カテゴリー「 〓 皆伝の章」の30件の記事

2012年10月14日 (日)

インデラ (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その105)

いやいや~!、本当にお久しぶりになっちゃってスミマセン。o(_ _)o

忙しくって忙しくってsweat01、こんなにも更新しないでいたので、みなさんに「アイツ引退したんじゃね~の!?」って言われてても仕方ないな~・・・ってな位のお久しぶりな更新でございます。

ネタは沢山たまってるものの、さ~何の記事から書こうかな~・・・

やっぱココは(かなりご無沙汰しているsweat02)福岡のカレー屋さんのお話からっしょ!

ってな訳で、今回は今までご紹介していなかった かなり渋~いお店をご紹介させていただきます。

そのお店とは、西新商店街にある老舗、「カレーの店 インデラ」でございます。

通りにあるチト怪しげな「すぐできます」看板(笑)を目印にちょいと路地に入っていくと、奥にはこれまた怪しげな佇まいのお店が・・・!!(゚ロ゚屮)屮

若い女性客には、少々勇気が必要かも?ですが、カレー好きなら「オラ ワクワクすっぞ!(笑)」的な雰囲気でございます。

店内は、「カウンターのみ」・「お水はセルフ」という、カレースタンドでは定番な感じのスタイルですが、それはあくまでオープン当初のお話であって、当然ながら現在は(店内・マスター共にcoldsweats01)なかなかに年季が・・・

自分、この感じ嫌いじゃないんですよね~!happy02、ラーメン屋さんとかでも、「美味けりゃ許す!」主義なもので・・・

衛生番長な方には、向いていないと思われますので、そういう方々はご納得の上行かれて下さい。(間違っても、その場でカシャカシャ撮影して批判記事をブログとかにアップせんように!danger、「そげなヤツは、クラすバイ!punchimpact(笑)」 )

メニューは、カレーだけでなく、「ハヤシライス」や自慢の「揚げ物」等もありますが、やっぱりまずは昔ながらの「カレー」をチョイスして頂きたい!!(具だくさんの「田舎カレー」とか、日替のトッピングカレーもありますよ!)

「市販のカレー粉」・「小麦粉」等で作り上げられてる?ルウは、「これぞ昔ながらの懐かしい日本のカレー!」ってな感じではありますが、おそらく「香り系のミックススパイス」を使用してあるのではなかろうか?と思われる「ほんのりスパイシー」感もあり、普通の中にもさり気ない個性が光ってます!shine

・・ま、自分はオススメされるまでもなく、揚げ物ものせるんですけどね・・・coldsweats01(毎度おなじみ「カツカレー」っす!sweat02

あと、待ってる時間・食べてる間は、次の行動を繰り返し口にしながら奮闘しているマスター(ナイスなおじいちゃん)が微笑ましいので、退屈しないのもイイです!good

どうです「インデラ」?、何か普通がクセになるお店ですよ!happy01


ё 福岡市早良区西新4-9-17

   092-202-1323

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

夕月 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ28)

カレー好きなら長崎の超老舗カレー店として誰もが知っているであろうお店・・・、「カレーの店 夕月」。

店名でピンと来ない方でも、長崎の「オレンジ色のカレー」と言えば、「あ~!アソコね!!」・・とピンflairと来るのではないでしょうか・・?

そう!、「オレンジ色のカレー」のお店だから「夕月」とcoldsweats01、その店名は めっちゃ分かり易いのだけど、ここのカレーを説明するのは チト難しいとです・・・sweat02

そもそも、「ココのカレーは、カレーなのか・・?」という疑問さえ残るそのカレー・・・sweat02

カレーやシチューを、「市販のルウ」を使わずに 一から作ったことのある方(もちろん、そんなものが市販されていない時代から食べておられた方や、お婆ちゃんのカレーを食べていた方もです)なら、「あ~!・・・」だとか「懐かしい」という印象を持たれるかも知れないですが、もし自分が そんなもなぁ~知らない若者だったら、(個人的には)「一般的なカレー風味ではないけれど、少しスパイスのきいたオレンジ色のスープシチューご飯」という印象を持っていたかも知れんとです・・わりとマジで・・・(;´▽`A``

・・ってな感じなのでsweat02、(あくまで個人的にですがcoldsweats01)「素カレー」だと 食べてる途中に少し飽きてくるかな・・?(コレは、トッピングが欲しいところ)

でもこだわりのルウとは違い、トッピング(揚げ物類)には そんなに凝られていないっぽいので、全体的には微妙な印象が残る・・かな・・・?( ̄◆ ̄;)(あくまで個人的にですよ!coldsweats01

でも、「『何だかまた食べたくなってしまう』魔力が、このカレーにはある!!」・・ナゼだか知らんけど(笑)・・・(;゚∇゚)>

コノ辺が、「これまで生き残ってきた超老舗」である所以なのかも?知れないです・・・もちろん根拠はないですけど(;´▽`A``

店内には若者も結構多かったですし、「昔ながらの味」を懐かしむ方々だけでなく、その若者達も「お持ち帰りパック」を普通に数個購入して帰っていたので、その魔力は年代を問わず絶大な効力があるのかも知れません・・・

オリジナリティー番長 「夕月オレンジ」、恐るべし!!
Σ( ̄ロ ̄lll)


ё 長崎県長崎市万屋町4-12-2F(万屋町のアーケードの中です)

      095-827-2808 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

城山亭 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ26)

今回の大分カレーツアーも、いよいよ今回のお店で最後となります。

・・ま、ぶっちゃけナカナカ記事を書く時間が無くて、ついつい1ヶ月も続いちゃっただけなんですけどもね・・・(;´▽`)>``

という訳で、大変お待たせしてしまいましたがsweat02、この旅のラストを飾るのは、国見町の「城山亭」というお店です!!

ココは、「国見ふるさと展示館」という観光スポットの中にある食堂で、何と!メニューに「タコカレー」なる地元のタコを使った名物メニューが存在するのです!!!shine

「太刀カツカレー」に「タコカレー」・・・、「スッゲ~な国崎半島!、オラわくわくすっぞ!!shine」・・と、かなりの満腹感に襲われながらもノリノリでお店の扉を開けると・・・

開かね~・・、ってか鍵が掛かってる(閉まってる)・・・sweat02sweat02

ノォ~~~ッ!!<(;゚∇゚)> ・・っと嘆いていると、中からお婆ちゃんが出てきてくれて、「どうぞどうぞ」と扉を開けてくれました!!

どうやら、天気が悪くお客さんも来ないので、店員さん達(お婆ちゃん3人)は、扉を閉めて お茶と会話(ティータイム)を楽しんでおられた様です。

申し訳無さそうに迎え入れてくれたお婆ちゃん達・・・、折角の「ティータイム」にお邪魔してしまった自分の方こそ申し訳なかったのですが、この時間も注文可能かを確認させて頂いたところ 全然OKの様でしたので、念願の「タコカレー」をお願いさせて頂きました。

この「タコカレー」、600円とかなりリーズナブルなお値段なのですが、「お漬物」・「白和え」・「煮物」が付いてるんですよ!!

しかも、この3品がかなりの美味しさ!!shine

料理どころか野菜から手作りらしく、素朴な味付けがかなり絶妙で、「コレ、美味い!」って思わず言っちゃうナイスさ!!good

お目当ての「タコカレー」の方はと言いますと・・・

何じゃコノ本格感!!Σ(・ω・ノ)ノ!

お店やお婆ちゃん達の雰囲気的に、市販のルウを使った「自慢の我が家のカレー」的なモノなのかと思いきや、バリバリ凝ったカレーなんですよ!コレが!!

自分、コノテのカレーも散々作ってた(研究してた)時期があって、野菜やフルーツやトマトなんかを、ワインとスパイスをきかせてじっくり煮込んで作ってあるのかな?的なコノ感じが 何だか懐かしくもあり、嬉しい誤算度がハンパ無いっス!!

しかも、一番気になっていた「タコ」がメチャメチャやわらかい&カレーにメッチャ合ってるんですよ!!

コノテのカレーを研究してたとは言え、もちろん自分には あんなに「タコ」を使いこなす(カレーに合わせつつバッチリ調理する)スキルはありませんので、「メッチャやわらけ~!、ウメ~!!」って感動しきりだったんですけどね・・・\(;゚∇゚)/スッゲ~!

あと、お米が地元で作ってる「赤米」ってのも嬉しいな~!!

おそらく皆さんも、口にされたら「コ・・コレお婆ちゃん達が作ったんですか!?、・・てか全体的に料理上手過ぎじゃ・・・」
Σ(゚д゚;)
・・ってなると思います。

何より、「トリオ・ザ・お婆ちゃん」の人柄が良過ぎるっス!!

3人のキャラがそれぞれ絶妙な事もあり、楽しい一時を過ごさせて頂きました。

ランチタイムを外してお伺いさせて頂いたのに、快く迎え入れてくれただけでなく、惜しげもなく料理の仕方やこれまで(完成まで)の苦労話を教えてくれたり、サービスまでして頂いちゃったもので、お婆ちゃん達には ホントに感謝感謝でございました(「赤米大福」も美味しかったです)。o(_ _)o


ё 大分県国東市国見町岐部536

    0978-83-0321


【おまけの小話】

ココからちょっと行ったトコロに、「道の駅 くにみ」があるんですけど、ココの施設にはちょいと刺激的なスポットが二箇所あるので、ご紹介しておきます(笑)。

Photo← 一箇所目は、コレっス!

「願いタコ」なる像のバックに「〇ちゃん堂」、お願いしといて その後食べてしまうとは…

人間とは、何と不条理な生き物なのだろう…

と、先程「タコカレー」を食べた自分は、像にお願いしながら そう思うのであった…(笑)

二箇所目は、ココのカップ自販機!

たま~に見かける「2種類のジュースを混ぜれるタイプ」が置いてあるんですけど、ココのは違うメーカーの商品が混ぜられるので、結構刺激的です!(^-^;)

「カル〇スコ〇ラ」なんて、決して自分は試してません、だって「カ〇ピスソーダ」のボタンがあるのに、わざわざ「コー〇」を混ぜて無理矢理炭酸飲料にしなくても・・ね~・・・

でも、意外と合うのかもな~・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

カレー・レインボー (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その104)

食べに行きたいお店に、なかなか行けない日々が続く中sweat02、久々に大橋方面に行くチャンス予定が!shinerun

自分・・・、「大橋」と言えば、いつもお世話になっている「かめ」さんのブログ「かめ。。。さて、何食べようか」が主な(と言うかほぼ100%)情報源なのですが
(;´▽`A``、ちょいと前の記事に「カレー・レインボー」なるお店がオープンしかけてるとの情報があり!、ず~っと気になりまくっておりました・・・

こ・・こりゃ~行くしかないっしょ!!rocksweat01

ってな訳で、行って参りました「カレー・レインボー」、毎度の事ながら、自分・・「写真を撮らない君」なので(笑)、これまたタイムリーに昨日アップされてたflair、「かめ」さんのブログの(画像たっぷりで分かり易い)「カレー・レインボー」の記事をリンクさせて頂いちゃってますshine。→ その「リンク」っス!(「かめ」さん、許可&記事にご紹介頂き、ホントにありがとうございます。
m(_ _)m しかし、あやうく記事をアップする日が かぶっちゃうトコでした・・・(;´▽`A``)

メニューを見てみると、カレーは、「スープ」と「レインボー」の2種類からチョイスし、「具材」(トッピング)・「辛さ」・「量」を決めるという、こういった感じのお店ではよくあるスタイルでした。

ココはやっぱり「レインボー」の方をいっとかないとダメっしょ!(笑)

とか言いながら、ぶっちゃけ 両方とも食べたんですけどね(笑)・・・\(;゚∇゚)/ もちろん、1人で食べたわけじゃないですけど…

その「レインボー」(カレー)とやらは、食材をミキサーにかけたものをベースに、凝ったスパイス使いでスープ状に仕上げてある、(大まかにジャンル分けすると)東京で言うところの「デリー」風、福岡で言うところの「大川のタージ」風なタイプのカレーでした!

ま・・、味の組み立て方と言うか、仕上げ方が違うので、あくまでイメージの話ですけどね・・・

個人的には、食材の甘味が前面に出てる印象で、味付けがソフトに感じました。(自分が「濃い味野郎」なだけかも知れんですが、甘味に関しては、「かめ」さんも同じご意見だったので、ソッチは間違いないかと・・・coldsweats01

面白いもんで、斜め前にある「大川に移転した『伝説のタージ』ではない、一般的なインド料理屋さんのタージ」(通称「大橋のタージ」)もcoldsweats01、同じように食材をミキサーにかけたものをベースにカレーを作ってるハズですけど、使うスパイスや調理手順・のばし方(仕上げ方)が違うとこんなにも違った料理になるんですよね~・・・

こういうトコロが「カレー」の奥深さと言うか、自分がこんだけハマっちゃった理由の1つでもあるんですけど・・・(o^-^o)

いかんいかん・・、話がお店のご紹介から反れていってる・・・sweat02

(話を戻しますとcoldsweats01)具材は、「野菜」だとか、「チキン」だとか、「メンチ」だとか、「グラコロ」だとか、イロイロと選べるんですけど、基本 安い方の「スープ」カレー(の「野菜」か「チキン」)が700円~(サラダ付き)ってな価格設定なので、この地域だとチョイ高めなのかも??

カレーで「レインボー」(「スープ」より100円高い)を選択した場合、「野菜」や「チキン」をトッピングすると800円になるんですが、ま~地域的に学生さんの利用も多そうだし、この辺りを注文される方が多いと言うか、ギリギリラインじゃないでしょうかね・・?(少なくとも、自分は毎日ランチに1000円とか使えないです・・一般庶民なので・・・(;゚∇゚)> )

「野菜」(メニュー表にはひらがなで書いてあったsweat02)は、よくある「カラフル素揚げタイプ」なので、特に書くことはないんですけども、「チキン」は、丁寧に下処理がされてるので、鶏肉の臭みや皮の食感が苦手な方でも、割と大丈夫な感じではないでしょうか?(コッチは、どちらかと言うとヘルシー仕上げだし)

特筆すべきは、「『メンチ』のジューシーさ」で!、コレが思ってた以上に美味しいだけでなく、かじった(切った)トコロから、肉汁がこぼれ出てくる出てくる!!Σ(・ω・ノ)ノ!

コレには、正直予想外だった事もあり、かなりビビリました!!goodshine

あと「スープ」(カレー)の方も、同じく「デリー」・「タージ」風のスープ状のカレーなんですけど、コチラは微塵切りの玉ネギをベースに、凝ったスパイス使いで作ったカレーを、スープで のばしてある感じでした。

ただ、コチラの方は、「甘味」と「味付け」が強めに仕上げてあるので、ぶっちゃけ ご飯との相性と言うか、全体のバランスに 少々違和感を感じたりも・・・(あくまで個人的にではありますが、「味付け」が強めになってる事もあり、「レインボー」よりも「甘味」の違和感を 一層強く感じちゃいました・・・( ̄○ ̄;)! )

・・ま、コレは 好みの問題かも?です。(;´▽`A``

面白いお店が福岡に増えるのって、異常なカレー好きの自分にとっては嬉しい限りなのですが、この辺って 先程書いた斜め前の「タージ」だけでなく、少し行くと 「エルヘルメス」だったり、「かぼちゃ家」、「LEON」もあって、いつの間にやら 薬院とか藤崎でなく、大橋が「カレー激戦区」に・・・((・(ェ)・;))Σそんな中、ちょっと前までは 近所に「デリム」っていうお店もあったんですけど、いつの間にやら「イタリアン?」のお店になってました・・・sweat02)

正直 想像できなかった事ですが、ココのお店も この戦いに参戦したからには、他店に負けず頑張っていって欲しいものです。

何はともあれ、お酒をガッツリ飲んだ次の日なんかに良さげなこのレインボーのカレー、そのうちまた行っちゃうかも?happy01

以上、何かいろんな点で、「かめ」さんと意見(内容)がかぶりすぎちゃってて、同じ日にアップしてたら(自分がいつもアップする時間が、「かめ」さんがいつもアップされる時間よりも微妙に早かったりするので)「とんでもないネタ泥棒」のレッテルを貼られる&お蔵入りになるトコロだった解析を終わります・・・(;゚∇゚A```

【おまけ】: 「グラコロ」と「メンチ」がのっかってる一番高いメニュー名が、「リッチー」ってなってるこの感じとか、店長のアノ感じ・・・自分嫌いじゃ無いですsmile


ё 福岡市南区大橋3-2-5

    092-511-6733

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年9月25日 (日)

ブラック (〓)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ23)

連休なので、久々の遠征だぜ~!!rocksweat01

・・ってな訳で、今回は佐世保にある「カレー&手作りケーキの店 ブラック」に行って参りました!cardash

コチラは、長年「激辛&イカ墨を使った真っ黒のカレー」を24時間営業で出されてるという地元では有名な・・、他県の人間には少し異色なお店です!( ̄◆ ̄;)

ちなみに、今回 「某有名グルメサイトのランキングで、カレー部門の長崎2位だったから」という実に単純な理由で選んだんですけどね・・・(;´▽`A``

ただ、同じく上位にランキングされているお店が、以前 「これってカレーと呼べるんだろうか?」&「これってソースご飯なのでは?」(「中濃ソース」とか「トンカツソース」にカレー粉を溶かした感じ)という内容の記事を書いちゃってたトコロだったりもするのでsweat02、少し心配だったりもします・・・despair(その時は、内容が内容だったので、伏字で店名を書いてたりも・・・(^-^;)> ) 

そんな不安な気持ちでメニューを見てみると、「激辛カレー」(★佐世保で一番辛いカレー)と「中辛カレー」(☆一般の辛口カレー)のどちらかをチョイスして、トッピングを選ぶという感じです。

お値段は、共に850円(サラダ付き)で、カツカレーは
1260円でした。(※ 値段は全て税別っス!!(・oノ)ノ )

「た・・高ぇ~な~!」と思いながら 待つこと約20分・・・sandclock(長い!)、桃屋の「江戸むらさき」シリーズに入れそうな(笑) 真っ黒のカレーが出てきました!!

イカ墨を使ったカレーって結構ありますが、ぶっちゃけて言うと、コチラのお店のは、少々臭いが気になるタイプです。(普通に美味しいカレーなんですけどねcoldsweats01

「激辛」の方は、スパイスやら辛味やらで全く気にならないんですが、「中辛」の方は、魚介類が苦手な人にはチト厳しいかも?

あと、少し酸味のある味付け&イカ墨のコクはあるものの、全体的には平坦な感じにまとめてあるので、トッピングがないと途中で飽きちゃうかな・・?

個人的には、「激辛」に「カツ系」を乗せるのがベストな気がします。good(「激辛」と言っても、日頃「激辛」なんて食べない自分が「少し汗ばむ」&「無理せず食べれる」感じの辛さだったので、ある程度 辛いのが大丈夫な人には、コッチの方が断然美味しく感じられると思います)

どうですかね~・・?、もしかすると 味・接客スタイル共に、「好きな人は好き」、「苦手な人は苦手」と、はっきり分かれる感じかも知れないですね~・・・?

・・とまあ、ナカナカに独特なお店でした!(;゚∇゚)>

佐世保駅近くのアーケードのそばにあるので、比較的行きやすい(駐車場とかに困らない)立地だし、くいしん坊!惨敗(笑)いやいや くいしん坊の方は、佐世保バーガーとかけもちで食べに行く手も・・・(自分は無理でしたが・・sweat02


ё 長崎県佐世保市下京町3-4

  0956-25-2595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

井尻カレー厨房 kitchen516 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その102)

なかなか都合がつかず、随分と「カレー屋さん ご紹介記事」が書けていませんでした・・・

そんな中、ず~っと行きたかったお店や、同じ南区である大橋に行きたいお店があるのというに、自分というヤツは、井尻の奥地にあるこのカレー屋さんを 久々の記事にチョイスする人間だったりするとです・・・( ̄◆ ̄;)

そのお店とは、「井尻カレー厨房 kitchen516」、「カウンター4席」・「2人席×1」・「4人席×1」の計10席という かわいいお店で、ぶっちゃけ入り難さは否めないかも・・?(・ω・;A``

ココ、元々イタリアンのお店だったんですが、最近カレー屋さんにリニューアルオープンした様で、出しているカレーは、まかないや常連さん用のメニューだったモノらしい・・・、そんなお店です。(・・って、どんなやねん!?
(^-^;) )

ベースのカレーは1種類だったので、とりあえず毎度お馴染みの「カツ」をトッピングしてもらう事に・・・(個人的にですが、接客とか手際がチト気にならなくも・・・sweat02

待つこと約10分・・・sandclock、ぱくりと一口食べてみると・・、「お!、予想外に普通なんだけど、美味しいカレーだ!」happy01

残念ながら、「カツ」は冷凍モノだと思われ、せっかくイタリアンを作る腕があるなら(イタリアンのお店をやる前は、福岡では名の知れたお店で腕をふるっていたらしい)、もっと凝った(それっぽい)モノを作ればいいのにな~・・という印象・・・
「カレー屋さん」にとって重要なポイントである 「ご飯」の状態も、自分が行った時は あんまり良くなかったです。despair

あと、トッピングできる「チーズ」が、元イタリアンらしい感じの、コダワリがありそうな「チーズ」だったのですが、個人的には 何か臭く感じちゃって、「せっかくのカレーの風味が・・・」ってな印象でした。sweat02

「カレー」に関して もうちょっと突っ込んで言うと、「十数種類の秘伝のスパイスの効いた、トマトベースのビーフカレー」・・との事なのですが、酸味の効いたカレーに、ホグホグの牛肉&小さくカットされた人参が入ってるので、お店に関する知識が全く無かったら、何だかよくあるレトルトっぽい印象を持つ人もいるかも・・?(他に 普通サイズのジャガイモも入ってます)

コレも、イタリアンの経験をもっと活かした感じに仕上げてもイイんじゃないかな~?・・とは思ったものの、逆にこの位の(普通のカレーに少しだけアレンジした)感じの方が、万人受け&飽きが来なくてイイのかな・・?、常連さん結構いそうだし・・・

何たって、この「特製ビーフカレー」(ご飯300g)は550円ですから!、お昼でも、会社帰りでも、(ドアを開ける勇気さえあれば(笑))気軽に利用できてナイスでございます。good

ある程度カレー好きな方なら、「業務用ビーフカレー」とか「市販のルウ」に、「トマト」や「コンソメ」を加えたりして、真似しちゃいそうな感じですが、この値段なら ぶっちゃけお店に行った方が かえって安上がりかも・・?(自分の様な、胃腸がポンコツ人間には、少々重めかも?・・ですが(;´▽`A``)

チト行き難い立地ですがcoldsweats01、カレー愛と西鉄電車さえあれば大丈夫!(笑)、井尻駅がソコソコ近いので、興味のある方は是非!(駅のそばのパーキングを使えば、車でも何とか・・coldsweats01


【追記】: いろんな意味で「少々厳しいんじゃないかな…?」と思っていたら、その後 「カレー&定食&パスタのお店」へと変貌を遂げているらしいです!(lll゚Д゚)sweat02(※ 「かめ」さん情報)

※ いつもお世話になっている「かめ」さんより、「変貌後のkitchen516の記事内」でトラックバックを頂いておりますのでshine(感謝)、気になる方は、下の「トラックバック欄」の「『かめ』さんから頂いたトラックバック(URL)」から是非!happy01


ё 福岡市南区井尻5-12-33

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年8月28日 (土)

MAGIC WAVE(マジック ウェーブ) (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その99)

「井尻に、怪しげなカレー屋さんを発見した!!flair」との情報を頂き、「そ・・そりゃ~行かねば!」・・sweat02と、恐る恐る井尻の地を訪れる事に・・・( ̄◆ ̄;) ドキドキ…

井尻駅側から商店街に入ってすぐのトコロ(左側)にあるのですが、なんか店頭で「サーターアンダギー」が売ってるわimpact、中が見えないわ|ω・) う~ん…、思ってたより怪しげだわ・・・sadという事で、入る前に2度程スルー(前を通り過ご)しました・・・sweat02∑(=゚ω゚=;) 入るの怖すぎる…

そのお店の名前は 「MAGIC WAVE」(マジック ウェーブ)、気合で店内に入ると、「80年代にタイムスリップしたかの様な、BGM & ポスター」が温かく?迎えてくれます。(しばらく経つと、妙に落ち着く自分が怖い・・(笑) (゚-゚;A`` )

「ハーブチキンカレー」(←500円ナリ!(安!))というメニューがメインと言うか、コレをベースに「トッピングメニュー」と、激辛の「赤カレー」(「赤唐辛子」&「ハバネロ」パウダー入り)があるっちゅー感じです。flair

気になるお味の方はと言いますと・・・・・、「・・sweat02、普通だね~・・coldsweats01」ってな印象ですが、80年代な雰囲気が、「海の家のカレー??」・・・、「私を(気分だけ)スキー場に連れてってくれるカレー??」・・・っちゅう感じの、まあ・・誰もが どこぞやで食べた事があるであろうアレな感じですよ・・・(と、一応濁してみる・・sweat02((・(ェ)・;)) )

ちなみに、お肉(ハーブチキンとやら)は、めっちゃ柔らかくて「お~いすぃ~!」です。shinehappy01

あと、試しに 「赤カレー」も食べてみたのですが・・・
「結構辛かったっス!」spa∑(゚〓゚|||) ポーゥ!!!(笑)

・・・他にはと言いますと、コレが特に無いんですが・・・sweat02、「冒険野郎」(※注: 80年代繋がりだけど知ってます?)なら、「今こそ、アドベンチャ~♪」(「たむけん」ネタのイメージでお読み下さいo(_ _)o )ですぞ!!(笑)

【追記】: 閉店してます。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年1月20日 (火)

カレーの龍 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その89)

過去最速でカレーが出てきたお店!、「カレーの龍」!!

何だか「トリアス」まで行ってもいいな~・・ってな気分になったので、最近ちょろっと行ってきました。

ココ、かなり有名&創業昭和38年なのに、北九州に行った時には近くに「ガネーシャ」があるので、実は行ったこと無かったんです・・・(福岡のカレー好きには必修のお店なのでしょうが・・・sweat02

・・で、いざ入ってみてビックリ!

基本メニューが「男性(700円)」・「女性(600円)」の2種類らしく、どう見ても男性な自分は、座るとほぼ同時に「すぐお注ぎ致しますので、少々お待ち下さい(だったかな?)」と声をかけられたかと思うと、テーブルの上にあるセルフのお水を注ぐ間に速攻で出てきました!!(超早!)

これは、長浜の「元祖」どころではない早さで、吉野家のメニューが1種類とかでないと超えられないスピードでしょう!(凄いゾカレー!rockshine

さらに、トッピングメニューも「生たまご(50円)」が唯一の存在、自分はカツカレーな気分だったのですが、お店の下敷きを見た感じでは、宇佐店にしか無いのかも・・?weep

もっとビビッたのは、「おかわり(100円)」ってのがあって、(期間限定かも知れませんが)1のつく日は無料ってポスターが貼ってありました!(何ココ!?)

周り(と言ってもカウンターが数席しか無いんだけどsweat02)をチラ見してみると、どうやら「おかわり」ってのはハーフサイズくらいのものが出てくるっぽい&「女性」ってのは少しだけ量が少なめの様です・・・(^-^;

ま、確かにコレなら、女性がもっと食べたいって思っても、「男性」を注文するより「女性」+「おかわり」の方が得だし、女性へのサービスだと考えれば、男性がそのズルをできない(オーダーはお店まかせ)ってので有効なシステムなのかな・・?

味の方は、予想通りと言うか 見た目通りと言うか、「こげ茶のルーが物語る 昔ながらの少し香ばしくて懐かしい味のカレー」ってな印象でした。

昔懐かしいってのは、「昔ながらの普通っぽいカレー」って事だけでは無く、「コショウ辛い」ってな意味も含まれてます。(昔は多かったな~)

FC展開とかもしてるみたいなんで、本店とかだとまたチト違うのかも知れないですが、ココはココで「お腹いっぱいカレーを食べたい」&「急いでる」ってな方には、イイんじゃないかな?(見た目通りカレースタンドとして利用すれば)

ё トリアス久山のレストランモール内にあります。(本店は小倉北区です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

カレー屋 勝 (〓) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その86)

10/3にオープンした「カレー屋 勝」、最近個人的にブームな“スパイシーエリア高砂”に またまた誕生したお店です!

何故この魅惑のゾーンにカレー屋が集まってくるのか??、もしや! あの大将に引き寄せられているのではsign02(最近連投やな~coldsweats01

【※danger  ここから先の物語はフィクション(ドラマにすぐ影響される作者の妄想sweat02)であり、実際のお店・登場人物には一切関係ありません。】

前回も登場した「あそこ」の“ありえない営業時間”外に、「ブラッディ・〇ンデイ」の様な「カレーテロ」を“謎のスパイス X”を散布する事によって画策~実行

・・で 、“X”の効能でフラフラ~っと引き寄せられたのがアソコの通りであり、何故かアノ通りの周辺でお店をやりたくなった人達が、次々と「カレー屋」をオープンするという 怪事件が続発!(((゚Д゚)))きゃぁぁ~!!

そんで、その計画の謎は「あそこ」の店名がキーワードになっている・・Σ(lll゚Д゚)も!・・もしや!!

ラストシーンでは、その後(計画が成功し)「通称・スパイス道路(笑)」と呼ばれるようになったカレーの香りが途切れない通り(店の前)で 天神の方(カレー屋が立ち並ぶ方向)を睨みつける大将が、「藤崎とは違うのだよ!、藤崎とは!!(笑)」・・と つぶやく・・・(そこだけガンダムやんけ~!paperぺしっ!)。      

ドラマ 「カレーの街」・・・おしまいend(高砂・藤崎化計画・・・深いっしょ?)

なんじゃ この妄想!!、俺はツイに脳までスパイスに汚染されたのかsign02・・・(いやいや、あんた元から変だよ!、変人だよ!)←天の声shadowshine

・・・、話が脱線しすぎて あやうく「トレーダー分岐点」(←知ってる?)まで行ってしまうトコでしたsweat02(チト反省)。

話はやっと本題に戻って、肝心の「カレー屋 勝」のカレーについてですが、・・・ココまで引き伸ばした通り、ホントは特に何にも言う事無いっス。(^-^;

お店のたたずまい+「カツカレー590円」!と“インパクトある黄色いノボリ”が主張しているのが、全てを語っているので・・・(えっ!?、分からないって?earpaper

想像してみてください!、コレは 遊園地のレストランに必ずあるであろう「1000円近いカツカレー」とほぽ同じものが、「590円」で食べられるって事です!flair(安~!)

そんな味です、しかも 味・カレーライスの量・カツの大きさ・食べやすさ・元気のイイおばちゃん・・は、かなりの満足度!、それでコノ値段を実現しているのは素晴らしい!(遊園地以外でも、ほぼ同じ材料でぼったくっているお店は星の数やしsweat02

自分なら、「あそこ」の500円カレーと ココの590円カツカレーだけで、しばらく暮らせそうです・・・(大将の収益に影響がないかチト心配(°°;) 近すぎるし…)。

「あそこ」が知りたい このブログ初心者の方は、1つ前の記事をご覧下さい。(今回は変なドラマを登場させたので、お店の方に遠慮してリンクしませんでした・・・これでも一応(゚ー゚; )

ё 福岡市中央区高砂2-12-10(これまた「あそこ」の次の角を、左に曲がったトコです)

ちなみにココ(「勝」)、看板に「高砂店」ってあるんだけど、チェーン展開してるのかな??

【追記】: 閉店?? 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

Flange(フランジ) (〓) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その85)

最近高砂にできた「Flange」、お店のチラシに「なつかしい!! けど新しい!!!!!!! カレー屋heart01」と書いてある通り、ありそうで無いタイプのお店です。

カレーはダシのきいた和風感が印象的なカレーなんですが、お店はカフェっぽくて(かわいくて)雰囲気がイイので、女性同士とかのお客さんも多そうな感じですtulip

自分が何でこんなオシャレなお店を知ったのかって?

奔放に商売をされてる「あそこ」(dangerクリックをしても飛びません)の あの大将が、「100m先にオススメのカレー屋が出来てる・・・」と、いつもの様に商売敵をやたらとオススメしていたからに決まってるじゃないですか~!coldsweats01(聞き間違えか?実際は約500mくらいありますsweat02 ・・でも、コレで少なくとも20人ぐらいは行ってるハズrun

大将曰く 「カレー屋には個性が必要」で、コチラのお店も「オリジナル性のあるカレー」や「店員さん(女性)が素晴らしい」という個性があるらしい・・・

・・・んflair!、「店員さん(女性)が素晴らしい??」!!thunderピキーン!!、・・って「違いますって~!、こんなにもカレー好きな自分、カレー屋をオススメされたらそんな事に関係なく行きますって~!coldsweats01」(いやいやマジでsweat02

ぶっちゃけ(今までにそういう客が大勢流れてきたハズで、コチラでも話題になってるだろうから)、コチラの店員さんにも「あそこの大将が・・・」と言った時点で(おいおい!それが目当てかよ!と)引かれて気まずくなりそうなので、心当たりのある方は(お店の方と会話する際に)「通りがかった時に気になってたんで~・・」とか「ネットに出てましたよ~!」とかいうセリフを用意しておくのが正解でしょう・・・(^-^; コラコラ!

・・って違~う!、このブログはそんな解析が専門じゃ無~い!!

sweat02肝心のカレーの話に戻りますと、カレーは「ポーク」(こちらが濃厚かつチト辛め)と「チキン」の2種類で、和風テイストのかなり凝ったカレーです。

美味しいカレーですので、そういうの目当てじゃなく行きましょう!(スタッフ募集されてたから、今後は店員さんローテーションで回すんだと思いますよsmile

まったく・・・、頼みますよ赤シャツ大将!(笑)。

ё 福岡市中央区高砂1丁目14-14-1F (あそこから天神方面へ約500msweat02

   092-531-6025

| | コメント (0) | トラックバック (0)