« 鴨カレーの巻 | トップページ | 黒褐色のカレーの巻 »

2006年11月28日 (火)

☆SUJATAの南インド料理編

福岡カレー解析(その24)でご紹介した、「スジャータ(SUJATA)」の続編です。

待望の刺激的なお店が登場!

・・と言っても、既にご紹介しているお店なんですが、「スラージ」系の2店舗「スジャータ」・「シャクティ」が、ちょっと前に南インド料理の軽食(ティファン)を始めたらしく、こりゃ楽しみ!ってな感じで行ってみました^^

どうもタミル・ナドゥ州出身のコックさんが1人来ているらしく、火・水・木は「シャクティ」、金・土・日は「スジャータ」で提供しているみたいです。

数種類あるメニューの中から、「ドーサ(チキン炒めがセットの方)」をチョイス。

ドーサとは、朝食等で食べられる南インド風クレープの事で、種類はいろいろあるらしいですが、ココのはプレーンなヤツでした。

本場のごとく、タレとして「サンバル」(野菜と豆のベーシックなカレー)と「ココナッツ・チャツネ」(南インドではチャトニと呼ばれる、よりタレ的なもの)がついてきます。

さらに「チキン」の炒め物(ポテトのもあります)とドリンクがついていて、見た目よりも結構満足な量がありました。 「チキン」は一見カットしたチキンティッカを野菜と炒めてるだけの様ですが、ちゃーんとカレーリーフ等が効いた、南インド的調理がなされてましたよ!(これがウマイ!)

う~ん、こりゃウマイ!

ここ福岡では、自分で作る以外に食べる機会がなかったので、満足満足!

食べ方の説明は無かったですが、それぞれを好きなように手で混ぜ合わせてから、それをはさんで食べるのが本場流・・・  とは言うものの、ここは日本ですし、我々が右手一本で食べるのは難しいですから、スプーンで混ぜ合わせて、「はさんだり・つけたり」して食べればOKでしょう。(オイラ、本場の作法とかを無理に押し付けるトコ(人)って嫌いなんすよね~^^;)

貴重な経験ができると思いますので、是非試して欲しい一品です。

追伸: コレ、コックさんが国に帰っちゃったみたいで、残念ながら終了してるみたいです・・・(ガックシ ‐‐;)

|

« 鴨カレーの巻 | トップページ | 黒褐色のカレーの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆SUJATAの南インド料理編:

« 鴨カレーの巻 | トップページ | 黒褐色のカレーの巻 »