« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月31日 (火)

すぱいす こ熊や (〇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その36)

「すぱいす こ熊や」、最近オープンした薬院六角の近くにある和風カフェっぽいカレー屋さんです(以前こじゃれたラーメン店があった所です)

母体は湯田温泉(山口県)の創作料理店らしいですが、今回何故か?魔の六角に出店! 同じく六角には「ミラン」、ご近所には「マイティガル」・「心」・「PANAPANA」と、カレー屋だらけ! これはかなり自信があると見た!(※「心」は無くなっちゃいましたけど)

和風の食器&スプーンでいただくカレーは、なんだか斬新で経験した事のない感じです!  

食器・漬物の高菜・おいしいご飯が和風を演出しているのに対し、カレーは、フレンチのブランケット風(ホワイトシチュー)というか、イタリアンのチーズが溶け込んでいるベシャメルソースみたいなベースを、カレースープでサラサラにのばしている感じで、表現しにくいフュージョン料理です(さすが創作料理店)  簡単に言うと、和洋折衷の乳系サラサラカレーってとこでしょうか。

薬味の高菜はとってもおいしく、これだけでもご飯がすすみますが、粉チーズの方は、元々チーズっぽい味なので、これ以上入れると味のバランスや食感が悪くなるので個人的には入れないほうがオススメ・・・

量やトッピング中心のメニューなので 品数に若干の物足りなさを感じますが、(一品勝負のこのカレーは)何だかクセになりそうな味ですので、毎日行っちゃう人もいるかも・・・

せっかく美味しいのに、外観がカレー屋っぽくなく 少し入りにくいところは、ちょっと損してるかも知れませんね・・・(この辺は、特に競合多いし)  

追伸:ココも閉店しちゃいましたね・・・

ё 福岡市中央区警固1丁目1-10 (八百屋「かいぶつくん」の近く)

  092-737-7776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

卵の巻

(10/30・晴れ) 今日は、卵を使ったカレーです(2品)

1030_2 1品目は、ゆで卵を使ったキーマエッグカレー

マニアックな話ですが、市販の(インド産)ミックススパイスやミキサーを使用していないので、よくあるインドレストランのものとは違って、ワイルドな仕上がり!

挽肉とゆで卵は相性抜群ですので、個人的には見た目重視のキーママタール(グリンピース)より試してもらいたいコンビネーションです

1030 2品目は、昨日のカレーが余ってたので、オムカレーにしてみました

オムレツには、通常甘めのソース(ケチャップ系・デミグラス系)がかかってますので、元々デミグラスソースの親戚みたいな欧風カレーを、ちょっと甘めにすることでオムレツとの相性はバッチリです!

卵は万能ですので(生はオススメしないけど)、是非カレーにもお試し下され!(一度衝撃的にマズイ、ネパールの卵料理を食べた事ありますけど・・・)     

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

残りのZEPPINカレーの巻

(10/29・晴れ) 今日は、先日の「ZEPPIN」の残り半分を使ったカレーです。

1029 実力は先日試した通り! 今回はこのルーにさらにアレンジを加え、ハイレベルな欧風カレーに挑戦してみました。(前回の記事「ZEPPIN(カレー絶品)インプレッションの巻」へはココからどうぞ!)

前回書いていた様に、高次元でバランスがとってあるので、ヘタにいじると不味くなる可能性大!

オリジナルの香りを邪魔する事がないスパイスを使用して香り+スパイシーさを強化&隠し味程度の味の調整で、より専門店っぽい感じにアレンジ・・

やっぱりこのルーうまいっす! 

しかし、欧風カレーってお母さんのカレーとはまた違う次元のカレーですので、決して万人向けのマストアイテムにはなりえない味とも言えます。(「H社のレトルト」で例えると分かりやすく、「ククレカレー」と「カレーマルシェ」のポジションの差みたいな感じです)

小さい頃から家でも外でもカレーばっかり食べてた自分は、欧風カレーにもインドカレーにも馴染み深いものがありますが、普通はカレーと言えば、家のカレーか給食のカレーだと思いますんで、このルーはちょっとマニア向けですよね・・・

でも4回に1回位はこういうカレーもいいんじゃないかな~・・・?   

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

豚もも肉のカレーの巻

(10/27・晴れ) 今日は、酸味の効いたポークカレーです(ちょっとメジャーな“ポーク・ビンダルー”とは違いますバイ!)

1027 タマリンドやヨーグルトで酸味を効かせてみたんですが、こういうカレーも「バランス」が重要! 酸味・辛味は強すぎるとダメだし、スパイスも強すぎるものは避けた方が無難

酸味のあるカレーもウマイっすよ!

行った事のないカレー屋さんを探しているんですが、かなりネタ切れ状態が続いていて、結局よく行くお店で食べちゃう事も多く、実は以前解析したお店の記事をチョコチョコ最新情報なんかに入れ替えている事があります

コックさんが変わったり、店員がウザくなっていたり、お店が無くなっていたり・・いろいろ変化している中、気付いた事は変更させてもらってますので、たま~に過去の記事も見てね!     

つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

ポークキーマカレーの巻

(10/24・曇りのち雨) 今日は、豚挽き肉を使ったキーマカレーです

1024 鳥でも牛でも合挽きでもラムでも別にかまわないんですが、今日は豚肉! 

臭みを消す必要があまりないので、合挽きやラムより使いやすく意外とオススメ!

キーマカレーには様々なタイプがありますが、今回はスパイス強めでちょっと汁気がある感じに仕上げました

これがご飯にガッツリ合うんです! 

後から出てくる肉汁を捨ててしまうとせっかくの旨味が台無しなんで、油分を気にしている方は、最初に使う油の量をできるだけ減らしておいた方がいいかも!      

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

コルマカレー(あの店のじゃないよ)の巻

(10/22・晴れのち曇り~雨!) 今日は、贅沢にポーク・コルマ(KORMA)カレーを作ってみました。

1022 コルマと言えば、「デリー」系のコルマのイメージが強くて、コレ色から違うじゃん!って言われそうですけど、コルマってインド・パキスタンのヨーグルト・ナッツ・クリームなんかを使った、マイルドでリッチな料理の名称ですので、オリジナルですがコレも一応コルマです(もちろん、比較的じっくり玉ネギを炒める? ところや、コクがたっぷりなところは共通ですよ!)

フンパツしただけあって、なかなか美味しく完成!

でもカロリーはとっても高そう・・・(今回ギーも使ったし)

いくらスパイスが体に良くても、決してヘルシーとは言えないですな~・・・    アーユルベーダとは別次元のインド料理ってとこでしょうか・・? 

ちなみに、通常 2食(野菜カレー):1食(肉カレー)位の比率で食べてますけど、日本人の体質でもカレー(スパイス料理)ばっか食べてて大丈夫なのかは未だに不明・・・  いつからか忘れたけど、一年以上は食べてるな~・・・   

つづく

追伸: 幼い頃から大好きだった「ばってん荒川」さんが、本日お亡くなりになったそうです 心からご冥福をお祈り致します  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

いろいろキーマの巻

(10/20・雨のち晴れ) 今日は具沢山! 挽肉・ジャガイモ・しいたけ・長ネギ等々・・、いろんな野菜入りのキーマカレーを作ってみました

1020_1調理の仕方やスパイスなんかは、久々に南インドをイメージ! おそらく、こんなカレー作ってるヤツぁーいないでしょう・・・

でもね・・ これがおいしいんですよ!

何でもアリって訳じゃなくて、いつも言ってる「バランス」さえ考えれば、カレーは大抵おいしくできるもんです・・・

いろいろと試しても面白いかも!?      

つづく

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

2段熟カレーインプレッションの巻

(10/16・晴れ) 今日は、新型カレールー・インプレッション第3弾

“グリコ「2段熟カレー」”、このルーはスペシャルものではなく、他の定番クラスに差をつけるべくマイナーチェンジしたってところでしょうか・・・

1016_1 先日試した同メーカーの「ZEPPIN」と比べると、「ZEPPIN」が欧風・これが日本風とはっきり分けている感じ・・ 値段も市場では2倍近い差があり、香りなんかにもやっぱり差が・・・ 

ですので、今回はちょっとスパイスの量を多めにして、具は日本風に合う玉ネギ・ポーク・ジャガイモを使用

作っていくと、いろんな意味で“濃い”って感じるハズ・・ 小麦粉orコーンスターチの比率が高いのか、火加減を誤ると底にコゲを作りそうな感じですし、味もけっこう濃い感じ!(これが箱にある「深み」って事か?)

しかしこのルーには、「ZEPPIN」みたいにバランスが崩れる心配はないタイプですので、いろいろ手を加えて自分好みに作っていくという、カレー作り本来の楽しみあります

ただ、ノーマル熟カレーを初めて食べた時みたいな感動はなく、先代はセロリっぽい独特の香りが個性的だったのに対し、今回は濃厚さがコンセプトだからか?「こくまろ」を意識しすぎている感じで、個性というより“濃い”印象が強いかな・・・ 

もちろん最近のルーを比較しているだけの話で、従来からあるルーなんかと比べると、短時間で濃厚なおいしいカレーができますし、これが一番って方も多いんじゃないかな・・

結構手を加えたのであまり参考にはなりませんが、出来上がりはこんな感じ

1016_2_1 お母さんのカレーが一番派の人には、かなりオススメの一品です。(欧風カレー好きな方は、100円ちょっとの差ですから「ZEPPIN」がオススメ)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

レストランタイプの巻

(10/15・晴れ) 1015 今回作ったのは、ムスリム・スタイルのレストラン風チキンカレー!〔だ~け~ど~も~た~れ~な~い~~※旧ドラえもん風(注)〕

よく言ってる“胃がもたれる”という症状は、油の酸化が関係しています(クリームやナッツが重いってのもありますが)

アーユルヴェーダの国・インドでは、基本的にはその日に作ったものはその日に食べ、前の日の残り物は食べないという考えがあります

“新宿・中村屋”さんでは、伝承時通りの「浄・不浄」の教えを守り、完成~2時間以内に提供しているらしいですし、健康の事やスパイスの香り&効能を考えると、味や経済性も大事かも知れないですけど、古来からの先人の教えは伊達じゃないと思います

ま、もたれなくてもカロリーを考えると毎日は食べれないんですけどね・・・(自分もブログには載せてませんが、毎日カレーを食べていると言っても、ほぼ野菜中心のあっさりカレーですし)     

つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビスヌ (〇)

“カレーましん「まらじ」”の福岡カレー解析(その35)

インドレストラン「ビスヌ」、久留米(2)・小郡・佐賀・熊本(3)・長崎・鹿児島に9店+大阪・春日の「ハリー」+鳥栖の「ニューデリー」と、かなり店舗展開している“ビスヌ・グループ”のお店です。

「ハリー」の記事にも書きましたが、マイルドでスタンダードなインドレストラン料理です。

※ 自分が日本でのスタンダードと言っているのは、まずタンドールがあってなんぼの、インド北部(デリー辺り)の高級なレストランの料理を、日本の食材や舌に合わせてリメイクしたお店の事で、インドの家庭で食べられている料理とは相反する、インド外食料理の日本版スタイルの事です。

解析してみると、ナン(結構厚めのタイプ)・カレー(マイルドなんですけど、しょうが等のペーストの舌触りが若干残っているタイプ)・タンドリーチキン(表面が朱色の少しパサッとしているタイプ)と、好みを決める基準にしやすいです。

もっとパリッと薄めのナンが好きな人もいるだろうし、マイルドすぎるカレーよりこういった具の舌触りが心地よい人もいるだろうし・・・、全体的においしくてハズレがなさそうだから、ココを基準にしつつ いろいろ食べ比べると、自分の好みがだんだん分かってくると思います。

内装もきれいだし、料理もおいしい、・・・お値段と数時間後の胃の調子が、やっぱりチト気になりますが・・・

とりあえず2店(後は調べてね・・)

ё (百年公園店) 久留米市百年公園1-1 (0942)-37-0369

  (佐賀店) 佐賀市駅南本町2-1MT-16 

        (0952)-28-2150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

ZEPPIN(カレー絶品)インプレッションの巻

(10/13・晴れ) 今日のテーマは、新型カレールー・インプレッション第2弾! 「グリコ“ZEPPIN(カレー絶品)”を斬る!」です

1013 辛さなんていくらでも調節できると思って、無難に中辛をチョイス!(繊細なバランスだったので、後になって辛口にした方が無難だったと発覚)

外側のルウに入っている40種類のスパイスや、内側に詰まっている“デュクセルソース・特性フォン”による“コクと香り”がウリのようです・・・

いろいろ試したいので、今回も箱の作り方はもちろん無視します

ルーの内側の部分をちょっと味見してみると、ホントに即席フォンって味が濃厚にします!

例のごとくお湯に溶かして味見してみると(内側がちょっと溶けにくい)、バリッとフォンが効いた欧風な味+普通のルーよりスパイスの香りが強く(カレー粉の香りではなく、2~3種類のスパイスの香りが際立った感じ)、これはかなりレベルの高い欧風カレーが作れそうです!

具は、甘めに炒めた玉ネギ・フレンチ風に下準備した牛肉・この味には絶対合いそうなジャガイモ(男爵は避けた方が良さそう)に決定!

このルーには、あまり手を加えすぎるよりも、お好みで ルーと同系の香りのスパイスをスターターのスパイスとして(少量)使って香りをアップさせたり、仕上げにガラムマサラで風味や辛味を微調整したり、少しだけ甘味的な隠し味をプラスする位にしておく方がオススメ!(カレー粉っぽい香りのガラムマサラなら入れないほうが無難)

このルーは高次元でバランスがとられており、昔のルーみたいにゴチャゴチャ入れるとかえって不味くなる可能性大ですので、もはや作るという作業はあまり残されていないでしょう・・・

出来上がりはこんな感じ1013_2_1です

コレって今まで使ったことのあるルーの中で、レストランのような欧風カレーを作るには最強アイテム!

ホテル出身のフレンチ系シェフが作るようなカレーを目指している方は、絶対試した方がいいです!

このタイプのカレーは、イチから自分で作るとなると、時間・費用・テクニック・西洋料理の知識の全てが必要となりますから、このルーのレベルの味って簡単には出せないハズです

逆にある程度詳しい方なら、これをベースにすればレストランの味が簡単に真似できてしまう、これまた料理人泣かせなアイテムが市販されてしまったものです・・・(勘違いしてお店始めちゃう人いたら嫌だな~) 

斬るどころか、返り討ちにあった気分・・・
「ZEPPIN」恐るべし!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

エノキ入りカレーの巻

(10/11・曇り) 今日は、エノキ入りのカレーです

1011_1 カレーにえのき! 日本のカレーみたいなトロミの多いタイプには△ですが、汁っぽくてスパイシーなカレーには◎

味噌汁や鍋なんかに入れると、いかにもエノキが入っている味に変わってしまいますが、カレーだとそんな事もなく食感を楽しめます!

意外なところでは、チンゲン菜なんかもイイ感じの食感ですよ!(入れすぎ煮すぎは禁物ですが)    

つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

「美味しんぼ24巻」の巻

(10/8・晴れ) 今日は「いーとん」の記事を書いたついでに、和風だしでインド風のカレーを作ってみました。

108 カレーに和風だし、エッ!っと思った方はまだまだマニアの域に達していないですよ!(元々カレー南蛮等も和風だしですし)

これを読んで目覚めた方も多いかと思われる画期的カレーバイブル「美味しんぼ・24巻」!

カレーとは何なのか?、本場ではどうなのか?、今まで考えた事もなかったような事が、この本ではどんどん出てきます!(いろんなルーや具材を試していたレベルだった当時の自分も、これで目覚めました)

恐らくこの漫画の影響で、ガラムマサラ(本ではガラン・マサラ)が日本に浸透したと言っても過言ではないでしょう・・・

その中に名前だけメジャーになった「モルジブフィッシュ」というものがあります。

スリランカで使用されているこの「モルジブフィッシュ」は、鰹節とそっくりな乾物で、砕いて粉状にして使われます。

旨味を補うために使用する訳で、もちろん日本の鰹節で代用可!(漫画では鰹節をすりつぶしたものをスープに使用)

もちろんインドの家庭では事前にダシをとったりしませんが、インドの高級レストラン・日本のインドレストランでは一部スープストックを使用しているお店もありますから、いろいろ試すと面白いですよ!    

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いーとん (☆)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その34)

小倉北区の「いーとん」、かわいい感じのカレー専門店です

ココは、ほとんどの情報源にオムレツ系のカレーがオススメしてあるので、洋食屋さんっぽいお店かと思いきや、和風だしによってアレンジされた個性的な欧風カレーってな感じで、他のお店で例えるなら“「辛樹」をさらに洋風にした感じ”ってトコでしょうか・・・

もちろん一番人気らしい“えびとあさりのクリームオムレツカレー”を筆頭に、店内では“チーズオムレツカレー”なんかのオムレツ系メニューを食べている方がほとんど・・・

しかし、個人的にはスペシャルビーフカレーがオススメ! スプーンで簡単にほぐれる程やわらかなビーフと、ちょっと甘めのカレーソースの絶妙な感じがたまらんです!

インド風のスパイシーチキンカレーなんかもありますが、ちょっと薄めの味付けですので、オムレツ・ビーフ系の味が強いベースのものとは一緒に食べない方がいいかも・・・

はるばる福岡市から行かれるなら、ビーフやチキンにはハーフサイズもありますので、気合を入れてオムレツ系と両方食べるのがオススメです! マジうまいですから!

ホントに予想を裏切るというか、食べた瞬間「やられた~・・そうきましたか!」って思いましたもん! 

久々の大ヒットです!

ё 北九州市小倉北区木町1丁目5-12

 093-591-3656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

つゆだくカレーの巻

(10/6・強風) 今日は、つゆだくって言うか汁状のカレーです

106 残り物で作ったので、特に何も考えずにいろいろ入れてみました

味のバランスさえとれれば、カレーに合わないものってそんなにないから、ごちゃごちゃ入れても大抵おいしくできるはず・・・

しかし家庭のカレーって言えば、未だにジャガイモ・ニンジン・玉ネギ+肉ってな感じですけど、この中身って第一次大戦頃に日本軍が肉じゃがと同じ材料で作ってたカレーが広まったものらしいから結構な歴史が・・・

きっと100年先もカレールーの箱の裏のレシピは変わっていないでしょうが、試しにいろいろ入れてみても面白いですよ!    

つづーくー

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

唐辛子チャレンジの巻

(10/4・晴れ) 今日は、ガーデニング?についてです

以前から、月桂樹なんかを栽培してきたんですが、今回夏にしか育たないらしい唐辛子を秋~冬にかけてチャレンジ!

青唐辛子は結構高いので栽培するのが一番ですが、屋外では9月に終わってしまいますので、虫と戦いながら屋内で栽培してみる事に・・・

104_3 ←これはいっぱい芽が出たうちの1つ(めっちゃカワイイ!)

時期ハズレですが、とりあえず種を蒔いてみたところ、ほぼ100%の割合で発芽! 通常だとほっといても育ちますので、これはイケルかも!(唐辛子君の成長は今後も時々レポートします)

104 ちなみに本日のカレーは、ネパール!って感じのタルカリです

ご飯としゃばしゃばやって食べるとウマいんですよ!   

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

ドライキーマとナンの巻

(10/2・晴れ) 今日は、ドライタイプのキーマをナンで食べました

102 102_2

 今回はお手製簡易タンドールを使用せず焼いたので、ホントはナン風パンと言うべきなんでしょう・・・ ま、細かい事は気にせず、見た目かわいく・味は本物っぽく作ってみました

もちろん大好きなお米も食べますので、ちっこい“ぷちナン”を作成 !(この写真の、なかなかイイ感じの不恰好さが気に入ってます)

いろいろと大変ですので、インドの方も我々がパンをパン屋で買うようにナンはお店で買ってくるものらしいし、近所にインド料理屋さんがある方は買ってきた方がかえって安上がりかも・・・(^^;)    

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

ちょいヘルシーバターチキンの巻

(10/1・曇り時々雨) 今日は、数あるインド料理の中でも、かなり人気メニューのバターチキンを作ってみました

101 元々スッゲー高カロリーな料理ですが、健康のために脂肪分をできる限り控えめにアレンジ!、仕上げの生クリームもモチロン省略しました。(インドの高級レストランでは、恐ろしい量のバターとクリームを使用するらしいですけど)

バターチキンは玉ネギを炒めたりしなくていいから、タンドリーチキンを使わないレシピだとけっこうお手軽に作れます

人気があるメニューなので、ネット検索すればいろんなレシピが出てくるでしょうから、自分好みなレシピを探して是非挑戦してみて下さい!

お前のレシピを教えろって言われそうだけど(バターチキン・レシピでの検索はかなり多いみたいなので)、あえて特徴だけお伝えしますと、①食パンと食べても美味しいように、トマトを若干少なめにして酸味より甘味を強調しています ②このメニューは、あまりガツンとスパイスを効かせるより、カソリメティをほんのり効かせる位の方が合っている気がするので、そんなにスパイスは使っていません(インドで使わない様なスパイスを使っている所もあるみたいですが、それもどうかな~・・・) 

そう言えば、見た目がそっくりだったからふと思い出したけど、以前紹介したS&Bのレトルト「バターチキンマサラ」はなかなか美味しかったけど、まだ売ってるのかな?   

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »