« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009年1月29日 (木)

欧風ブラックカレーヌードル

(1/29・) 牛肉たっぷりコクリッチ!、「欧風ブラックカレーヌードル」!!

「欧風カレーの特徴である、よく炒めたオニオンに バター・チーズを加えたこくのあるカレーです。」

「24種類のスパイスにチーズがとけ込む デミグラス風味の欧風カレー」

・・とありますが、どちらかと言うと 「デリーのカシミールカレー」にヒントを得てる気が・・・

Photo_3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

もしかして!?

(1/28・) 一般的なカレーライスも、インド料理も、ネパール料理も、バングラデシュ料理も、スリランカ料理も大好きなんだけど、我々日本人から見たらどれもカレーっぽく思えるだけで、結構違うものだったりします。

最近は、「もしかして!?、自分が好きなのは香辛料なのかも??」って思ったりしてますが、「自分が好きな香辛料=カレーに使用するもの」ってな訳で、結局いろんなスパイス料理を作っていても、日本人が言うところの「カレー味」なものってジャンルになっちゃいますね・・・

Photo そんな今日の「カレー味」なご飯は、巷のインド料理屋さん風チキンカレー!

このドロリとした感じのマイルドなカレーソースが 抵抗無く日本人に受け入れられているのか?、「インド料理屋さんやレトルトで食べるインドカレーと言えばこんな感じのヤツ!」みたいな定番感があります

チト重いけど、ナンにもご飯にも合う 無難なインドのレストラン料理。

毎日だと厳しいけど、こういうカレーもやっぱり好きです

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

お店タイプ

(1/25・) どんな料理もそうなのでしょうが、原価・量・スピード(効率)に対応したお店タイプなものと、1つのメニューをじっくり作れる家庭タイプなものとは、似て非なるものな場合も多いですよね

考え様によっては、どちらが上ってな訳でも無いので、その日の気分でどっちも楽しむのが一番利口かなと・・・

ってな訳で、今日は野菜を使ったインド料理屋さんタイプのカレーが食べたい気分なので、そんな感じのカレーにしてみました。

ちなみに、今日のは、「アル」・「(プール)ゴビ」・「シムラミルチ」入りのカレーです。(「ジャガイモ」・「カリフラワー」・「ピーマン」)

Photo 家庭タイプなものだと、炒め煮にする事が多いですが、お店タイプなものは、事前に作ったカレーベースと下準備をしておいた野菜を炒め合わせる事が多いんじゃないかな・・・?

若干カロリーが上がっちゃいますが、こういうタイプの野菜カレーは めっちゃご飯に合うので大好きです!

お店で食べる際には、カレーソース(分かり易く例えれば「ルー」)がたっぷりのメニューと比べて、カレーベースをクリームとかでのばす割合が低いので、誤魔化しがきかない分、そのお店がちゃんとベースを作っているかどうか?(きちんと調理しているか?)分かっちゃうメニューなのかも知れません

ま、ちゃんと作る以前に、いろいろ注文したのに 「どれも同じ味や~ん!(ベース1種類かよ!)」ってなインド料理屋さんもありますけどね・・・〇|_| ̄ =3 ズコー

東京なんかだと、その辺の 「ちゃんと作ってるか?」・「良心的か?」・「プライドをもって商売をしているか?」みたいな面まで詳しい方々に評価されちゃいますので、「どうせ日本人には分からないだろう・・」ってな“なめた商売”をやってると、今やネットでケチョンケチョンにされちゃう恐ろしさがあるんでしょうが、今のところ博多は平和です…。(ぼくも、へいわしゅぎだよ!(゚▽゚)ノ)

でもね・・・

ホント、すぐ分かっちゃうんですよ!!(-_☆)キラリ!

どんなめにゅーだろうと、けちってつくったごまかしのべーすかどうかはね!(゚皿゚)ノ←ぶらっくまらじ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

カレーの向こう側(笑)

(1/22・) 今日のタイトルでピンと来る方は、おそらく若者では無いですね・・・(笑)

「カレーの向こう側」(←この絵文字がポイント)、あの作品を読んだ人にはお約束の、限界を超えた領域への到達を言う衝撃のフレーズ「向こう側」を、何とな~くカレーに使ってみました。(そんなにカッチョよく無かった・・・

ちなみに、某元公園住まい芸人の方も「味の向こう側」って話をしてましたが、ネタ元は同じなのかな??

出来れば、そんな凄いカレーに いつかたどり着きたいものです・・・(食べ歩きや自作での、永遠のテーマっすね・・・

Photo_3 ・・ってな訳で日々精進!、今日も新たな試みを実行しつつカレーを作る自分

で、「カレーの日(らしい)」今日のカレーは、気合一発斬新なアレンジを加えたマトンカレーを作成!

(また自画自賛ですが)美味いんだけど、凄いカレーへの旅はまだまだ終わりそうもないな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

今日は2本立てっス!!

(1/20・) 今日は、カレー解析を 2本まとめてご紹介させて頂きました!(この記事の前〔下〕に、「カレーの龍」・「あ〇ぼ〇屋カリー」のカレー解析記事を2つUPしておりますので、是非ご覧下され!)

この記事も合わせたら、なんと1日で3更新!ってな珍しい展開ですが、行ってたのに書いていないお店が2軒あって、その2軒があまりに対照的だったので、今回まとめて記事にしてみました。(忘れていたとも言う・・

過去最速のお店、過去最遅のお店、あなたはどっちが気になりましたか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ〇ぼ〇屋カリー

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ16)

過去最遅でカレーが出てきたお店!、「あ〇ぼ〇屋カリー」!!(思い出して怒りが再燃しちゃった!エヘッ!

湯布院のめっちゃショップが並んでる中にある 古民家風のお店で、ミュージシャンの方がはじめた、「地元の地鶏や豊後牛、そして自分の畑でとれた野菜を材料にし、独自で調合した香辛料でのカレー」があるらしいです。

ココは超遅でした!、昼12時頃行って 並んでもなく空席もあった(全く忙しい訳でもなく、の~んび~りした時間が流れてた)のに、既に下準備されタッパーに入ってるサラダが出てくるまで20分~、さらにカレーが出てくるまで10分~は掛かりました・・・(店員さん達は、目の前でフリーズしてるこち~ん!

一緒に行った仲間とジョークで「今から精米するんじゃない?」ってな会話が出てくるくらいに、店員さん達の動きが全く無かったっス

何があったんでしょうね~?、(夜は旅館で食事するだろうし)この地区の1番の書き入れ時とも言うべきランチタイムに、お米炊いてなかったんでしょうかね~?(何か言ってちょ

まだ空席があるのに断っていたり、こっちは水だけでず~っと待ってるのに、スタッフが奥でしれ~っと食事しだしたりしてる様にも見えたんですが、目の前で放置されたまま時間は流れていきました・・・(ま、観光地なんでこんなもんかな・・ってな感じで、待ってましたけどね

・・・・で、出てきた「精魂こめて丁寧に調理されたであろう(笑)カレー」は、上記のお店のコンセプトを考えると、「きっと糸島の“RUSTIC BARN”みたいなカレー&お店にしたかったんだろ~な~・・」ってな印象のモノでした。ちゅど~ん!!

しかも、かなりコショウ辛いのでは・・・!?、しばらくピリピリしちゃった!エヘッ!

何だか寂しいので、帰りに有名なコロッケ買って帰りました。

ё 湯布院のお店が並んでるトコ(有名なコロッケ屋さんの近く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーの龍 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その89)

過去最速でカレーが出てきたお店!、「カレーの龍」!!

何だか「トリアス」まで行ってもいいな~・・ってな気分になったので、最近ちょろっと行ってきました。

ココ、かなり有名&創業昭和38年なのに、北九州に行った時には近くに「ガネーシャ」があるので、実は行ったこと無かったんです・・・(福岡のカレー好きには必修のお店なのでしょうが・・・

・・で、いざ入ってみてビックリ!

基本メニューが「男性(700円)」・「女性(600円)」の2種類らしく、どう見ても男性な自分は、座るとほぼ同時に「すぐお注ぎ致しますので、少々お待ち下さい(だったかな?)」と声をかけられたかと思うと、テーブルの上にあるセルフのお水を注ぐ間に速攻で出てきました!!(超早!)

これは、長浜の「元祖」どころではない早さで、吉野家のメニューが1種類とかでないと超えられないスピードでしょう!(凄いゾカレー!

さらに、トッピングメニューも「生たまご(50円)」が唯一の存在、自分はカツカレーな気分だったのですが、お店の下敷きを見た感じでは、宇佐店にしか無いのかも・・?

もっとビビッたのは、「おかわり(100円)」ってのがあって、(期間限定かも知れませんが)1のつく日は無料ってポスターが貼ってありました!(何ココ!?)

周り(と言ってもカウンターが数席しか無いんだけど)をチラ見してみると、どうやら「おかわり」ってのはハーフサイズくらいのものが出てくるっぽい&「女性」ってのは少しだけ量が少なめの様です・・・(^-^;

ま、確かにコレなら、女性がもっと食べたいって思っても、「男性」を注文するより「女性」+「おかわり」の方が得だし、女性へのサービスだと考えれば、男性がそのズルをできない(オーダーはお店まかせ)ってので有効なシステムなのかな・・?

味の方は、予想通りと言うか 見た目通りと言うか、「こげ茶のルーが物語る 昔ながらの少し香ばしくて懐かしい味のカレー」ってな印象でした。

昔懐かしいってのは、「昔ながらの普通っぽいカレー」って事だけでは無く、「コショウ辛い」ってな意味も含まれてます。(昔は多かったな~)

FC展開とかもしてるみたいなんで、本店とかだとまたチト違うのかも知れないですが、ココはココで「お腹いっぱいカレーを食べたい」&「急いでる」ってな方には、イイんじゃないかな?(見た目通りカレースタンドとして利用すれば)

ё トリアス久山のレストランモール内にあります。(本店は小倉北区です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ペンネ・まらじアータ

(1/18・) 今日は、フュージョンシリーズ(イタリアン)の続編です。

「アラビアータ」って「怒った」とか「怒りんぼう」ってな意味らしく(そういう辛さって事での名称らしい)、けっこう唐辛子がきいてるのが特徴・・・めらめら

もちろん、自分が今までお店で食べてきた印象では、オリーブオイル+ニンニク+唐辛子+トマトの絶妙なハーモニーが 何ともイタリアンってな感じで、ちょいと辛くてめっちゃ美味い料理です!!(昨日のカレーとは違って、適度なピリ辛って感じっス

ただね・・・・、前回同様トマトソースなんで、自分が作ってると ついつい入れちゃうんです・・あの粉たちを・・・(だってニンニク+トマトなんて・・・ね~・・・--;)

Photo

「ペンネ・アラビまらじアータ~~!」(旧ドラ風で

オリジナルは、オリーブオイルとニンニクの芳香がなんともたまらん料理ですが、カレー野郎流にスパイスを投入!ぴうう!

それに合わせるため、オリーブオイルは使わないのがポイントっス

ちなみに、パラリと散らしてるのは、イタリアンパセリやバジルでは無く、カソリメティ(フェネグリーク・リーフ)

コレがまた合うんですよ!(この香り大好き

イタリアンの関係者の方々には怒られちゃいそうですが、見た目普通・実はカレー(スパイスきいてる)のこのシリーズ、自分はかなりお気に入りだったりします・・・(異端児やな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ゆるむ

(1/17・) 今日は、何だかカレーリーフやらマスタードやらを使った、ちょいと辛めのカレーが食べたい気分・・・(日頃あんまり辛いの食べないし、何でかは不明

ホントは夏の暑~い時に食べるのが最高なんだけど、本日の福岡の予想最低気温は3度、さすがに汗をかく程の辛さはやめとこうかな・・・(゚ー゚;

ってな訳で、結構辛いチキンカレーを作成!

Photo ぬっ!、自分で作っときながら言うのもおかしいけど「辛い!!」

でも、体の中からじんわりポカポカしてきてイイ感じかも・・・

食べ終わった後も、ホカホカホカホカ

こりゃ~イイぞ!

ホカホカホカホカ・・・ぎゅるる~!

ん!?ぎゅるる?・・・何それ??・・・・ぎゅるるるる~!・・・・・・、モヒャ━━((;゚∇゚)))━━!!!!!!

・・・・・(||liTДT)・・・・・じゅごごごご~~!

久々だったので、“まいぼでー”が異物として反応してしまったのか?、Aクイックでへ直行っス。(--;)カレー好きなのに、胃腸弱いな…自分;;

ま、夏までには調整完了&堪能できる“ぼでー”になってるハズです。(たぶん^^;) 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

野菜入り

(1/14・) 最近 登場頻度が高い、ダル系のカレー。

Photo_2

ずっと見て頂いている方はご存知の通り、自分は野菜やらなんやらを入れて作る事が多いです。(こんな感じに青菜モノとかを入れても美味しいっス

毎日飽きずにいろんなカレー食ってますが、「コレ(ダルカレー)」と「ご飯」と「おかず数品」ってな食事も多いです。

ちなみに、それ「ダル・バート※」じゃん!って 速攻で突っ込んだ方は、南アジア通か結構なカレー好きでしょう・・・(※ ネパールの日常的な食事の事です)

もちろん、スパイス系のおかずに合うのは言うまでもありませんが、日本のおかずにも何の問題も無く合いますので、自分の様なスパイス中毒の日本人にはもってこいのカレーと言えるかも知れません・・・(周りにあんまり迷惑かけないので

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

デリー(DELHI)のカレーソース

(1/13・) since1955 インド・パキスタン料理の老舗 デリー(銀座・上野・六本木)のカレーソース (クリックで、自分が以前お店へ行った際の過去記事に 飛びます! 飛びます!・・=ぴょ~ん!) 

「ドライカレーペースト」と「カシミールカレー」のカレーソースは、近所のスーパーでもたまに見かけるんだけど、自分の好きな「コルマカレー」のカレーソースって、高級スーパーにしか売ってないんだよな~・・・

な~んて思ってたら、バリッとメジャーなスーパーに普通に売ってました∑(゚□゚|||)。

もちろん購入!

Photo_3この商品、「カレーソース」という点がレトルトカレーと異なるポイントですよね~!(この辺が美味しいポイントっす♪)

しかも2人分ってのがイイです(1人分でこの値段だったらビビッちゃうけど)

入れる具材は、(マニュアルも付属してるけど)やっぱお店と同じ感じのモノが1番合う気がするので、マトンorチキン+ジャガイモってのが正解なのかな~・・?

ちなみに、自分は下準備したマトンのみを入れる事が多いです。(肉は断然マトンが合うと思う)

・・で、ココからはかなり邪道なんですが、マトンを具材に完成したものを食べる際に、ちょろっと醤油をかけながら食べるのが最高だったりします!(えっ!?デリーの味になんて事するんだ!って・・

ごもっとも!m(__)m、しかし、自分好みに出来るってのが こういった商品のイイトコロ!

Photo_4 元々焼き肉のタレの様にドロリとしたコルマが、マトンを食べる最高のソースになる感じがたまらんです(コレも怒られちゃいそうだけど

ココで修行された方のお店はどこも美味しいけど、ココで修行した事を普通に公表してるお店と、自分の手柄の様に公表してるお店があるのも、ココの面白いトコです( 同じ老舗なのに、この辺がアジャンタとは違ってて面白い!)

そして、それらのお店の多くが、(今回の自分同様)自分好みにかなりアレンジを加えてるのも事実!、博多っ子の自分が少々濃いめに味付けするのも 自然な流れなのかも??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

フュージョン

(1/11・) 何にでもやっちゃう訳では無いんですけど、つい「スパイスを入れたくなる&ご飯にかけたくなる」様な料理ってのがあります。(;´д`)

Photo_2

例えば、この「チキンのトマトソース煮」の様な料理・・・

上記の理由から、ついつい100%見た目とは違う味に仕上げてしまいます。

写真じゃ分かりませんが、「小粋なイタリア風」か?、「ご飯がっつりインド風」か?と聞かれると、間違いなく後者っス

この様に、料理の基本的な部分に類似性がある場合、どちら側からもフュージョン可能なんで、イタリアンのお店に(イタリアンテイストの)本格的なカレーがあったりする事も多いですよね!

ってな訳で、自分はついついその逆をやっちゃいます。(^-^; ま、アリでしょう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

味の思い出

(1/10・) 子供の頃食べたものの記憶ってのは、時に 鮮烈に甦るものです。

中学生くらいまでは普通だった、いろんなものに対する感動や衝撃の強さ!

高校生の頃は、「あのドキドキ感」を年々感じなくっていってる事を認めるのが怖かったな~・・・

そんな事なんて忘れかけていた頃、突然衝撃が走る事って無いですか?

香り(臭い)とか味ってのは脳には特別なものらしく、そんな記憶の断片がいきなり甦ってくる瞬間!

ふと香ってきた芳香が呼び起こす、淡い恋愛のワンシーン・・・(えっ!? 苦い思い出じゃないかって?・・って 余計なお世話じゃ~い ど~ん!

昔っから変わっていない様な町の食堂で食べたラーメンが呼び起こす、家族で行ったラーメン屋さんでの1コマ・・・

コレって、日常的に感じていたらそんな衝撃がある訳ないハズなんで、今流行っているシャンプーとかの香りや ラーメンの味が、昔主流だったものから変化していってるから、思い出のスイッチとなりうるんでしょうね~・・・(確かに、今博多で全国区的人気になってる洗練されたラーメン屋さんと、昔 近所の食堂的ラーメン屋さんで食べたラーメンの味とか香りって、微妙に違いますもんね~・・・)

ただコレ、カレーではなかなか起こらないんですよね~

家庭の味だったカレールーって未だに主力商品だったりするし、それ以前のものも結構復刻してたりする・・・(よく口にするからビビッて来ない

レストランで食べた様なカレーは、いろんなメーカーから業務用として出てるんで、今ではどこでも食べれるし(遊園地とかスキー場の記憶は甦るけど・・・)。

Photo ← ま、そのてのドリームアイテムは、お店が自分の手柄の様な売り文句で出してたらムカッときますが、味は好きなんでよく食べてますけどね。(今日も食べちゃった

ちなみに 「あのドキドキ感」とは別ですが、さっき書いた様なラーメンメインの町の食堂にあるカレーは、高校の学食みたいな独特の味の場合があるので、青春時代の(飯ばっか食ってた)思い出は呼び起こせます。(!、青春時代なのに、出てくるのは食った思い出だ・・・il||li _| ̄|〇 il||li どよ~ん↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

衝撃の頂き物

(1/8・) 今日は、カレー好きな自分に 「こんなのがあったよ!」・・と知人がくれた、衝撃的な頂き物をご紹介!!(凄いよ!)

Photo_2←コレっス!

14種類のスパイスとトマトの酸味、

ふっくら 有機栽培ひよこ豆使用、

エクストラバージンオリーブオイル「ヌニュス・デ・プラド」使用、

化学調味料 無添加の、

「本場を超えたおいしさ インド風豆カレーです ゴイ~ン!( Д) ゚ ゚

今まで見たこと無いような 凄い自信です!!(自信チャンプだね

Photo_3←中身はパッケージ通りでした。

原材料を見てみると、味付けには「食塩」以外に、「酵母エキス」・「チキンブイヨン」が使用されているようです・・・(化調無添加・・・・・巧みじゃの~!)

「インド風豆カレー」なんで、「超えた本場=インド」という風に解釈して間違いないですよね。

・・って事は、「コレ(普通の豆入り日本式カレー)」は、 「本場《インドのチャナ豆カレー(チャナ・マサラetc…)》」を超えてるって言ってるのか~・・・ ( ´_ゝ`)フーン…

ちなみに、「本場を超えた シリーズ」は他にもイロイロあるみたいです。┐( ̄ヘ ̄)┌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

合わせ豆

(1/6・) コンバンハ!、ブログに付けてる「検索ワード ランキング」の1位が、ついに「いい眼鏡屋さん・・・」になった「カレーブログ」の人で~す!il||li _| ̄|〇 il||li

ダル(挽き割り豆)は、1種類だけを煮込んでもモチロン美味しいんですが、特徴の異なる数種を合わせると、とろみ+食感+旨味の相乗効果を生み出すことが出来ます!

その合わせダルに さらに具を加えると、結構手軽かつシンプルなのに、飛び込み用のプールくらい深みのあるカレーに!(今年も「分かり難いたとえ」が始まりました!

・・ま、裏技ってな訳ではなく、いろんなトコロでよくある料理なんですけどね。

Photo

そんな感じで作ったチキンカレーは、旨味たっぷりで独特の良さがあります

さらにコノテのカレーのいいトコロは、シンプルな材料かつメッチャ速攻で出来る事!!

しかも、少し前に書いたダルベースのカレー鍋もそうなんですが、ほとんど手放しに作れるのが最高ですパンパカパ~ン!

注意点は塩加減

コレは重要で、たまに残念なお店があります・・・

残念と言えば、福岡のお米「〇つくし」のCM!(今年も「無理な展開」が始まりました

偉い人のバーターなのかも知れませんが、今年の紅白を賑わせたあの子を某巨匠が抜擢した&大成功した理由を考えれば、あのっとくる歌声はどうなのかな・・・?(「めし〇くん」が活かせて無いっス)

ま、自分だけかも知れませんが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

スパイス炒め煮

(1/5・) コンバンハ!、今年の夏 「アキラ」のハリウッド版が上映されるってのを今頃知って、「甲斐」役はチュートリアルのアイツしかいないだろー!って思ったカレーの人です。(また、知ってる人は知ってるってな話だけど

たまたま見てた「深イイ話」に出てた彼を見て、アレ!? なんか「アキラ」にそっくりなキャラがいなかったっけ?・・って思い wikiってみたら、ついでに「2009年夏ハリウッドの実写版が上映予定」ってのと、「当時かなり話題になった、あの映画を見てから20年以上経ってるという月日の流れ」に驚き、思わずブログに書いてしまいました・・・(時間が経つの早すぎ!)

さ、カレーに戻りましょう。=

お正月に和風な煮物をいっぱい食べたせいか?、体がスパイスを欲している・・・

「スパイスじゃ~っ!スパイスが足らぬ~っ!!」・・と今日作ったのは、「野菜のスパイス炒め煮」とも言うべき野菜カレー(サブジ)っス。

Photo

 ジャガイモやら人参はモチロンですが、キャベツとスパイスのマッチングが何ともたまらんです!

いや~!、やっぱスパイスはやめれないな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

冒険王

(1/4・) カレーに限らず、お店に足を踏み入れた瞬間 Σ( ゜Д゜)ハッ!「ココは危険だ!」と本能的に察知してしまう・・・、多かれ少なかれ 誰もがそんな経験をした事があるのではないでしょうか・・・

・・で、不安な気持ちで席に着くと、お店の規模やスタッフ数とは確実に合わない数の料理が、自慢げにズラ~ッとメニューに載ってる(予感的中!)。

コレって結構ないですか?

ココで冒険王になるか、無難にかわすかは、性格が出ちゃうトコですよね

冒険王気分で「何でココにこんなものが!?」ってなモノを注文すると・・・、「今日あったかな~?」ってな言葉を残し、スタッフが厨房へ確認に行ってしまう事も多いでしょう

コレをこのまま注文するのは、居酒屋の店員さんがゴリ押ししてくる「本日のオススメの1品(大抵 お刺身)」よりデンジャラスな可能性が高いですよね・・

そんな中、自分の知り合いが とあるインドなお店でそんな感じのカレー(単品)を冒険心で注文した時、事件は起こりました!(もちろん店員さんが確認に行ったのは、言うまでもありません)

どのランチ&セットメニューにも「そのカレー」に近いものすら無かったので、嫌~な予感がしてたんですけど、出てきてドビックリごい~ん!

明らかに、見た目&香りに違和感が(「お祭りの後みたいな感じ」と例えておきましょう・・・((・(ェ)・;))タラリ; 

自分からすればスパイスが惨敗している程のシロモノだったにも関わらず、何と!彼は文句を言うどころか 美味しそうに完食してしまいました!!(lll゚Д゚)(我が道を行ってるね~!、男爵なら「ボンジュール!」使うトコっス←チト古いケド分かるかな?

彼こそ真の冒険王、ま・・「お肉は〇りかけが一番美味い」なんて言いますし、その後も無事そうなんで「ナイスチャレンジ」なのかも知れんです(^-^; (自分には絶対無理っスけどね)。

Photo そんな事を思い出した今日は、この先もずっと本国で定番になる事はまず無いであろう お肉の1つを使ったカレーを作成!

日本ではカレーの具材の代表格なだけあって、やっぱ美味いっス!(無理にインド風にする必要は無いんだけど、なんか時々食べたくなるとです)

お店にもよりますが、定番のオススメメニューになっていないトコロでは、味見すらしない(できない)コックさんが 「日本人向け商売用」ってな感じで作っている可能性もあるので、鶏・羊肉以外のお肉カレーは冒険好きな方にはオススメです。

ま、自分も とあるお店で「お!珍し~!」っと興奮気味に注文し、撃沈した経験があるんですけどね・・。(キーワードは、「何でココにこんなものが!?」っス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

雑煮・がめ煮・カレーライス

(1/2・) あけましておめでとうございます

本年も どうぞ宜しくお願い致します m(__)m

・・という事で このブログ、今年は2日からのスタートとなりました。

ちなみに元旦一発目の食事は、タイトルにある「雑煮・がめ煮・カレーライス」&「つまむ程度のおせち」

今年は「カレーもいいけど おせちもね!」でいこう!・・とか思ってたんですが、結局 「おせちはそこそこ メイン カレー!」に・・・

ま、昨年の「カレー炒飯」で始まる新年と比べれば、かなり正月っぽくなったのでOKでしょう。(家族もすっかり慣れてるし

そんな訳で 大して暴飲暴食していないものの、今日は胃腸を休める感じで「ダル」が食べたいな~って気分に(って既に通常モードじゃん!)。

Photo

良い!

やっぱダルは、ご飯と胃腸に染み渡るね~!

さ~っ!、ジャンボ宝くじも外れたことだし(TдT)、今年もガンガン カレー作るじょ~!(当たったらカレー豪遊の予定だった

今年も何かオモロイ事あるとい~な~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »