« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の記事

2007年2月28日 (水)

タンドリーチキン風チキン

(2/28・晴れ) 「Bimi Nan」で美味しいタンドリーチキンを食べたものの、後を引いちゃって(もっと食べたくなって)作成。

昨日から1日漬け込んだチキン(今回は「Bimi Nan」っぽく手羽元を使用)を、ジューシーに焼き上げる!

さすがにタンドールが自宅にある訳ないし、簡易タンドールを使うのも面倒だったので、今回はオーブンで調理。(で、「タンドリーチキン風チキン」なんですけど・・)

Photo_14

やっぱスパイスで味付けしたチキンはウメ~な~!

モチロン着色料なんかは使わないので、インド料理店のものとは色が違いますが、実際(着色力のあるスパイスを使っても)こんなもんです。

カレーでお酒ってのはちょいと厳しいですが、タンドール料理にビールなんかは最高ですね~!

ピリ辛なんで、グイグイいけちゃいます。

コレも作るより買った方が正解なメニューですので、近所に(安く)テイクアウトできるお店があれば、是非!(シークカバブやラムチョップ系のものもオススメ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

Bimi Nan (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その47)

「オリエンタルキッチン Bimi Nan」(ビミナン)、小戸(白十字病院をもっとマリノア側に行ったトコ)にある、場所もメニューも意外な感じのインド料理屋さんです。

何でこんなトコロにあるんだろう??って、期待よりも疑問の方が大きかったんですが、行ってびっくり!!

結構安めなメニュー設定で、定番のカレー・タンドール料理に加え、(店名にもあるように)タイ&中華料理等の東洋的メニューもあります。

人種不明の多国籍感あふれるスタッフの方々は、接客マナーが出来てるというか、ピシッとしています。(超好感)

元々接客業の中では、かなりアバウトな類に属するインド料理店、厨房の中からはお客がいようがいまいが、絶えず大声の私語が聞こえてくるのが当たり前っぽい風土が定着しています(お店によっては、ガラス張りのタンドールの向こう側からこっちを覗いて、お客の値踏みをしているのがハッキリ分かる)・・・。 でも、ココは全然違う!

肝心の料理ですが、これまたウマイ!

カレーは、(ミルクで のばしすぎ感はあるものの)マイルドかつサラッとしててナカナカいい感じ!(良く言えばクリーミー)、ナンは超薄のばしタイプです。

一番驚いたのはタンドール料理、タンドリーチキンもウマかったんですが、特筆すべきは「タンドリーポーク」!!、薄切りの豚肉とタンドール料理定番の味付けが実にナイスな組み合わせ!

これとライスだけで、お昼なんかは十分満足! ビールにも最適です。(しかも2人分で480円!)

また、普通サモサって言えば、 パイの様な皮に油が染み込んでて結構重い・・・、でもココのサモサは小ぶり&皮が薄く、好みのタイプでした。

きれいでサッパリした店内、値段から感えると十分すぎる接客、美味しいサイドメニュー、カレーもまずまず美味しい・・・、久々に何度か通いたいお店に出会った気がします。

セットものも、安くてボリュームたっぷりですし、ココはかなりオススメできるお店です。(車でしか行けそうにない立地ですが、駐車場もあるので是非!)

ё 福岡市西区小戸4-28-16

  092-884-2180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

チキンと豆

(2/26・晴れ) 今日は、ココナッツを効かせたチキンカレーにしてみました。

インド南部で作られる様な、ご飯で食べるタイプのカレーです。

Photo_12 ココナッツミルクと言えば、タイカレーを想像される方が多いハズ。

タイのカレーは、香りと味にちょっとクセがあって 好みが分かれるトコロですが、同じココナッツミルクを使ったカレーでも、スリランカやインド南部のカレーだと(ちょっと辛めだけど)、程よい感じで自分は好きです。

今日はもう1品、野菜と豆のサラサラカレーも作成!

Photo_13 豆だけのカレーも美味しいですが、野菜カレーのアクセントとしても豆は重要、いろんな使い方がありますが、今回は半溶かし状に仕上げました。

自分のカレーもいいんだけど、そろそろ行った事のないカレー屋さんを探して食べに行きたいな~・・・

最近欧風カレーのお店ばっかり行ってるんで、次はインド料理のお店という事だけは決めてます。(店に心当たりは無い)

行った事無いお店は数少ないけど、行ったらスグにご紹介しますんで、乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

2話目

(2/23・今日も晴れ) 今日もかなり暖かかったものの、夜になるとまだ少し肌寒い・・・

こんな日は、やっぱカレーだな~・・・(って毎日じゃん)

という事で、今日は日本っぽいカレーにしてみました。(何故??)

Photo_10 小麦粉とカレー粉でルーを作り、ジャガイモ・人参・玉ネギという定番野菜を具にしたカレー(今回肉は挽肉を使用)。

学食のおばちゃんが作ったような、これぞ正にニッポンのカレー!

普段は減油したインドの家庭風なカレーばかり作ってますが、実は「死ぬ前に何が食べたい?」って聞かれたら、迷わず「カツカレー」って答える位に普通のカレーも好きだったりします。

でも、(一から作る方なら分かると思いますが)日本のカレーを毎日食ってたら、超オーバーカロリーできっと早死にするでしょう・・・(カレーって超油料理ですからね~)

でもやっぱりウマイ! 

これ、ちょっぴり内緒の話だったんですが、胃がもたれるというのは油の酸化の問題が大きいんですよ! 何日も寝かせるようなカレーは、いくら胃腸薬と同じスパイスが入っていてももたれます。(モチロン他の材料が重過ぎる場合も多々あります)

当然胃が弱い人は、同様の理由で市販のカレールーでももたれます。

ここで意地悪な考え方をすれば、もたれるインド料理店ってのは、油やカレーベースが古い(その日の仕込みでない)事が分かります。

きっと他の料理の使い古しの油でカレーベースを作ってたり、週に何度かしか作っていない(しかも、かなり酸化する位の日数のもの)のかも知れませんね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改良型鶏肉伽哩壱式

(2/22・晴れ) ふと、新しい料理法を思いついて実践!Σ( ̄□ ̄)ビビビ

たま~に今日みたいな “カレーの神様 降臨”ってな感じでヒラメクことがあるんですが(夢の中でヒラメク場合もある!)、そんな時は夜中でも速攻で試してしまいます。(しかも、アムロの父ちゃんっぽい勢いで・・・(笑))

Photo_8 で、出来上がったのがコレ。

料理法と言っても、ちょっとダシをいじっただけなんですが、なかなかナイスアイデア!

よく食通の方や専門家の方が 「インド料理ではダシなんか使わない、味付けは塩のみ」って言ってるのを耳にしますが、それはちょっと間違っとります・・・

正しくは、「インドの家庭料理では使わない」です。

欧風カレーだと、“フォン・ド・ボー”っていう牛肉のブイヨンを煮詰めたフレンチ式のダシを使うことが多いですが、インド料理店では本場のお店でも、日本のお店でも、“鶏がらスープ”的なダシをとります。

モチロン 全てのお店が使うわけでなく、ナンで食べるようなマイルドなカレーを出しているお店が中心ですけど・・・(“美味しんぼ”のインドカレー取材ツアーの回に出た、インド宮廷料理を作るコックさんもスープストックとってたしね)

味付けも“塩”だけでなく いろいろ使います、最近では化学調味料もばっちり使っているハズです。(彼らはチャイニーズ・ソルトと呼ぶ)

せっかく張り切って作ったので、もう1品別バージョンを作成。

Photo_9 写真では違いがよく分かりませんが(ホントはもうちょっと黒っぽい)、味付け&激辛にアレンジを加えた「改良型鶏肉伽哩弐式」です!(ちょっとこの名前気に入ってたりする^^)

昨日はうたた寝こいて書けずじまい・・、普通ならそんな日のカレーはスルーなんですが、珍しく1日遅れでUP! 即ち今日は2話UP!

毎日見て下さっているコアな読者の方(いればだけど・・)、もう1話も楽しみに待っとって下さい! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

欧風ライスカレーKen’s (〇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その46)

「欧風ライスカレーKen’s」、住吉公園のトコロにある(店名にもありますが)欧風カレーのお店です。

こんなトコロに、こんなお店があったんだ!って感じのこのお店、一番ビックリなのは「文化屋カレー店」との距離!!

味は別系統なものの、同じトッピング系・カレーライスのお店がこの近さってのは珍しいかも!(あちらは男性客中心?、こちらは女性同士でも大丈夫的な雰囲気の差はデカイですけどね)

店内はセミセルフって感じですが、お冷がお茶(何茶かは不明)なトコロが嬉しい!

カレーソースは、とっても丁寧に作られているような感じです。

サッパリしているなかに ほんのりニンニクの香りがして(口臭が気になるレベルではないのでご安心を)、これがとってもグー! カツやチーズを選んでも決して重たくなく、どんどん箸(スプーン)がススムので、ちょっと多めのオーダーをしてもOKじゃないでしょうか・・?

あと、辛さ調整用の「バリ辛のたれ」がイイ感じですので、辛いのがお好きな方にもオススメ!

店内はちょっと狭めですが、テイクアウトはもちろん、移動販売もやってるみたいですので(場所は、お店に張ってある地図でご確認下さい)、欧風カレー好きは是非お試しアレ!

きっと、また行きたくなっちゃうお店です。

※公園横に並んでるタクシー等の車がめっちゃ邪魔(マジで邪魔!)で入れにくいですが、駐車場もあります。

ё 福岡市博多区住吉5-1-6

 092-473-4747

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

卵カレーと野菜カレー

(2/20・晴れ) 今日は、肉を使わない二品に決定。 

Photo_5 1つ目は卵のカレー、見た目はカレー味いり卵ですが、丁寧に作るとキーマっぽい感じになってグー!

これはご飯がガツガツいけます。

で、2つ目は野菜たっぷりのカレー、卵カレーがドライタイプなんであえて汁気タップリにしとります。

Photo_6 写真では確認しにくいですが、メインの具はオクラだったりしま~す。

オクラって汁っぽいカレーにも、ドライタイプのカレーにも合う最高の素材!

ジュルジュルな感じがたまらんとです。(^з^)ジュズズズ~~

(今日の追伸): マニアックな視点でカレー屋さんをご紹介している「カレー解析」のコーナー・・・、テコ入れの話しに繋がりますが、コレ見て食べに行った人っているのかな?(ちなみに、カレー解析に寄せられたコメントはゼロっす(T*T)>)

けっこう渋いラインナップだと思うんですが・・・、内容がちょっとマニアック過ぎるかな・・(☆無いし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

カレーブログ

(2/19・ポカポカよか天気) 「カレーブログ」、このブログを分類で分けるとすると、明らかに「カレーブログ」だと思われます・・・

しか~し!、一つ大きな違いに気がつきました(って今頃・・・・)。Σ( ̄□ ̄;)ガビ~ン

試しに「カレーブログ」って検索してみると、あるわあるわ・・・ひじょ~に多い! ・・で、いろいろと拝見させて頂き愕然!

そう・・・、ほとんどの方が「お店めぐり」的なインプレッションもの! しかも自分のカレー解析(カレー店紹介)よりもズバッと辛口に評価されとる!(☆三つです~!)

たま~にレシピ中心なブログもありますが、「日常作ったり食べたりしとるモノを一方的に紹介日記」みたいなのは自分だけじゃん・・・(見て下さってる方も結構いらっしゃるのに、いいのかこのままで!?(どうする俺?))

逆に「マニアックでいいかも知れん」とも思ったりもする、やっぱ変わり者のオイラ・・(しかも地方の福岡から・・・)

でも、今後はもっとカレー以外の事も(オラ流で)書くようにだけ小変更しま~す。。。

ちなみに今日のカレーは、残り物の豚&鶏肉(以前焼肉した残り)を使った「肉ミックスカレー」、パパっと作ったんですが 思ってたよりイケルかも!

Photo_4 常食するものと、たまに食べるものとではヘルシーさに大きな差が・・・

いつも食べるやつは、サラッとしてて体に優しいのが一番ですな~。(これと野菜モノのセットが基本です)

カレー以外・・、今は天気とドラマの事くらいだもんな~(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

やっぱウマイよ「サグ・チキン」

(2/17・雨) ホウレン草が旬の時期ですので、今日は「サグカレー」を作ってみました。

「サグ」って青菜野菜の事ですが、大抵ホウレン草の意味で使われます。

「サグカレー」も具はイロイロですが、今回はチキンカレーをベースにした「サグ・チキン」に決定!

Photo_3 う~ん、やっぱ「サグ・チキン」は美味しいな~!

でも、費用と手間が掛かるので、たまにしか作りませんけどね・・・(^^;)

モチロン、インド料理店でも結構いいお値段ですが、かなりオススメのメニューです。(ご飯・ナン 両方に合いますよ!)

お店によって質感も様々で、同じ店でも作る人によって味が違ったりする可能性がありますが、クセになること間違いなし?? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

「こりゃいかん!」

(2/26・曇り) 今日はちょっとだけ贅沢に2品作成。

味噌汁的な豆カレー&チキンカレー!

Photo_1 これは、ベーシックな家庭料理的豆カレーに、しめじを足しただけのカレーですが、スープ的な要素もあってなかなか美味しい。

チキンカレーには 定番のジャガイモ&人参も入れて、味付けにもアレンジを加えた「日本式インドカレー」!

インドと日本の中間的な感じが結構美味しかったりします。

Photo_2

・・って、今日もめっちゃマニアックやん!〔ホントはいつもマニアックだけど (°°;)〕

「こりゃいかん! もっと楽しい内容にせねば」、いつもそう思いつつ、結局ずっとこの路線のまま・・・

そのうちテコ入れしよ・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

野菜のカレー(マニアック編)

(2/15・晴れ) 昨日「サブジー」というお店の記事を書いている時に、「サブジー」(個人的に以後サブジと呼びます)が食べたくなって、今日は意地でも作る気満々!

昨日も書きましたが、サブジとは野菜or野菜のスパイス炒め煮(汁無し)の事ですので、基本的にはドライタイプ。

今日は、「パンチホロン」と呼ばれる5種類の合わせスパイスをメインに使って作成。(クミン・ブラッククミン(カロンジ)・フェンネル・フェヌグリーク・マスタードの各シード・・ってコレ!マニアックすぎかも・・)

このスパイス使いは、インド東部・ベンガル地方 独特のちょっと変わったものなんですが、これがなんとも たまらん香り!

特にジャガイモを使ったサブジにはオススメです。(いい感じに絡む)

Photo で、出来上がりはコレ。

通常「アル・ゴビ」に使う野菜+3種の野菜で彩り豊かに作成!

「パンチホロン」、チト贅沢なスパイス使いなんで(面倒くさいし)普段はなかなか使いませんが、ナイスな5種と言えます。

普通はクミンシードだけでOK! ・・でも興味がある方は、クミン+フェンネル+手に入るもので試してみて「こりゃええ!」って思ったら全て購入してお試し下さい。(挽いて粉にしてもナイス!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

サブジー(sabzi) (Θ)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その43)

「サブジー」、那珂川町にある ちょっと異色のカレー屋さんです。

名前から想像するのは、インドで“サブジー”(自分はサブジって言ってます)と言えば、野菜・野菜のおかず(スパイスを使った炒め煮)の事ですので、インドのベジタリアン食を中心とした 特殊な本格インド料理かな?・・なんて感じだったりします。

・・で、何で那珂川町でそんなマ二アックなカレー屋さんをやってるのかと、興味津々でお店へ行ってみると、カレー好きにはスグにビビっとどんなお店なのか分かります!

・・そう、店外に漂っている香りから・・・

・・で、店に入ってメニューを見ると、自分の予想以上に普通でビックリ!!

これは夜のメニューですが、「ビーフカレーセット」・「チキンカレーセット」・「シーフードカレーセット」等々・・のメニューや、トッピング等が中心の様です。

ここで普通に終わってしまうのが常ですが、ところがどっこい! 出て来てびっくり!!

スープは普通のコンソメですが(これもカップ一杯出てきます)、サラダ(特にカリフラワーの方)は、生ハムなんかも入ってて目一杯食べ応えがあります!(野菜モリモリだから「サブジー」ってこた~ないでしょうが・・・(^^;))

それにカレー&ライス、さらにドリンク、デザートがついて1200円(税込)!!

なんじゃこのお得感! 

肝心のカレーの方は、トマトベースのマイルドな欧風!?って感じかな・・?

特にチキンカレーは、近くにある某XXXXXXチェーンに途中から加わったミートソースっぽいカレーに近くて、(アレはココのXXかも?)って思っちゃう感じです。

上記の如く、コースはかなり安いと思いますので、一度行かれる価値は十分アリでしょう・・・。

ё 福岡県筑紫郡那珂川町片縄1-175

    092-954-1120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

正反対のカレー

(2/13・晴れ) 昨日は、パン系に合うような濃厚なカレーでした。

今日は一転、ご飯に合うサッパリとしたチキンカレー!

213 細かく言うと、昨日が北インド風だとしたら 今日は南インド風だったりします。

変なコダワリは無いんですが、ご飯好きなんで こういうサッパリしたカレーが大好物なオイラ・・・

自分で作っときながら、マジうめえ!

欧風・インド風・日本風(特にカツカレー!)等々・・・、日本人だからこそ味わえるカレーの数々・・・

しかも日本米は、カレーにも最高です!(銘柄は重要ですけど)

インドカレーにはインド米じゃないとダメ的な解釈の方もいらっしゃるみたいですが、実は本場の方々も日本米の方が断然ウマイと言ってたりするんですよ!(彼らが言うには、世界のいろんな米を食べたけど、米のみで食べても美味しいのは 日本米だけらしい・・・) 

ホントにインド米にしか合わないなら、インド料理店の多くがインド米を使ってるハズですしね・・・(日本米高いし)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラムマサラ

(2/12・晴れ) 朝晩はまだ冷え込むな~・・・って、それもう春じゃん!

このまま行くと、入学式の頃にはすっかり桜が残ってない!なんて日本になってしまうのでしょうか・・・?

そんな今日は(寒くない事もあり)、久々に体を冷やすスパイスも含めたカレーを作成。

212_1 ガラムマサラなんかも効いている、北インド的チキンカレー!

スパイスの香り豊かな、いかにもインドカレーって感じがグーです。

ガラムマサラと言えば、今ではどこのスーパーにも売ってる有名なミックススパイス。

しかし商品説明が少なく、ほとんどの人が(美味しくできそうなんで)なんとな~く入れてるのが現状なのではないでしょうか・・・?

そこで、今日は「まらじ」流に解説!

ガラムマサラと言うのは、「熱い(熱した)混合スパイス」という意味らしく、(たま~にそういう小袋が付いてる商品もあるけど→)カレーを辛くする調味料では無く、香り付けに用いるものです。(昔よく言われた「辛い混合スパイス」って意味では無いらしい・・・)

※ 「作成する際、スパイスを熱するから」ってな語源?なんだろうけど、自分にとっては「カレーという名称の由来」位どうでもいいです ^^;)

カレー(スパイス料理)は、煮込んでいるうちに香りが飛んでしまいます。 その香りを補うのがガラムマサラ!(仕上げに香りを調整するミックススパイスです)

だから、ガラムマサラを選ぶ時には、香りが自分好みだという事が重要になってきます。(嫌いな香りなら、入れない方がいいですよ!)

・・で、いつも必要(入れた方が良い)かと言うと、そうではありません。

カレーが完成に近づき 最終的な味見をした時に、「香りが足りないな~」とか「もっとスパイス感が欲しいな~」と思ったら加えた方が良いですが、「バッチリじゃん!」って時には必要ナシ。

入れるタイミングと量は、「最後の仕上げにひとつまみ」って感じでOKです。(入れすぎると、粉っぽくなるし 香りも強すぎちゃいますのでホドホドに・・)

入れた後煮込んだら、また香りが飛んじゃいますので意味が無くなっちゃいます。

普通のカレーだとあんまり必要ないんですが、2日目なんかに温めなおす際には香りが戻るのでオススメです。

ぶっちゃけ日本風のカレーだと、カレー粉(但し香りのいいヤツ)で代用してもOK! 最終仕上げにひとつまみ入れると、香りが際立ちます!(※ 但し、カレー粉にはターメリックが結構入ってるので、少しにしておかないと粉っぽくなるから要注意!)

これであなたも「プチカレー通」!

                                                                         

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

将軍なしの週末

(2/11・晴れ) 今日は、チャイ(インドのミルクティー)でも飲みながら、華麗な将軍鑑賞を楽しむ事に・・・

211 コロコロと粒状の茶葉・スパイス(チャイ マサラ)・ショウガ・牛乳 等を、その日の気分や体調に合わせて作る チャイorマサラチャイ。

スパイスやショウガは好みが分かれるトコロですが、慣れるとクセになります。

インド料理店には必ず置いてあるハズですので、是非「マサラチャイ」の方をお試しアレ!

・・・で、楽しみに待っていると、池は映るものの 将軍の登場機会は無し・・・(T〇T)

渋いトコロで、山本君も結構お気に入りの俳優なんですが(実は、むか~しやってたボクシング・ドラマの時からのお気に入り!、本田美奈子さんとかも 復帰作っぽく出てた)、・・でも やっぱ将軍が見たいな~・・・

俺、やっぱちょっと変わってるのかな~・・?(いやいや、このカレーブログ自体 メッチャ変わっとるやろ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

「カレー棒ラーメン」、ウルトラ簡単レシピ

(2/8・曇りのち雨) 今日は、以前 “うぇこの「食・麺・飲」”というオリジナリティーあふれるブログの作者「うぇこ」さんが、冗談の様にコメントに書かれてた、「マルタイ棒ラーメン」を使ったレシピというヤツに挑戦してみます!

ご存知の通り?、このブログには“超簡単なレシピ”しか載せませんから、今回も(いつもより余計に)、ご家族で作れるようなものにしました。

では早速、「超簡単!カレー棒ラーメン・レシピ」です。

《材料》(2人分)28_4_4

マルタイ棒ラーメン・・・1袋(もちろん2食分)

牛肉(豚肉でもOK)・・・140g(焼肉用のちょい厚めのスライス)28_3

玉ネギ・・・1/2(半分)を繊維の方向に縦スライス

ネギ・・・お好みの太さのものを、お好みの量、お好みの幅に刻んでおく

ニンニク・・・1片をみじん切りにしておく

カレー粉・・・大さじ2(汁用)+小さじ1.5〔1と1/2〕(肉用)    ※(福岡の方なら「ボンラパス」に売ってる「新宿 中村屋 インドカリー粉」がオススメ!)

クミンシード・・・1つまみ(粉ではなくシード(種)のもの)

サラダ油・・・大さじ2(炒め用)+大さじ1(ニンニク・クミン油用)

塩・コショウ・・・各少々(あれば、コショウは黒コショウの挽き立てで)

※後はお好みで、ゆで卵等のお好きな具をのせて下さい。

たったこれだけ!・・いつも通り、ナメた材料です。

《調理》

① カレー粉(小1.5)と塩・コショウ各少々(1つまみ位)を均等に混ぜ合わせ、これを牛肉にまぶして下味をつけておく。(時間がある方は、1~2時間置いておく) 28_3_2

いざ調理!という時には、材料を全て切った形で用意。

さらに、同封のラーメンスープの素を2人分のお湯(900cc)に溶かしておく。(調味油は後で使うので入れない様に!)

※ココ、最初のUP時 間違って書いてたので修正してます(スミマセン)

② 鍋を熱してからサラダ油(大2)を加え、①の牛肉をお好きな焼き具合に両面焼き(肉にもよりますが、中がちょいレアの方がオススメ)、油をきりながらすぐ取り出す。(豚肉の時はちゃんと焼いてね)  ※焦がしそうな方は、面倒ですがフライパンで焼いて、油を③の鍋に入れて下さい。

③ その鍋に玉ネギを入れ、しんなりなるまで炒める(強火で1分位かな・・)

④ 火を弱火にしてから、カレー粉(大2)を加え、油・玉ネギによくなじませる。(1分そのまま炒める)

⑤ ④を混ぜながらラーメンスープを少しずつ加え、全量が入ったところでいったん沸騰させる。 

ひと煮立ちしたら火を弱め、塩1つまみ程度で味を整える。(カレー味なので、オリジナルより少しだけ濃い味の方が美味しい)

その後は、アツアツの温度(すぐ注げる)で待機。

※次の⑥・⑦は、できれば同時進行で!

⑥ 別の鍋で麺を茹でます。(茹で方はご自由に・・・  ちなみに、自分は(博多っ子なので)1.5~2分茹でる「バリ固」or「固麺」がオススメですが・・)

⑦ 小さめのフライパンなんかに、サラダ油(大1)+調味油(棒ラーメンの中に入ってるヤツ)とニンニク(1片みじん切り)・クミンシード(ひとつまみ)を入れて中火にします。

クミンの香りがたってきたら、ギリギリ焦がす前(ニンニクはちょい焦げ)に火から下ろし⑤に加える。(必殺!ちょい焦がしニンニク・クミン油!)

※焦がしニンニクがお好きな方は、先にニンニクを入れ少し焦がし、いったん火を弱めて油の温度を下げてからクミンを入れてください。

ジューっという音とともに、いい香りがするハズ!

⑧ (ココ重要!) 麺が茹で上がる寸前にスープを器に注いでおきます。(ラーメンは、汁→麺の順で盛り付けた方が美味いです!・・たぶん)

で、茹で上がった麺を入れ、肉・ネギ・(あればその他の具)を盛り付ければ出来上がり!

28_5_3   よく混ぜ、沈んじゃってる玉ネギやニンニク&クミンも一緒に召し上がれ(^〇^)/

サクサクのニンニク&クミンを噛んだ時の香りが、カレー野郎流! 

元々化調の効いた商品なんで、ちょいと舌がピリピリしますが、それも含めて懐かしい素朴な味。

興味のある方は是非お試しアレ!(不味くても責任は持たんですが・・・)

麺については、上記の「うぇこ」さんや、「カレーつけ蕎麦」の時お世話になった「への」さん(「HENO HENO」という、福岡を中心に麺類の店をご紹介されてる すげーブログの作者さん!)には遠く及びませんので、掘り下げたい方は彼らのブログは必見ですぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

カレールーにマトン

(2/6・晴れ) マトンはクセが強いので、スパイスの弱い市販のルーにはあまり向いていない食材と言えます。

今日は、その市販のルーを使ってマトンを(違和感無く)簡単で美味しく食べれないものか、実験的に調理してみました。

臭みを取る下準備&スパイスの強化は必要、・・で コツコツ作ってると味の調整もやっぱり必要!(既に元の味と全然違う・・・(^^;)

ナカナカ美味しく仕上がりましたが、これならインド料理的に調理した方が全然楽なので、やっぱりカレールーを使うメリットは無いな~・・・

26

冷蔵庫に残ってたルーを(日頃ほとんど使わないので)何とか使い切ろうと思いついたんだけど、ルーは「カレーうどんor蕎麦」に使うべきだった~!

んで、使わない繋がりで「カレー粉」(コレも、じぇんじぇん使わない)の方を使えば良かった~!(無念)

後悔先に立たず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

びっくり!

(2/5・晴れ) このブログにも、「○○(いろんなカレー店)の○○カレーの作り方」という検索ワードでの訪問が多くてびっくり!(原因は以前あったトラックバックなんですが、このブログには「簡単レシピ」しか公開していなので、それで来られた方には申し訳ないっす・・)

「お店の料理って、簡単に再現できると思われてるんだ!」・・・と、試しに「○○ラーメン レシピ」で検索してみると、とんでもない数のレシピが出てきて、これまたビックリ!!(さらに多そうです(TдT)・・)

個人的には、レシピを知っても修行(勉強)しないと作れないと思うのですが・・・(ラーメンなら尚更のことでしょう!)

・・そんな今日は煮込んで作るヘルシーなカレー、スープっぽい仕上がり&必要最低限な油分で仕上げた、本場の田舎料理みたいなカレーです。

25 毎日食べても飽きのこない、味噌汁的なカレー。 

逆の話をすると、こんなカレーを知らないカレー屋さんもかなり多いでしょう・・・

トホホな話ですが、カレーは誰でも作れますから、やろうと思えば勉強せずにプロになれるもコレまた事実!

最近流行ったお店には、とんでもなく間違った解説(自慢)をしてる有名店もありますしね~・・・(商売のためとは言えヒドイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

今日の将軍

(2/4・晴れ) 日曜日恒例「今日の将軍」!

皆さんご覧になられましたか!?

カレー(華麗)繋がりという駄洒落を用いた「華麗ぱん」という商品をコラボ登場させたあの衝撃のドラマ!(本来、カレーの事しか書かない変なブログなんですが、自分も「華麗」繋がりという事で・・・^^;)

今日はちょろっとしか出ませんでしたが、いい感じの不自然な動きがたまらんです!(ストーリーも凄いですけど、自分はやっぱ将軍が気になる!)

撃ち殺したい気持ちはよく分かる・・・、だから是非ともその気持ちを(来週も)将軍に相談して欲しいものです。

・・で、本題の「本日のカレー」

今日は、トマトベースの酸味を効かしたこのカレー。

24 冷蔵庫にある食材だけで簡単に作ったから、具がちょっと寂しいですが、分かる人には分かるかも・・・(ま、ぶっちゃけ真似て作ったんですけど・・)

日本料理ではシンプルなものが多いエビ料理ですが、中国やインドではトマトを使ったエビ料理が多いですな~。(でもエビを食うなら、エビ天が最強かも?って思ってたりもしますけどね・・・   エビマヨも捨てがたいけど・・)

もちろんカレーにしてもエビはウマイ!

でももっと具沢山にすれば良かったな~・・っと、食べながら反省・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

今日のキーマ

(2/2・雪) 今日はキーマにしよう!

・・と思い立ったので、香り濃厚なキーマカレーを作ってみました。

22 今回は、単体としては珍しい豚ミンチを使い、セミドライ仕上げにしてみました。

今日は、これと野菜のドライタイプのカレーを食べたのですが、キーマは日本で言う「そぼろ」同様ご飯が美味しく食べれるな~・・っと実感。

どうしても、キーマでご飯を食べ、野菜カレーは箸休め的に食べてしまいます。

キーマってお店によって全然違うんですよね~!

また、東京にある美味いキーマを出すお店をハシゴしたいな~・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »