« 肩書き | トップページ | ラム肉のカレー »

2010年4月15日 (木)

直火釜焙煎カレーフレーク(中辛)       あら挽きスパイシー

(4/15・cloud) こういうのね~・・・、見つけたら思わず買っちゃうんですよ・・・

Photo ← そうコレ!、エスビーさんの「直火釜焙煎カレーフレーク」flair

「あら挽きスパイシー」と「深みロースト」の2種類が売ってたんですけど、自分みたいな人間は、やっぱ「スパイシー」って文句に弱いんですよね~・・・coldsweats01

・・ってな訳で、「あら挽きスパイシー」の方をちょろっと試してみました!shine

今回は、ほぼパッケージ通りの材料&作り方で作成。(どうしても「おイモさん」が食べたかったから、そこだけ追加しちゃったんですweep)←イモ兄ちゃんなもので・・sweat02(笑)

Photo_2 ← 出来上がりは、こんな感じっス!

パッケージには、(表面)「じっくりと直火釜で焙煎し 素材の香ばしさを引き出しました。 あら挽きアーモンド オニオン 黒胡椒 ガーリックをブレンドした味わいは、まさに香りの逸品です。」・(裏面)「4種のあら挽き素材の心地よい食感と風味が引き立つ、コクとキレのある味わいは他にはない逸品です。」と書いてありますが・・・

食べてみると、
マンマそんな感じの味わいです!
\(;゚∇゚)/
わ~い!

結構甘めながらも 後から「胡椒辛さ」がピリリとくるタイプで、(パッケージには「中辛」と書いてありますが)結構特殊な「中辛」と言えます・・・

また、エスビーさんの商品の中ではコクを感じる方だと思いますので、「ゴールデン」をベースに自分がやってた様な「(コクを補う)ルウの組み合わせ」なんてしなくても良い印象です。happy01

ただ、確かに「あら挽き」素材が効いてて オリジナル性を感じますが、「中村屋さんのカリーフレーク」の時等に書いた、「最近ありがちな、あのスパイスの香りが強いんやね!」ってな感じの香りの組み立て & 最近出てるのはコレに似たルウやレトルトばっかりなので、「商売ってそうなんやね…」ってな印象は 正直コノ商品にも持ったりして、「どこのメーカーも、こういう感じがしばらく続くの(業界の流れなの)かな~」・・とも思いました。

ザックリ言うと、(メインの香り付けが)「カレー粉」系の香り→「(いかにもスパイシーってな印象の)ガラムマサラ」系の香りにトレンドが移ってるんだと思いますけど、結局 各商品ごとの個性ってのが・・ね~・・・(;´▽`A``

「なかなか美味しいカレーだな~!」って思うんですけど、食べてしばらく経ったら なんか「どっぷり普通のカレー」が食べたくなっちゃったので、やっぱコノテのセッティングがなされてるタイプは、(自分にとって)定番にはならないかな~・・・??(コレ、定価は346円(税込み)で、スーパーではおそらく300円弱位で売られる事が多そうなので、お値段的にもチト・・sweat02、しかも「6皿分」しか入ってないし・・・weep

モチロン美味しい商品なので、一度試してみても損は無いかと・・(・ω・;)b 

|

« 肩書き | トップページ | ラム肉のカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141262/48094470

この記事へのトラックバック一覧です: 直火釜焙煎カレーフレーク(中辛)       あら挽きスパイシー:

« 肩書き | トップページ | ラム肉のカレー »