« 速攻で作るカレーの巻 | トップページ | 超スパイシーカレーの巻 »

2006年3月13日 (月)

欧風カレーの巻2(コメント辛口)

(3/13・晴れのち曇り)  今日は、ビーフカレーを(本気で)作ってみました。

3 もちろん、ブイヨン・カレー粉(欧風の際使用)もお手製です(どこかで見たような感じに盛り付けました)。

自画自賛で申し訳ないですが、さすがにここまでやると凄く濃厚な味とコク!

こういうレストラン風のカレーは、オリジナルの粉を数種類ブレンドしてルーを作ったり、ブイヨンを煮込んだり、ものすごく時間をかけて作る事になります。

ほとんど洋食の手法で作る訳ですから、一流シェフがお金と時間をかければどんどん高級料理に・・・

きっと、それを家庭で再現するのは困難ですし、もっと口に合うものを!という需要から、カレールーがこんなに発達したのかも知れませんね・・・(日本人って、すっごい高級なビーフシチューより、お母さんのカレー「日本風野菜ゴロゴロ」の方が好きですしね!)

ところが、外でカレーが食べたくなったときは、そんなカレーだといつも食べてる味噌汁に高いお金をだしているような感じだから、いっぱいトッピングしたり、高級なレストランの欧風カレーだったり、ナンがウリの宮廷インド料理という方が多いんでしょう・・・

・・で結局、カレー好きを公言している方にも、家(お母さん)が一番だと言いきる方が多い・・・(それは使ってるルーの実力や!っちゅうねん) 

スパイス料理が好きな人は、家のカレーが一番って決めず、いろいろと食べてから自分で作ってみると、世界がひろがりますよ!

つづく

|

« 速攻で作るカレーの巻 | トップページ | 超スパイシーカレーの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧風カレーの巻2(コメント辛口):

« 速攻で作るカレーの巻 | トップページ | 超スパイシーカレーの巻 »