« 将軍なしの週末 | トップページ | 正反対のカレー »

2007年2月13日 (火)

ガラムマサラ

(2/12・晴れ) 朝晩はまだ冷え込むな~・・・って、それもう春じゃん!

このまま行くと、入学式の頃にはすっかり桜が残ってない!なんて日本になってしまうのでしょうか・・・?

そんな今日は(寒くない事もあり)、久々に体を冷やすスパイスも含めたカレーを作成。

212_1 ガラムマサラなんかも効いている、北インド的チキンカレー!

スパイスの香り豊かな、いかにもインドカレーって感じがグーです。

ガラムマサラと言えば、今ではどこのスーパーにも売ってる有名なミックススパイス。

しかし商品説明が少なく、ほとんどの人が(美味しくできそうなんで)なんとな~く入れてるのが現状なのではないでしょうか・・・?

そこで、今日は「まらじ」流に解説!

ガラムマサラと言うのは、「熱い(熱した)混合スパイス」という意味らしく、(たま~にそういう小袋が付いてる商品もあるけど→)カレーを辛くする調味料では無く、香り付けに用いるものです。(昔よく言われた「辛い混合スパイス」って意味では無いらしい・・・)

※ 「作成する際、スパイスを熱するから」ってな語源?なんだろうけど、自分にとっては「カレーという名称の由来」位どうでもいいです ^^;)

カレー(スパイス料理)は、煮込んでいるうちに香りが飛んでしまいます。 その香りを補うのがガラムマサラ!(仕上げに香りを調整するミックススパイスです)

だから、ガラムマサラを選ぶ時には、香りが自分好みだという事が重要になってきます。(嫌いな香りなら、入れない方がいいですよ!)

・・で、いつも必要(入れた方が良い)かと言うと、そうではありません。

カレーが完成に近づき 最終的な味見をした時に、「香りが足りないな~」とか「もっとスパイス感が欲しいな~」と思ったら加えた方が良いですが、「バッチリじゃん!」って時には必要ナシ。

入れるタイミングと量は、「最後の仕上げにひとつまみ」って感じでOKです。(入れすぎると、粉っぽくなるし 香りも強すぎちゃいますのでホドホドに・・)

入れた後煮込んだら、また香りが飛んじゃいますので意味が無くなっちゃいます。

普通のカレーだとあんまり必要ないんですが、2日目なんかに温めなおす際には香りが戻るのでオススメです。

ぶっちゃけ日本風のカレーだと、カレー粉(但し香りのいいヤツ)で代用してもOK! 最終仕上げにひとつまみ入れると、香りが際立ちます!(※ 但し、カレー粉にはターメリックが結構入ってるので、少しにしておかないと粉っぽくなるから要注意!)

これであなたも「プチカレー通」!

                                                                         

|

« 将軍なしの週末 | トップページ | 正反対のカレー »

コメント

どもども!
ラーメンでも、いつもレトルトで使っているように
最後に入れてみました。
結果、使い方も正解だったみたいですね~ww
ありがと~ww

投稿: うぇこ | 2007年2月13日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141262/13891620

この記事へのトラックバック一覧です: ガラムマサラ:

« 将軍なしの週末 | トップページ | 正反対のカレー »