« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008年7月28日 (月)

とろ~りカレー

(7/28・sunちょいrain) 今日は、たまたま行ったスーパーで、意外と売っていない「とろ~りカレー クレアおばさんの家庭料理」を見つけたので、コレに決定!

Photo いや~!こりゃ~懐かしか味ですバイ!!

給食のカレーとか学食のカレーとかを思い出す味わいflair(思わずウインナーのせちゃいました!)。

めっちゃ甘めなんだけど、たまにはこういうのもアリかな~・・

Photo_2 でも、コレって大手の商品なのに なかなか売っとらんとです・・・sweat02(家族向け(甘め)と言えば「バーモント」が圧倒的なんでしょうかね・・・?)

「カレーの王子さま」と「バーモント」の中間的な感じってのも微妙なのかも知れません・・・(ターゲットがせまい感じです)

給食のカレーをお家で再現したい方には、ベースとして結構オススメな商品と言えるでしょう(たぶんcoldsweats01)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

聞きたい

(7/22・sun/cloud) 最近 鶏・牛の記事だったので、今日は豚肉で~すpig

Photo

 作ったのは、スパイシーな日本風のカレー・・・

こういうヤツって、ちょっと古めのカレー屋さんが 「インドカレー」ってネーミングしてたりする、何だかチト(ネーミングに)違和感が残るタイプだったりもします。

見た目も食べた感じも「ほぼ普通のカレー(日本式)」で、名前は「インドカレー」・・・、そう言や大手の商品も・・・・ (で、「〇〇種類のスパイスを使用」ってなウリ文句が使われていることが多いっスsweat02

大体の理由は察しがつきますが、何故「インド」なのか お店の人に聞いてみたい気も・・・gawk(超老舗「中村屋」さんの影響は、少なからずありそうですけど・・)

イカンイカン!、それではあの有名な 「海原雄山、カレー屋へ行く」(もちろん、そんな題名では無い)じゃん・・・coldsweats01(しかも20年近く昔の話だしsweat02

でも、コノテのカレーってクセになっちゃうんですよね~・・・wink(だから生き残ってるんでしょうけど)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

夏の汁

(7/20・sun) 夏だから当然とは言え、毎日暑かですばい!spasweat01

年取ったからそう感じるのだけなのかも知れませんが、なんか昔の暑さと勢いが違うような気も・・・sweat02(こんなに暑かったっけな~・・?)

ま、自分が衰えたとは考えたくないので、勝手に温暖化のせいだと納得してますけど・・・coldsweats01

ってな訳で、こんな日には 「ラッサム」というインド南部で食べられる酸っぱ辛いスープが最適かと思い、ちょろっと作ってみたとです!(今日もマニアックやな~sweat02

Photo 今回、コリアンダーの葉(香菜)が無かったので、使用していませんが、(もちろん「ラッサム」にもいろんなタイプがあるんですけど)大体こんな感じのスープにパラパラとコリアンダーの葉がトッピングしてあるの事が多いですかね~・・・

作る人によってかなり差は出ると思いますけど、一般的なものの材料として、トマト・ニンニク・タマリンド・胡椒・カレーリーフ・ヒング・あたりが入っているのが特徴だと思いますflair。(自分はインドで食べたヤツを参考に作っとります)

味的な特徴としては、酸味&辛味があってサッパリしているので、コレを食べる事によって食欲が増進するってのがイイ!

食べ方としては、これまたいろんなパターンがあるんですけど、食後にスープとして食べたり、食事の一番初めにスープとして食べたり、ミールスのカレーの1つとして他のカレーと同じ容器でプレート(葉っぱ)に乗かっていたり(他のカレー同様、ご飯とグチャグチャに混ぜて食べる)、締めのお茶漬け的にコレだけをご飯にぶっかけて食べたり、これまたイロイロ・・・(インドの料理ですから・・sweat02

自分は、まずスープとして1杯飲んでから、2杯目を他のカレー共にご飯と食べるのが好きですね~!(他のカレーと混ぜると最高!good

・・・・と、記事にはしてみたものの、「ふ~んラッサムね~・・・」ってな方や、先程挙げた材料が自宅にある方は、おそらく皆無shock  ・・・大丈夫か?このブログsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

牛(ギュウ)

(7/16・sun) 今年の夏(猛暑)は長そうですね~・・sweat01

いろんな食料品の値段が高騰している中、牛肉がビックリ価格で売ってたので、今日はビーフカレーですtaurus。(薄切り肉ですけどね・・sweat02

Photo 今回は、インド式と日本式の中間っぽい感じに作ってみました!

ジャガイモとお肉をたっぷり具だらけ状態にして、食べ応え抜群に仕上げたサラサラのカレーshine

前回みたいな濃厚なヤツもたまにはイイけど、やっぱり普段の食事はガツガツ食べれるこんなヤツがよかとです!good

いや~!ジャガイモ&牛肉ってのは、カレー味にピッタリやな~!flair(ま、何のカレーも美味いんですが・・coldsweats01

追伸: 今回、定番の具材でカレーを作っていると、先日の「鯨カレー」を思い出して、自分も挑戦してみたくなっちゃいました・・・(でも、鯨のお肉は自分には高価過ぎるとですweep

そのうち、意外な具材で美味しいカレーを作ってみたいな~・・・flair(「生月のカレー屋さん」、コメント感謝感謝です!shineお互い頑張りましょう!rock)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

今日のひねくれ

(7/14・sun/cloud) インド料理屋さんの人気メニューの1つに、「バターチキン」というものがあります。

言わずと知れた?マイルドなカレーで、「タンドリーチキン」(やチキンティッカ)を具にするのが特徴ですflair

既に味が染み込んだお肉を使用するので、コレが通常のチキンよりも美味しいと感じる方、既に半調理済みのお肉をカットして更に煮るので、ジューシーさが無くなっていると感じる方、これは人それぞれでしょう・・・

今日は、このバターチキンを「肉ありき!」(超up肉メイン)に作ってみるとこうなります的なカレーを作ってみましたshine

Photo ど~んsign03

←肉肉しいでしょコレ!、モモ肉一枚をタンドリーチキン風に調理して、それを切らずに丸丸カレーソースと合わせ、肉料理にかかっているソース風に仕上げた、これぞ肉メインのバターチキンgood!(写真は、肉の様子が分かり易い様に あえてかけていませんが、お店では仕上げにクリームやカソリメティがかけてあると思いま~すflair

いいでしょ!?、ナイフとフォークで食べるちょっと贅沢なカレー!restaurant

切ったトコロから肉汁が流れ出る感じや食感が、チキンソテー+カレーってな感じで実にイイ!!shine(エッearpaper そうでもない?)

いや~!、今日もひねくれとるな~・・・coldsweats01

・・ま、好きでカレーばっかりなんですが、たまには(スプーンだけでなく)ナイフやフォークを使っての食事も必要でしょう・・・(でもカレーsweat02)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

cafe Kom house

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ11)

以前このブログに「生月のカレー屋さん」という方からコメントを頂いて知った、長崎県の生月島にある「cafe Kom house」

何とココには鯨の肉を使ったカレーがあるという・・・

お土産用のレトルトではなく、お店の看板メニューとしてそんなカレーがあるなんて!(コレは驚きです!!)

・・・で、行ってきました生月島!(モチロン例の如く、このカレーを食べるだけの目的で・・・cardash

生月島は平戸のもう1つ向こうにある島で、平戸とは生月大橋で繋がっています。

島に着くと、すぐ「コノお店」とお隣の「あごだしラーメンのお店」(共に黒い建物なので、スグ分かります)が見えてきます!(奥側にあるのがコノお店です、お間違えの無い様に・・・)

メニューを見ると、「勇魚(鯨)カレー」・「勇魚丼」のメニューが看板メニューの様だったので、どちらも注文・・・(丼も気になるとですcoldsweats01

いや~!このカレー、鯨に合うルーをイロイロと試行錯誤されたのがヒシヒシと伝わってくる味わい(完成度)!

共に煮込んじゃうと鯨のクセが強く出てしまうので鯨肉を別に調理、その肉の旨味を包み込むような若干甘めの味わいのルー・・・、このマッチングはなかなかのものですgood。(クセが無くバランスがイイ!)

自分だときっと(クセを抑えるため)インド風のマトンカレーっぽく調理してしまうであろうこの鯨肉、それを欧風にまとめるのはなかなか難しかったと思います。

例えるなら、以前ご紹介していた同県(やっぱり大きな橋の近く)にある有名店のカレーを、もっと食べやすくした感じのルーですね~!happy01(それが丁度良い濃さになってる感じ!)

勇魚丼の方も、何でコノ値段で出せるの?(なんと共に650円でしたsign03)ってな印象&美味しさ!(コチラはお刺身っス)

今後は現在の赤身から白身へと(もっと多くの方に受け入れられる様に)チェンジを試みていくらしいので、そちらのバージョンも気になりますflair

いや~!、この(「生月のカレー屋さん」の)鯨への熱い想いには恐れ入りました。m(__)m

捕鯨に対しては、人それぞれいろんな考え方があると思いますので、自分もあえて強くオススメする事はできません・・・

しかし、鯨と共に生きてきた方々の熱い想いや伝統を強く感じることが出来て、大変勉強になった小旅行となりました。

「生月のカレー屋さん」、自分はこんな形でしか応援できませんが、これからも頑張って下さ~いpaper

追伸: 自分ならラーメン屋さんはお隣です(コチラは違います)という内容の張り紙では無く、(勇魚でなく)「鯨カレー!」・「鯨丼!」650円!!って自信を持って張り紙をしちゃうと思いますし、観光客に向けて(「のぼり」か何かで)「生月名物 鯨カレー!」って大きく広告しても良いのでは?って思いました・・・(せっかく美味しいのに勿体無いで~す!happy01)。

ё 住所とかは自分も分かりませんが、生月島に渡って100m位の所(道沿い)にある黒い建物です(手前がラーメン屋で、奥がこのお店です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

「美肌×カレー」(その3・最終回)

(7/12・cloud) いやいや~、また出ちゃいました・・・coldsweats01(ハハハ)

恥ずかしいので 今回も予告していませんでしたが、懲りない自分は また「ズームイン」のカレー特集に登場してしまいましたsweat01Photo

どうでした?「カレー+美肌」、連日コラーゲンメニューだったので お肌トゥルットゥル!shine(まじ効果アリっス)、「超upコラーゲンなんですけど~!」ってな感じです!(ま、自分には「宝の持ち腐れ」ですけどね・・coldsweats01

ブログの記事には、「美肌食材」に「カレー」を合わせた相乗効果ってな意味合いで 「美肌×カレー」という題名を付けておりましたが、いつもこのブログを読んで下さってる方々はきっと「ナンじゃこの展開!?、何でお前が美肌??」・・とお思いになられた事でしょうsweat02

・・で、今日の放送をご覧になられた方には、「美肌×カレー」の全貌(理由)が明らかになったと思いますが、ご覧になられていない方に簡単にご説明させて頂きますと、「美肌」は 今回のTV番組の企画で 東京や大阪という大都市に肩を並べるための苦肉の策だったとです・・・(まさか、番宣に来られてた「広末涼子」さんからのフリだとは思ってませんでしたが・・・ coldsweats02 ちとビビッたとです;

別段ゴージャスでもない(笑)自分が出演して、大都会で有名なブログを作成されている方々の企画に(この福岡で)挑むには変化球が必要だったとですsweat01。(何せ お店の数から違いますからcoldsweats02

さらに、今回は驚愕するほど短期間での立案~撮影のスケジュールだったので、日テレ(FBS)さんとのコラボ的なものになりましたが、「ま~無事に終わって良かったかな」・・ってな印象ですcoldsweats01 (←コレがネタばらしsweat02、今回は前回のと違って“コラボ企画”って感じでした)。

これを機会に、今後は各スパイスの効能みたいなものも記事に取り入れていこうかな~・・・(薬膳的な内容でなく、インドの家庭っぽく 「こういう時にはこんなスパイスがオススメ」ってなやんわりした感じでですけど)

こんな「謎のカレーの人」が細々とやってるマニアックなブログですが、今後とも御ひいきに。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

「美肌×カレー」(その2)

(7/10・sun) コンバンハ!カレーの人です。coldsweats01

いきなりですが、今日はウキウキ気分なんですtulip

何故?って・・・、だって今週末から発売される予定のスッゴイカレーを、お店の方のご好意でちょっぴりフライング気味に食べさせて頂ける日なんです!shine

それは 「欧風ライスカレーKen's」の新商品!、「ぷるぷるチラガー入りカレー」(パイナップルポーク使用)!!!shine

凄い!発想が凄すぎる!!flair

「パイナップルポーク」とはパイナップルを飼料に混ぜて育てた沖縄の豚らしく、そのお肉は脂肪分が少ない&旨味成分が多いという素晴らしいものらしい・・・

そのチラガー(顔の皮の部分)は、例えるなら「骨なし豚足」ってな感じの めっちゃトロトロかつ臭みが無いシロモノなんです~!!

出てきたカレーには、ミミガー(耳の軟骨)も入っていて、トロットロ&コリッコリのダブルな食感が楽しめるスッゲー仕上がり!

まじトロットロっス!(お口で溶けちゃう感じ)、こりゃ~超コラーゲンばい!!

旨味成分が溶け出しているのか?カレーも(いつも美味しいんですが)さらに美味しく感じるではありませんか!!(ウッホ~!バリうまバイ!)

・・で、コレに店内に置いてある「ナムプリ」というタイ製?の辛味調整アイテムをかければ、さらに美肌効果がア~ップ!(発汗と同時にお肌の乾燥を防ぐ皮脂膜を作り出してくれる(らしい)・・・と、店内にあった「ナムプリ」のチラシに書いてありました)Photo

←コレが「ナムプリ」(キャラは微妙sweat02

さらにさらに!、来週から発売予定のトッピング「コラーゲン(チラガーの煮こごり?)」をプラスすれば、「美肌×3」の美肌スペシャルカレーとなるでしょう・・・(コラーゲンの宝石箱や~!!shine

凄いぞ「欧風ライスカレーKen's」sign03、いつもは100%カツカレーを食べてたんだけど、これからは「チラガー+カツ」の豚祭りじゃ~い!rock pigpig

※次回いよいよ「美肌」シリーズも最終回に!(って3話だけかい!)、その時 このシリーズの全貌が明らかに!!

乞うご期待!smile

   「欧風ライスカレーKen's」

ё 福岡市博多区住吉5-1-6 (住吉公園前)

   092-473-4747  (日曜定休っス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

「美肌×カレー」(その1)

(7/9・sun) ぬううぅぅ~!暑い~!、「カレーじゃ~!カレーをもて~い!!」・・・・・sweat02、こんばんは!年中カレーのカレー馬鹿です。bleah

先日、逆転の発想として記事にしていた “暑い季節の「カレーもつ鍋」”spa(暑いからって冷たいものばかり食べてると、胃腸が弱って余計にバテちゃうんですよ!coldsweats01

汗をカキカキ食べる夏のカレー鍋!sweat01、スパイスが食欲をアップしてくれることもあり、コレが結構イイんですgood(自分だけ?)

・・で、行っちゃいました那の川の(サニーの裏にある)「菜の花」!(エッearpaper居酒屋さんに飲みに行っただけじゃないのか?って・・sweat02

違いますバイ!、早くも夏にヤラレそうな自分に、スタミナという名の鞭を入れるために行ったとです・・・coldsweats01

・・・(早速食べてる)、やっぱウメ~!、バテてきた時には変に凝りまくったカレーより、ガキンチョの頃から慣れ親しんでいる「これぞカレー!」ってな味(普通なヤツの事ですsweat02)の方が体が受け入れやすいのかも知れんとです・・・(さすが今や国民食!shine

前も同じ事書いちゃったけど、「もつ+カレー」最高!! さらに汗をカキカキ食べる夏のカレー鍋最高!!sweat01

特に女性には「コラーゲン効果+心地よい汗」がお肌にも良さそうです!(美肌効果っちゅうヤツっスねflair

・・で、ココの逸品「カレーもつ鍋専用・チーズリゾット風雑炊」shineで締めたのは言うまでもありませんgood(「チャンポン麺とは違うのだよ! チャンポン麺とは!」(笑)←分かるコレ?)

「カレー」+「もつ」+「チーズ」+「ごはん」の相性は、言うまでも無く「たまらん」に決まってますから・・・happy02

いや~!お店の方もとってもいい方々だったし、ウマかったな~!!(ご馳走様でした)

ん?earpaper、何でカレー馬鹿のお前がいきなり美肌か?って・・・(coldsweats01

・・・、それはコノ「カレー×美肌」の最終回の日になればきっと分かるでしょう(ハハハsweat02タラリ)。

  「居酒屋 菜の花」

ё 福岡市中央区那の川 2-5-12 サニーハイム平尾104(サニー那の川店のお隣)

      092-521-7087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

ポーク・ビンダルー

(7/4・sun/cloud) 今日は「ポーク・ビンダルー」という、インド西海岸にあるゴア州という所の料理を作ってみました。

ゴアは以前ポルトガルが統治していた(ポルトガル領インド)という歴史があり(その他の殆んどの地域はイギリス領インド帝国だった)、コノ地域の料理にも他の地域のものとは異なる個性的なものがあります。

その1つが「ポーク・ビンダルー」、コノ料理は辛い&酢を使用する事で有名ですが、個人的には本場のものっぽく作るより「スパイシー・ハヤシ」的な感じに仕上げた方が、日本人の舌には合っている様な気がしますflair。(あくまで酸味に対するイメージですよ!)

Photo 地理的にはインド西南部とも言える場所柄、スパイス使いもそんな感じのコノ料理・・・(北と南で分ける際は、南インドに属する)、インドで豚肉を使うこと自体珍しいのに、酢を使うのがさらに凄い!

・・ま、宗教上の関係だとか港町という土地柄だとか理由は様々なんでしょうけど・・・

少々荒くれ者感(いろんな意味で尖ってる)があるコノ料理を、先程も書いていた様に(酸味がきいたルーをご飯にかけて食べるという点から)少々「スパイシー・ハヤシ(ライス)」的なイメージで仕上げると、我々の口にも合う ご飯がススム美味しいカレーに!(あんまり尖がらせないって意味ですsweat01

少しのルーとご飯をグチャグチャ混ぜ込んで食べるのがオススメですgood

食欲が落ち込むコノ嫌~な季節も、酸味がきいててサッパリ食べれるこのカレーで食欲回復!

それにしてもココ数日暑い(ムシムシだ)な~・・・spa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »