« 「まらじ」インドへ行く!(その9) | トップページ | 「まらじ」インドへ行く!(その11) »

2008年4月 3日 (木)

「まらじ」インドへ行く!(その10)

「まらじ」インドへ行く!(インド編10・「人生最良の日!?」)

お待たせしました、お久しぶりの第10話です!

前回やっとこさ到着した「アグラ」の町。

この町にはそう・・・、アレがあるんですshine

そう・・アレとはコレです!

Photo 「タ~ジ・マハ~ル~!(旧ドラ風で)」、コレこそインドが誇る世界遺産中の世界遺産でしょうsign03

で、想像よりも(インドの他の世界遺産と比べても)デカイ!

一目見たその感想はと言うと・・・、「凄い!凄すぎる!!、コレこそ世界遺産と呼ぶにふさわしい建造物じゃ~!!!crying

世界遺産の申請は、コレを観てから判断して欲しいものです・・・sweat02

今回はデカさを分かって欲しくて、ガイド本等が載せない様な珍しいアングルの写真にしてみましたgood

ただ、ココへ来るにはかなりの苦難が待っています・・・

コノ遺産を保護するために(急速な発展で大気汚染がすすむインドでは)約1km四方は車両の乗り入れが規制されており、結構な距離を歩いて行く事になりますrun

インドの観光地を歩くという事は・・・・、そうです!いろんなヤツラがしっつこく寄ってくるのです。shock

各種物乞い・物売り・野良猿・等々・・・、さすがインド一の観光地!公園で遊んでいると夕方頃 頭の上にブンブンと集まってくる謎の虫の様に(懐かし~)どんどん集まってきますtyphoon

当然かなりの粘着度!、無視して通り抜けるには かなりの精神力が必要です。shock

「マネー!」・「オミヤ~ゲ!」・「10ルピー!」・「T~シャ~ツ!」・「ガイドブック!」等々・・・(「金よこせ!(恵んで下さいでは無い)」 or 「これ買え!(買って下さいでは無い)」の荒波が押し寄せる!)、その壮絶な光景は今も鮮明に思い出しちゃいますsweat02(だって怖かったんだもんbearing)。

インド度(しつこさ)は 当然★★★★★(MAXインド)sign03、しかも入場する際のセキュリティーが超厳重で(現在8割以上がヒンズー教徒の国で、イスラム国家だったムガール帝国時代の建造物ですから、教徒間でイロイロと・・・・・)、持込制限なんかが凄いです!

メッセージ性のあるもの(アルファベット文字等がプリントされてるタオルなんかでも持ち込めない)なんか即没収されてましたsweat02

試しにこんな事してみたら、速攻で(四方八方から)めっちゃ怒られましたthunder(自分チャレンジャーっスからgood ・・って、なんじゃこのタオル!〔写真はクリックで拡大します〕)Photo_2

で、こんなヤツを上陸させてみたりもしました・・・

Photo_3 きっと世界で始めて「タージ・マハール」へ上陸した「お金がカエル君」だと思います。smile

いや~!、コレは世界一の建造物と言っても良いかも知れんですな~!shine

皆さんも、死ぬ前に一度見ておいて損は無いと思いますよ・・・(インド度は超高いですけどsweat02

アグラには他にもインド度★★★★の「アグラ城」なんかもあるんですが、正直ココを見ちゃうと他の観光地はどうでもよくなっちゃいますので、最後に「タージ・マハール」ってのが正解でしょうflair

そんなアグラでは☆☆☆☆☆のホテルのレストランで、「ミールス」(南インドの定食的セットメニュー)を頂きました!

今回一番楽しみにしていた、一流ホテルでの南インド料理!!

ホントは南インドに行って食べたかったんですが、正直今回のコースに南インドまで含めちゃうと法外な費用になっちゃいますから・・・crying(自分 貧乏暇無し代表だし・・・)

・・ま、ちゃんとしたホテルで食べるんで、味は大丈夫だろうと・・・(ネットで調べてから行ったんですが、英語のホームページで正直意味がさっぱり解らんかったとですけど^^;)

で、コレが大正解sun

丁寧な応対(ココはホントにあのインドなのか!?ってな素晴らしさ!)、そして何より料理が激ウマなのです!!!

Photo_4 Photo_6

Photo_7 左から「ラッサム」・「サンバル」・「各種カレー&スパイシー飯粒」(自分はベジタリアンではないので、ノンベジ用です)・・・、これらは基本的にストップの合図をするまで食べ放題と言うか、どんどん継ぎ足してくれます。

なんじゃこりゃsign03、ちょっと「美味すぎ」なんじゃないの~!!coldsweats02

我を忘れてガツガツ食ってると、日本人が(それなりに)正しい作法で食べていたのに驚いたらしく、料理長や支配人らしき人が(自分だけに)次々と挨拶に現れ、「ユー アー グレイト!」と自分でも解る英語で言ってくれたのがスッゲー嬉しかったです。(他の客もいたんで、少し恥ずかしかったですけど・・・coldsweats01

「タージ・マハール」に感動し、超ウマイカレーを思う存分食べれたこの日、カレーの人としては「人生最良の日」と言えるのかも知れません。confident

やっぱ南インド料理って本当にウマイな~♪、こんなにデンジャラスな国だけど 次は南インドを食べ歩きたいナ~・・・なんて思ってしまいました(^-^)。

ってな訳で、今回はココまで。

なかなか更新できませんけど、次回ももお楽しみに~paper

|

« 「まらじ」インドへ行く!(その9) | トップページ | 「まらじ」インドへ行く!(その11) »

コメント

初めまして!
毎回楽しみに見させてもらってます!
いや〜ついにミールスときましたね!
5月にこんな催しをやりますので興味があれば是非どうぞ!

投稿: 山口 | 2008年4月 5日 (土) 20時44分

コメントありがとうございますm(__)m

催しの事はもちろん存じ上げておりますよ!
仕事の都合で参加できそうにありませんが、グルジリ関連の方がこんなブログを見て頂いているなんて光栄でございますshine

今後とも宜しくお願い致しますhappy01

投稿: 「まらじ」です | 2008年4月 6日 (日) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141262/40756237

この記事へのトラックバック一覧です: 「まらじ」インドへ行く!(その10):

« 「まらじ」インドへ行く!(その9) | トップページ | 「まらじ」インドへ行く!(その11) »