カテゴリー「 ★ 鉄人の章」の10件の記事

2007年9月 5日 (水)

ヌワラエリヤ (★) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その57)

赤坂の「ヌワラエリヤ」、スリランカ料理のお店で、以前ご紹介していた「ツナパハ」の姉妹店です。

「ツナパハ」の回でご紹介してたので、あえて記事にしていなかったんですが、最近かなりネタ切れ気味なもんで・・・(‐‐;)

ココも、「ツナパハ」同様 結構辛いです!

ただ、こちらの方が若干辛さを抑えてあって、ココの特徴である(タイ風カレーとは違った、ココナッツミルク嫌いな方でも大丈夫そうな)ココナッツミルク妙技(なんじゃそら!)&味付けのマイルドさ(優しい味)をより堪能できるかも!?

あと、メニューとお値段が若干違うみたいです。

雰囲気って言うかコンセプト的には、「ツナパハ」が男性向け(エスニック・レストラン風)、「ヌワラエリヤ」が女性向け(南国のホテルにあるようなカフェ・バー風)ってなトコでしょうかね~・・?

両方共かなりオススメのお店ですので、辛いのが平気な方は是非!(辛くないメニューもありますし、ヌードルカリーなんかも珍しくてイイっス^^)b

ё 福岡市中央区赤坂1-1-5(警固交差点のトコにある「モス」の上)

   092-737-7788

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

フォーシーズン ミラン (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その54)

「フォーシーズン ミラン」(FOUR SEASONS MILAN)、六本松に7月2日オープンしたインド料理店です。

薬院にある「ミラン」の、よくTVなんかに出てた店長?が独立して開店されたお店みたいで、名前は微妙にそのまんまですね・・・(でも支店関係では無いらしい)

驚きなのはお店の外観&内装です!

薬院の「ミラン」は怪しさ抜群の「いかにも」!ってなお店なのに対し、こちらは福岡のインド料理店としては異色な「カフェ」っぽい感じになってる!!

女性同士では入りにくい「カレー屋さん」の雰囲気を払拭する感じで、なんかイイです。(^^)

肝心のお味の方は、基本的には「ミラン」と同じっぽいですが、微妙に違うメニューもあり面白い(こっちの方が美味しいものもあれば、そうで無いものもある)。

自分がいつも言ってる、「腕」的な誤差ってところでしょう。

ここのオススメは、「ミラン」同様 「ラムチョップ・カレー」(子羊のカレー)や「サグ・チキン」(ほうれん草と鶏肉のカレー)ですが、初めて行かれる方は看板メニューの(だと思います・・)「チキンカレー」&「ナン」がセットになっているものを注文されると失敗しないと思います(もちろん美味しいです)。

【追記】: その後、薬院との差別化のためか?イロイロと味を変えたみたいですけど、個人的にはカレーがレベルダウンしてるしてる気が・・・(美味しくなってるモノもあるけど、前のヤツと比べて看板メニューのダウンがキッツイな~・・・sweat02

【追記2】: 小戸にも出来て、あの店長はコチラにおられるみたいです(笑)。

【追記3】: 筑紫野にも出来てま~す!(923-7655)  

【追記4】: 何かイロイロとメニューが増えてて、楽しさがアップしてます!
あと、3店のうち、腕利きのシェフがいるお店を発見!flair(メッチャ美味くなってるメニューも!)
この辺は細かく書かない方が、いろんな意味で良さそう&探す楽しみがあると思いますので、あえてノーヒントです(笑)。(分かる人は分かるだろ~な~・・・smile


ё 《六本松店》: 福岡市中央区六本松4-9-10 (九大の交差点を油山観光道路に曲がってすぐ)

   092-731-3132 

  《小戸店》: 福岡市西区小戸5-1-16←壱岐橋のトコ(元はラーメン屋さんだったかな?)

     092-891-3663

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

ホーカーズ (★)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(おのぼり6)

「ホーカーズ」、“インドのカレーは夕陽色”の著者である、長澤徹也さんのお店です!

Hormise お店は、著書に書いてあるように少し奥にあります。(人通りの多い所ですので、分かり易いとは思いますけど・・)

セルフサービス&長机が特徴的な店内は、本のまんまで何だか嬉しい! 

ホントは 「赤いタイカレー」が有名みたいですが、本を読んだ方は、絶対に南インドの「チキンカレー」と、カシミール地方の「マトンカレー」(夜のみ)に感情移入しているハズですよね~!(オーナーは気付いていないかも知れませんが・・・^^;)

Hortik ←「チキンカレー」

Hormat2_1 ←「マトンカレー」

どちらも(大辛)と書いてあるから、やはり辛い!
でもウマ~イ!!(しかも安!)

このカレーが このお値段で食べれるなんて・・・!、ホントに驚きです!!w(゚o゚)w

「マトンカレー」は、他のお店と少し肉が違っていて、初めて食べる感じでした

あっさりかつスパイシー!、本を読んだ人を決して裏切らないウマさです♪

ё 東京都港区芝浦3-14-19(1F)

  (03)-3456-1755

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

カレーリーフ (★)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(おのぼり5)

「南インドの味 カレーリーフ」、日本人が作る日本人の口に合わせたインド料理のお店です。

Crmeals お店の自信作「マドラス・ミールス」は、ホントにウマイ!

手で食べる楽しみは、一度試してみないと分からないと思いますので、是非お試しを!(絶対オススメ)

 「食感(触感)」・「イロイロなものを好きに混ぜ合わせ、自分で味を作る楽しみ」は格別です♪

オーナーのこだわりも凄く、パンフや説明書に熱く語られています!(「当店のミールスは、私が南インドで出会ったミールスを 限りなく忠実に再現してみました。 ぜひ、手を使って、南インドの香りをお楽しみ下さい。 店主」・・等々、熱いです! これを読んで 手で食べない人は、あまりいないでしょう・・・)

強いこだわりを発信しているお店は、偏った考え方が残念な結果を生んでいる事も多々あるんですが、ここのオーナーのこだわりは(個人的にですが)共感できる点が多く、素直に凄いな~って思います。(^-^)

納得の味と満足感!(しかも日本人が奮闘してるトコロがイイ!)

東京には、日本人の方がやってる凄いお店があるんだな~と驚かされます!!!(゚ロ゚屮)屮

ё 東京都中野区東中野3-2-1(2F)

(03)-5330-5134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

ミラン (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その15)

薬院六角にある「インド料理 ミラン」、本場インド料理のお店です。

この辺りは、インド料理・ネパール料理のおいしいお店が多く、ホントの意味での激戦区! (おいしいカレーの街と言った方がいいかも!?)
※【追記】: その後、随分と減っちゃいましたね・・・
(でも、美味しいお店は、ちゃ~んと残ってると思います ^^)

ココは 多彩なメニューの多くが、日本人向け(マイルドな感じ)に味付けされてますので、女性やお子様連れも多いみたいですね!

さらに、オープン当初から通われている本格好きな方(少々マニアックな方)であれば、自分がよく言う「凄腕」的な部分に気付かれて常連さんに・・・ってな方も多いんじゃないでしょうか??(・・ま、その辺は、作り手によって大きく差が出るトコなんで、細かくは書かない事にしてますが・・^^;)

人気の?「ナン」は かなりレベルが高く、セットのボリュームもナカナカ!

個人的な好みで言うと、カレーの方は 「サグチキン」や「ラムチョップカレー」がオススメです。(お店のレベルって、こういうメニューを頼むと一目瞭然だったりも・・)

人気のランチは、結構安めの値段設定だと思いました。(夜は、ぶっちゃけ どこのインド料理店も チト高いですよね!?)

飲食店の出入りが激しい薬院六角!、昔ここにあった「○○○○○」というお店のカラーのままで営業しているようで、怪しさ抜群の色使い(黄・緑・赤)!

ところがそのとんでもないセンスは、我々がイメージする正にインド料理屋!って感じで、変なワクワク感すら味わえます。(雰囲気最強は、北九州の「ガネーシャ」ですが・・・)

・・でもココ、どんどん怪しげな装飾になっていってる気が・・・(^^;)やり過ぎじゃね?

ё 福岡市中央区薬院1-11-11

    (092)-713-0733

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ツナパハ (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その11)

大名(天神岩田屋本館のそば)にある「不思議番菜 ツナパハ」、本格スリランカ料理のお店で、「ヌワラエリア」(赤坂)の姉妹店です。

お得なメニュー“スリランカカリー”は、やはりウマイ!

ご飯を中心に数種類のカレーがかけてあり、中でもチキン周辺は汗かく辛さ!(ココを最初に食べるとトッピングの“カラムーチョ?”が辛く感じません・・・)

ライスのタイプと、ヌードルのタイプがあり、両方辛うま!

ココナッツミルクやカレーリーフなんかのスパイスが効いていて、スリランカのカレーもいいな~と思います。

ココナッツミルクは好きだけど、タイカレーのスパイス・味が苦手だと言う方には、是非一度試して欲しい!(違うんだなコレが!)

けっこう辛いんだけど、またすぐ行きたくなるんですよね~・・・

【おまけ】: もっと詳しい情報が欲すぃ~!という方は、このブログがTV初登場の際に書かせて頂いた「伝説の続編記事(笑)」へどうぞ!(ぽちっとクリックしてちょ!on) 

ё 福岡市中央区大名2-1-1野見山ビルド5F

    (092)-712-9700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

ガネーシャ(GANE-SHA) (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その10)

北九州市の魚町にある「ガネーシャ」、北九州のインド料理好きな方が、よくオススメされているお店です。

やさしい味の「キーマカレー」、少し辛くてコクも豊かな「コルマカレー」等々・・・どれもウマイ!(自分は、「コルマ」が大好きです!)

あと、メニュー表が楽しいのもイイですね~!(思わず頼みたくなる「セットメニュー」の説明とか、オススメの食べ方とか・・(笑))

ホントに、多くの方々がオススメされてるのがよく分かります。

お店の立地も外観も、カレー好きをワクワクさせるピカイチの怪しさ!?
そして、期待通りのうまさ!・・くぅ~たまらん!(修行された所と180度違う雰囲気が大好きです!)

ココに行くためだけに福岡市からはるばる出かけてますが、何度行ってもいろいろ発見があるお気に入りのお店です。(このセンスは最高!)

※ 超~好き!、マジでよく行ってます!

ё 福岡県北九州市小倉北区魚町2-3-20 百万両ビルB1

   (093-541-2608)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

スラージ(SURAJ) (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その6)

天神にある「スラージ」、東インド地方(カルカッタ※)の本格インド料理レストランです。(※ 現コルカタ)

ココの系列は、ランチメニューのみを食べている人と、いろんなメニューを食べてる人との印象がかなり異なるのではないでしょうか?

同じ様な料理を出すインド料理屋さんでも、ランチ専用のカレーを仕込んでるお店と、具材・トッピング・仕上げ調理を簡素化して対応しているお店のランチとは、いろんな違いがあって面白いです!

ま、ランチ専用のカレーの方が、ある意味家庭料理っぽい感じな(変にコッテリしてなくて美味しい)事も多いので、この辺は好みの問題でしょう・・・(自分はどっちも好きだからいいんですけどね・・^^;)

ちなみに、ソレとは別に(ココとは大違いで)、元々「おいおい!(^^;)」ってなモノを、さらに「おいおい!(^^;;)」化して出してるお店も・・・(コレは辛い)

・・で、何が言いたいのかと言うと、ココの単品料理には、とんでもなく香り豊か&ウマイものが多いんデス!!(o^-^o)

特に、「アルゴビ」(ジャガイモとカリフラワーのカレー)なんかは、匠の技ですね~!

あの香ばしい味は、ちょっと他にないです!(「ナン」のレベルもかなり高く、他にも すっげーメニューが!!
コックさん達の腕がいいんでしょうね・・・)

ヨドバシ博多の「スジャータ」・渡辺通りの「シャクティ」(閉店)・イムズに「サーガル」という姉妹店もあります。(メニューや味は微妙に違うけど、傾向は同じっス)

マジで、かなりオススメのお店です!(・ⅴ・)b

【追伸】: 最近姉妹店では南インド料理を出しているみたい!(曜日ローテーション)←コックさん、国に帰っちゃったみたいですね・・・(残念 T‐T)

【続 追伸】: 以前から「アルゴビ」にハズレの時があるって噂を聞いてたんですが、最近行くと 確かにココ独自の“あの感じ”でない日がありました・・・ショ~ック!
(T‐T)

考えられるのは

① 忙しかったので簡単に作った。《自分自身もそうやって(簡素化して)作る事がありますので、この可能性は高い(他の店でも経験あるし)》

② コックさんが変わった。(シンプルだからこそ、腕や作り方の差が大きいメニューなだけに、コレは痛い!)

①であって欲しいものです・・・(ハズレのヤツでも十分ウマイんですけどね)

ё 福岡市中央区天神1丁目15-3

   (092)-714-7176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春日ロッジ (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その5)

春日市の「春日ロッジ」、福岡の老舗的存在です!

福岡一と紹介される事も多いこのお店ですが、最近はさすがに周囲の建物とお店の外観が違いすぎて、かなり怪しい感じに・・・(知らない人には、かなり謎のお店だろうな~・・)

TVや雑誌なんかでは、でっかいチキンがドカンと入っている“インド風カリー”しか出てこないですが、ここの“英国風カレー”はスッゲーイチオシ!

仔羊のカレーなんかもオススメですので、数人で行っていろいろ試すのもイイかも・・ (ご飯はおかわりできます!←システムは微妙だけど^^;) 

お土産にカレーパンもおすすめ! 

ё 福岡県春日市春日4-93

    (092)-571-2788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

SAGAR(サーガル) (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その3)

大名の「サーガル」、目と鼻の先に「ベースキャンプ」があります。

これこそ正に日本におけるインド料理店のスタンダード(タンドール標準装備~インド人シェフの上等(リッチ)な料理~ナンがうまい~豊富なメニュー)と言ってもよい様なお店なので、「超カレー通」な方は批評しちゃうかも知れないですが、オーナーやシェフの人柄等を含めてオススメできる、初めてでも安心なインド料理店だと思います。

自分はココ大好きです!(めっちゃウマイっス!)

ジーラ(クミン)ライス等、ありそうでなかなかないメニューもありますし、もちろんカレーもおいしい。
福岡のインド料理店を食べ歩くなら、ここは絶対外せないでしょう!

本格ゆえに少しだけ油っぽい(かな?)ですが、味・量とも大満足です。

【追記】: なんかココも最近ちょっと心配な感じが・・・<2009-4>

ё 福岡市中央区大名2-2-43イーエルケイ大名ビル1F

  (092)-714-7199

| | コメント (0) | トラックバック (0)