« ガネーシャ(GANE-SHA) (★) | トップページ | ツナパハ (★) »

2006年2月27日 (月)

キーマカレーの巻

(2/27・晴れ) 今日は、鶏の挽肉でキーマカレーを作ってみました。

2カレーが嫌いという、インド人どころか日本人もびっくりする位珍しい方に、胃もたれするから・・という方がおられました。

そういえば自分も年々、明らかに“こってり業務用カレー”をかなり使用しているであろうお店等で食べた後、胃がしくしく悲鳴をあげるようになってきました(涙)。

でも、あれもおいしいんですよね!

とんでもなく大量に作っているだろうし、味も完成しているし・・・

ところがお店で出す際には、(もともと煮込んであるのに)少しでもオリジナル性を出そうと、さらに油を使った具材を加えて調理がされてたりして、メニューには三日間じっくり煮込んだ自慢の味なんて書いてある!

きっと油がかなり酸化して胃にキビシイのでしょう。(インドでは、時間が経ったものは体に悪いという考えがあるそうです、先人の教えって科学的にも正しいこと多いですしね・・・)

長くなりましたが、家庭でのカレーは、サッパリ系が良いです。

今日のキーマは“パラパラ・サラサラ仕上げ”、その日仕込みのスパイス料理は香りも抜群だし、消化が良く食がすすみ(すぎ)ます!(汗)   

つづく

|

« ガネーシャ(GANE-SHA) (★) | トップページ | ツナパハ (★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーマカレーの巻:

« ガネーシャ(GANE-SHA) (★) | トップページ | ツナパハ (★) »