« カレー暴君の巻 | トップページ | JANJAN (〓) »

2006年11月19日 (日)

「カレーつけ蕎麦」簡単レシピの巻

(11/19・雨のち曇り) 麺の鉄人「への」さん(ありがたやLINKにある、「HENO HENO」参照)にコメントを頂いてから、どうにもこうにもカレーつけ蕎麦が食べたくなって、早速作ってみました!

で、今回はレシピ付きです(「への」さん、簡単なヤツでごめんなさい)

まず、材料から・・・

1119_2麺は、スーパーで115円だった(安!)生麺タイプ(2食用)を使用しました。

これを袋通りにゆでて準備しておきます1119_10

具のほうは、白ネギ・玉ネギ・豚バラ肉に・・・

1119_7 ネギは、2分の1~1本をこんな感じにカット(青い部分も必ず入れて下さいね)。

1119_8 玉ネギは、1個を半分は縦スライス(繊維と同じ方向)、半分を横スライス(繊維を断ち切る方向)にして、分けておきます。 ※ココ重要

1119_5 蕎麦屋さんでは、鶏肉(カモ)が入っている事が多いですが、個人的には豚ばら肉がオススメ! パックで売ってる長さを半分にカット(長い方が絶対ウマイ)して80~100g位使用。

1119_3_1 もちろん面倒なので、ルーをスパイスから作れなんて言いませんよ!

和風カレーを作るなら、「2段熟カレー」・「こくまろスペシャル」の2種類がオススメですが、今回は「2段熟カレー」を使用しました。

1119_9 コレ(1箱の半分を使用)を、箱に書いてある半分の場合の推奨である650mlのお湯に溶かしておきます。(そのままでは溶けにくいですが、ルーを細かく切ってから混ぜれば大丈夫)

で、後は作りながらご案内・・・

1119_11 鍋(20cm位が作りやすい)を中火にかけ、油(大さじ1)と「クミンシード」ひとつまみ(なければ省略)をいれます。

「クミンシード」の周りに泡が出てきたら(香りがたってくる)、このタイミングで玉ネギの横切り(繊維を断ち切った方)を加え、火力を調整しながら茶色(飴色になんてしなくてOK)になるまで2~3分位炒めます。 ※ 横切りなのがポイント!ココ重要!(理由は炒めれば分かりますよ ^^)

次にお肉を加えて炒めます。(この時は中火がいいです)

お肉に色がついたら、残り半分(縦カット)の玉ネギを加え、軽く炒めます(全体に油がからむ位でOK)。

そこにお湯で溶かしたカレールーを加え、火を強め いったん沸騰させてから味見! 現状の濃さを確認してから、和風の味付けをしていきます。

つけ麺ですので、ノーマルなカレーより若干濃いめに仕上げる為に、白だしで味付けします。(ここは、「めんつゆ」とか お好きな調味料で味を調整してもらって大丈夫ですよ)

1119_12

メーカーによって濃さが違いますので、大さじ1~2を限度に自分好みに調整して下さい。(入れすぎ注意!)

決めてはやっぱりダシの風味! ここでも「ほんだし」(いりこダシじゃなくて、かつおダシの方)で簡単に済ましちゃいます・・・(小さじ1位がオススメ)

1119_13 ※ このタイミングで入れるとダシの風味が際立ちますよ!

これでほぼ完成なんですが、ちょっとマニアックな技がないとただのダシカレーで終わっちゃいますので、ワンポイント!

1119_15 小さめのフライパンなんかに、大さじ2杯の油(ネギを多めに入れる際は油も多めに調整)・クミンシードひとつまみをいれ、最初にやった要領で香りを出します。

今回は少し香りがしてきたら白ネギを加え、片方に傾けて揚げるように炒めてクミン・ネギ油を作ります。(焦がしネギ油がお好きな方は、ネギとクミンの入れる順番を変えてクミンは焦がさない様にすればOK!) ※ ネギの量に合わせ、きちんとネギ油ができる油量が必要です。

油に香りが移ったところで、そのまま油ごと一気にカレーの鍋に加えて完成! ジューっという音と香りがたまらんです!(これはインド料理のテンパリング《タルカ》という技法を応用したものです)

1119_16 白だしの量さえ注意すれば簡単だと思いますので、是非試してみてくださいね!(この量で3杯分くらいです)

←完成品

※ これじゃトロミが足らん!って方は、蕎麦屋さんみたいに「水溶き片栗粉」をお好みの量加えればOK! さらに、隠し味的に「みりん」を加えるのもアリですが、簡単に作れるのが一番だと思いますので、この辺はお好みで調整下さ~い。(^^)b

補足(11/24)・・「への」さんのブログにコメントさせて頂いた、「だし汁(濃いめ)700ml」:〔(水800ml・削り節15g・昆布8cm角)を沸騰→弱火にして15分→濡れ布巾でこす〕+醤油・砂糖・みりん・酒で調理すると、よりお店っぽくなりますよ!(マニア向けですけど・・・)

ちなみにもっとオススメ?なのはコレです!

1119_18 どん兵衛+このカレーの、カレー南蛮風カップ!

スープの粉を半分弱+お湯を麺の上の所まで入れ、残りのスペースにカレーを入れた位で作ると、いい感じのカレー蕎麦に仕上がります!

メッチャ長編になっちゃたので、そろそろ失礼いたしやす・・・

つづく

|

« カレー暴君の巻 | トップページ | JANJAN (〓) »

コメント

おお、早々のご伝授、感謝感激デス!
来週の休みにでも是非トライさせていただきます。
どんなカレーつけ蕎麦に仕上がるのか……?
うしゃしゃぁ~、楽しみ楽しみ。

投稿: への | 2006年11月20日 (月) 00時52分

はじめまして
サイトを拝見し、カレーつけ蕎麦
おいしそう~ヽ(´ー`)ノ
そこで教えていただけたらありがたく
コメントさせていただきます。
大晦日にお蕎麦屋さんの和風だしの効いた
カレー南蛮を作りたいのです。
つけ蕎麦ではなく、熱々の出汁の
つゆだくのカレー南蛮です。
いろいろなサイトを見てますが
今イチぴんときません。
レシピのアドバイスいただけたら幸いですm(__)m

投稿: 抹茶 | 2006年12月26日 (火) 00時17分

抹茶さん、コメントありがとうございます。

このレシピは、水の量と味付けを調整すれば、そのまま「カレー南蛮」(蕎麦・うどん)に使えますよ!

元々1つ上にコメントして頂いている“麺の達人「への」さん”のご依頼で作成したレシピなんですけど、「への」さんはこのレシピを改良して、カレーうどんなんかも作られてます。(「への」さんのブログへは、ありがたやLINKの「HENO HENO」の所から入れます)

「どん兵衛」のトコに書いている様に、そのまま市販のつゆと割ってもいいし、「補足」のトコに書いてる「2番だし」を水分に使い(削り節を沸騰後に入れ1分位で取り出すと、さらに上品な仕上がりになります)、+醤油・砂糖・みりん・酒・なんかで味付けする事で、よりお店っぽくなります。(「への」さんは、麺つゆを使われてます)

※「2段熟カレー」+「和風だし」+「和風の味付け」=「簡単和風カレー」の公式で調理すれば、ほぼ失敗しないと思いますよ!(お好きな味付けでチャレンジ下さ~い)(^-^)/

投稿: 「まらじ」です | 2006年12月26日 (火) 09時56分

早速の丁寧なレスありがとうございます♪
理解しました。
ど素人なので、なんとか練習して
大晦日には、家族にどうだ( ̄^ ̄)と
エバれるカレー南蛮を作りたいと思います。
ありがとう~

投稿: 抹茶 | 2006年12月26日 (火) 17時44分

あけましておめでとうございます
大成功でした~
とてもおいしかったです
ありがとうございますヽ(´ー`)ノ

投稿: 抹茶 | 2007年1月 1日 (月) 06時47分

明けましておめでとうございます
それは良かったです!(実は気に入ってもらえるか少し心配でした^^;)

投稿: 「まらじ」です | 2007年1月 1日 (月) 22時26分

感謝です♪ ありがとうございます(^-^)/

投稿: 抹茶 | 2007年1月 3日 (水) 03時05分

こんばんは
ここを知ってしまったお蔭で
カレーが頭を離れません。
図に乗って、教えてください。
ドライカレーの作り方♪
昔、喫茶店で食べたパラリとした
ドライカレーを作ってみたいのです。
アドバイスいただけたらうれしいです。
図々しくすいませんm(__)m
もうすでに記事がありましたらURLを教えていただけますか? 

投稿: matucyan | 2007年1月 5日 (金) 21時14分

matucyanさん、コメントありがとうございます。

しばし悩んでみたのですが、昔の喫茶店にあったパラリとしたドライカレーって、挽肉がそぼろ状になったキーマカレー的なタイプなのでしょうか? それとも、冷凍食品にあるようなカレーピラフ的なタイプなのでしょうか? お恥ずかしい事に、喫茶店に通うほどオシャレなガキンチョじゃなかったもんで、教えていただけると助かりま~す。(^^;)
謎が解けましたら、簡単にできるレシピを考えて近日中に公開致しま~す!

投稿: 「まらじ」です | 2007年1月 6日 (土) 02時06分

レスありがとうございます。
キーマカレーという言葉を知りませんでした。すいません。
調べてみたらカレーパンに入っているようなカレーなんですね(^_^;)
私の作りたいのはもう一つの方のカレーピラフです。
パラリとおいしいカレーピラフ♪
どうぞよろしくお願いします。

投稿: matucyan | 2007年1月 6日 (土) 15時11分

了解で~す。
「懐かしの喫茶店風ドライカレー」の簡単レシピに、ちょろっと挑戦してみます。

 

投稿: 「まらじ」です | 2007年1月 6日 (土) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141262/12746021

この記事へのトラックバック一覧です: 「カレーつけ蕎麦」簡単レシピの巻:

« カレー暴君の巻 | トップページ | JANJAN (〓) »