« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の記事

2011年4月29日 (金)

ツボ

(4/29・sun) 更新をお待ち頂いていた方々、大変長らくお待たせいたしましたm(_ _)mなかなか更新出来ず申し訳ないです、福岡のカレー馬鹿「まらじ」、本日久々に更新させて頂きます。゚.+:。はりきってヽ(´▽`)/書くよ~!゚.+:。

え~っと・・、最近書いた記事は・・・コチッ!pc(← 自分で書いてるクセに、既に忘れてて、自分のブログ見てチェックしてるのは内緒ですsweat02

こ・・今月3回しか更新してね~!!
Σ(・ω・ノ)ノ!、しかも、自作の回ゼロだし・・・( ̄○ ̄;)!

コレはイカン!!(そもそも、「日々カレーを作りまくり 食べまくる自分が、カレーのお店(料理人)や自作のカレーを紹介するブログ」だったのに、コンビニのお弁当の記事で今月を終える訳には・・sweat02

つ・・作ります、速攻で・・・

スープストックを作りつつ、同時にスパイス&小麦粉でカレールウを・・・
野菜は煮溶かす感じ、具はやわらかく調理した牛肉オンリーで行っちゃお~!!(トントントン!・プシュー!dash・ジュオー!spa・グツグツグツ!)

Photo ←でけた~!flair

ホテルのレストラン風ビーフカレーじゃ~い!!shine

コノテのカレーは、結構手間暇が掛かるイメージだったりするかも?・・ですが、「圧力鍋」とか使えばサクサクっと出来ちゃいますhappy01。(上記の「プシュー!dash」で分かった方も多いかな?)

もちろん、市販のカレールウ(欧風タイプの高級なヤツ)を使い、ソレにホテル風なアレンジを加える方が 簡単かつ速攻で出来ちゃうんですが、カレー人(カレー野郎)としては、やっぱ微妙なスパイス使いとか、味付けとか、職人的にこだわりたいトコっスから・・・shineキラキラりん!!

・・とまあ、相変わらずな(レシピとかは無く、マニアなら微妙に「ツボ」ポイントがあるであろう内容で終わる)展開ではありますが、「いいじゃね~か布袋、『BOØWY』は再結成出来なかったけど、『COMPLEX』(←コッチは再結成するらしい)でまた『1990』のカッチョイイ ギター聞かせてくれよ!」rock、という言葉で 本日は締めたいと思います。(何じゃそりゃ!?)
※コッチも微妙に「ツボ」な人いるだろ~な~・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ローソンのバターチキンカレー

(4/15・cloudsun) 皆さんは、ローソンの新しいお弁当シリーズ、「浪そん亭」(コレで「ローソン亭」と読むらしいsweat02)をご存知でしょうか・・?

女性をターゲットにした、お手頃サイズでヘルシーなシリーズらしいのですが、ラインナップの中に、何と!「インド風 バターチキンカレー」というマニアックな商品が存在するとです!!Σ(・ω・ノ)ノ!

Photo ← コレだよ!chick

解説文には、「トマトの酸味とナッツのコクをきかせ、バターと生クリームでまろやかさを加えました。 クミン、コリアンダー、カルダモン等の香辛料が香る本格派カレーです。」と書いてあり、カレー好きなら、「何だ何だ! このマニアック感!?、オラ ワクワクすっぞ!!(笑)」 ってなっちゃうっしょ!コレ マジで!!!
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

では、「この世の全ての食材に感謝をこめて、いただきます!」( _ _)人・・って、「ドラゴンボール改・・何でブウ編やらないんだ~!」って思ってたクセに、もう「トリコ」好きになりかけてるのは内緒です(笑)。← 日曜の朝、毎週張り切って「DB改」見てた、ジャンプと言えば「DB」・「北斗の拳」世代なのも内緒です(笑)。((・(ェ)・;))

Photo_2 ← 中身だよ!chick

具は、(原材料のトコを見ると)「蒸し鶏カレー和え」・「焼ポテト」・「茹ブロッコリー」・「人参煮」・「焼かぼちゃ」・「揚げ赤パプリカ」となってて、いかにも女性がターゲットやな~・・ってな感じ・・・

コレに、「いかにも!」ってなボリュームで、「バター」が乗っかってるので、思わず 「ヘルシーなんかい!?、コッテリなんか~い!?」 って突っ込んじゃいます(笑)。(そもそも、「バターチキン」自体が、インド料理の中でも「かなりヘルシーじゃない」部類のメニューですし・・sweat02

・・で、気になるお味の方はと言うと・・・

「何だ!?、この思ってたより随分と本格的な風味は!!」
・・・そして、「甘過ぎ」に感じるのは、オラの気のせいか・・!?( ̄◆ ̄;)

もっとも、「バターチキン」は、(作り方は、これまた人それぞれでは ありますが)辛味よりも甘味を付ける事が多いメニューなので、ちっともおかしな事では無いんだけど、「バターチキン」の基本である「タンドリーチキンを具材に作る」という項目が抜けちゃってるもんで(入ってるのは「蒸し鶏のカレー和え」)、「スパイシーさ」よりも「甘さ」の方が際立っちゃってて(締まる部分が抜けてる感じなので)、個人的には、「インド風カレー」と言うより「インド風トマトシチュー」ってな印象っス。(^-^;)

でも、「バターチキン」ってメニューは、バリエーションが多い(定番メニューだけど、お店ごとに結構違いが大きい)だけに、こういう感じにまとめてるお店なんかも、ありそうっちゃ~ありそうな気もするし、判断が難しいな~・・・sweat02

あと、女性がターゲット&デザートと共に食べる等の計算で作られてるらしいので、これまたヘルシーな「五穀ご飯」が、なかなかに少量でcoldsweats01、男性だと確実に「カップ麺とドリンクもゲットで、800円コースだぜ~!」・・となると思います・・たぶん。(ちなみに、この商品は、498円です)

やっぱ、こいつぁ~判断が難しいぜ~!!(笑)ヽ(´▽`)/ヘヘヘ~ッ!


【衝撃の追記!】<2011/06>: まさか、このブログとは何の関係も無いとは思いますがsweat02、この記事で若干(かな?)coldsweats01突っ込んでいた点が、全て改善?・・と言うか、「 『ローソン』さんって、もしや 某自動車メーカーさんみたいに、『カイゼン』システムを導入してるんじゃないの~!?」って思っちゃう位に、短い期間でイロイロと変更になってるんです!!Σ(・ω・ノ)ノ!

①: それとなく 読み難さを突っ込んでた、「浪そん亭」という表記が、「ろーそん亭」という(アホな自分にもsweat02)読み易い標記に、いつの間にか変わってる!!

②: 女性がターゲットであろうヘルシー志向なシリーズ?の商品なのに、そもそも「バターチキンカレー」という、インド料理でも比較的「ヘルシーじゃない」部類のメニューをチョイスするという、「ヘルシーさとは少し矛盾してるんじゃないかな~?」という点に突っ込んでたんですがcoldsweats01、いつの間にか15種類のスパイス香る「本格インド風カレー」という商品にバトンタッチしてる!!

③: それによって、バターのカロリーだけで無く、せっかくこんなに本格的なのに、「バターチキン」の基本である「タンドリーチキンを具材に作る」という点がスルーされてて残念だな~・・って感じてたトコも 無問題に!!(もちろん、自分は 以前から「タンドール窯で焼いてないと、タンドリーチキンと言ってはいけない」という考えには 賛同しておらず、せっかく凝ったチキンが入ってるんで、どうせなら スパイスやヨーグルト等を使った「ソレっぽい具」だと、もっとイイのに 残念だな~・・・という思いで書いてたんですよ・・念のため・・・(;゚∇゚)> )

以上!、「ローソン」さんスゲ~~!!coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

わろく屋 (Θ)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ22)

今回ご紹介させて頂くお店は、久々に「観光地のカレー屋さん」でございます。

そのお店とは、黒川温泉にある「わろく屋」さん!!

「え~!珍しい感じやね~!?」とのお声が聞こえてきそうなくらい、このブログっぽく無い気もしますが、ま・・たまには・・ね・・・coldsweats01

ココは、「御客屋」さんと言う旅館が経営されているお店で、温泉街のふもとの方にある感じです。(旅館とは、川を挟んでチト離れてる位置関係です)

この黒川温泉ってのは、全国的にも有名なので、今更説明する必要もありませんが、こじんまりとした温泉街で、一言で言うと「商売っ気がキツくない、プチ湯布院」ってな印象ですかね~・・・

湯布院みたいに、地元とは全く関係の無い資本&商品が売ってる(商売っ気溢れる)店舗がズラ~っと並んでて、肝心の温泉宿はバラケてる(移動には車が必要な)感じでは無く、駐車場は無料だし、歩いて楽々回れる規模なのが実にナイスです。

ただ、TVなんかで見たイメージでは、(入浴手形等)地元の温泉宿同士で強い一体感をアピールしてる感じなのかな~・・って思ってたものの、実際行ってみると ズラ~っとデザインが統一された旅館の看板が並びまくってる案内ばっかりなので、地図看板(とかお店に置いてあるマップ)が無いと、結構分かり難いんですよ!・・マジで!!(イメージと違って、逆に 私が私が!(ウチがウチが!)って各々やってる感じなのが、チト残念でもあります)

・・ですので、今回やや細かめに書きますが、坂の上の方にある駐車場に車を停め、川沿いの方へ向かって テクテク5分くらい(川端通りとやらを)下っていくとrun、ふもとのトコにある、いかにも和風カフェ!ってな佇まいのお店が この「わろく屋」さんです。

今回は、これまた珍しく写真があるのですが、人が多い中 なんとか撮影させて頂いた感じなので、かなり見難くなっちゃって 申し訳ないです。

Photo_2

Photo_3← 看板から、主な(カレー)メニューだけを撮影させて頂きました。(カレー以外のメニューも、モチロンあります・・念のためcoldsweats01

メインの「定番カレー」は、馬すじを煮込んであるカレーで、牛肉とは微妙に違った美味さがあり、なかなか個性的!

結構凝ったカフェ風のカレーってな濃厚感があり、マジで美味いっス!good

個人的には、このカレーに、「小国黒豚」というお肉が使用してあるらしい「豚カツ」をトッピングするのがベストじゃないかな~・・っと思います。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

「黒カレー」は、同じく「小国黒豚」が使用してあり、こちらも なかなかのお味。happy01

ただ、メニューには「あっさりとやさしいカレーに仕上がりました」と書いてあったので、自分の様な人間は、それなら黒くする必要って(調理で黒くするタイプでも、着色オンリーで黒くするタイプでも)無いんじゃないかな~(どちらかと言うと、定番の方のタイプの方が「黒」向きかも?)って思ってみたりも・・・

とは言うものの、観光地で「3色のカレー」が楽しめるのはナイスアイデアな(楽しい)ので、やっぱアリです(笑)。ヽ(´▽`)/うわぁぁい!

これらの2つのメニューは、コチラのオリジナルではあるものの、おそらくどこかの食品会社の工場か何かに発注(委託生産)してあるんだろうけど(たぶん)、逆にその感じがイイのかもな~・・・(肉の具合とか)っと思いました。

「白カレー」は、「小国ジャージー牛乳」・「肥後の赤どり」・「ニンニク」(おろし)・「ショウガ」(細切り)が使用されているらしく、まんまその味でした!(^-^;)

このメニューは、おそらくコチラの厨房で仕込まれてるんじゃないでしょうか・・・?(;´▽`A``

ニンニクとショウガがチトきつかった&スパイス感がイマイチだったので、もうちょっと(同じ具材で作るメニューが結構ある)「インド料理」寄りに作ってあっても良さげな気もしましたが、どうでしょうかね・・?coldsweats01(あくまで個人的な好みで、このメニューもなかなかでした)

ちなみに、3種盛りのメニューもあるので、迷った方はそちらがオススメです(笑)。

でも、観光地ゆえ?やっぱ全体的に お値段お高めなんですよね~・・・(しかも、ご飯がチト少なめだし)weep

「カツ」とかトッピングしてたら2000円コースですから、これだけを食べに(温泉抜きで)黒川まで行くのは なかなかの出費ですsweat02(汗)。

エッ・・!?、「そんなお前は、温泉巡りしてきたのか?」・・って??earpaper

いいえ!、「カレー」オンリーです!!(笑)( ̄ー+ ̄)b


ё 熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り

    0967-44-0283



ちなみに、福岡から八女ルートで向かうと、この時期「日向神ダム」(矢部村)の「千本桜」(「ソメイヨシノ」がダムのほとりに沿ってず~っと並んでる)が、今までに見た事の無いレベルで凄いのですが、もちろん素通り(一瞬も止まらない)です!(笑)

Photo_4 ← 爆走中の車窓からシャッターだけ切ってみましたsweat02sweat02。(もちろんアングル・映像共に最悪です(笑) )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

自分のインドの原点(ナーナック・その2)

(4/4・sun) 久々に、「原点回帰シリーズ」としてやっていた、「再びご紹介の章」(掘り下げとります)に属する記事を書いてみようかな~・・っと、今回 自分にとって このコンセプトに正にピッタリなお店である「ナーナック」(自分が初めてインド料理を食べた老舗インド料理店)を記事にしたいと思います。flair

ここ数年の間にやたらと増えちゃって、今では 珍しさ0%のインド料理屋さんも、一昔前までは かなり希少な感じだったんですよね~・・・shine

まだまだそんな感じだった頃ではありますが、我ら福岡在住(バブルを知ってる年齢以上(笑))の人間は、中洲の映画館で(ちと衝撃的だった)「ナーナック」のCMを おそらく100%見てるんじゃないかな~・・・coldsweats01(笑)

・・とまあ、老舗&有名過ぎて、インドカレー通な方の間でも、逆にあんまり話題にされない&高評価な方を見かけない「ナーナック」ではありますがsweat02、自分の評価は違います。

だって(インドカレー通とは言え、知らない方が多いのかも知れませんが)、福岡で美味しいと評判のアノお店のオーナーも、コノお店のオーナーも、元はナーナックで活躍していたベテランシェフだったりするんですよ!!
゚.+:。(≧∇≦)゚.+:。

そして、それらの方々のお店には、いくつかの共通点があります。

詳しくは言い(え)ませんがsweat02、一番の共通点は、巷に溢れる「エセインド料理屋」とは違い、我々にも食べ易い様に 日本人向けにはアレンジされているものの、本場のモノの延長線上にある料理を出されている事だと思います。

分かりやすく書くと、(福岡の場合)主食のメインが「ナン」に設定してあるタイプの料理を出すお店の本場度は、「ザエカ」>>「ナーナック」>「ナーナック一派(元シェフのお店)」>>>>>「ナン食べ放題とかやってる感じの、最近増えてるタイプのインド料理屋さん」(ご想像にお任せしますsweat02)>>>「某店」(ご想像にお任せしますsweat02sweat02)ってな感じかな~・・・?coldsweats01

もちろん、我々は日本人なので、左側(「ザエカ」側)を美味しく感じる通っぽい方もいらっしゃれば、右側(「某店」側)を美味しく感じる方もいらっしゃるでしょう。

ぶっちゃけ、自分も福岡の場合は、「ナーナック一派」辺りの本場度の数店がストライクbaseballgoodなんですけどもね・・・(;´▽`A``

「ザエカ」は、ちょいとタイプが違っちゃいますので若干イメージから外してもらって、その他のお店のカレーを思い出してもらうと、「ナーナック」から右に進むに連れ、カレーベースの伸ばし度がどんどん凄くなってきます!(一番右の「某店」に至っては、もはや「伸ばし」とかのレベルで無く、ベース自体が インド料理の枠から飛び抜けちゃってますけど・・sweat02shock

下手したら、「ナーナック」の「チキンマサラカレー」一皿分のベースで、「最近増えてる感じのインド料理屋さん」のランチ用チキンカレーを5杯以上作れちゃうかも!?( ̄◆ ̄;)

・・ま、ソレが悪いって事では無かったりするのも難しいトコで、自分がよく作るのは、「ナーナック一派」>「自分」(←ココ位の位置)だったりもして、ま~何と言って良いのやら・・?(^-^;)

しかも、本場のカレーが日本人の口に合わないのかと言うと、それが全くそうでも無く、インドで食べた料理は、町の食堂でも、中級のレストランでも、高級ホテルのレストランでも、バリッバリ美味かったっス!!(・ω・)b

・・ま、料理ってのは、(世界のどこの料理でも)「本場のはどう」とかじゃ無く、(アレンジがどうであろうが)作り手のセンスと腕ですよ・・やっぱり・・・coldsweats01(結局、「美味いのが一番」って事ですよ・・)

そんな「ナーナック」のカレーですが(ってどんなやねん!! ))paperimpactぺしっ!)、濃厚ゆえ重そう(胃にきそう)なイメージだったりするものの、スパイスがガッツリきいてるので、(スパイス力で)胃腸の働きが促進され、しばらくすると「もうちょっと食べとけば良かったかな~・・・」ってなるのが やっぱ凄いな~!って いつも思いますshine。(また行こ~っと!happy02


※ 以前の記事、福岡店(総本山)の住所は、「コチラ」からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »