« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007年1月31日 (水)

壺(CURRY・CAFE tsubo) (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その42)

須崎公園のお隣にある「カレー・カフェ 壺」、おいしい欧風カレーが食べられるカフェです。(インド料理より普通のカレーをお探しの方には朗報!)

某情報によると、お爺ちゃんが天ぷら屋さん、お父さんがステーキ屋さん、という何とも料理人の家庭に育った姉妹がやっておられるみたいで、普通のカフェっぽい外観からは想像できないような専門店のカレーが出てきます!

何でも、ご飯はお爺ちゃん秘伝の茶飯というものらしいし、ルゥはお父さん秘伝の欧風カレーという事で、基本のビーフカレーは既に完成された味!

さらに、トッピングのトンカツやハンバーグも美味くて、欧風カレーが好きな方には是非オススメしたいお店です。(マジ美味い)

初めて行った時には、「こりゃ~よか店見つけたバイ!」って嬉しくなっちゃいましたしhappy01goodshine

ё 福岡市中央区天神5-1-107(須崎公園の横の路地沿い)

  092-751-4487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

辛~いチキンカレー

(1/30・曇り) 今日は少し寒い&しばらく食べていなかった事もあり、久々に辛いカレーを喰らいました。

130_1 暑いくらいに暖まって、しばらくはスパイスの力でホカホカが続きます。

・・と言っても激辛って訳ではないんですよ!

その料理に合わせた適度な辛さ、それが一番だと思いますので、カレー屋さんやインド料理屋さんで異常に辛いカレーを食べている方を見かけると、味と言うより刺激を楽しんでいるんだろ~な~・・って、いろんな意味で心配しちゃいます。

何でもそうですが、刺激には中毒性があります。

辛さが調整できるお店は、唐辛子系のスパイスを使って簡単に調整しているハズですから、多量に摂取すると当然アドレナリンが出てきます。(そう・・・、擬似興奮しているんです!)

激辛カレーを食べる事によって、知らず知らずに大喧嘩をしてストレスを発散したのと同様なアドレナリンが出るので、その時の意識下の快感が忘れられず、中毒のようにまた食べてしまうのかも知れません・・・

ここに落とし穴が! 

唐辛子なんかは多量に摂取してしまうと、かえって体を冷やしてしまいますし、胃が荒れちゃいます。(でも、激辛食べちゃう気持ちも良く分かる・・  慌ただしくストレスだらけのこのご時勢ですし、きっとスポーツをする暇も気力も無く、大好きなカレーで発散! でも・・チト悲しい)

じゃあ~いったいどの位の辛さがベストなんだ?と聞かれたら、素材の旨味が分かる程度辛さ、その日の体調や気候に合わせた辛さ、という答えになるのかな・・・。

毎日料理をしている方なら分かると思うんですが、その日の食材や家族の体調に合わせていろいろ変えてるでしょ?

カレー(スパイス料理)も同じなんです。(コレ重要)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

ぷちラッキー!

(1/27・曇り) なんと!お年玉年賀はがきの2等が当たってたので、昨日は久々にカレーでなく焼肉!(さすがのオイラも、焼肉用高級牛肉をカレーにはしません・・)

129 ←ちなみにコレが、今回2等の中からチョイスした「北海道産焼肉用牛肉」(400g)。

大変美味しゅうございました^^。

で、美味しかったものの、さすがに油っこかったので、翌朝はサッパリいきたい!

焼肉の残りの野菜が沢山あったので、スパイススープ仕立ての野菜煮込みにしてみました。

129_2 煮たキャベツの旨味とスパイスが体に染み渡っていくようなヘルシーな感覚に、「こりゃ朝からスパイスってのもいいな~」と、しみじみ・・・

朝食は「味噌汁とご飯やないとつまらんめ~もん!」、という博多っ子な一面も持っているオイラですが、これからは1日3食・365日カレーの可能性さえ出てきました。(日本人のDNA的に大丈夫なのかは心配ですけど・・)

今は1日2食・365日カレー(スパイス料理)の食生活をかなり長い事続けてますが、特に問題ナシ。

なにかプラスの効果があるとすれば、「風邪をひかない&酒が強くなる」ってのには気がつきましたけど、あとは良く分からないのが正直なトコロ・・・

野菜とか普通の方よりメッチャ食べてるハズだから、きっと他にもあるんだろうけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

東南アジア風

(1/26・雨のち曇り) 何だか、かなり久しぶりに東南アジアっぽいカレーが食べたくなって、ちょちょっと作ってみました。

126_1汁っぽくて(具が沈んじゃってますが)、個性的な味付けで、クセのある香りがする、でもタイのカレーとはちょっと違っている、あえて例えるならミャンマーかな!?・・ってなカレー。

ミャンマーって「ビルマの竪琴」のイメージが強く、カレーってピンとこないんですけど、インドのお隣なんで(歴史的にもいろいろあるんだけど)やっぱりカレーをご飯にかけて食べてる・・・  TVでお坊さん達が手でカレー食べてるの見た時にはちょっと驚きましたけど、仏教ってカレーの国から来たものなんですよね~。

たま~に食べたくなるカレー、次は半年後くらいかな・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

フェンネルというスパイス

(1/25・晴れ) 今日使った 「フェンネル」というスパイスは、魚料理や豚・マトン・牛なんかのクセが強い肉料理に合ったスパイスです。

125_1 胃薬にも使えるくらい効果の強い「フェンネル」、今回は豚肉のカレーに使いました。

インド料理店ではレジ横に置いてあったりしますが、それは口臭と胃がもたれるのを抑える効果があるからです。

魚のカレーに使われることが多いんですが、甘い香りで一風変わった仕上がりになりますので、いろいろ使っても面白い!

インド東部(ベンガル地方)では、パンチホロンというミックススパイスの材料の一つで、野菜のカレーにも使われます。

時間限定でUPしていたのですが、県庁のところにあった「フェンネル」が無くなってしまったのは悲しいですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

文化屋カレー店 (〓)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その41)

住吉にある「文化屋カレー店」、これぞ日本風!という感じの、オーソドックスなカレーが楽しめるお店です。

カレーソースは1種類ですが、トッピングの異なるいろいろな種類のメニューが楽しめます。(「日替わり」もあります)

カレー自体は、食堂のカレーをトマトソース(ミートソース的な味)で割った様な味わいで、普通っぽい中にもオリジナリティーが感じられ、ハマル人はハマっちゃうんじゃないかな・・・?

しかし、漫画本がいっぱい置いてあり、お客さん層も若めの男性が中心(しかも、みんな漫画読みながら食っとる!)という「金龍」的な店内は、カップルや女性客にはチト厳しいもんがあります。(片手で漫画を読みながら食べるというのはどうなんですかね・・?行儀悪すぎません??、昔こんな食い方してたらオヤジにぼてくりこかされませんでした? オイラの考え方が古いのかな・・・)

逆に、ここらへんがココ壱が幅広い層に無難に受け入れられている理由の一つなのかも知れんですね。(あそこは清潔感をウリに、定食屋やラーメン屋とのイメージ的な差別化に成功して、カレー屋と言うよりファミレス的ブランドイメージを持たせている)

とは言うものの、ココは安くて普通に美味しいから、お腹いっぱい食べたい学生さんや働き盛りには強い味方と言えるお店です。

ё 福岡市博多区住吉5-3-1

 092-451-9282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

カレー鍋

(1/23・晴れ) 今日は、ぽかぽか春っぽい天気でしたが、最近TVでちょいちょいやってる「カレー鍋」というものに挑戦してみました。

TVでは和風だしでカレーと鍋の融合的な作り方をしてたけど、それじゃ自分が作ってる簡単和風カレーの延長になっちゃうので、昨日作った鶏がらスープを使った、水炊きとカレーの融合とも言えるカレー鍋を作成。(それじゃスープカレーばい!ってご意見もあるでしょうが、インドカレーの技法と日本風カレーの技法を合わせた、完全オリジナルカレーベースで調理!)

123_1 ←で、出来上がりはこんな感じ。

いやいやいや・・・バリバリウマイじゃないですかカレー鍋!!(マジ、ちかっぱウマイ!)

カレー味が嫌いな日本人なんて皆無ですし、スパイスの力が強いので、ぶっちゃけどんな食材にも合うのは当たり前!(唐揚げにカレー粉入れるくらいですし)

これは全国のスープカレー店の明日の形なのかも知れんとです・・・

ま、ブームになったら「カレー鍋の素」が大々的に売り出され、ラーメン鍋と同じ道を歩みそうですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月22日 (月)

リッチなチキンカレー

(12/22・晴れ) 今日は、久々にリッチなカレーを作ってみました!

インドの高級レストランのメニューにあるような、ちょっと贅沢なカレー。

何の料理でもそうですが、巷のレストランだと、コスト・手間の都合上、全力で作ったベストな料理ではなく、ある程度の妥協点を見出して商品化している筈です。

例えばスープストック、通常インド料理では使用しませんが、インドのスーパーデラックスクラスのホテルのレストランだと話は別です。(カレー好きでも結構知らない人が多いんですが、自分も凄腕コックさんから習った方法でスープを取ってますし、嘘ではないっすよ!)

そんなこんなで、出来るだけ材料をケチらず手間も惜しまず作ったんですが、あまりに本場・宮廷料理風にしちゃうと日本人の自分にはかなり重いので、なるだけヘルシーに仕上げました。

122_1う~ん、我ながら良い出来!^^

たまにはリッチでマイルドなカレーもいいもんです。

で、せっかく手間を掛けたのにカレーだけに使うのも勿体無いので、毎回の事ですがやっぱりスープ自体も楽しむ事に・・

122_2 福岡の方だと「権兵衛のスープ」と言ったら分かってもらえるかも知れんですが、ちょっと作り方の方向性を変えれば、すっごいラーメンが作れるかも・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

シンプルなマトンカレー

(1/21・晴れ) 唐突ですが、ドラマ見ましたか? 今日の将軍も凄かったですね!、もう将軍なしの日曜日は考えられないくらいにハマってます。(来週も出ないかな~)

で、今日は見た目はコッテリなんだけど、食べるとクドくない(油っぽくない)マトンカレーにしてみました。

121_5 お店にある様な、ちょっと贅沢なものモチロン美味しいんですが、シンプルな味付けのマトンカレーってのも実はウマイ!

今日はトロミをつけてますが、よりシンプルなサラサラのマトンカレーをご飯にかけて、シャバシャバ食べるのもかなり美味かったりします。

でも、普段の食事で良く食べてるシャバシャバ系のカレーって、見た目は「何コレ!?」ってな貧相な感じなので、あえて写真撮ってご紹介はした事ないんですけどね・・・(少なくても1日2食はスパイス料理なので、全部載せてると大変な事になっちゃいますしね^^;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

チキンのヨーグルトカレー

(1/19・晴れ) 一味違うチキンカレーが食べたくなって、今日はヨーグルトベースで作ってみました。

と言っても、油分たっぷりのコテコテ・ヨーグルトベースではなく、サラッとしたヨーグルトソースって感じの使い方で調理。

119 ヨーグルトの程よい酸味が、チキンによく合ってグーっす!

ヨーグルト(インドではダヒと呼ばれる)は、市販品と手作りとではモチロンの事!作り方でも味が変わるので、なかなか奥が深い食材と言えるかも知れんです。

体を冷やしちゃうので、ホントは冬&夜にはあんまりオススメではなかったりもするんですけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ヒヨコ豆(チャナ豆)と野菜のカレー

(1/18・晴れ) 今回は、このブログらしく結構マニアックです。(カレーマニアの方、お待たせしました)

ヒヨコ豆のカレーと言えば、「チャナ・マサラ」という“どろっとした”カレーが有名です。

でも、豆カレー1種類だけだと途中で飽きてきちゃう・・ しかし、2種類作るのは面倒・・・

・・ちゅう事で、他の野菜も使って、なんだかイロイロ食べた気になれるカレーにしました。

118_6←「ヒヨコ豆」、名前通りホントにピヨピヨしてるので、ちょっとカワイイ。

118_2_1個人的に、この豆はとろけてるものと、ホクホクしてるものの両方が入ってる方が好みなので、少しだけ取り分けて潰してから入れます。

さらに少し汁っぽい方が好きなので、豆の煮汁も加え、とろみがあるサラサラのカレーという微妙な汁加減に調整。

ヒヨコ豆は食べ応えがあるので、ご飯やパン系の主食ものがなくても、お腹いっぱいになりますが、ちょっと重めの豆なので、それに対応したスパイス使いが必要!(普通のスーパーには売ってまへん・・)

この豆を自分好みに調理できれば、立派なスパイス野郎と言えるでしょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

華麗ぱん&カレー焼きそば

(1/15・晴れのち曇り) カレーブログとしては、これを外すわけにはいかなかった・・・

そう、今一番話題のカレー商品、ヤマザキが発売している「華麗なる一族」とのコラボ商品、その名も「華麗ぱん」!(ゴイ~~ン・・)

115_2 ドラマも(特に金のコイの出来が、しかも将軍って・・・)衝撃的でしたが、この商品も衝撃的!

かなり普通っぽいカレーパンながら、ちびっとスパイスが効いてて、ちびっと具が大きくて、実に華麗です。(汗)

トータル的には買って損のないレベルですから、話題作りに是非!

で、これが微妙に腹の足しになっちゃったので、食事は超簡単な料理で済ませました。

115 3食分158円くらいでスーパーに必ず売ってる「粉式焼きそば」をスパイシーに変化させ、「カレー焼きそば」を作成。

元が粉タレなだけに、スパイスを足しても何の違和感もありません・・・

実は結構ウマイので、皆さんもカレー粉をプラスして試してみては??(クミンシードなんかあったら最高!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

ターリの晩餐

(1/14・晴れ) 今日は、オイラの宝物である本場製の「キシティー・ターリ」に、豆カレー・チキンカレー・モモ・アチャール・お手製ヨーグルト・ご飯を盛って多国籍カレーディナーを作ってみました。

114_5 何の統一感もない組み合わせですが、一まとめにするとセットものっぽく感じるものです・・・

オイラ、自分が美味けりゃなんでもアリ派なんで、本場に忠実なんて気にした事もないですが、今回のは気になる人にはなんとも納得いかない組み合わせでしょう・・・(^о^;)

お子様ランチみたいに、好きなものだけ食べる贅沢感! これぞココ壱がいつも満員たるゆえん!・・高いけど・・ (商売上手ですな~)

自分は、南インドのミールスに「デリー」や「中村屋」のカレーがのってたら最高だと思ってるし、最後の晩餐が選べるなら絶対に「カツカレー」だとガキンチョの頃から決めてるくらいですしね。。。おまけに、カレーは好きだけど、特別あちらの国が好きな訳ではないんですよね・・(“かぶれ”ではないって事っス)

今日TVでやってた報道特集を見た方なら、ちょっと解って頂けるかな・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喫茶店風ドライカレー(パラリタイプ)」、超簡単レシピ

(1/14・晴れ) お待たせしました! やっとこさ買い物に行ってきて“オススメのカレー粉”をゲットしてまいりました。

114_3 じゃ~ん!「新宿 中村屋のインドカリー粉」です!

70g入りで315円とリーズナブル&ナイスバランスの逸品! へんなクセがないからメッチャ使い易いので、初心者の方には特にオススメです。

おそらく高級スーパーやデパートには売ってるハズです。(福岡では、ボンラパスなんかに売ってます)

で、肝心のレシピですが、今回はレシピなんてたいそうなものではありません・・・  超簡単に調理するための、材料のアドバイス的な内容だと思って下さい。

[材料](一人分)

「玉ネギ」・1/4(四分の一)をみじん切り

「鶏もも肉」・一枚の1/4(四分の一)を一口サイズに小さくカット

「ご飯(炊きたてでも、冷やご飯でもなく、あくまで普通のご飯)」・一合

「カレー粉(中村屋)」・小さじ一強(大盛で一杯)

「バター」・30gを(15g)(5g)(10g)に分けて用意(切れてるバターなら楽チン!)

「サントリー・料理天国クッキングワイン白」・大さじ1

「ダイショー・味塩こしょう」・お好みで適量

これだけです! ホントは缶詰のマッシュルーム・スライスがあった方が美味しいので、お好みで足して下さい。

[調理]

①まずフライパンをあたためてから、「バター10g」を入れフライパンになじませます。

②次に「玉ネギ」を入れ、しんなりなるまで強火で1分くらい炒めます。

③玉ネギが炒まったら、「鶏肉」を入れて色がつくまで炒めます。(焦がしそうな場合は中火に落として下さい)

④おそらくここまで2~3分くらい、ここで「カレー粉」を入れます。・・粉っぽさを消すために「バター5g」も加え、全体を混ぜ合わせてください。(焦げやすいフライパンで調理される場合は油分をプラス、超フッ素加工されてるフライパンで調理される方はマイナスして下さい)

⑤ホントはこの時点で味付けしておきたいトコロですが、塩加減の調整に慣れるまでは、ご飯を先に入れ混ぜ合わせながら、味見をしつつ「塩コショー」で味付け!(全体に一振りするぐらいが適量だと思います)

⑥きれいに混ざり合ったら、「白ワイン」を回し入れます。 少しアルコールが飛んだトコロで「バター10g」を入れ、艶と香りを出します。

⑦フライパンをあおり水分を飛ばします。 味見をして薄いと感じた時は、最後に塩を一振りして味をきめて下さい!(全体を通して強火で調理したいトコですが、途中火を弱めちゃった方も、ココでは強火に戻して下さい)

これで完成! ここからは解説で~す。

114 ←パラリ&米一粒一粒に噛みごたえと味があるハズ! 普通のご飯を使うことで味がよくなじみます。

※ご家庭では、面倒ですが一人分(一合)ずつ調理して下さい! これが一番のポイント(ココ重要)、家庭で炒飯が美味しくできない方は、大抵作りすぎが原因ですので・・・

「味塩こしょう」を使ったのは、あえて科学調味料を加えたかったからです。・・悲しい事ですが、今やチャ-ハンなんかは(インド料理屋も含め)ほとんどのお店が「塩・こしょう・グルソー(アミノ化調)」で味付けしてます。

美味しんぼの登場人物みたいに「舌がピリピリするではないか~!」と批判的に強く生きるのはあきらめて、三種がバランスよく入っているこのアイテムを使わせて頂きましょう・・・(そもそもカレールーにも入ってますしね・・)

今回の決め手は「料理天国・白」です。
これは、昔 喫茶店のベテランマスターから伝授頂いた裏技です。(糖分・酸味が抑えてあるので、変なクセが出ません)
マスターは、「コレでないとダメなんだな~!」と熱く語ってました。

お店なんかでは、さらに「ブイヨン系化調スープ」を少々加えるのですが、家庭の火力ではパラリとならないので、今回入れませんでした。

超~簡単!「アッという間にこのウマさ!」、じぇひお試し下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

鯖(サバ)カレー

(1/13・晴れのち曇り) 久々にお魚のカレーです。

今日は鯖(サバ)のカレー、鯖は生臭いのでお店ではメニューにならない素材ですが、キチンと下処理をすれば大丈夫!美味しい魚ですので味は間違いないです。

鯖カレーと言えば、その昔「コーチ」ってドラマで登場したのをきっかけに、「コーチのサバカレー」という商品が銚子の水産会社から販売されてたけど、まだ売ってるのかな??(ターバン巻いたインド人?が鯖持ってる絵の缶詰、10年以上前の話だけど・・)

113 魚カレーは骨があるとガツガツ食べれずガッカリなんで、見た目は悪いですが骨を除いて一口大にカットして調理、ちょっとフレークのようになった感じがカレーとからんで美味い!

挑戦されるなら「メカジキ」なんかがオススメ! クセが少ないし、でっかい魚なんで骨の処理も簡単で調理がしやすいです。(メカジキなら、売ってる切り身のまんまの大きさで調理OK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

これもドライカレー

(1/11・晴れ) カレー味の炒め物、これもインド人の方がやってるインド料理店のメニューには“○○のドライカレー”って書いてありますので、きっとドライカレーと呼んでもOKなんでしょう。

ご依頼頂いている喫茶店風ドライカレーの方は、自宅に市販のカレー粉がないので延期中・・・(スパイスは置き場がないくらいあっても、カレー粉ってたまにしか使わないもんでスミマセン・・・^^;)、せっかくだからオススメのカレー粉をご紹介したいと思ってますので、次の買い出しまで しばしお待ちを!(安くていいのがあるんスよ!)

で、今日のカレーはこんなんです。

111 前から言ってますが、このテのカレーはメッチャご飯に合います。

インド料理店で、セットやら頼まず「単品のドライカレーに白飯!」、“かっちょいい”じゃないですか! 他のお客さんが、ナン&カレーのランチをサクサクと食べてる隣で飯をガツガツ喰らう!

そしてドリンクなんか頼まず、その予算を“おかわり飯”に・・・(でも単品のカレーは値段が高いんだよな~)、飯の後はきっとお水が美味しいハズです。

辛さは、その料理の本来の辛さが一番だと思いますので、お店の人にそのメニューのオススメの辛さを聞いてみましょう。(ここで超辛口を勧めるお店は要注意ですよ!)

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

今日はスープです

(1/9・曇り) もちろんカレーは食べてるんですけども、今日はサイドメニューのスープです。

19 当然ですが、インドでもスープは食べます。

トマトスープだったり、マトンのスープだったり・・・

ご近所のインド料理店なんかにも、おそらくメニューにあったりすると思います。(そう言えば、今年の某スパイス商社のカレンダーにもレシピが載ってたな!)

カレーの名称がついているメニューとの一番の違いは「スパイスの量と使い方」、今回は油・化調を使用せず、野菜たっぷりのヘルシースープにしてみました。

日本では、カレーはトロっとしているものだという先入観があるから、「スープカレー」という名称が誕生したんだと思います。

老舗洋食店のカレーなんかだって、スッゲー凝ったブイヨンスープを使って旨味を出している訳ですから、作ろうと思えばかなり贅沢なスープカレーが作れるハズ・・・

でもそんな洋食店には、“めっちゃ美味しいスープ”と“めっちゃ美味しいカレーライス”の二つともがメニューにある訳で、スープをカレー味にする必要はなかったのでしょう。

本場・南アジアでも、サラサラのカレーを食べてる地域の方がかなり広い訳で、スープカレーというのは、発明でなく(ネーミングの)発想力が生み出したヒット商品!

凄いぞ日本人の応用力!

でも、豚骨ラーメン・うどん・水炊き・モツ鍋・等々の「汁物の聖地」的土地柄であるココ福岡では、汁ライバルが多すぎたのか??あんまりお店が増えなかったですね・・・(チェーン的なスープカレー店がバリバリ増えるかと思っとったら、インド料理屋が増殖しまくっとる!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

勘違いカレー

(1/7・曇り) 今日は、先日リクエストを頂いていた「ドライカレー」を試作。

ところが、調理している時に重大な勘違いが発覚!<(゜д゜)>oh!no~

「パラリとしたピラフタイプのドライカレー」をリクエスト頂いていたのに、うっかり「パラリ」のトコロを忘れて「濃厚な関西風ドライカレー」を作ろうとしていたのです!(ガ~ン・・)

時既に遅し・・・、戻れないトコまで作っちゃってたので、そのまま完成。

17 ←コレがそのカレー、生卵をのせれば正に関西風!

リクエストにお応えするには、インド料理店にある「ビリヤ二(インド米炊き込みご飯)」や「プラオ(インド版ピラフ)」みたいな、カレー炒飯的ドライカレーを、C&BやS&Bなんかのカレー粉を使用して調理すべきだったのに、スーパーで「2段熟カレー」が激安だったので、またこれで作っちゃお!と、関西風ドライカレーをイメージして作り出したのが勘違いの始まりでした。

・・と言う事で、レシピ作りは後日に延期することにして、このドライカレーを食した次第ですが、結構イケてたので、コレもそのうちご紹介するやも知れんとです。

(matucyanさん申し訳ないでござる、もうちょっとお待ち下されm(__)m)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

インド北部式マトンカレー

(1/6・雨のち曇り) 寒い! いきなり寒くなった今日は、ちょっとホットな肉料理が食べたい!

・・と言う事で、本格インド料理店式マトンカレーを作ってみました。

16 ラム肉ではなく、安~いマトンを使用(贅沢は敵ですから・・・トホホ)。

しかしマトンと言うのは、このクセも含めてたまらん美味さですな~!

素材がカレーに合ってるんで、マトンカレーがハズレなお店ってあんまりないですしね。

話は変わりますが、ありがたいことに最近カレーについての質問やリクエストを頂くようになってきました。(^-^)/・・(ありがとうございます)

簡単なものに限っちゃいますが、できる限りお応えしたいと思っとりますので、これから登場するレシピにも乞うご期待!

※「あそこのお店のレシピを教えて欲しい」なんてのはダメっすよ! あくまで、スーパーに売ってる食材やスパイスで作れるもの限定ということで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

僕とカレーの生きる道

(1/2・雨のち曇り) “本日のカレー”のコーナーの、2007年版タイトルを何にするか悩んでいたんですが、「僕とカレーの生きる道」に決定! めっちゃパクリですが、なんか気に入ったのでコレにします。(なんじゃそら)

ま、今年は何か新しいことを始めたいので、ホントはちょっと深い意味だったりもするんですが、それはゆくゆくのお楽しみという事で・・・

話し変わって、本年2番目に作ったカレーは、シンプルな野菜と豆のカレー。

12 正月っていろんなトコでいろんなもん食べるから、胃に優しくて何だかホッとできるものが食べたくなって、パパっと簡単に作っちゃったカレーなんですが、「やっぱ野菜にはカレーだよ!」と一人ココロの中で納得。

今年の正月はまだカレーのCM見てないけど、今時はおせち食べない日本人だらけなんで、特にCMの必要ないのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

おせちは無くてもカレーはネ!

(1/1・曇りのち雨) 明けまして おめでとうございます

カレーばっかりのブログですが、本年も宜しくお願い致します。

で、一発目のカレーはやっぱりコレ!

11_1 「南インド風チキンカレ~!」

一年のしょっぱなから、雑煮と共に刺激的なカレーを食べるという、何とも自分らしい「カレーはじめ」!

しかし、さすがのオイラも縁起物は食べといた方がいいと思います・・・(^^;)

今年は、もうちょいオモロクしようと思っとりますんで、乞うご期待!(マイナー路線は変えませんけど・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »