« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月23日 (月)

オールドスパイス (〇)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ30)

今回も、またまた山口県のお店への遠征記事でございます。

今回のお店は  「オールドスパイス」、宇部(山口県)の辺りで最強との噂を聞く 老舗のカレー屋さんです。

ココは事前にあんまり下調べをせずに行ったもので、ま~入ってビックリしましたよ!!・・・coldsweats02

な・・何か雰囲気が「カレー屋」っぽくなくね!?( ̄◆ ̄;)

んで、全然案内して頂けなかったのでsweat02、「コ・・ココ座ってもいいのかな?・・」~(°°;)))オロオロ(((;°°)~・・・ってな感じで(半ば勝手に)空いている席に座り!!(一般ピープル感バツグンな自分ゆえ、思いっきり相手にされてなかった可能性が無きにしも・・ですがcoldsweats01)、メニューを開いてビックリ!!

メッチャお高いんですけど~~!!!∑(゚∇゚|||ノ)ノ!

え~っと、一番お安いメニューが1400円で、上はカレーの価格とは思えない程 天井無しにお高くなってるんじゃないんですか?・・コレ!?\(;゚∇゚)/アハハハ~!、そりゃ相手にされないわな・・(笑)

ベ・・ベースが、サラサラの「カシミールカリー」(印度式)と、トロトロの「ゴータマカリー」(印度式)の2種類ね~・・・sweat02

※ 共に、辛さを「普通」~「超激辛」まで細かい設定で選べます。

も・・もちろん2種類共試しましたとも!!、「だ・・伊達にカレーマニアやってないぜぇ~!up」、「ついでにお約束のカツも乗せてやったぜぇ~!」
(;ω;)b

サラサラで「カシミール」という名称の場合、ある程度のカレー好きなら、「もしかしてアソコ系?(or そのパクリ)」と勘ぐるのが自然だと思われますが(※ もちろんロ〇ヤルでは無いですよ念のため(笑) )、「ま・・アソコの銀座店でも単品ならこんな値段しなかったし、きっと違うだろ・・・」ってな感じでしばらく待っていると、「薬味タワー」(4種が積み重ねてある)が出てきて、最上階には見覚えのあるアイツが!!Σ(・ω・ノ)ノ!

「チ・・チーズじゃん・・・sweat02、このチーズってまんまアソコ系のヤツじゃね!?sweat02

んで、2段目を見てみると・・・

「やっぱそう来たね!、ようこそピクルス君paper(ビンゴ!!fuji)」

・・ってコレ、「アソコ系」の王道パターンじゃね~か!!(笑)\(^o^)/

「アソコ系」でお値段かなりお高めdollarupと言うと、久留米の「サ〇ー」に初めて行った時の悪夢衝撃が甦ってきますが(;゚∇゚A``、3段目「らっきょ」、4段目「福神漬け」、次に出てきたのが「フライドオニオンがトッピングされたサフランライス」と、何だかチト違うっぽさが出てきたので一安心dash。(・・って何がじゃ!)

そして遂に来ました!、「高級カレー」様の登場です!!shine

「コレって印度式?」という疑問は脳内消去してsweat02、いざ実食!!

「アソコ系のカシミールカレー」ではなく「アソコの別のカレー(メニュー)」っぽいコチラの「カシミールカリー」は、黒ではなく茶色でサラサラな、かなりスパイスにこだわってる感じのスパイシーさが印象的で、さすがに(高価なだけあって)美味しかったです!happy01

ただ、塩のきめ方(味付け)が自分にはチト強めでした。(あくまで個人的な好みですよ(;´▽`A``)

速攻で、福岡にも「アソコ系で茶色のタイプのサラサラカレー」を「カシミールカリー」という名称で出している名店がある事を思い出し、「アソコ系って超メジャーな老舗人気店だから、弟子やら孫弟子やら単なるパクリやら、何かイロイロあるんだろ~な~・・・」とか少しだけ思いながらも、トロトロタイプの「ゴータマカリー」の方も食べてみると・・・

「さらにコレって印度式??」という疑問を飛び越えて、「何故ゴータマ(お釈迦様の本名)」なんだろ・・・?ってのが気になって気になって・・・(分からずじまいだけど・・・sweat02

・・ま、どうでもいいんですけどね・・・
┐(´-`)┌(って、どっちなんじゃ~い!!(笑) )

何だろ・・?、「春日ロッジ」的な印度タイプって言ったら想像しやすいですかね~・・・、カツとかにも合わせられる濃厚なタイプで、コレマタこだわりのあるスパイシーさでした。

ちなみに、コッチの方が、さらに塩(味付け)が強めだったのですが、比較的ルウが少なめな感じなので、ご飯と合わせると「チト塩が強め」位のバランスになるっちゃ~なるんですけどね・・・、ま・・激辛をチョイスする方には、カレーソースがこの位の量でないと厳しいのかも?・・ですけど。

ご飯は「白山文雅」的な感じの、「お皿には軽く盛り」+「人数分のちょいとおかわりが入った別容器」で提供されるのですが、全部食べても決して大盛りという訳では無く、さらにおかわりをする場合は 有料となっておりました。

・・とまあ、たまたまですが、その2店舗(「春日ロッジ」・「白山文雅」)が福岡・佐賀で有名な高級カレー店だったりしますので ついでに比較してみると、高級感(雰囲気)的には、この2店舗の中間といったトコロながらも、味的な面だけでなく、接客の愛想と言うか親切度がかなり低め(メニューや辛さの説明などが全く無いので、コチラから遠慮気味に聞いても、常連以外はあまり相手にしていない感じの対応に感じた)という事も、2店舗では感じなかった「高い!」という印象に繋がってるのかも?・・です。(・・ま、常連らしき 外車でご来店の小金持ち風な方々も、見ていて店員にかなり気を遣っているのがアリアリと分かる感じでしたが・・coldsweats01

・・とまあ、あくまで個人的にですが、前回のお店とのギャップが大き過ぎたのか?そう感じました。(無理してフンパツしたんですけどね・・・(;´Д`A ```)


ё 山口県宇部市大字上宇部1056-3

     0836-34-1635

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

カレーショップ マサラ (☆)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ29)

何気に企画した山口県遠征で、実に久々に素晴らしいお店に出会うことが出来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

そのお店とは、徳山(山口県周南市)にある「カレーショップ マサラ」、カウンターのみの小さなカレー屋さんで、一見頑固職人っぽいマスターと奥様のお二人でやっておられます。

ココはね・・、個人的な好みで言うと、マジ完璧に近い感じなんですよね~♪
(*゚▽゚)b

飾り気はないですが、コンパクトにまとめられた無駄の無い店内(厨房含む)は、厨房からの煙をモロに浴びてしまうもののdash、マスターの流れる様な調理の全てを見ながらカレーが到着するのを待っているだけで、実に幸せになってしまう空間へと化します!

ココの何が一番凄いかって言うと、自分がこの世で一番愛してやまない食べ物である「カツカレー」のカツの味&調理が凄いんです!!happy02shine

オーダーが入ってから、でっかいブロック肉をスライス(切り分け)し、ちゃちゃっと包丁の背で伸ばしてから、タンタンタンと筋切り~衣をつけ、ラードが入った鉄鍋で揚げるという、「こだわりのトンカツ専門店か!?」ってな調理~手際よく切り分けられる この一連の流れ(市販の冷凍品をフライヤーで揚げるだけではない)と言ったら、ま~そんじょそこらのカレー屋さんレベルとは、一線を画します!!!
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

そして このカツの美味いこと美味いこと!!shine

大きさ、味とも 申し分なさ過ぎです!!(≧∇≦)

ベースのカレーは1種類なんですが、酸味がやや強めの、「煮込んでます」感がハンパ無い、濃厚ながらもスパイシー感&サッパリ感のあるこのカレーソース・・・

「カツカレー」等のウォーマーからそのまま注がれるメニューと、具入りのカレーのメニューとは、カレーソースのちょっと違った味わいが楽しめるのも実にナイス!!

具材と共にフライパンで調理する際に工程がいくつか増えますので(詳しくは見てのお楽しみ♪という事で、ココでは内緒にしておきます!happy02)、出来上がったカレーソースには 具材の味わい以外にもちょっとした味の違いが発生するとです!(あと激辛もチョイス可能です)

コレがね、どっちもホントに美味いんですわ!!shine

マジでね、「もう1杯食える!、いや食べたい!!」って思いましたもん!!

あと、クリームがかかって出てくるのも、個人的には好きな部類に入りますのでグ~♪!っス!!d(゚▽゚*)

マスターが一見頑固職人っぽい風貌&無口(と言うより、必要な事以外は無駄にしゃべらない)感じなので、人によっては無愛想だと感じちゃう可能性が無きにしも・・・ですが、自分はこのマスターの人柄がすぐに分かりました!

あのメッチャお茶目なTシャツ、実はちょっぴり腰の低い方だと分かる仕草の節々・・・、間違いなく 数少ない「素敵なカレー人」のお一人だと思います。shineshine

お値段も、530円~(一番ベーシックな「マサラカレー(サラダ付き)」 )と実にリーズナブル!!happy02

徳山駅の近くのアーケードの御向かいと、他県の人が訪ねるにはチト微妙な立地ではありますが、個人的には行って損の無いお店だと思います!!

自分は絶対にまた行く!と言うか、近所だったら絶対に通ってるよココ!!*:.。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!!


ё 山口県周南市平和通2-28

     0834-22-3831

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

夕月 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ28)

カレー好きなら長崎の超老舗カレー店として誰もが知っているであろうお店・・・、「カレーの店 夕月」。

店名でピンと来ない方でも、長崎の「オレンジ色のカレー」と言えば、「あ~!アソコね!!」・・とピンflairと来るのではないでしょうか・・?

そう!、「オレンジ色のカレー」のお店だから「夕月」とcoldsweats01、その店名は めっちゃ分かり易いのだけど、ここのカレーを説明するのは チト難しいとです・・・sweat02

そもそも、「ココのカレーは、カレーなのか・・?」という疑問さえ残るそのカレー・・・sweat02

カレーやシチューを、「市販のルウ」を使わずに 一から作ったことのある方(もちろん、そんなものが市販されていない時代から食べておられた方や、お婆ちゃんのカレーを食べていた方もです)なら、「あ~!・・・」だとか「懐かしい」という印象を持たれるかも知れないですが、もし自分が そんなもなぁ~知らない若者だったら、(個人的には)「一般的なカレー風味ではないけれど、少しスパイスのきいたオレンジ色のスープシチューご飯」という印象を持っていたかも知れんとです・・わりとマジで・・・(;´▽`A``

・・ってな感じなのでsweat02、(あくまで個人的にですがcoldsweats01)「素カレー」だと 食べてる途中に少し飽きてくるかな・・?(コレは、トッピングが欲しいところ)

でもこだわりのルウとは違い、トッピング(揚げ物類)には そんなに凝られていないっぽいので、全体的には微妙な印象が残る・・かな・・・?( ̄◆ ̄;)(あくまで個人的にですよ!coldsweats01

でも、「『何だかまた食べたくなってしまう』魔力が、このカレーにはある!!」・・ナゼだか知らんけど(笑)・・・(;゚∇゚)>

コノ辺が、「これまで生き残ってきた超老舗」である所以なのかも?知れないです・・・もちろん根拠はないですけど(;´▽`A``

店内には若者も結構多かったですし、「昔ながらの味」を懐かしむ方々だけでなく、その若者達も「お持ち帰りパック」を普通に数個購入して帰っていたので、その魔力は年代を問わず絶大な効力があるのかも知れません・・・

オリジナリティー番長 「夕月オレンジ」、恐るべし!!
Σ( ̄ロ ̄lll)


ё 長崎県長崎市万屋町4-12-2F(万屋町のアーケードの中です)

      095-827-2808 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »