カテゴリー「 福岡市中央区のカレー屋さん」の37件の記事

2014年5月16日 (金)

Tiki (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その107)

最近「福岡の情報(グルメ)誌」等で結構「福岡のカレー界の新たな流れ」的に扱われている、ここ数年の間に誕生した「スパイスにこだわってる、少々マニアックなカレー屋さん」・・・

その一角として必ず登場し、すでに超人気店となっているのが、「路地裏カレー Tiki」(ティキ)さんです。

それもその筈・・、このお店は福岡の飲食業界では名の知れた方がやられているだけでなく、カレー的に分類すると、ぶっちぎりで福岡一個性的なお店だと思われる(笑)、福岡の(日本人が作る)スパイス系カレーといえばもはやココは外して語れないであろう「あそこ」系の流れになるのかな・・?

・・ってな訳で、行く前から 話題性も味的にも「間違いないだろ!?」的な印象だったのですが、行ってみてびっくり!!

分かり難い立地とは評判だったけど、まじ分かりかり難い!!Σ(・ω・ノ)ノ!

そして、お店の感じというかセンスというか・・その辺が 妙にツボるんす!!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。

ショップカードの裏面のアレとか、何か度合いがイイ!goodshine

このブログを愛読?されてる様な方(そんなヤツぁ~いないだろ!? (笑)smile )は、きっと スパイスゴリゴリの「スパイシーチキンカレー」を注文される気がしないでもないので、あえてこのカレーを自分なりに解説させて頂くと、「シナモン」とか「クローブ」とか「カルダモン」がガッツリきいた、「ガラムマサラ系のスパイス」が前面に出てくる、「少々クセのある肉系のカレーに使う様なタイプのカレー」(スパイス使い)で「チキンカレー」を作られているので、初めて「デリー系」のカレーを食べた時みたいな「オオ~!!w(゚o゚)w」(個性があるね)感が味わえます!!

こちらのお店のウリ?(人気の一つ?)でもある、「ジャスミンライス」との相性も良く、一気に食べ終えちゃう美味さ!!

ご飯の量は結構多めなんですが、さらっとイケちゃいますね~~!!(だからカレーがチト足りないかな・・?)

日によっては?、「スパイスMAXチキンカレー」ってなメニューもあり、自分はコレ大好きです。
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

注文時に唐辛子の量を選べ、結構辛くもしてもらえるので、辛いもの好きにもたまらないお店でしょう・・たぶん・・・spa

ここ最近はライムの高騰とかイロイロと大変そうですが(ライムがついてくるのも ココのお人気の一つ?だったんでしょうけど、やっぱりしばらく復活しないのかな?)、メニューが固定されていないトコロとかもなんかアソコっぽいし、かなりオススメのお店です。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。



ё: 福岡市中央区渡辺通り5-24-38 (焼肉「金剛園」の裏側)

   092-728-2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

a'la carte(アラカルト) (〇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その103)

以前、「都合が合わなくて書けない(行けていない)お店」と「書かない(食べに行ってはみたものの、記事にしない)お店」のお話を書きましたが(コチラ)、正直言って 最近の福岡のカレー店(特に ココ数年の間にオープンしたお店)って、残念な事が多いんですよね・・・

一番酷いのは「インド料理」関係なんですが、「日本式のカレー」を出してるお店も、同じ理由で残念なんです・・・ホントに・・・downdown

だからこそ、ココは一発! 以前なら“カレー解析番外編「カレーをたずねて三千里」”のコーナーで書いてた(カレー専門店では無い)お店を、「専門店じゃないのに(お店の1メニューなのに)このレベルなんだぜ~!!annoy、ちゃんとしろよ!カレー店!!punchimpactという気持ちを込めて、カレー店紹介のメインコーナーに登場させて頂く事にしました。smile

前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介させて頂くのは、今泉にある「a'la carte(アラカルト)」、気軽に楽しめるイタリアン居酒屋(ITALIAN TASTE IZAKAYA)のお店として有名なトコロです。

何か 最近「イタリアンのシェフが作るカレーシリーズ」っぽい展開になりつつありますがcoldsweats01、たとえ「えなりくん」でも、「だってしょうがないじゃないか~!」と言ってしまう程の事情である事は理解して頂いたと思います(笑)。

そんなコチラのカレー、ドーナッツ状の型を使って盛られたご飯に ビーフカレー(ルウ)をかけてあるという、ナカナカ無い感じで出てきます!

一見、「業務用の缶詰」と野菜等を煮込んで作った、よくある「なんちゃって じっくり煮込んでますカレー」(笑)っぽいんだけどcoldsweats01、いざ食べてみると、コレが全然違うんですよね~!!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

大抵「なんちゃって」のお店だと、店内にやたらと「ウンチク」が書かれてたりする事が多いんですが(マジでsweat02)、コチラのお店の店内には、そういうアピールは無かったです。smile

ちなみに(正直 書くか悩んだんですが)、初めて食べに行った時、一緒に行ってた知り合いから、「作者(まらじ)のカレーに似てる気がする~!(゚0゚)」って言われただけでなく、内心自分も 「こ・・・この風味は!!flair」って思ってたのは内緒です(笑)。( ̄◆ ̄;)

もちろん、得意とする料理ジャンルが全然違いますし、そもそも 見た目なんかも全く違いますが、味と香りの方向性(考え方)等、きっと同じ部分があるんでしょう・・・詳しくは書きませんけど・・・(゚∇゚;)>

だからオススメしてるって訳では無いんですよ!coldsweats01 いやホントに・・・(^-^;A``

よく言う「普通に美味しいカレー」と表現されるタイプのカレーなんだけど、一度食べてもらうと、「食べると胃腸が活発になって、もうちょっと食べたくなっちゃう感じ」だとか、「シェフがこだわって作ってる感じ」だとか、自分がこのお店をご紹介させて頂いた理由を、ご理解頂けるかも?・・・shine

自分は、「最初に書いてた様なカレー店なんかより、全然コダワリがあるナイスなカレーだ!」・・と思っていたので、この機会に ご紹介させて頂きました。happy01

ちなみに、この「ビーフカレー」、スープとサラダが付いたランチセットで680円と、かなりリーズナブルな値段設定!good(「カレー」は ランチ限定メニューだった気も・・?、あと他のランチにも「ハーフカレー」が150円で付けられたと思います)

お近くなら、一度食べてみても損は無いかも・・?
(*゚▽゚)ノ


ё 福岡市中央区今泉1-7-19 ティアラ今泉1F

   092-732-7728

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年4月 4日 (月)

自分のインドの原点(ナーナック・その2)

(4/4・sun) 久々に、「原点回帰シリーズ」としてやっていた、「再びご紹介の章」(掘り下げとります)に属する記事を書いてみようかな~・・っと、今回 自分にとって このコンセプトに正にピッタリなお店である「ナーナック」(自分が初めてインド料理を食べた老舗インド料理店)を記事にしたいと思います。flair

ここ数年の間にやたらと増えちゃって、今では 珍しさ0%のインド料理屋さんも、一昔前までは かなり希少な感じだったんですよね~・・・shine

まだまだそんな感じだった頃ではありますが、我ら福岡在住(バブルを知ってる年齢以上(笑))の人間は、中洲の映画館で(ちと衝撃的だった)「ナーナック」のCMを おそらく100%見てるんじゃないかな~・・・coldsweats01(笑)

・・とまあ、老舗&有名過ぎて、インドカレー通な方の間でも、逆にあんまり話題にされない&高評価な方を見かけない「ナーナック」ではありますがsweat02、自分の評価は違います。

だって(インドカレー通とは言え、知らない方が多いのかも知れませんが)、福岡で美味しいと評判のアノお店のオーナーも、コノお店のオーナーも、元はナーナックで活躍していたベテランシェフだったりするんですよ!!
゚.+:。(≧∇≦)゚.+:。

そして、それらの方々のお店には、いくつかの共通点があります。

詳しくは言い(え)ませんがsweat02、一番の共通点は、巷に溢れる「エセインド料理屋」とは違い、我々にも食べ易い様に 日本人向けにはアレンジされているものの、本場のモノの延長線上にある料理を出されている事だと思います。

分かりやすく書くと、(福岡の場合)主食のメインが「ナン」に設定してあるタイプの料理を出すお店の本場度は、「ザエカ」>>「ナーナック」>「ナーナック一派(元シェフのお店)」>>>>>「ナン食べ放題とかやってる感じの、最近増えてるタイプのインド料理屋さん」(ご想像にお任せしますsweat02)>>>「某店」(ご想像にお任せしますsweat02sweat02)ってな感じかな~・・・?coldsweats01

もちろん、我々は日本人なので、左側(「ザエカ」側)を美味しく感じる通っぽい方もいらっしゃれば、右側(「某店」側)を美味しく感じる方もいらっしゃるでしょう。

ぶっちゃけ、自分も福岡の場合は、「ナーナック一派」辺りの本場度の数店がストライクbaseballgoodなんですけどもね・・・(;´▽`A``

「ザエカ」は、ちょいとタイプが違っちゃいますので若干イメージから外してもらって、その他のお店のカレーを思い出してもらうと、「ナーナック」から右に進むに連れ、カレーベースの伸ばし度がどんどん凄くなってきます!(一番右の「某店」に至っては、もはや「伸ばし」とかのレベルで無く、ベース自体が インド料理の枠から飛び抜けちゃってますけど・・sweat02shock

下手したら、「ナーナック」の「チキンマサラカレー」一皿分のベースで、「最近増えてる感じのインド料理屋さん」のランチ用チキンカレーを5杯以上作れちゃうかも!?( ̄◆ ̄;)

・・ま、ソレが悪いって事では無かったりするのも難しいトコで、自分がよく作るのは、「ナーナック一派」>「自分」(←ココ位の位置)だったりもして、ま~何と言って良いのやら・・?(^-^;)

しかも、本場のカレーが日本人の口に合わないのかと言うと、それが全くそうでも無く、インドで食べた料理は、町の食堂でも、中級のレストランでも、高級ホテルのレストランでも、バリッバリ美味かったっス!!(・ω・)b

・・ま、料理ってのは、(世界のどこの料理でも)「本場のはどう」とかじゃ無く、(アレンジがどうであろうが)作り手のセンスと腕ですよ・・やっぱり・・・coldsweats01(結局、「美味いのが一番」って事ですよ・・)

そんな「ナーナック」のカレーですが(ってどんなやねん!! ))paperimpactぺしっ!)、濃厚ゆえ重そう(胃にきそう)なイメージだったりするものの、スパイスがガッツリきいてるので、(スパイス力で)胃腸の働きが促進され、しばらくすると「もうちょっと食べとけば良かったかな~・・・」ってなるのが やっぱ凄いな~!って いつも思いますshine。(また行こ~っと!happy02


※ 以前の記事、福岡店(総本山)の住所は、「コチラ」からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

ポルポル (☆)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その100)

今回は、(前回からの「スリランカ料理店」繋がりで) 北天神にある「スリランカ料理 ポルポル」をご紹介!

ショッパーズのお向かい(親不(富)孝側)の、「モス」とか「セブンイレブン」の裏の通り(しかも一方通行)にあるという、街中なのに 微妙に分かり難い?場所にあるスリランカ料理店です。

福岡近辺のカレー好きな方なら、メニュー表を見た瞬間 「明らかに 『ツナパハ』(← ※大繁盛店)だろコレ!!」flairって思う方が殆んどだと思われる構成になってますが、どうやら系列店ではないらしいので、「・・ま、そういう事なんだろ・・・sweat02」と アムロやカミーユなら一言多くてぶん殴られてるトコロ(何故に古いガンダムネタ?・・笑)を、大人な自分(笑)はスル~して注文を・・・(゚▽゚;)ノす…スミマセ~ン!

「セイロンセット」と、「ベジタブルカリーセット」を試してみたのですが・・・

あら!、美味しいじゃない!!shine(何故にこの口調?・・笑)

九州のスリランカ料理店ではお約束(「ヌワラエリヤ&ツナパハ」系)の、「ポテトカレー」と「ご飯の盛り方」は置いといてsweat02、「チキンカレー」とか、「日替わりカレー」とかが、ぶっちゃけ かなり美味いっス!!(・ω・)b

特に「チキンカレー」は、より本場っぽいと言うか? 荒々しい感じと言うか?、少しの違いではあるんだけど、この 「お!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙shine」ってな感じは、近場(九州)では熊本のインド料理店「JACOH」の「チキンカレー」で感じた以来 久々かも??(日本のお店ではそんなに無い感じに仕上げられている印象っス!)

あと デザートのアイスも、(個人的には、コッチの方が)好きな感じでした。happy01(・・ま、全体的に「後出しジャンケン」的有利さは否めないですけどね・・・coldsweats01

料理人さんの腕が良さそうなので、これなら(規模的に「ヌワラエリヤ」の様な、レストランチックなメニュー構成は無理だろうけど)もっと「がっつりスリランカ料理!」ってなオリジナルのメニュー構成にすればいいのに・・・と思っちゃうんですけどね~・・・(その方が気分も良いだろうし、やっぱ元祖の近場で勝負するには・・ね~・・・)(^-^;A``ここまで似せるのって、どうなんでしょ…?

余談ですが、気になってる方がいたら、「ポル」とは、スリランカの言葉(シンハラ語)で 「ココナッツ」、先程書いた「ヌワラエリヤ」は、スリランカの地名(「ヌワラ・エリヤ」)、「ツナパハ」は、「ツナ=3」・「パハ=5」とも訳せますが、それらの数が語源に関わってる「ツナ・パハ」=「カレー粉(ミックススパイス)」の意味じゃないかな・・・たぶん。(違ってたらスミマセン・・・)(;´▽`A``


ё 福岡市中央区天神3-15-20(モーゼルビル2F)

  092-714-6065

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ロイヤル マハラジャ(ROYAL MAHARAJA) (Θ)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その98)

「ロイヤル マハラジャ (ROYAL MAHARAJA)」、ちょいと前にできた、北天神(「まんだらけ」のお隣り)にあるインド料理屋さんです。

北天神で「マハラジャ」と言えば、バブルを思い出す方も多いでしょうがcoldsweats01、コチラはインドの真ん中辺にあるカジュラホ(カジュラーホー)から来られてる方が、踊らず親切に接客して下さる食べ物屋さんでございます(笑)。

インド料理屋さんと言っても、日本(特にココ福岡)では通常 ネパールの方なんかが多いので、(カレー好きであっても)インドの方とインド国内に関する事なんかを話す機会ってそんなに無かったりもしますが(パキスタンとかバングラデシュの方の場合もあります)、今や先進国の仲間入りを果たそうとしているのに 相変わらずの素敵な怪しさも持ち合わせているインドの話題は面白いしヽ(´▽`)/、ネパール(とか周辺国)とはちょっぴり仲の悪い面もあるのでsweat02、興味のある方は暇をみて聞いてみるのもアリかも?です。coldsweats01(そう!、あなたがインド料理屋さんでインド人だと思ってインドの事を聞いている相手は!・・・shock

「・・ま、そんなのカレーの味には関係ないし」と思ってる方・・・、コレがそうでも無いんですよ!flair

スタッフにおけるネパールの方の割合とか(ネパール度)、インドで生まれ育ったり、インドのお店での修行の有無&年数とか(インド度)なんかによって、ネパール色の大小が微妙に違ってくるもので、慣れてきたら カレーを食べるどころか、店に入る前から外観とかスタッフの方を見て分かっちゃう事もあります。(味的には、どっちが上ってのは無く、「ちゃんとしてるトコロはウマイ!」ってな感じだと思います)

いらん事を長々と書いてしまいましたがsweat02、こちらのお店、割とよくあるタイプのお料理です。(値段も天神価格じゃなく、一般的な設定の様です)

「ナン」は、「パリっ!」と「モチっ!」がちゃんと両方楽しめる焼き加減で、味も含めてなかなか美味しい部類に入るんじゃないでしょうか?

「カレー」は、結構見かける「ちょいと薄めに感じる(やさしい)タイプ」で、人によって好みが分かれるとは思いますが、個人的にはもう少し「コクと味の濃さ」があっても良いのかな~・・な~んて思っちゃいました。

でも、(自分が何にでも醤油をかけちゃうような、「濃い味好き」なのを考慮すると)「SURAJ」さんとか「GLORY」さん辺りの「ランチ用のカレー」がお好きな方だと ジャストミートかも?です。(材料をケチりまくって「コレ、カレー(インド料理)度ゼロじゃね~か!」ってなお店もありますが、ココは違いますのでご安心を!happy01

自分は 普段あんまり辛く注文しないのですが、ひょっとすると コチラはちょいと思い切って注文した方が、「カレーのバランス(塩梅)」が引き締まるのかな~・・?とも思いました。

あと、「チキンティッカ」とか「シークカバーブ」は、イイ感じの塩梅で美味しかったです!(ナンとの相性バッチリ!(・ω・)b )

・・とまあこんな感じなんですが、派手すぎず比較的落ち着いてる感じの店内とか、店員さんの人柄とか、結構イイ感じじゃないかな~・・と思うんですが、個人的には場所が気にならなくも・・・coldsweats01(最近この辺りって、人通りどうなんでしょ??)


ё 福岡市中央区北天神5-7-5 ベスト北天神ビル1F(「ショッパーズ」の道を挟んだ北側 & 「まんだらけ」のお隣りのビルで、1Fとなってますが ちょいと階段を上がったトコに入り口があります)

  092-732-8290

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

カレー屋 勝 (〓) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その86)

10/3にオープンした「カレー屋 勝」、最近個人的にブームな“スパイシーエリア高砂”に またまた誕生したお店です!

何故この魅惑のゾーンにカレー屋が集まってくるのか??、もしや! あの大将に引き寄せられているのではsign02(最近連投やな~coldsweats01

【※danger  ここから先の物語はフィクション(ドラマにすぐ影響される作者の妄想sweat02)であり、実際のお店・登場人物には一切関係ありません。】

前回も登場した「あそこ」の“ありえない営業時間”外に、「ブラッディ・〇ンデイ」の様な「カレーテロ」を“謎のスパイス X”を散布する事によって画策~実行

・・で 、“X”の効能でフラフラ~っと引き寄せられたのがアソコの通りであり、何故かアノ通りの周辺でお店をやりたくなった人達が、次々と「カレー屋」をオープンするという 怪事件が続発!(((゚Д゚)))きゃぁぁ~!!

そんで、その計画の謎は「あそこ」の店名がキーワードになっている・・Σ(lll゚Д゚)も!・・もしや!!

ラストシーンでは、その後(計画が成功し)「通称・スパイス道路(笑)」と呼ばれるようになったカレーの香りが途切れない通り(店の前)で 天神の方(カレー屋が立ち並ぶ方向)を睨みつける大将が、「藤崎とは違うのだよ!、藤崎とは!!(笑)」・・と つぶやく・・・(そこだけガンダムやんけ~!paperぺしっ!)。      

ドラマ 「カレーの街」・・・おしまいend(高砂・藤崎化計画・・・深いっしょ?)

なんじゃ この妄想!!、俺はツイに脳までスパイスに汚染されたのかsign02・・・(いやいや、あんた元から変だよ!、変人だよ!)←天の声shadowshine

・・・、話が脱線しすぎて あやうく「トレーダー分岐点」(←知ってる?)まで行ってしまうトコでしたsweat02(チト反省)。

話はやっと本題に戻って、肝心の「カレー屋 勝」のカレーについてですが、・・・ココまで引き伸ばした通り、ホントは特に何にも言う事無いっス。(^-^;

お店のたたずまい+「カツカレー590円」!と“インパクトある黄色いノボリ”が主張しているのが、全てを語っているので・・・(えっ!?、分からないって?earpaper

想像してみてください!、コレは 遊園地のレストランに必ずあるであろう「1000円近いカツカレー」とほぽ同じものが、「590円」で食べられるって事です!flair(安~!)

そんな味です、しかも 味・カレーライスの量・カツの大きさ・食べやすさ・元気のイイおばちゃん・・は、かなりの満足度!、それでコノ値段を実現しているのは素晴らしい!(遊園地以外でも、ほぼ同じ材料でぼったくっているお店は星の数やしsweat02

自分なら、「あそこ」の500円カレーと ココの590円カツカレーだけで、しばらく暮らせそうです・・・(大将の収益に影響がないかチト心配(°°;) 近すぎるし…)。

「あそこ」が知りたい このブログ初心者の方は、1つ前の記事をご覧下さい。(今回は変なドラマを登場させたので、お店の方に遠慮してリンクしませんでした・・・これでも一応(゚ー゚; )

ё 福岡市中央区高砂2-12-10(これまた「あそこ」の次の角を、左に曲がったトコです)

ちなみにココ(「勝」)、看板に「高砂店」ってあるんだけど、チェーン展開してるのかな??

【追記】: 閉店?? 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

Flange(フランジ) (〓) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その85)

最近高砂にできた「Flange」、お店のチラシに「なつかしい!! けど新しい!!!!!!! カレー屋heart01」と書いてある通り、ありそうで無いタイプのお店です。

カレーはダシのきいた和風感が印象的なカレーなんですが、お店はカフェっぽくて(かわいくて)雰囲気がイイので、女性同士とかのお客さんも多そうな感じですtulip

自分が何でこんなオシャレなお店を知ったのかって?

奔放に商売をされてる「あそこ」(dangerクリックをしても飛びません)の あの大将が、「100m先にオススメのカレー屋が出来てる・・・」と、いつもの様に商売敵をやたらとオススメしていたからに決まってるじゃないですか~!coldsweats01(聞き間違えか?実際は約500mくらいありますsweat02 ・・でも、コレで少なくとも20人ぐらいは行ってるハズrun

大将曰く 「カレー屋には個性が必要」で、コチラのお店も「オリジナル性のあるカレー」や「店員さん(女性)が素晴らしい」という個性があるらしい・・・

・・・んflair!、「店員さん(女性)が素晴らしい??」!!thunderピキーン!!、・・って「違いますって~!、こんなにもカレー好きな自分、カレー屋をオススメされたらそんな事に関係なく行きますって~!coldsweats01」(いやいやマジでsweat02

ぶっちゃけ(今までにそういう客が大勢流れてきたハズで、コチラでも話題になってるだろうから)、コチラの店員さんにも「あそこの大将が・・・」と言った時点で(おいおい!それが目当てかよ!と)引かれて気まずくなりそうなので、心当たりのある方は(お店の方と会話する際に)「通りがかった時に気になってたんで~・・」とか「ネットに出てましたよ~!」とかいうセリフを用意しておくのが正解でしょう・・・(^-^; コラコラ!

・・って違~う!、このブログはそんな解析が専門じゃ無~い!!

sweat02肝心のカレーの話に戻りますと、カレーは「ポーク」(こちらが濃厚かつチト辛め)と「チキン」の2種類で、和風テイストのかなり凝ったカレーです。

美味しいカレーですので、そういうの目当てじゃなく行きましょう!(スタッフ募集されてたから、今後は店員さんローテーションで回すんだと思いますよsmile

まったく・・・、頼みますよ赤シャツ大将!(笑)。

ё 福岡市中央区高砂1丁目14-14-1F (あそこから天神方面へ約500msweat02

   092-531-6025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

ザエカ(ZAEKA) (◇) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その81)

「ザエカ (ZAEKA)」、インド・パキスタン(パンジャブ)料理のお店で、パキスタンの言葉で「味」という意味だそうです。(かっちょい~!shine

「ナーナック(総本山)」と「JAN JAN」のめっちゃ近くで、あの距離にタンドール(窯)があるお店が3つもあるのが凄い!(あの辺も、またカレー激戦地区になってきましたね~)

(インドとはあるものの)パキスタン料理と称しているお店はなかなか珍しく、パキスタン人の誇りを感じます。(元々1つの国だったとは言え、インド料理店ってしてないトコロがイイ!)

タンドール料理は、元々パンジャブ地方(現在はインドとパキスタンにまたがる)でよく作られていた料理で、コレが各地に広がっていった事を考えると、肉料理が中心のパキスタン(ムスリム)の方が作るコノテの料理が美味しくない訳が無い!

ってな期待を胸に行ってみました・・・run

早速メニューを見てみると、「お! ランチなのに普通にサグカレーが選べたり、なかなか良心的なお店っぽいぞ!」ってな印象。happy01

出てきたカレー(セット)は、よくある(巷のインド料理店の)ものとはチト違っていて、どちらかと言うとインドで食べてきたものに似ています。

一番の違いは、「サグカレー」の仕上がりでしょうか・・・(本場のレストランっぽい感じです)

ただ、インドで食べたお店もそうだったんですが、ホウレン草のペーストが濃厚&ベースのグレービー(カレーベース)は少なめ?(だと思う)で、近所のインド料理屋さんの味に慣れてしまってる自分には、お何だかコクが不足して感じます。 ※ 自分は本場至上主義では無いっスからsmile(でも、コレが食材の旨味を楽しむという本来の姿なのでしょう・・・)

「ラッシー」も、「のばしていない」と言うか、「ケチっていない」と言うか、自家製ヨーグルトがふんだんに使われているらしいのですが、コレはかなり美味しいですgood

店長らしき楽しいオジサマが、カレーに対する熱い想いをビシビシ伝えてくれるので、いろいろ聞いてみるのもオススメ!(かなり熱い人です!)

・・で、ココのイチオシはと言うと、・・・さすが普段肉料理を中心に食べてる方々!、ハラルミート(イスラムの教義に従って処理された肉です)使用の肉料理!(チキンティッカやシークカバブ)、コレは絶品でした!!happy02good

ミントがきいている料理が多かったのも、ココの特徴と言えるかも知れません(重めの料理がさっぱり食べれる感じです)。

あと、インド料理屋さんで流れているいつものBGMが、液晶モニターにて(怪しい)プロモ映像付きで楽しめる店内の雰囲気もイイ!(今まで何のことを歌っているのやらさっぱり分からなかった歌詞の内容が、なんとな~く分かります)

いろんな意味で、ココは貴重なお店だと言えるでしょうshine

ё 福岡市中央区舞鶴1丁目3-4(2F) (「JAN JAN」の路地に入って一本目を左に曲がった右側にあります)

   092-732-7513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

ポカラキッチン(エベレストキッチンその2) (◎) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その90)(※ 番号は後からつけました&この記事はTVとのコラボの際に書いたものですので、通常の解析とは若干違いますのでご了承下さいm(_ _)m)

薬院駅近くの「エベレストキッチン」、ココはインド以外にも「ネパール」っていう凄いカレーの国があるのを教えてくれたお店です!!

その2号店である「ポカラキッチン」、やっぱこっちもチェックしておかねば・・・=run

!!、やっぱイイ感じの装飾が施されていて、実にイイ!!!(店内はネパール感バツグンですgood

全国的にも、ネパール料理専門店ってのはあんまり無いので、こんなお店が福岡にあるのは嬉しい限りですhappy02(ネパール人コックさんがやってる、「インド・ネパール料理」のお店は数多くありますが・・・)。

「ネパール料理」と言えば「ダルバート」と呼ばれる シャバシャバとした豆のカレー&ご飯に、「タルカリ」という野菜の惣菜(インドで言う「サブジ」的なもの)と「アチャール」という漬物的なものを混ぜ合わせて食べるメニュー(一般的な食事)が象徴的ですshine

この素朴な感じが、我々日本人には合ってると思うんですよね~。

本来日本人が常食していたと言うか、DNAが反応すると言うか・・・(ご飯と味噌汁と漬物っていう組み合わせに近い)

インド料理よりも日本人に向いているスパイス料理だと思いますgood。(ご飯にメッチャ合うんですよ!)

・・って今回も数種のカレーやサイドメニューが1つのターリ(ステンレス製のプレート)にのってるセットメニューをライスで頼もうかと思っていたら、・・・・おやflair!「トゥクパ」っていうネパール式のラーメン?が!!!

コレは試さねば!・・・いざ実食!!

おおぉぉ!コレはラーメンと言うより「ネパール式カレーちゃんぽん」です~~~!!(まじウマイ!)

(※ 「トゥクパ」:チベットから伝わったもので、ネパールやカシミール地方等の近隣地域に広がっている麺料理。 元々は、手打ちの平麺&肉の旨味+シンプルな味付けで作る料理の様ですが、コチラのみたいに麺や味付け(スパイス感)が土地土地でアレンジされているらしいです・・・)

特筆すべきは、中に入っているスパイスがきいている肉団子!shine

こりゃウメ~!(ちゃんぽんの具なのに)これだけでご飯2杯はいけそうですgood(こりゃ次回はライスも注文決定だな・・・)

凄いぞ「ポカラキッチン」!(トゥクパは「エベレストキッチン」にもあるみたいですよ!)、やっぱ原点回帰して良かった。crying

まだまだご紹介したい内容盛り沢山なんで、そのうちまた記事にしま~す。(その3)も乞うご期待!happy02

ё 「エベレストキッチン」 福岡市中央区渡辺通り2-8-1 王丸ビル2F(電気ビルの裏です)

  092-721-5503

【追記】: 現在、渡辺通りの「エベレストキッチン」(上記住所のお店)は閉店していて、「ポカラキッチン」(下記住所のお店)を「エベレストキッチン」に店名変更して営業されてます。

ё 「ポカラキッチン」 福岡市中央区赤坂1-9-1(ハローワークのお隣にある「サニー」のB1Fです)

  092-714-3898

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

バカカキッチン(Bacaca Kitchen)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その79)

大名(西通り)にある「バカカキッチン」、昨年できた新しいお店です。

・・・何と言いましょうか・・・、ココの紹介は難しいですね・・・

カレーやスパイスに詳しい方は、一度食べると自分の気持ちが分かって頂けるんではないかと・・・(‐‐;)ハハハ…

それでは!(また次回)(^^)/

 

・・・って、やっぱココで終わっちゃ いかんでしょ~な~・・・(やっぱチト解説します)

ココはメイン事業にレトルトの通販を行っているので、基本的にはそういう味です。(特にビーフカレー!!)・・・(・・;)Σ分かっていただけたかな?)

皆さんが気になっている(と思われる)「幻の白いカレー」というのは、日本では珍しいですね! ・・・インド料理にも白いヤツはあるんだけど(メニューにしてるお店はあまり無いないですけど)、ココのもそのスパイス使いに近いみたいです。

・・・ただ、そういうスパイス類と、ここのウリであるベースが豚骨という香りとのマッチングは・・・・(ご想像にお任せします) 

・・・でも、西通りのあの場所に出店したその心意気!・・そういうトコは好きだな~(強力なお店の近くだし)。

あと、あのお皿(のヘリ)もすくい易くていいですね~!(^^)b

【追記】: 閉店しましたね・・・

ё 福岡市中央区大名1丁目12-62

   092-713-2282

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)