« もう1つの難点 | トップページ | ポーク・ビンダルー »

2008年6月30日 (月)

Royal Host

カレー解析番外編「カレーをたずねて三千里」(その4)

「Royal Host」が夏のカレーフェア(26th)で今年やってる、「ARORA! MAGIC」(アロラさんのインドカレー スパイスのマジック)・・・(長!)

カレーに詳しい方なら知っている?、インド料理研究家「レヌ・アロラ」さん監修のカレーが「Royal」で食べれるとは!・・・チト驚きです!

誰??って方も多いと思いますので ご説明させて頂きますと、「レヌ・アロラ」さんとは、あの「美味しんぼ24巻」(日本でインドカレーを広めるのにかなり貢献した、バイブル的書物?)で山岡さんにインドのカレーとは何たるかを、自分の料理や共にインドのシェフを訪ねる事で解説した(今では重鎮的な)凄い人です!

「アロラ」さんはインド西部にあるボンベイ(現ムンバイ)出身で、自身が作る家庭的なインド料理や、インド各地のレストラン風な料理を紹介するべく、数多くの著書を出版されています

食べた感想から言うと、「ファミレスでこのクオリティーは凄い!」ってな印象です。(モチロン美味しい)

正直驚きました!!、どれもちゃ~んと「アロラ」さんっぽいインドカレーですし、材料の問題から完全な再現は無理だとしても、これを全国の店舗で展開しているなんて・・・(凄いぞ「Royal」!)

「チキンカレー」や「パロタ」は、マジよく出来てました(自分には 全体的に少し塩味が強めに感じましたが、かなりちゃんとしてました!)

ただ、「アロラターリ」という カレー3種(「ブナ・チキン」・「バターエビ」・「サフェタ野菜」)+「かぼちゃのサブジ」+「ライス」+「パロタ」+「カチュンバル」or「アナナス」+「ラッシー」が付いた看板メニューと、「ビリヤニ&シャクティチキンカレー」という メニューを食べれば全メニューが制覇できるんですが、この2品を注文すると(モチロン2人で分け合って食べるとしても)結構なお値段・・・

このお値段だと、本場から来たシェフが料理した同じようなメニューを、専門店で食べれちゃうので、わざわざ「Royal」で食べるかな~?・・・ってな印象も・・・・

「アロラ」さんやインド料理の知名度は上がったけれども、「Royal」の戦略としてはどうなんでしょうね?・・・(ここ数年で、インド料理屋さん溢れかえってるし

個人的な感想なんですが、このフェアのメニューを注文している割合からみて、ファミレスに行く客層にはマッチしていないのかも知れんです。(子連れ向きでもないし、マニアック過ぎないかな?)

昨年も「インド!」ってなフェアだったので(詳しい方々に誤りを指摘され、イタイ事になってましたが)、もしかすると自分の想像とは違って大人気なのかも知れないですが・・・

ま、カレー好きな方は、ファミレスがココまで来たのを実感しに行ってみて損は無いと思います

|

« もう1つの難点 | トップページ | ポーク・ビンダルー »

コメント

昨年ロイホのカレーフェア行きましたが同じ値段ならインド料理店の方が良いなと正直思いました。
今年はアロラさんなので少し期待しています。ビリヤニ食べたい!

投稿: 山口 | 2008年7月 2日 (水) 11時12分

残念ながら日本米で作られていますが、コレはコレでアリかなと…

全体的に「エア・インディア」の機内食を思い出すような感じで、レンジ等で調理する事を考えると よく出来ていると思います

冷凍・冷蔵モノ(半完成品を加熱調理するだけのもの)と専門店の料理を比べてはいけないと思いつつも、やっぱりインド料理屋さんで出来たてを食べる方がオススメですよね~…

投稿: 「まらじ」です | 2008年7月 2日 (水) 13時05分

日本米のビリヤニですか!?
それは想定外でした!
やはりインディカ米の香りでないと厳しいかな!?と思いますが、何事もチャレンジ精神で!

タイ米でも良いと思いますが、今値上がりして高くなってますね(泣)

投稿: 山口 | 2008年7月 3日 (木) 16時54分

タイ米は、(タイ側の)お国の政策で、以前の様に安価では入手できなくなっちゃいましたからね…

自分はバスマティ信者ではないですが、「ビリヤニ」は調理法から考えても インディカ米向きの料理…、日本米を使用するなら巷のインド料理屋さんみたいに「ビリヤニという名の炒飯」を作った方が正解だと思います

ただ、今回の「Royal」さんは結構頑張ってあると思いますよ!(雰囲気出てるし)


投稿: 「まらじ」です | 2008年7月 3日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Royal Host:

« もう1つの難点 | トップページ | ポーク・ビンダルー »