】

個性的なスープカレーです。 もう一味(コクが)欲しいかも。

о「ピッコロ」(その70):中央区平尾→城南区片江

洋食店です。パンがかなりうまいです。
カレー(激辛)については、何と言って良いのか分からないです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

シブ・シャンカル (☆)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その14)

西新の「シブ・シャンカル」、カレー激戦区にある本格インド料理のお店です。

スタッフが気さくな人達で、アットホームな雰囲気のなか いろいろと話ができて楽しいですよ。(めっちゃインドっぽいっス!)

場所柄か?、ボリューム&他店にないメニューも充実! しかもウマイ!

お肉用のグリーン・チャツネ(と言って良いのかな?)なんか、お肉にかける前に何度も味見してしまいます。

あまりもたれなかったし、何と言ってもココ安くないですか!?

遠くから、お持ち帰りを買いに来られているお客さんもいたし、口コミも多そう・・ 是非ランチなんかで利用して欲しいお店です。

【追伸】: 城西・長住にもあります。

ё 福岡市早良区西新5-15-19 コアコードマルスギ1F

    (092)-822-7003

| | コメント (0) | トラックバック (0)