カテゴリー「 ◇ 名人の章」の18件の記事

2014年5月16日 (金)

Tiki (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その107)

最近「福岡の情報(グルメ)誌」等で結構「福岡のカレー界の新たな流れ」的に扱われている、ここ数年の間に誕生した「スパイスにこだわってる、少々マニアックなカレー屋さん」・・・

その一角として必ず登場し、すでに超人気店となっているのが、「路地裏カレー Tiki」(ティキ)さんです。

それもその筈・・、このお店は福岡の飲食業界では名の知れた方がやられているだけでなく、カレー的に分類すると、ぶっちぎりで福岡一個性的なお店だと思われる(笑)、福岡の(日本人が作る)スパイス系カレーといえばもはやココは外して語れないであろう「あそこ」系の流れになるのかな・・?

・・ってな訳で、行く前から 話題性も味的にも「間違いないだろ!?」的な印象だったのですが、行ってみてびっくり!!

分かり難い立地とは評判だったけど、まじ分かりかり難い!!Σ(・ω・ノ)ノ!

そして、お店の感じというかセンスというか・・その辺が 妙にツボるんす!!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。

ショップカードの裏面のアレとか、何か度合いがイイ!goodshine

このブログを愛読?されてる様な方(そんなヤツぁ~いないだろ!? (笑)smile )は、きっと スパイスゴリゴリの「スパイシーチキンカレー」を注文される気がしないでもないので、あえてこのカレーを自分なりに解説させて頂くと、「シナモン」とか「クローブ」とか「カルダモン」がガッツリきいた、「ガラムマサラ系のスパイス」が前面に出てくる、「少々クセのある肉系のカレーに使う様なタイプのカレー」(スパイス使い)で「チキンカレー」を作られているので、初めて「デリー系」のカレーを食べた時みたいな「オオ~!!w(゚o゚)w」(個性があるね)感が味わえます!!

こちらのお店のウリ?(人気の一つ?)でもある、「ジャスミンライス」との相性も良く、一気に食べ終えちゃう美味さ!!

ご飯の量は結構多めなんですが、さらっとイケちゃいますね~~!!(だからカレーがチト足りないかな・・?)

日によっては?、「スパイスMAXチキンカレー」ってなメニューもあり、自分はコレ大好きです。
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

注文時に唐辛子の量を選べ、結構辛くもしてもらえるので、辛いもの好きにもたまらないお店でしょう・・たぶん・・・spa

ここ最近はライムの高騰とかイロイロと大変そうですが(ライムがついてくるのも ココのお人気の一つ?だったんでしょうけど、やっぱりしばらく復活しないのかな?)、メニューが固定されていないトコロとかもなんかアソコっぽいし、かなりオススメのお店です。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。



ё: 福岡市中央区渡辺通り5-24-38 (焼肉「金剛園」の裏側)

   092-728-2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

106 SouthIndian Restaurant&Bar. (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その106)

お約束?通り、ここ数年の間に誕生した「少々マニアック」な福岡のカレー屋さんをご紹介させて頂こうかな~・・っと思い、今日は頑張って記事を書かせて頂く事に・・・rocksweat01

福岡のお店で106店目のご紹介となりますので、今回はやっぱり、TV等で結構紹介されてる系の 「106 SouthIndian Restaurant&Bar.」からいっちゃいます!(すっげ~!偶然なんですけどもね・・sweat02

このお店には、カレー通・・? 好き・・? マニア・・?・・・ ┐( ̄ω ̄;)┌ ??? の方(笑)なら、お店に一歩入った瞬間・・、「あ!、あの人だ!!」って分かる方が厨房内におられるので、「あ~・・、店名じゃ ピン!flairと来なかったけど、アノ味が食べられるお店なんだね・・・」ってスグ分かるハズです。happy01

そう、小倉の「ガネーシャ」や、東京の「デリー」で働いておられた方が、キッチン内に(背丈は小さ目な方ですけどもsweat02)どど~んとおられるではないですか!!

もう間違いないです、確実に「カシミールカレー」がメニューにあるハズです・・・

ほら・・、自分なんかメニュー見た瞬間 「デリー」のメニューが若松で食べれるのは、ある意味感動じゃ~!!happy02って、なってる・・・(笑)

ネットで調べてると、店名通り?の「南インド専門店」的なご紹介をされてる方が結構いらっしゃったんですけども、ぶっちゃけ 「東京(銀座とか)のデリー」に近い感じですよね・・・
メニューはもとより、ナンの感じだとか、タンドリーチキンの提供方法とか、その他いろんな意味で・・・(あくまで個人的な感想ですよ、個人的な・・・coldsweats01
詳しくは、(リンクしませんが)「デリー」のHPやブログを調べられると分かるかも?・・・たぶん・・・coldsweats01

ですので、(デリー出身の方の中では)少々独自路線な(個性のある)「ガネーシャ」の店主さんが作られるカレーとは少し違う事もあり、ある意味「同じ北九州でも、そこまで競合しない気がするな~・・・(お店の雰囲気正反対だし(笑) )って思いました。(う~!sweat01、書いてると また「ガネーシャ」に行きたくなってきっちゃった、自分大好きなんで結構行ってるんですよね!shine

モチロン、「デリー」独特の日本人の味覚に合わせた個性的なインド式のカレーが楽しめるお店ではあるものの、「SouthIndian Restaurant&Bar」という店名に偽りなく、南インドの料理メニューやセットもの(南インド式な定食)も楽しめるのでご安心を・・・
曜日や時間によって食べられるメニューは異なるけれども、よほどのマニアな方でない限り、結構満足されるのではないでしょうか・・?

個人的には、こちらのお店のメニュー位の方が、商売的に日本人に受け入れられるんじゃないかな・・?って思うんですよね・・・
これまたぶっちゃけ(詳しい方々に怒られるの覚悟で発言させて頂くとshock)、自分みたいな「ずっぽりカレーマニア」な人間でも、コアなインドオタクとアニメオタクの方って、似た様な近寄り難さがあると思うんです・・・(一部の方々にメッチャ怒られそうな発言ですので、どの辺がそう感じるとは言いませんけどもsweat02

その辺を賢く理解されてて?うまく活動(仕事に)されてるのが「東京カリ~番長」の「水野さん」なんじゃないかな~って・・・
その感じでお店をすると、このお店のメニュー構成みたいな感じになるんじゃないかな~・・?って、何かふと思っちゃいました(汗)sweat02sweat02

モチロンどれも美味しいですよ~!、鉄板で出てくる「タンドリーチキン」なんてね・・、もう最高ですよ!!happy02(酒飲みて~~!!beer

でもね、福岡から行く場合、きっと自家用車で行く事になると思うんですよね~・・cardash
お隣にでっかい貸パーキングparkingがあるので便利なんですけど、「Bar」barとしてなかなか利用出来ないのが悲しいトコロ・・・
ま、これまたお隣が有名ビジネスホテルhotelだったりもするんですけどね・・・(う~ん、今度は泊りで行こうかな・・(;´▽`A`` )

あ!、「ナン」がお好きな方は「バターチキン」(かなり美味しい)とか(サラサラじゃないヤツ)にしておいた方が無難かも?
だって、「デリーの昔っからあるカレーメニュー」って、「ご飯に合う(日本人向けの)カレー」なんですもんね~!goodshine

価格は少々お高めに感じられましたが、女子会やお母様方の会にも使えそうなきれいなお店なので、「若戸大橋」を渡られる際には是非!


ё 福岡県北九州市若松区本町3丁目5-10

     093-751-0106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

南インドレストラン あんまー (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その97)

以前から何度か記事にしておりました「南インドレストラン あんまー」、グランドオープン後にもモチロン行って参りました!(前回の記事へは、コチラからどうぞ!happy01

チェンナイから来れられた料理人さんも加わり、随分とメニューも充実している様です。

いや~!嬉しいな~!happy02、やっと福岡にも念願の南インド料理専門店が出来たんですね~!!shine(感動crying

南インド料理と言えば、やっぱり「ミールス」(南インドの定食的メニュー)が気になりますよね!?(「これぞ醍醐味」ってなメニュー?ですし・・)
自分以外にも、最初は「ミールス」をお目当てに訪問されるってな方は、きっと多いんじゃないでしょうか・・・?(「カレー」って、ガッツリ食べれてナンボですしね!
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。)

・・で(早速ではありますが)、食べてみた感想はと言うと、「あ~!、やっぱミールスって い~な~!」・・・catface、そう しみじみ感じました。(混ぜ混ぜして食べる、独特の美味しさがイイ!good

当然、一言に「ミールス」と言っても、地域とか作り手とか価格によってイロイロだと思いますが、基本、いろんな「おかず」でモリモリご飯(主食)を食べれる&お得感(満足度)の高いメニューってのは共通してそうなので、日本の定食同様、(+α的な)「どれだけ真面目かつ丁寧に作って提供するか」という ちょっとしたトコで差が出てくる感じのメニューでもあると思います。flair

久々のミールスながらも、(少しだけ)気にならなくも無い(「あ!、これは・・」ってな)点があるにはあったのですがcoldsweats01、さすが超本格路線のお店!、その後イロイロとバージョンアップがなされてますし、これからもどんどんパワーアップして行きそうです!shine(巷には、「超本格」と言うより 「超守銭奴?sweat02」ってなトコが溢れてますからね~・・(・(ェ)・;)A``、ホントに期待しちゃいますhappy02

・・と、そんな 「待望の(九州初の)専門店」ではありますが、自分の様な「マニアな人間」とは違いsweat02、普通に生活してらっしゃる方(「インド料理ってナンとかだよね~!」という、ごく一般的なイメージを持っておられる方)がコノテの料理を食べたら、いったいどんな反応をされるんだろう??ってな好奇心は無きにしも・・・(特にココのは、シンプルですからね~!)

今まで世界各地で試行錯誤~洗練されてきた「一般的なインドレストラン料理」(タンドール・スタイルのもの)より、明らかに我々のイメージする「カレー」とは遠い料理に思います(中には、コレは「カレー」じゃ無いって思う人も、きっといるでしょう)し、「タンドリーチキン」&「ナン」みたいなパフォーマンス付き超万人受け料理(客寄せパンダ的メニュー)も無い・・・(南インド式のコーヒー・パフォーマンスは、有効な(TV受けするtv)気もするけど・・coldsweats01

今ではかなりお店が増えてる東京でも、それらの料理をミックスして出す感じのお店も多く、やっぱ「通好み」な部類からの脱却はまだまだの様ですし、そもそもインド国内でも、「ドーサ」や「イドゥリ」なんかのティファン(軽食メニュー)が徐々に全土に広まってる感じだと聞いた事があります。

これから九州で火がつくかどうかは、コチラや地元のマスコミ関係の展開次第なのかも?ですね~・・・(余計なお世話なのは百も承知ですが、コチラには九州での先駆者として頑張って欲しいっスrockshine

【余談】: 「ウリナリ」とかに出てた有名なインドダンサーの(番組&映画で知ってる方は、かなり多いであろう)方のトコだし、(好みが両極端に分かれそうな雰囲気ですが ^^;)「ダンス教室(スタジオ)+レストランの一体型店舗」ってのも希少でしょうから、話題性はありますよね!(オモロイ方だし・・・(笑)

ちなみに、コチラで食べて頂ければ、自分が何故毎日毎日スパイス料理(カレー的なモノ)を食べ続けても飽きないのかが、少しだけご理解頂けるかも??coldsweats01(も・・もちろん、インドダンス好きってな意味では無いですよ!(;゚∇゚)/(笑) 

【※ お店の進化に合わせて、追記+修正をしております。<2010-05>】

【追記2】: 途中からガッツリ専門店ってな感じでは無くなってましたが、南インド料理の専門店というスタイルはやめられたみたいですね・・・

【追記3】: 現在は、閉店されています。 

ё 福岡市早良区城西1丁目6-10 ルピナス西新1F(「福岡トヨペット(西新店)」さんのお向かいにあります)

092-210-0108

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

ASO VILLAGE CAFE (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その94)

あの「Taj(大川のタージ)」のカレーが福岡市で食べれる!

「そろそろ来るだろう」と思いながら はや数年・・・
その情報は、数日前に突然やって来ました!!

毎日いろんなお店(「え!?、ココ!」ってな感じの、シブ過ぎるお店が登場して面白い)のレポをブログに載せておられる「かめ」さんが、コメントにて教えて下さったのです!!shine(ありがとうございます)

そのお店とは、板付にオープンした「ASO VILLAGE CAFE(アソ ヴィレッジ カフェ)」!、もちろん 行きましたとも!(チト遅くなりましたがsweat02

さ~!、いつも通り、(「かめ」さんのレポとは大違いの)画像が無くて 内容もマニアックという「不親切感爆発」なご紹介に移りましょうか!!(笑)
※ 「画像&親切なレポ」は、“「かめ」さんのブログ記事”でご確認を!(上&ココ、どちらもその記事にリンクさせて頂いてま~す!)

まず外観ですが、コンテナ?をベースに作られた 「海岸沿いにあっても良さそうな感じの、爽やかな白いカフェ」ってな雰囲気の建物ですが、屋根の上に 「Tajのカレー」と書いてある喫茶店の電飾看板がど~ん!と乗っけてある辺りが、「これぞカレー屋」ってな粋を感じれらて好きですね~!goodshine(完璧にオシャレ仕上げなお店は、「カレー」だけを食べには入りにくいですもんね・・・)

メニューを見ると、噂通り「カフェメニュー」と「タージなメニュー」とが両方あるのが嬉しいです!happy01

「タージ」系のメニューは、「カシミールカリー」・「インドカリー」・「ベンガルカリー」・「ダルパラックカリー」の4種類。

お店の規模から考えると、「タージで仕込んだものを、ココで仕上げてる(のかな?)」と思いますが、「タージ」のタイプのカレーって、元々仕上げの調理が丁寧な部類に入るので、もし あのマスターさん?が仕込みから接客まで全てやってるとしたら、結構なスーパーマンだと思います!(倒れないでねwobbly

味の方は、「タージの社長さん公認」(と書いてありました)な時点で「確実にタージのカレー」なので、美味しいのは当然ですが、「それじゃ分からんから、何か書け!」と言われたら、大川のものよりサッパリしている気がしないでもないかな・・・?(ただ、コレはこの前「タージ(大川)」に行った時に感じた変化(数ヶ月前「タージ」の記事に追記した、「タージ」自体の変化)の延長なのかも知れんですけどね・・・←コレはずっと食べてる&マニアな人にしか感じないかも?)

それと、先程書きました様に、仕上げに少し時間が掛かっちゃうハズなんで、これからお客さんが増えてくると、スタッフの方の工夫(楽勝な動線)&増員が必要かも?です。(「タージ」も出てくるまでそこそこ時間が掛かりますが、ココは立地的にお急ぎの方(お仕事の合間&お昼休み等に利用)とかの来店も多いでしょうし、増員が無いと相当な気合いが必要そう…、ホント 倒れない程度に頑張って欲しいですrunsweat01

これにプラスして、「カフェメニュー」の方にも、「Cafe風 オリジナルカリー」があります!

コレは、タージの「インドカリー」をベースに、ペースト状のホウレン草と挽肉を加えてあるみたいで、「インド風のサグカレー」と「日本風の挽肉カレー」のイイトコ取り的カレーです!flair

コレはイイですね~!(ウマ~イ!)、トッピングメニュー(「トンカツ」・「荒挽きウインナー」・「チーズ」等々…)との愛称がイイので、あくまで「CAFE」っぽく営業するなら、「タージ」のマニアック系なメニュー(手が込んでるヤツ)が無いのを、コレでカバー(トッピングでメニュー数が増やせる)というのはナイスな気がします。goodshine

ま、何が一番かって、さすが阿蘇村カフェ!、カレーには超重要 要素である「お水が名水」(美味しい)というのが最高です!!happy02(予算が許せば、「ウォーターピッチャー」をテーブルに置く方式に変えて欲しぃ~!!)

※ 「カレー」以外のメニューも、もちろんイロイロありま~す。(^ ^;)

ё 福岡市博多区板付5-16-13

  092-585-0607

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

スプーンソング(SPOON SONG) (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その92)

糸島郡二丈町にある「カレー&カフェ スプーンソング」、ココはちょっと驚きですsign01

いつもお世話になっている 「きんさん」に教えて頂いてからというもの、もう行きたくて行きたくて・・・bearing(このお方、マジで凄いですからね~!)

行ってみてビックリ!、「むっちゃ向こう」(チト遠め)で、「いい意味で予想を裏切る」という事は教えて頂いていたんですが、正にその通りでした!coldsweats02

二丈町にある深江大橋のちょい前くらいに、突如現れる「スパイシーチキンカレー/チキンキーマカレー」と書いてある黄色いノボリ!

そこには、(丸太じゃないけど)ログハウス?的な かわいい木造のお店が!!

イメージ的に、ちょっと凝った喫茶店タイプのカレーかと思いきや、メニューには「北インド風」との表記&美味そうな写真が!!

ノボリにあったカレー以外にも、スープカレータイプのものや、普通っぽそうなカレー等イロイロあって、家族でも楽しめそうなラインナップです。

メニューにも書いてある通り、初めての人にオススメしてある(看板メニュー&北インド風らしい)「スパイシーチキンカレー」を選ばないテは無いので そいつをチョイスしつつ、他にもちょろっと頼んでみました。

出てきたのは、木製のプレートの上に 2色のパプリカが可愛く盛り付けられたご飯(いろいろ選べるみたい)のお皿&かなり濃厚な別皿のカレーsign01

コイツはかなりイケテそうhappy02、・・で、一口食べたその感想は・・・

「なんじゃこのスパイス感!flair(スッゲー凝ってる!)、これこそスパイシーと呼ぶべきなんじゃね!?」がまず来て、次に「美味い!、バランスが絶妙じゃ~!」が来ます。goodshine

ありがちな風味では無く、一歩間違えば好き嫌いが分かれるタイプの(しかもバランスを取るのが難しい)スパイスなんかも組み合わせてあるっぽいので、かなり研究されたのかも知れんです。(たぶんsweat02

お肉(手羽元)もスプーンでほろりとホグレますし、こいつぁ~久々に「やられた~!impactズキュ~ン!」って感じですhappy02

言うなれば、コレこそ インド→英国→日本へと孫模倣で広がった日本独自のカレー文化を意識しつつ、インド料理の手法を取り入れたカレーってなトコでしょうか・・・?(簡単に言えば、日本人に合わせたインド料理)

この日本人に合わせたインド料理にも、本場側から合わせたタイプと、日本人側から合わせたタイプがありますけど、ココのは老舗の名店なんかに多い後者のタイプってのが、これまたナイスです!

ま、細かい話抜きで、手抜きせずメニューによって異なる調理をしていたり(全体的に丁寧)、店主さんの人柄がやけに良かったり(これだけでも行く価値がある)、かなりオススメなお店っス。(^ ^)b

「また行きたくなる・・・」、このお店を表現するには、コレが一番合ってるかな・・・

ё 福岡県糸島郡二丈町松末1253-2(旧202号線沿い、深江大橋のちょいと前)

 092-325-2569  【木曜定休】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

アムール (◇)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ18)

佐賀県多久市の 「アムール (COFEE&PATIO DINING AMOUR)」、以前記事にした武雄のお店を探している際に、偶然発見したお店です。

一見「ちょっと大きな喫茶店なのかな?」ってな印象だったんですが、入ってビックリ!! 昭和46年からやっておられるらしく、どちらかと言うと喫茶とかカフェと言うより 老舗洋食店ってな感じです!

こりゃ~「カツカレー」しか無いな!(・・って、こういうお店じゃ絶対カツカレー注文しとるやん!)と思ってたら、メニューにあったのは「とんかつカリー」という どちらかと言うと「とんかつ」メインっぽい感じのメニューでした・・・sweat02

ナンとライスが選べるみたいですが、メニューの写真を見た感じでは ナンは市販品っぽい(ま、当然か!?)&基本 ご飯しか注文しないので、コイツをライスで注文してみました。(あと、看板メニューっぽい「ビーフカリー」も当然注文!)

先に出てきた「ビーフカリー」は、土鍋的ソースポットに入ったグツグツ状態で登場!spa

前菜的に盛ってあるプチライスでまず楽しんでから、別皿の「バターライス」でガッツリ食べるという 何とも粋な趣向が凝らしてあります。

そうこうしてると、「バターライス」・「サラダ」・「大きくて分厚いとんかつ」が盛られたお皿と、「ステンレス容器に入ったカレーソース」ってな組み合わせで盛り付けられた「とんかつカリー」が到着、共にめっちゃ美味そうです!

ぬおぉ~!たまらん、いざ実食!!

ウメ~!!、ってか何じゃこの「とんかつ」!!、専門店クオリティーじゃんsign03(もちろんカレーとの相性もバッチリです!)

カレーソースは、想像通り デミグラス的な甘酸っぱさが美味しい洋食屋さんタイプで(5日間かけて仕上げてるらしい)、バターライス&トッピングと融合するとかなり完成度が高いっス!good(ウメ~!)

更に「ビーフカリー」の方は、土鍋ポットのパワーからか?香ばしさがア~ップ!up、こちらの方が もうワンランク完成度が高いっス!goodshine(さすがメインメニューってなトコロしょうか?)

・・で、コイツのお肉が これまたトロットロで美味しいの!!happy02(たまらんね!)

特筆すべきはお店の方の接客で、すっげ~丁寧なんだけど ローカルな雰囲気が醸し出された何とも心地イイ感じなんですよね~!

何かね、味とか雰囲気とかのトータルバランスが「がばい」です(笑)。(程好い美味さ、程好い接客、程好い価格、程好いインテリア)

自分が行った時には、厨房の方から聞こえてくる音の多くが「ハンバーグを調理していると思われる音」だったので、おそらくハンバーグもめっちゃ美味しいのでしょう・・・(って言うか ココ絶対全部ウマイと思うshine

ё 佐賀県多久市北多久町大字小侍666-42

 0952-75-4881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

JACOH(ジャコウ) (◇)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ13)

熊本で話題のインド料理店「JACOH (ジャコウ)」、以前コメントで情報を頂き、評価をお願いされていた宿題店です。(お待たせしました)

結構時間が掛かっちゃいましたが、その理由はと言うと・・・「遠いんです~・・・weep

カレーを食べに遠出する事なんて日常茶飯事ではありますが、くたびれた体に鞭打ちつつ 早起きして熊本の港近くまで遠征するのには、正直若さが足りないっスsweat02(思い切りが必要やね!)

でも行ってみたい!・・・

地元TVのサイト等を見てみると、かなり行ってみたくなる様な内容だったので、ここは一発!気合で行ってみました。carsign04sweat01気合だ~ッ! 気合だ~ッ! 気合だ~ッ! 

・・で、お店はと言うと、「のどかなトコにあるインド料理屋さん決定戦」に出られそうな ナイスな環境にあるので驚きです!!(まじ凄い!)

ランチタイムに行ったのですが、メニュー的にはランチ用のターリ(インドの定食的メニュー)がメインで、サイドメニューも少し用意されてるってな感じですflair

ランチメニューは3種類ありますが、ドリンク等が違うだけでターリ自体は全部同じの1種類、コレに辛さ調節用のトマトチャツネ(たれ)とアチャール(漬物)が付いてきます。

ターリプレート(ステンレスのお盆)には、カトゥリ(ステンレスの小皿)が5つ、コレには「サラダ」・「ダル(挽き割り豆のスープっぽいカレー)」・「チャナ豆(ひよこ豆)のカレー」・「チキンカレー」・「サグ(ホウレン草)カレー」が入っています。

で、残りの部分に主食の「サフランライス」・「ナン」と「パパド(おせんべい)」という具合です。

1つ1つのカレーは素材の味が楽しめる素朴な味わいで、特に「ダル」と「サグ」の塩気は比較的薄めですが、全てのカレーを混ぜ合わせると丁度いい感じになるので、全体のバランスはイイですね~!

サイトでは「サグ・パニール(インド式チーズ)」だったんですが、自分が行った時には具無しでしたsweat02(夜だけかな?)、でもコレ 以前本場の方にチャチャっと作ってもらった料理に似ててイイ感じ happy01、よくあるクリームたっぷり仕上げよりあっさり食べられますgood

「チキンカレー」は結構ホールスパイスが効いてるタイプで、日本人向けなモノより本格好きな方にはジャストミートな感じ、自分もこういうの好きです(ウマイ!)。

「チャナ豆のカレー」も日本では珍しい色付きタイプ&サラッとしててイイ感じ!、あえて欲を言えば「ダル」もチャナダル(ヒヨコ豆の挽き割り)だったので、別の種類の豆だともっと楽しめるのにな~・・ってな印象でした。(個人的な希望①)

インドを旅行しても食べられない&日本人向けにアレンジされてない、ホントのインドの家庭料理をターリ(定食的セットメニュー)として提供しているというのがコノお店の自慢みたいで、確かになかなか貴重なお店です!(自分はもっと庶民的な食堂料理を食べてきたんで、インドを旅行しても食べられないってより「ゴージャスなツアーでは出てこない」ってのが正解かな・・・coldsweats01

前述の様に、日本では少しマニアックな部類ゆえ、既に「巷に増えまくったタイプのインド料理屋さん」にハマってる様な方だと、「チャо〇マサラ」がちょろっとかかってる具が寂しい(でもインドでは定番sweat02の)「サラダ」、味調節用の「岩塩」(コレもチャо〇マサラ同様の硫黄風味)、自主的に辛さを調整するシステムなので 「激辛自慢(辛さが平気アピール)」が出来ない(笑)、全体のバランスでは無く 個々のカレーを「いつも行ってるインド料理屋さんのクリーミーなカレー」と比べてしまう・・等々、違和感を感じたり、理解できない部分が発生しちゃうかも・・・?coldsweats01

また、厳しい(詳しい)批評家さんなんかだと、「チキンカレー」・「ナン」・特に「セット全体の辛さの設定(どれも辛さが全く無い)」には突っ込みを入れる可能性(要素)もありますが、お店のオススメである現地式の食べ方「グチャグチャ混ぜ合わせて食べるとウマイ」という事を実証しているこのセット、いやいやなかなかのものです(ウマけりゃOKですよgood)。

自分は、「ナンはいらないから、ご飯の量をもっと増やして欲すぃ~~!(チャパティー1枚か半分付けてくれるともっと嬉すぃ~!)」ってお願いしたいくらいに、ご飯と混ぜ合わせたときの完成度が高いっス!(家庭料理って事は、ナン向けでは無いですしね・・・)(希望②)

あと、せっかくアチャールが付いてるんで、サラダをヨーグルトに変えてもらえると、ある地方の本場の方がよくやる、「締めにヨーグルトとアチャールをご飯に混ぜて食べる」という(シンジラレナ~イ!かも知れませんが、美味しい)楽しみ方も出来るので嬉しいな~!(希望③)

という風に、「ココが近所で、常連になれればな~dash←ため息」というお店でした。(^-^)b

一度行ってみて損は無いお店だと思いますが、インド料理を食べたことが無い方の反応は微妙な(「何コレ!?」な)可能性がありますので、経験の無い方は、はじめにチェーン的なインド料理屋さんに行ってから、中級者編として利用されるのがイイと思いますhappy01。(逆に、「本場に近い」と言われてるお店から回ると、「インドに目覚める」可能性が高くなる気もしますので、「いつかインドへ行こう」と思っておられる方は、ココから行くのがイイかも?smile

ё 熊本県熊本市砂原町788-1(アクアドームっていうデッカイ プール?の少し先《海側》です)

    096-227-0777

【追伸】: どうやら移転されてるみたいです!

ё 熊本県熊本市大江4丁目2-65 グランパレッタ1F

    096-371-0511

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

サラスワティ (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その82)

今日は久々に福岡のカレー屋さんのご紹介です!!

そのお店は、今月「THE MALL春日」のレストラン街にニューオープンしたインド料理店!「サラスワティ」!!

先日 あるお方から教わったお店で、なんとココ福岡では超貴重な「ベジタリアンメニュー」を専門としているインド料理店ですsign03shine(ついに本格派キタ~~!!)

いや~!まさかこういうコンセプトのお店が福岡に登場するとは思ってなかったので、すっ飛んで行きましたよ。=run(スッゴイのキタけど、「THE MALL春日」内ってのは意外っス)

全てベジタリアン向けのメニューで構成されているし、ナンにも卵が使われていない程の本格派!!flair(オーナーさんはインド西部の方らしいです)

数種類ある「ターリ(ステンレス製の容器に盛られたインド式定食メニュー)」を中心に、様々なメニューが楽しめます。happy01

ぶっちゃけ どれも美味しい!

巷の(日本人向けにアレンジされた)インド料理屋さんのメニューも派手さがあっていいんですが、コチラの「派手さは無いけど本格派」的な感じは、オーナーさんからの「これこそ本場インド料理だ!」ってな熱意が感じられてたまらんですgood。(インドにはベジタリアンの方が大勢いて、マクドナルドでも「べジタリアン用メニュー」・「ノンべジ用メニュー」って分かれてますから)

「ターリ」メニューは、豊富なカレーの中から値段(コース)に応じた数のカレーが選べますし、一番高い「ターリ」でも1300円とかなりリーズナブル!!(安!)

個人的には(「ターリ」についてる)「ダルスープ」がシビレました!thunder(自分的にはこういうシンプルなカレーの方が勉強になりますし、福岡のお店にはなかなか無いと思います)

いやいや~!、コノお店の登場 マジ嬉しいっス!happy02

ただ、ココは福岡かつ「THE MALL内」なんで、自分の様に「もはやマニア」な人間にはハマっても、一般的な家族連れにハマルかはチト心配・・・coldsweats01 (メニュー構成もチト分かりづらい)

ショッピングセンターなんで、「お父さん用」「お母さん用」「お子様用」って簡単に分かるメニュー構成で、いかにも「カレーライス」ってのが1品位あってもいいかも知れんですね・・・(お年寄りも来ますし)

最近の「アーユルヴェーダ」とか「ヨガ」のブームで 「なんちゃってベジ」が横行する中、ホンモンのベジタリアンの方がやってるお店ってのはかなり貴重!!shine(場所は天神周辺の方が良さそうですが・・・)

メニューなんかは他のお店が速攻真似しそうだけど、この意気込みはなかなか真似出来ないと思います。

【追記】: 閉店されてるみたいです。

ё 福岡県春日市春日5-17(「THE MALL春日」2Fレストラン街)

  092-595-6737

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

Shiva(シバ・山口市) (◇)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ10)

いやいや~!、久々の県外ですよ!!

行ってみたのは山口県にある「Shiva(本店)」、ホームページを見てから気になっちゃって気になっちゃって。coldsweats01

・・でココのカレーを食べるためだけに、山口まで行っちゃいましたsweat02。(好っきやな~・・)

よくあるインド料理屋さんなんだけど、福岡で主流な感じとは少しだけ違うっぽかったので、・・ま 「物は試しだ!」ってな勢いでつい・・・cardash(チト遠かったけどcoldsweats01

一番気になってたのは「ムルグ・デヒ・ワラ」というメニュー!

その名の通りヨーグルトがきいたチキンカレーなんですけど、ココの盛り付け方が大胆で、結構多めのヨーグルトがカレーの上からキレイに盛り付けてあるんです!!

そんなにかけててどうなのかな~?とは思いながら食べてみると、・・!美味しいじゃないですか~!!good

他にも目玉焼きが乗ってるチキンカレーもあってなかなか面白いshine(しかもかなりウマイgood)。

モチロン他のカレーや、チキンティッカ等のサイドメニュー・ナンも美味しかったですhappy01(自分はご飯で食べましたけどね・・・)

お店もキレイ&駐車場も広めで、利用しやすいのもグ~goodです。

いやいや~!、ココ 結構レベル高いんじゃないの!?shine

近くだったら結構通っちゃうかもな~?・・・(ちとメニューが少ないのが残念だけど・・)

お近くの方は、1度行ってみて損は無いと思います。happy01

自分の地元(福岡)は、(いろんな意味で)微妙なお店が増えてるし、山口まで行った甲斐は十分あったとですshine

御馳走様でしたrestaurant

ё 山口県山口市糸米2-7-45

   083-932-4802

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

ザエカ(ZAEKA) (◇) 

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その81)

「ザエカ (ZAEKA)」、インド・パキスタン(パンジャブ)料理のお店で、パキスタンの言葉で「味」という意味だそうです。(かっちょい~!shine

「ナーナック(総本山)」と「JAN JAN」のめっちゃ近くで、あの距離にタンドール(窯)があるお店が3つもあるのが凄い!(あの辺も、またカレー激戦地区になってきましたね~)

(インドとはあるものの)パキスタン料理と称しているお店はなかなか珍しく、パキスタン人の誇りを感じます。(元々1つの国だったとは言え、インド料理店ってしてないトコロがイイ!)

タンドール料理は、元々パンジャブ地方(現在はインドとパキスタンにまたがる)でよく作られていた料理で、コレが各地に広がっていった事を考えると、肉料理が中心のパキスタン(ムスリム)の方が作るコノテの料理が美味しくない訳が無い!

ってな期待を胸に行ってみました・・・run

早速メニューを見てみると、「お! ランチなのに普通にサグカレーが選べたり、なかなか良心的なお店っぽいぞ!」ってな印象。happy01

出てきたカレー(セット)は、よくある(巷のインド料理店の)ものとはチト違っていて、どちらかと言うとインドで食べてきたものに似ています。

一番の違いは、「サグカレー」の仕上がりでしょうか・・・(本場のレストランっぽい感じです)

ただ、インドで食べたお店もそうだったんですが、ホウレン草のペーストが濃厚&ベースのグレービー(カレーベース)は少なめ?(だと思う)で、近所のインド料理屋さんの味に慣れてしまってる自分には、お何だかコクが不足して感じます。 ※ 自分は本場至上主義では無いっスからsmile(でも、コレが食材の旨味を楽しむという本来の姿なのでしょう・・・)

「ラッシー」も、「のばしていない」と言うか、「ケチっていない」と言うか、自家製ヨーグルトがふんだんに使われているらしいのですが、コレはかなり美味しいですgood

店長らしき楽しいオジサマが、カレーに対する熱い想いをビシビシ伝えてくれるので、いろいろ聞いてみるのもオススメ!(かなり熱い人です!)

・・で、ココのイチオシはと言うと、・・・さすが普段肉料理を中心に食べてる方々!、ハラルミート(イスラムの教義に従って処理された肉です)使用の肉料理!(チキンティッカやシークカバブ)、コレは絶品でした!!happy02good

ミントがきいている料理が多かったのも、ココの特徴と言えるかも知れません(重めの料理がさっぱり食べれる感じです)。

あと、インド料理屋さんで流れているいつものBGMが、液晶モニターにて(怪しい)プロモ映像付きで楽しめる店内の雰囲気もイイ!(今まで何のことを歌っているのやらさっぱり分からなかった歌詞の内容が、なんとな~く分かります)

いろんな意味で、ココは貴重なお店だと言えるでしょうshine

ё 福岡市中央区舞鶴1丁目3-4(2F) (「JAN JAN」の路地に入って一本目を左に曲がった右側にあります)

   092-732-7513

| | コメント (0) | トラックバック (0)