« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の記事

2008年3月29日 (土)

「まらじ」インドへ行く!(その9)

「まらじ」インドへ行く!(インド編9・「最悪の世界遺産」)

自分の中では5話位で終わる予定だったインド編も9話目に・・・

今回は、いよいよ“インドの恐ろしさスイッチ”が入ってきますtyphoon

ジャイプールでは「綿工場」にも監禁されました・・・crying

かなり長時間の監禁&熱心な売り込み(押し売り)に耐え切れず、一番安いものをお土産用に購入sweat02sweat02(トホホ)。

「買い物=全て要値段交渉」の国なんで、たとえ買う気があっても結構疲れますsweat01

・・で、「アグラ」という町へ移動・・・busdash(5時間30分も掛かりますsweat02

そう、アグラにはアレがあるのですshine

書くのを忘れてましたが、インドでの一番の恐怖は「インド人の運転」かもsign02、基本的にクラクションは鳴らしっぱなしに近い程鳴らしまくってるしthunder、バイパスは“首都高トライアル(マニアック)”ばりにサーキット状態!coldsweats02、モチロンよくトラブル(喧嘩)が起こりますannoy

簡単に言うと 道路は無法地帯って感じですsweat02。(国ごと無法地帯って気もしますが・・)

・・で 車内で眠る事もできず、まずは世界遺産でもある「ファテープル・シークリー」と言うお城へ・・・(世界遺産らしいっス)

ココは、教科書にも載ってた「アクバル大帝」が建築したお城だったりしますflair

Photo

う~ん・・・、まあまあかな・・・coldsweats01(つまらん)

じゃ、そろそろホテルに・・・、おや・・・門が閉まってるぞ・・・・・(まだ城の中)

おや!、係員も帰っちゃった???

・・・・・、sweat02sweat02sweat02って コレってやばいんでない!?(閉じ込められちゃった・・・coldsweats02

「お~い!!」・・・「誰か~!!!」・・・、「おおおおおぉ~~~い!!」sweat01

やばい・・、このままではこんなトコで野宿だよcrying・・・

「おおおおぉぉ~~~~い!!!」sweat01sweat01

・・・・騒ぐこと5分、やっと係員がやってきて何とか脱出。coldsweats01

世界遺産なんだし 金とってるんだから、せめて客が帰るの確認して閉館して欲しいものです。(ホントにココは最悪でしたshock

精も根も尽き果て、やっとこさホテルに到着hotel

やっぱり 標準的な日本人(しかもチト胃腸が弱い)である自分は、若さ溢れるバックパッカー達が利用するタイプの超インドな宿&食堂より、安心して過ごせる(ちょっといい)ホテルが向いていますshine(・・と自分に言い聞かせる)。

・・で、この町では「〇〇の歩き方」にも載ってる様なホテル&レストランを利用、もちろんカレーを食いまくります!

・・・って、あらあら今回も長くなってきちゃったので、ついにカレーも登場せず続きは次回へ・・・(カレーブログなのに)

次回のカレーは凄いっスよ! smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

「まらじ」インドへ行く!(その8)

「まらじ」インドへ行く!(インド編8・「監禁~野良の国」)

いやいやいや~!、どんどんインド臭くなってきましたね~!smile

でも・・・、インドは まだまだこんなもんじゃないですよ!!(まじスッゴイ国なんですよsweat02

で、前回に引き続き「ジャイプール」の町なんですが、ココは「ピンクシティー」と呼ばれる程 町はピンク(正確にはレンガ色)1色!(旧市街地の建物は、ほぼこの色で統一されています)

ココには 今なおマハラジャが暮らしている 「シティ・パレス」という“お城 兼 博物館”があるんですが、正直・・・・でした。(近くにある天文台ってトコも微妙だったしsweat02

唯一Photo

←コレ(城の壁の装飾)だけはかなり気に入りましたケドね!shine(実に自分好みheart04、この絶妙な表情は クリックしてアップの画像を要チェック!good

・・で、ココの敷地内には観光会社が入っていたりするので何だか嫌な予感がしていたんですが、その後 予感は的中sagittarius

ついに!インドで現地ガイドやタクシーを利用すると もれなく付いてくると言われる、土産物屋への「監禁」を体験する事に・・・sweat02

コレは、「香港」・「韓国」等のアジア諸国を旅行する時にも もれなく付いてくる 実にアジアらしいシステムなんですが、インドのは結構濃厚です。coldsweats01

・・ま、観光名所ではどうしてもガイドが欲しくなっちゃうので コレはしょうがないですね(^^)Σ観光と押し売りはセットだしね・・・)、今回は宝石店(お城のお隣に何故!?coldsweats02)だったので、見た目に貧しさが漂っている自分は・・・

(店員):「世界でも有名なインドのスタールビー、あなたも見るねdollar

(自分):「アイム プアー!」

(店員):「ネックレスもあるよdollar

(自分):「ノーマネー!」・・・(ココで待合所のイスに座り込む)

・・・この後 相手にすらされませんでしたsweat02sweat02。(でも解放までは結構長かったんですけどね・・・)

そんな(いつもだが、どんなだ!)ジャイプールで食べたカレーは、かなり美味しいカレーでした。(^^)b

Photo 一般的なインドの(小奇麗な)定食屋さんで食べたこのカレー、インドの食堂では 通常カレー&ご飯(チャパティー等の主食)は食べ放題ですので、ガンガン食べれて実にナイス!

数種のカレーをガッツリ盛って、自分好みに混ぜ合わせて食べる・・・

う~んコレこそインドカレーっすな~catface(インドに来て良かった)。

ココでインド名物と言いますか、インドを旅した方なら全員知っていると思われるものをご紹介!

Photo_2 そう、コレがあの有名な 「野良牛」です!!

インドでは、どんな都市部でも普通に「牛」が歩いています(宗教的に聖なる動物ですので・・)、日本人旅行者には「野良牛」と呼ばれていますが、実は街中で放牧されてるらしい・・・(メチャメチャやな~^^;)

そんな牛君、ピンクシティーの街並みにも自然に溶け込んでいます・・・taurus

ちなみに、インドでは牛だけでなく いろんな動物が野良状態で生活しています。

Photo_3 ←コレは豚君ですがpig、他にも「お猿さん」・「でっかいインコ」なんかも普通にいました。(モチロンかなり街中ですsweat02

運がいいとこんなものまで・・・

Photo_5 大群です!!

物凄い大群が主要幹線道路を普通に通行しています!!

インド恐るべし。coldsweats02

で、今回はココまでっス。

次回もお楽しみに~paper

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

「まらじ」インドへ行く!(その7)

「まらじ」インドへ行く!(インド編7・「ランディー」)

お待たせしました、待望??の第7話です!

いやいや~、「メリディアン」・・・実に良かったです!!

ココのホテルだけはインドの嫌な部分を忘れられると言うか、安心して泊まれると言うか・・・

☆☆☆☆☆ホテルであろうとも、必要以上にチップをくれくれ言ってくるインド人共の中で、ココだけはやっぱり“世界のメリディアン”だった!happy02

ベルボーイにチップを渡そうとしたら、「それは受け取れません」ってなゼスチャーで逆に断ってきたのには(インドに疲れてしまっていた自分ですので)感動してしまいました。crying

Photo  ←しかも、こんなに豪華shine

ご飯も美味しかったですgoodPhoto_2。(印洋折衷の朝食もグ~!)

メリディアンを後にした自分は、朝早くから この町での目的を達成するために、ある観光地へと向かいました。=run

Photo_3 そこは「アンベール城」という山城で、スゴク高度な建築が施されており、かなり涼しく快適!(さすがマハラジャのお住まい)

険しい山々に作られたこの要塞は、一見プチ万里の長城の様な感じでもあります。

・・ま、自分はココには全然興味が湧かなかったですけどね・・・(^^;)

そう、城なんてどうでもいいんです!、ココへ来た理由は!・・・・

Photo_4 コレっすsign01、この山城は、象に乗って登れるんですsign03

「星になった少年」を観て感動しまくった自分には、ココは外せませんでしたshine

ココロの中で「ランディー!」と叫びながらいざ搭乗happy02、「おおおぉぉ!、俺 象さんに乗ってるよ~!」・・・「テツ~!weep(感動)」(映画を見た人にしか分からん話でスンマセン^^;)

・・・・、と感動していると、何やら象使いのお兄さんが訴えてきている・・・

なになに・・ (象使い)「コレは、いい象だろう」、・・・(自分)「YES・YES」

(象使い)「だからチップを倍よこせ!、100ルピーだ!」、・・・(自分)「NO・NO」

しかも、城壁によじ登って(後で売りつけるために)勝手に写真をバシバシ撮ってる輩も出現!!

そんなやりとりが“楽しい象さんタイム”を台無しにしつつゴール地点へ、実に不愉快な象使いは放置して(降りた後もしつこく「チップよこせ~!」とわめいてた)、行きたくもない城の中へ・・・

つまらん・・・、しかも物売りだらけ(もちろん 激しつこい)

インド度(しつこさ)は★★★といったトコでしょうか・・・、かなりウザイですが、ただ ココで売ってる象さんの小物は値切りまくって買っておいても良いかも知れんです。(どこもこんな調子なんで 思うように買い物ができない為、ココの(激安に値切れる)お土産は保険的に買っておいて損はないと後で気付きます^^;)

ちなみに、ターバンを巻いた蛇使いもいますsweat02

おやおや、また長編になってきちゃいました。coldsweats01

ってな訳で、どんどんインドの恐ろしさが色濃くなってきた中、今日はこの辺でpaper(また次回!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

「まらじ」インドへ行く!(その6)

「まらじ」インドへ行く!(インド編6・「☆5つです~!」)

いやいやいや~!、どうなんでしょうね このシリーズ・・・??(少しは面白いッスか?)

ま、反響はどうであれ続くんですけどね。smile

ってな訳で(?)、今回の舞台は 「ニューデリー」から「ジャイプール」という町へ変わるのです・・・(その理由は次回・・・coldsweats01

「ジャイプール」は、あの「ラージプート」の一氏族の王様が作った町です!

今なおマハラジャが暮らしている「シティ・パレス」という宮殿や、「風の宮殿」・「アンベール城」という山城が有名です。

もちろん、この町でも いろいろと食べてみました・・・

Photo_3 Photo_4 まずは、コレまたコテコテな「ターリ」(ステンレス容器に盛られた、北インドの〔定食的〕セットメニュー)から。happy01

5種類のカレーにチャパティー・ナン・ライス・デザートのセットものだったんですが、お味はマズマズといったところ・・・(左上にはやっぱり・・・beer ハハハ^^;)

ココは西洋人観光客向け的なレストラン(のような気がする)だったので、ステージでインド舞踊が披露されていました。(自分はこの雰囲気は苦手だな~sweat02

(たぶん)西洋人向けにアレンジされているインド料理なので、他のトコとは違った(独特の)味わいでした・・・(ロンドンのインド料理屋さんなんかは、こんなアレンジなのかも??)

お次はコレ!

Photo あの「メリディアン・ホテル」の「ローガン・ジョシュ」&「ロティー」ですsign03(コレも豪華なカレーですshine

これぞ本場の高級カレー!!

(日本人向けのアレンジ無しに作ってもらったので)かなり塩辛かったけど、こんなカレー 福岡ではまず食べれません。(T〇T)感動!

紫玉ネギ(生)が付属してくるのも実にイイgood、合間合間にガジガジやりながらカレーを食う!、・・・インドやな~spa

・・・で、何故インドまで来て「メリディアン・ホテル」なのか・・・?

それは個人的に「メリディアン」が大好きだからですgood(いい思い出だらけなのhappy02shine

サービスの良さ・飯のウマさ・その他もろもろ・・・、全てが自分には程よい豪華さ!(程よい背伸び感)

・・・でも ホントの理由は、「その4」で書いた、譲れない事項 ①「ケツは絶対に手で拭かない!」なんですけどね・・・coldsweats01

インドでは通常、右手で水を入れたコップを持ってケツに流し、左手で洗い流すという (衝撃的な)「手動ウォシュレット・トイレ」が一般的で、コレは 今や近代国家となりつつあるのに 国際空港のトイレでも基本!!(紙は無いし、持ち込んで使うとつまるsweat02

どこのトイレにも、コップ&蛇口があります・・・(郷に従えってか?)

・・・・・ 「いやじゃ~!ココだけは譲れ~ん!!」

ってな訳で、「選ぶなら 星5つです~!」ってマチャアキも言ってくれそうな、☆☆☆☆☆ホテルを利用!、そういうホテルなら紙・標準装備ですgood(弱な自分sweat02

でも、(正直そんなに高くないし)コレは正解でした!(詳細は後ほど書くかも?)

おやおや!、今回もついつい長編に!! ジャイプールのお話しは次回に続きま~すpaper

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

「まらじ」インドへ行く!(その5)

「まらじ」インドへ行く!(インド編5・「ニューデリー」)

・・・で、早速ですが、まずは 首都ニューデリーにあるチトいい(そこそこリッチなインド人が行くような)レストランへ・・・rvcardash

まずはコテコテのヤツ&大好きな「キングフィッシャー」をいっときましょう!!

Ind64

そう、「サモサ」です。happy01

コレは、日本のインド料理店のモノと殆んど同じですな~。

「キングフィッシャー」はインドを代表する(人気NO.1の)ビールで、例えるなら「バドワイザー」みたいなチトさっぱりとした味わいですbeer。(薄めな感じ)

この組み合わせがたまらんのですわ!(く~ッ!shine

いかんいかん・・・、本来の目的から離れていってる・・・sweat02(カレーを食べに、はるばるインドまで来たんだったcoldsweats02

で、当然の如く このお店のカレーは 「これぞ、イメージ通りの北インドの(レストランの)カレーだ!!」ってな品々でした!

Ind69_3 日本のインド料理店の典型である“クリームたっぷりのマイルドなカレー”を「ナン」と食べる!!(写真はサグ・パニール〔ホウレン草とインド式カッテージチーズのカレー〕です)

「おいおい!それでいいのかよ!」と思われるかも知れませんが、コレが日本のレストランと一番比較できますから。(^^)b

で、肝心のそのお味はと言いますと、・・・・普通っスsweat02 むしろ日本にある同様のお店の方が美味しいかな・・・coldsweats01

・・ま、日本に来ているコックさん達は、それなりの理由があって呼ばれてる人達(一流のホテルなんかで働いていたコックさんも多い)なんで、腕がいい(ハズ)ですから・・・(ハハハ ^^;)

【おまけ】: 「ホントにインドなのか!?」って思われそうなんで、ニューデリーらしい建造物 「インド門」の写真とご説明を・・・

Ind31_2  コレは第一次大戦に戦死したインド兵の慰霊碑らしく、かなりデカイですsign01

Ind39_2 で、兵隊さんもいっぱいいます

物売りもいっぱい来ますcrying(しつこ過ぎて、ゆっくり見物できませんsweat02)。

・・そう、ココは 近くで見張りながら 子供にモノを売らせてる奴等の仕事場なのです。bearing

でも、しつこさレベル(インド度)は★★(2)くらいなので、ココくらいならインド嫌いにはならないでしょう(たぶん)。

・・ってな感じで 本日はココまで、次回は別の州での食事で~すpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

「まらじ」インドへ行く!(その4)

「まらじ」インドへ行く!(インド編4・「無難なオイラ」)

いや~、やっと着きましたよインド!(既にヘトヘトbearing

え~っと今(日本時間で)何時かな?(時計を見る)

!!!って もう24:30じゃん!、なんて時間に到着する飛行機なんだ・・・

・・と、疲れてばかりもいられない、まだまだやる事は盛り沢山なのです、不安だらけの入国手続や、ボラレたり高額紙幣としか交換してくれない両替をしたり、溢れる物乞いをやり過ごし、本日のお宿へ・・・busdash

デリーという大都市だというのに道は激悪!、具合が悪くなりながら何とかホテルに到着sweat02

え~安宿でなくホテルなの!?・・・って方、ちょっと待っておくんなさい!

インド料理関係の方々から事前知識をたっぷりインプットしていた自分は、今回の旅を計画するにあたっていくつか絶対に譲れない項目が・・・

①「ケツは絶対に手で拭かない!」

②「腹を壊さず(病気にならず)帰る」

③「短い日程ながら、評判のお店で 北インド・南インド料理の両方を食べて帰る」

④「カレーを食べる旅行ながらも、“タージ・マハール”だけは絶対に見る」

⑤・・・「できれば象にも乗るsweat02」(え~ッ!)

・・・です。coldsweats01

・・という事で、この日はソコソコいいホテルに宿泊。

子供の頃 駄菓子屋に売ってた粉ジュースの様な薄~いウェルカムドリンクも、②を考えると味見程度でやめておき、今日は明日に備え早めに就寝する事に・・・sleepy

で次の朝、いよいよインドの朝食です!happy01

Ind23_2

 通常の(よくある)ホテルのバイキング朝食ながらも、ほとんどがインド式の料理!(スパイスがきいてる)

いきなりカレーリーフがきいた料理が食べれて満足満足good。(どこ出身のコックさんなんだろ??)

大変美味しゅうございました(インドに来て良かった~happy02)。

さ~!、本格的にインド料理を食べに行っちゃお~っと!run

ってな事で、長くなってきたので続きは次回!(楽しみに待っててね~!)←旧ドラえもんをイメージ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

「まらじ」インドへ行く!(その3)

「まらじ」インドへ行く!(インド編3・「地獄のエア・インディア」)

いよいよインド上陸か!?・・・と思いきや、まだまだ機内で衝撃の出来事がsign03

なんとこの飛行機、途中 香港を経由するのです。(滞在時間は1時間)sweat02

「香港空港に寄れるなんて、2度美味しいじゃん!」って思った人・・・、それは大間違いっスthunder

到着するなり香港のスタッフがやってきて殺虫スプレー?を目一杯噴霧!dash(ヒドイよ)、しかもエンジンOFF(エアコンOFF)なので熱気むんむんspa(暑すぎるよ!)

さらに、飛行機からは一歩も外に出れないまま、何と!このまま1時間も座席にいろと言うのです。coldsweats02

やることが無いので行ったトイレは、なんと詰まっていて 前の人の○○○達であふれかえってるしtoiletng、しかも香港から搭乗のインド人がぞくぞく乗ってきて大騒ぎimpact、地獄じゃ~! この空間は生き地獄じゃ~!!shock

あやうく虫の息となりかけた頃、出発のアナウンスが!(助かった~)

今度は何故だか日本人が出てくる激古のアナウンス映像も流れ無事出発airplane、しかも 間髪いれずに また機内食のようです・・・restaurantcoldsweats01

「チキンorフィッシュ?」・・「チキンorフィッシュ?」・・・どんどん近づいてきます、「肉じゃ!肉をもて~い!!」とチキン気分で準備をしていると、無言でパサッ・・・??(ん!?、パサッ??)

おや~?、何も聞かれずに魚が置かれたぞ~???

・・・そうなんです、チキンは品切れとなってしまったのです・・・sweat02

「無念だ!」と一言つぶやき、いざ開封!

Ind11_2 これが何料理なのかは分かりませんが、インド料理では無さそう・・・、魚魚魚~fishっと気を取り直して食べてみると、・・・・何コレ?タイ風??・・・(しかも美味しくないsweat02

この後またウイスキー(2杯)を飲んだのは言うまでもありません・・・

この10時間半もの空の旅(長!)、成田からの直行便を選ぶか、ビジネスクラスに乗る事をオススメしますcryinggood

さ~、次回はいよいよインド到着だ~!!(やっとかよ!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

「まらじ」インドへ行く!(その2)

「まらじ」インドへ行く!(インド編2・「恐怖のエア・インディア」)

そんなこんなで いよいよ搭乗!(いざエア・インディア機へ!)

おおおぉぉぉsign01 なんじゃこりゃsign03

中古機に無理矢理増設しまくったと思われるその席数thunder、足元は狭いなんてもんじゃありません・・・(エコノミー症候群まっしぐらだよ!)

しかも、今まで乗ったどの飛行機よりもオンボロですdash。(テーブルとか壊れてるし、臭いも独特っス・・・)

ま、「絶対に窓側の席にしてくれ!」ってお願いしていたので、お隣がインド人ってことは回避できたのを幸いとしましょう・・・coldsweats02(理由は後で分かります・・・、自分は事前知識があったもので・・・coldsweats01

窓越しに見える翼もボロボロ感が漂っていて、いよいよ緊張感溢れる離陸ですsweat02

乗客の半分は日本人だと思われるのに日本語の安全アナウンスも無く(ヒンディー語と英語だったsweat02)、付いているのかも分からない安全装備を把握することも無く、その飛行機はインドへと飛びたったのでありますairplane(ひえ~~sweat01)。

・・・、やっと機内の雰囲気にも慣れてきた頃、ついに来ましたこの時間!

そう、機内食のお時間ですshine

Ind8 当然インド的なカレーでした!

とは言うものの、コレは日本で積み込んだものなので、ヨーグルトをはじめ 思いっきり日本製でした。(当然っちゃ~当然なんですが^^;)

カレーはインド米にジャガイモ&インゲンのカレーとチキンカレーの2種盛り!、味が薄く、カレー粉で作った感じのカレーながらも、コレはコレでアリでしょうhappy01(気分が盛り上がるし)。

・・で、ドリンクタイムもあったのですが、ウイスキーを注文すると(何故だか?)2杯セットで頂けるのでチトお得なんですが、高度もあってかなり酔いますspa(かなり濃いめに割ってくれるしsweat02)。

でも、インド人達が機内でメッチャ騒いで 決して簡単には眠れないハズですのでコレは要注意ですdanger 気分悪ぃ~・・・(飲みすぎ注意!)

あれあれ!、また長くなってきちゃいましたので、今日もこの辺で・・・(オイオイ!いつになったらインドに着くんだ!?)

では次回paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

「まらじ」インドへ行く!(その1)

「まらじ」インドへ行く!(インド編1・「関空カレー」)

こんな自分ですから、「インドに行った事ありますか?」って質問には、にっこり笑って「オフコ~ス!winkgood」と言いたい・・・

結構前になるんですが、「自分の作っているカレーは、ホントにインド式のカレーなのか?」&「カレーをもっと極めるには、やはり本場のカレーを食べてこねば!」と思い、カレーを食べ(る目的だけ)にインドへ・・・airplane

(TVに出てアクセス数も伸びてることだし)この機会にインド珍道中記をご披露します!

・・ってな事で、“「まらじ」インドへ行く!”の始まり始まり~~!sweat02sweat02

で、まずはインドへ行く快適な空の翼「エア・インディア機」shineに搭乗するために関空へ・・・

到着した感想は、「でっけ~よ関空!」(どんだけ滑走できるんじゃい!)、福岡空港は飛行機が渋滞してますからね~・・・

そんな「関空」には、あの“せんば「自由軒」”(ちなみに「自由軒」は2社ある)の店舗が入っているので、この旅は「名物インデアンカレー」からのスタートっス!(どこらへんが「インデアン」なのか確かめてやろうじゃないの!)

到着後はインド三昧だし、「日本のカレーを堪能してから旅立たねば!」・・ってな気持ちで、出発ギリギリの時間を気合で駆け込み実食!

Ind4 ・・・う~ん、名物って事なんで、こんなもんかな・・・!?

ま、日本を離れる日の最後のカレーとしてはアリかも・・・(混ぜて食べる感じが「インデアン」??sweat02

何はともあれ、関空からインドへ行くカレー好きの人には、思い出作りとしてオススメです!

・・・、おやおや!

長くなってきたし、今回はこの辺で終わりにさせて頂こうかな・・coldsweats01

いや~!これは続編が気になりますね~・・・(気になって下さいm(__)m)

ってな事で、お次は次回のお楽しみ~!!!(おいおい!)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

原点に戻って

(3/5・cloudsun) 今日は、久々に自分のカレーの記事ですrestaurant

「福岡のカレーを食べつくした男」として ちょっとだけ有名になったんですが、「福岡でカレーを作りまくって(食べて)る男」ってのが正解だったりするので・・・coldsweats01(いつも それを一方的にご紹介しているブログですしねsweat02

趣味「カレー」・特技「カレー」なもんで、趣味として食べに行き、特技としてカレーを作ったり語ったりするとですspa。(単なる「カレキチ三平」(古!)ってコトっス)

Photo そんな(どんなだ!)今日のカレーは、「キャベツとトマトが入った豆カレー」sign01

「“まらじ”さんって優しいんですね(ポッheart04)」って言われてもおかしくない位に優しいカレーですgood。(おいおい!)

キャベツとトマトの組み合わせはモチロンの事、それらはカレー(スパイス)とのマッチングも抜群です!!

キャベツを使う時は、味付けもスパイスも控えめにするのがオススメgood

マイルドにまとめると美味しいカレーになりま~す。

それにしても、「カレー」ってのは自分で作ってる時がスパイスの香りを一番感じられていいもんですな~・・・

ちょっとだけメジャーになっても、やっぱこのマニアックな方向性は変えれんとです。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

感謝感謝です m(_ _)m

(3/2・sun~ちょいrain) 昨日 TV(ズームイン!! サタデー)のカレー特集で 「まらじのカレー」をご紹介して頂いたおかげで、こんなカレーばっかりのブログに随分とアクセスして頂いて 感謝感謝です。m(_ _)m

ご報告していなかったので、リンクさせて頂いている方々にも ご迷惑をおかけしているかも知れず、本当に申し訳ないです。(スミマセン)

ご依頼を受けた際の自分の希望(「謎のカレーの人」としての登場)に快く応じてくださった日テレ(FBS)関係者の方々にも感謝感謝ですshine

貧乏暇無し代表の自分ですのであんまり更新できませんが、今まで御ひいきにして頂いていた方々も、今回知って頂いた方々も、「カレー」にご興味がございましたらこれからも この「カレーばっかりのブログ」を、どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

原点回帰シリーズ3・「サールナート」(旧サルナートその2)

大分の「サールナート」(「サルナート」(vol.2))

以前 大分市内の繁華街にあった「サルナート」が豊後高田市にある「ヴィラ・フロレスタ」という自然農園&宿泊施設内に移転してやってる「超オススメ」のお店ですshineshine

※ 「(旧)サルナート」の記事(「サルナート」(vol.1))へは、コチラから飛べます!
※ 最新情報へは、下の追記のトコロからリンクさせて頂いております。

メニュー構成はかなりシンプルになっちゃってますが、農園で採れた有機野菜を使った「薬膳カレーセット」なんかもあって今のスタイルもイイ!!good

もちろん「チキン」や「キーマ」なんかも相変わらずウマイです!(マジで)

ズバリ!ココのご夫婦は自分の理想と言うか「夢」ですね!shineshine

最高の「伽哩人(かりんちゅ)」ですgood

マスターが修行したお店~以前の「サルナート」~今の「サールナート」・・・その全てのメニュー

最強でしょfuji

九州にこんな人がいるってのが嬉しい限りっス!!!crying(感激)

ホントに凄い方なんですよ!、「尊敬」以外の言葉では表現できないです。m(_ _)m

ココのカレーを知らなければ、広い範囲(いろんな地域)でカレーを食べに行く事も、自分が長年研究してきたものの熟達度を知ることも無かったかも知れません・・・

やっぱ憧れのお店だな~shineshine。(こちらのお店は閉店されました)
※ 閉店直前の記事(「サルナート」:(vol.3))へは、コチラから飛べます!!

「サールナート」

ё 大分県豊後高田市新町 989-1(ヴィラ・フロレスタ内)

【追記】: 現在は、同じく豊後高田市のご実家で、「チャイハナ・海花(KAIKA)」というお店をオープンされてます。(予約制なのでご注意を!)

豊後高田市臼野3332-1
0978-53-5754

※ 詳しい店舗情報は、「チャイハナ」さんの情報をご提供下さった「iharaja」さんのブログ、「All Nao-champ Studio」を是非ご覧下さい。(「チャイハナ」さんの記事にリンクさせて頂いております。)←コチラの記事、凄いですよ!゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »