« 日本の家庭の味 | トップページ | わろく屋 (Θ) »

2011年4月 4日 (月)

自分のインドの原点(ナーナック・その2)

(4/4・sun) 久々に、「原点回帰シリーズ」としてやっていた、「再びご紹介の章」(掘り下げとります)に属する記事を書いてみようかな~・・っと、今回 自分にとって このコンセプトに正にピッタリなお店である「ナーナック」(自分が初めてインド料理を食べた老舗インド料理店)を記事にしたいと思います。flair

ここ数年の間にやたらと増えちゃって、今では 珍しさ0%のインド料理屋さんも、一昔前までは かなり希少な感じだったんですよね~・・・shine

まだまだそんな感じだった頃ではありますが、我ら福岡在住(バブルを知ってる年齢以上(笑))の人間は、中洲の映画館で(ちと衝撃的だった)「ナーナック」のCMを おそらく100%見てるんじゃないかな~・・・coldsweats01(笑)

・・とまあ、老舗&有名過ぎて、インドカレー通な方の間でも、逆にあんまり話題にされない&高評価な方を見かけない「ナーナック」ではありますがsweat02、自分の評価は違います。

だって(インドカレー通とは言え、知らない方が多いのかも知れませんが)、福岡で美味しいと評判のアノお店のオーナーも、コノお店のオーナーも、元はナーナックで活躍していたベテランシェフだったりするんですよ!!
゚.+:。(≧∇≦)゚.+:。

そして、それらの方々のお店には、いくつかの共通点があります。

詳しくは言い(え)ませんがsweat02、一番の共通点は、巷に溢れる「エセインド料理屋」とは違い、我々にも食べ易い様に 日本人向けにはアレンジされているものの、本場のモノの延長線上にある料理を出されている事だと思います。

分かりやすく書くと、(福岡の場合)主食のメインが「ナン」に設定してあるタイプの料理を出すお店の本場度は、「ザエカ」>>「ナーナック」>「ナーナック一派(元シェフのお店)」>>>>>「ナン食べ放題とかやってる感じの、最近増えてるタイプのインド料理屋さん」(ご想像にお任せしますsweat02)>>>「某店」(ご想像にお任せしますsweat02sweat02)ってな感じかな~・・・?coldsweats01

もちろん、我々は日本人なので、左側(「ザエカ」側)を美味しく感じる通っぽい方もいらっしゃれば、右側(「某店」側)を美味しく感じる方もいらっしゃるでしょう。

ぶっちゃけ、自分も福岡の場合は、「ナーナック一派」辺りの本場度の数店がストライクbaseballgoodなんですけどもね・・・(;´▽`A``

「ザエカ」は、ちょいとタイプが違っちゃいますので若干イメージから外してもらって、その他のお店のカレーを思い出してもらうと、「ナーナック」から右に進むに連れ、カレーベースの伸ばし度がどんどん凄くなってきます!(一番右の「某店」に至っては、もはや「伸ばし」とかのレベルで無く、ベース自体が インド料理の枠から飛び抜けちゃってますけど・・sweat02shock

下手したら、「ナーナック」の「チキンマサラカレー」一皿分のベースで、「最近増えてる感じのインド料理屋さん」のランチ用チキンカレーを5杯以上作れちゃうかも!?( ̄◆ ̄;)

・・ま、ソレが悪いって事では無かったりするのも難しいトコで、自分がよく作るのは、「ナーナック一派」>「自分」(←ココ位の位置)だったりもして、ま~何と言って良いのやら・・?(^-^;)

しかも、本場のカレーが日本人の口に合わないのかと言うと、それが全くそうでも無く、インドで食べた料理は、町の食堂でも、中級のレストランでも、高級ホテルのレストランでも、バリッバリ美味かったっス!!(・ω・)b

・・ま、料理ってのは、(世界のどこの料理でも)「本場のはどう」とかじゃ無く、(アレンジがどうであろうが)作り手のセンスと腕ですよ・・やっぱり・・・coldsweats01(結局、「美味いのが一番」って事ですよ・・)

そんな「ナーナック」のカレーですが(ってどんなやねん!! ))paperimpactぺしっ!)、濃厚ゆえ重そう(胃にきそう)なイメージだったりするものの、スパイスがガッツリきいてるので、(スパイス力で)胃腸の働きが促進され、しばらくすると「もうちょっと食べとけば良かったかな~・・・」ってなるのが やっぱ凄いな~!って いつも思いますshine。(また行こ~っと!happy02


※ 以前の記事、福岡店(総本山)の住所は、「コチラ」からどうぞ。

|

« 日本の家庭の味 | トップページ | わろく屋 (Θ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141262/51286339

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のインドの原点(ナーナック・その2):

« 日本の家庭の味 | トップページ | わろく屋 (Θ) »