トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

2006年2月27日 (月)

キーマカレーの巻

(2/27・晴れ) 今日は、鶏の挽肉でキーマカレーを作ってみました。

2カレーが嫌いという、インド人どころか日本人もびっくりする位珍しい方に、胃もたれするから・・という方がおられました。

そういえば自分も年々、明らかに“こってり業務用カレー”をかなり使用しているであろうお店等で食べた後、胃がしくしく悲鳴をあげるようになってきました(涙)。

でも、あれもおいしいんですよね!

とんでもなく大量に作っているだろうし、味も完成しているし・・・

ところがお店で出す際には、(もともと煮込んであるのに)少しでもオリジナル性を出そうと、さらに油を使った具材を加えて調理がされてたりして、メニューには三日間じっくり煮込んだ自慢の味なんて書いてある!

きっと油がかなり酸化して胃にキビシイのでしょう。(インドでは、時間が経ったものは体に悪いという考えがあるそうです、先人の教えって科学的にも正しいこと多いですしね・・・)

長くなりましたが、家庭でのカレーは、サッパリ系が良いです。

今日のキーマは“パラパラ・サラサラ仕上げ”、その日仕込みのスパイス料理は香りも抜群だし、消化が良く食がすすみ(すぎ)ます!(汗)   

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

ガネーシャ(GANE-SHA) (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その10)

北九州市の魚町にある「ガネーシャ」、北九州のインド料理好きな方が、よくオススメされているお店です。

やさしい味の「キーマカレー」、少し辛くてコクも豊かな「コルマカレー」等々・・・どれもウマイ!(自分は、「コルマ」が大好きです!)

あと、メニュー表が楽しいのもイイですね~!(思わず頼みたくなる「セットメニュー」の説明とか、オススメの食べ方とか・・(笑))

ホントに、多くの方々がオススメされてるのがよく分かります。

お店の立地も外観も、カレー好きをワクワクさせるピカイチの怪しさ!?
そして、期待通りのうまさ!・・くぅ~たまらん!(修行された所と180度違う雰囲気が大好きです!)

ココに行くためだけに福岡市からはるばる出かけてますが、何度行ってもいろいろ発見があるお気に入りのお店です。(このセンスは最高!)

※ 超~好き!、マジでよく行ってます!

ё 福岡県北九州市小倉北区魚町2-3-20 百万両ビルB1

   (093-541-2608)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラム&野菜カレーの巻

(2/26・雨) 今日は、ラム肉を使ったカレーと、豆とキャベツのあっさりカレーを作ってみました。

226 ラムカレーの方は、南インド風でとってもスパイシーに、野菜カレーの方は、サラッと胃に入る感じにしました。

ラムやマトンを使ったカレーは、少しヘビーですから、全く違う1品があると、より食がすすむと思います。

もう1品は、残り物の野菜で作る 「簡単・野菜のスパイス煮」!(10分位でできちゃいます)

野菜を切って、お好きなスパイス2~3種類と塩で炒めて(ナッツ系、乳系、ココナッツ系、スープ系等の)汁でのばして出来上がり。

各分量もインドの奥様感覚で、その日の体調に合わせてってのがスパイス料理のイイトコっす。

つづく  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

ショナールスパイス (◇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その9)

大楠にある「ショナールスパイス」、珍しいバングラデシュ・カレーのお店です。

バングラデシュはインドとミャンマーの間にある国なんですが、ネパールにも近いせいか、ネパールに近い味な気もします。(ベンガル料理ってヤツですね!)

また、食材にもこだわっているみたいだし、お店の感じもいいので、女性客も多そうです。

友人などをここに連れて行けば、かなりカレー通と思われるでしょうね~・・

今まで食べてきたカレーとなんか少し違っていて、しかもおいしい!

ただ、場所が少し入った所(日赤通りの大楠小前信号を日赤病院の反対側に入った道沿い)にありますので、迷ったらお店に電話した方がよさそうです。

※ 閉店するとの噂を聞きました・・(悲)2006-4

ё 福岡市南区大楠1-8-16

    (092-531-3365)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

欧風カレーの巻

(2/22・曇りのち雨) 今日は珍しく欧風(ホントは日本風?)カレー、一昨日からコツコツ作っておりました。

2 先日の鶏がらスープをベースに、数多くの食材をじっくり煮込んでいったので少ない量では難しく、数日分できちゃいました(写真は昨日のものです)。

作っていると、やはり欧風カレーというのはホテルや高級レストランで磨かれていった、日本の料理なんやな~と実感します(インド時代の原型あんまり無いっす)。

ただ、なじみの味というか、やっぱりうまいんですよね! そしてカツなどのトッピングが何でも合いますよね!

でも作ってる途中思うのは、おそらく皆無なヘルシー度、たぶん毎日は食べない方が・・・(メタボっちゃう??)

明日は、さっぱり南インド風がいいな~ でもまだ二日分以上あるな・・・(冷凍か!?)          つづく       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

チキンカレーその2の巻

(2/20・晴れ) 今日は、またチキンのカレーにしてみました。

フンパツして、鶏がらのスープストックを作る事だけ決めて、後は具材等その場その場でアレンジ

普段あんまりミックススパイスは使用しないのですが、今回は「オリジナルブレンド1型」+「中村屋」+αを使用。

味見~調整していると、スリランカっぽい仕上がりに・・・(スリランカはミックススパイスを使用するみたいだし、自然な流れ・・?)

2 ココナッツ風味で辛くてシャバシャバ! このスタイルはやっぱり大好きです。 

いつものカレーに缶のココナッツミルクを少々加え、サラサラに薄めても結構面白いですよ!(入れすぎは禁物)

つづく

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェンネル (〇)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その8)

千代(県庁前)にある「フェンネル」、スープカレーのお店です。

メニューはシンプルですが、おいしいスープカレーが楽しめます!

まる見えのカウンター内でもくもく調理するオーナーを眺めながら、あっという間に食べちゃう美味さ!

以前は、ダシにこだわっているのが日本のスープカレーの特徴!的なコメントを、TV・雑誌で言っているお店をよく見かけたので、スープカレーってあまり好感もってなかったんですが(ラーメン店同様、スープはお店の秘密部分でもあるからあまり語りませんが、インド料理店やカレー専門店なら、どこの店でも普通はこだわってますよね・・・ ※家庭料理ベースのお店は除きます)、最近は生き残り競争が始まっているので、トンチンカンなコメントも減ったみたいで何より!

さらに、ヘルシーさを売りにしているのに、具の素揚げ野菜に使っている油が悪いのか、胃がもたれることもしばしば・・・ 

ここのお店は、気になる胃もたれもほとんどなく、ここのカレーを食べて、「スープカレー」もすっかりお気に入りになりました!

スープカレーは広まってからの歴史がまだまだ浅いので、これからどんどん進化&淘汰を繰り返していくことでしょう・・・

<2006-9>-閉店したそうです。  記事にも書いていた通り、スープカレーも生き残り競争が始まって、どこもメニューを増やしたり値段を改定したり大変そう・・・  残念ですが、ブームというのは永遠には続きませんから、これからもどんどん進化&淘汰は続くでしょう・・・

ё 福岡市博多区千代4丁目29-51

    (092)-632-1889

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPICE HOUSE Sally(サリー) (☆)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その7)

久留米市の「スパイスハウス サリー」、ここも老舗的カレー店で、スーパーにナン(のもと)やカレー粉が売っている有名店です。

東京の超有名店で修行された事もあるらしく(同じ店で修行された方は結構多い!)、メジャーな名前のカレーがあります。(辛いですよ!)

おいしくて高級です、“春日ロッジ”の高級とは違い、フルコース的なお店です!

高級カレーが食べたくなった時や、デート等で洒落たお店に行きたい! そんな時にオススメです。

ё 福岡県久留米市諏訪野町1-1

   (0942)-35-0333

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スラージ(SURAJ) (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その6)

天神にある「スラージ」、東インド地方(カルカッタ※)の本格インド料理レストランです。(※ 現コルカタ)

ココの系列は、ランチメニューのみを食べている人と、いろんなメニューを食べてる人との印象がかなり異なるのではないでしょうか?

同じ様な料理を出すインド料理屋さんでも、ランチ専用のカレーを仕込んでるお店と、具材・トッピング・仕上げ調理を簡素化して対応しているお店のランチとは、いろんな違いがあって面白いです!

ま、ランチ専用のカレーの方が、ある意味家庭料理っぽい感じな(変にコッテリしてなくて美味しい)事も多いので、この辺は好みの問題でしょう・・・(自分はどっちも好きだからいいんですけどね・・^^;)

ちなみに、ソレとは別に(ココとは大違いで)、元々「おいおい!(^^;)」ってなモノを、さらに「おいおい!(^^;;)」化して出してるお店も・・・(コレは辛い)

・・で、何が言いたいのかと言うと、ココの単品料理には、とんでもなく香り豊か&ウマイものが多いんデス!!(o^-^o)

特に、「アルゴビ」(ジャガイモとカリフラワーのカレー)なんかは、匠の技ですね~!

あの香ばしい味は、ちょっと他にないです!(「ナン」のレベルもかなり高く、他にも すっげーメニューが!!
コックさん達の腕がいいんでしょうね・・・)

ヨドバシ博多の「スジャータ」・渡辺通りの「シャクティ」(閉店)・イムズに「サーガル」という姉妹店もあります。(メニューや味は微妙に違うけど、傾向は同じっス)

マジで、かなりオススメのお店です!(・ⅴ・)b

【追伸】: 最近姉妹店では南インド料理を出しているみたい!(曜日ローテーション)←コックさん、国に帰っちゃったみたいですね・・・(残念 T‐T)

【続 追伸】: 以前から「アルゴビ」にハズレの時があるって噂を聞いてたんですが、最近行くと 確かにココ独自の“あの感じ”でない日がありました・・・ショ~ック!
(T‐T)

考えられるのは

① 忙しかったので簡単に作った。《自分自身もそうやって(簡素化して)作る事がありますので、この可能性は高い(他の店でも経験あるし)》

② コックさんが変わった。(シンプルだからこそ、腕や作り方の差が大きいメニューなだけに、コレは痛い!)

①であって欲しいものです・・・(ハズレのヤツでも十分ウマイんですけどね)

ё 福岡市中央区天神1丁目15-3

   (092)-714-7176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーのひらの (Å)

どなたか、昔 福岡市東区の原田~松島(「メガネの三城」さん辺り)の所にあった、「カレーのひらの」をご存知ないでしょうか?

自分の人生を変えた衝撃の味!(当時福岡にあんなお店、他にありませんでした!)

子供ながらも、当時有名だった「ナイル」(初めて激辛カレーというものに出会い、友人と1ランクずつ勝負してました)・「湖月」(映画帰りの基本)とは全く違うと感じたあのカツカレー!

きれいにクリームがたらしてあり、細く切られたカツとも初めての出会いでした!

なくなった頃から、いろいろ聞いたり調べたりしましたが、全く分かりません・・・(涙)

ご存知の方は、是非教えて下さいm(_ _)m(宜しくお願い致します)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春日ロッジ (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その5)

春日市の「春日ロッジ」、福岡の老舗的存在です!

福岡一と紹介される事も多いこのお店ですが、最近はさすがに周囲の建物とお店の外観が違いすぎて、かなり怪しい感じに・・・(知らない人には、かなり謎のお店だろうな~・・)

TVや雑誌なんかでは、でっかいチキンがドカンと入っている“インド風カリー”しか出てこないですが、ここの“英国風カレー”はスッゲーイチオシ!

仔羊のカレーなんかもオススメですので、数人で行っていろいろ試すのもイイかも・・ (ご飯はおかわりできます!←システムは微妙だけど^^;) 

お土産にカレーパンもおすすめ! 

ё 福岡県春日市春日4-93

    (092)-571-2788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

タージ(Taj 大川市) (∞)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その4)

大川市の「アジアンキッチン タージ」、1999年まで“親不孝通り(親富孝通り)”にあった伝説のカレー屋さんです!(大川市の“ゆめタウン”のお隣にあります)

「マサラカリー」・「インドカリー」・「タンドリーチキン」・「ナン」・・・どのメニューも絶品!
絶対にいろいろ試した方がいいです!(福岡市から遠いですから、忘れる前にお持ち帰りも即注文!)

好みやジャンルを超えて、東京の方が「中村屋」のカレーをそう例えるように、福岡では別格と例えるのが的確だと思います。

さすがに30年近い歴史&伝説のお店と言われるだけあって、元々修行をされていたお店の“ご飯に合うように日本人向けにアレンジされたインド料理”というコンセプトを継承しつつも、数多くいる同門の方の中でも群を抜いたアレンジをされています!(全国的カレーマニアな方以外には、何のこっちゃ?って話ですが・・)

今や福岡でカレー屋と言えば、本場を謳うインド料理店の事を指すくらいの勢いで、外国から次々とコックさんがやって来ては お店を増やしています。 

カレー好きとしては嬉しい反面、日本人のカレーがおされているのも事実・・・

そんな中、ココみたいに(インド料理店の)本場のコックさん達も一目置いている 強力なお店があるのは嬉しいですね~!

【追記】: 変化には、良い変化と悪い変化というものがありますが・・・(´-`)<2009-5>(あえて こう書きましたsweat02)  

ё 福岡県大川市あげまき436-4

  (0944)-87-0855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルナート (◎)

“カレーましーん「まらじ」”のカレー解析(アウェイ1)

大分市府内町にある「サルナート」、九州ではなかなか味わえない本格南インド料理が楽しめるオススメのお店です!(北インド料理のメニューも楽しめます)

あの!「アジャンタ」(東京麹町)OBの1人としても有名な方がやっておられる事で、全国的にも有名!、「マドラス・チキンカリー」や「マトン・マサラ」など どれも最高です!

なかでも「チリ・チキン」は絶品!!(はるばる大分まで行ったのに、たまに売り切れてる(涙)・・・) 

食べているうちに、マスターの修行の年輪をヒシヒシと感じます(凄い!)。

ホントにめっちゃうまい!バリバリおすすめのお店です!(個人的には九州一好きかも!?)

こだわりの味と、メニュー表のイラストとのギャップもたまりません(絶妙)。

【追記】: コチラの店舗は、閉店→移転されました。

※ 閉店後(新店舗)の記事はココにあります。(次のお店に期待しましょう!)

ё 大分市府内町3-8-4(2F) →豊後高田市の「ヴィラ・フロレスタ」内に移転されて、店名も「サールナート」になってます!(とってもヘルシーなカレーが楽しめますよ!)→ひとまず閉店されました→現在は、同じく豊後高田市のご実家にて「チャイハナ・海花(KAIKA)」というお店をオープンされてます!

 0978-23-1860→「ヴィラ・フロレスタ」0978-53-4018→「チャイハナ」0978-53-5754

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

レンズ豆(マスールダール)カレー&チキンカレーの巻

P2170002 (2/17・晴れ) 今日は、レンズ豆(マスールダール)カレーとチキンカレーを作ってみました。

豆のカレーは、豆の種類でいろいろ楽しめますし、ヘルシーなのでご家庭で作るのにおすすめです!

写真のカレーは本場っぽく作ったものですが、難しく考えずお手軽に好きな豆《チャナダル(ひよこ豆の挽き割り)もおすすめ》を洗ってから水に漬けておいたり、少し煮たりしたものに“お気に入りのカレールー”を少なめに加え、水・煮込み時間で固さを調整すれば出来上がり!(簡単に出来ますよ~!)

さらに 缶詰のカットトマトを加えて煮ると、ちょとした料理上手感まで出ちゃう!!

もっと楽したい方は、最近は水煮してある缶詰等がありますので、それを使って5分位で作る荒技や、特売のレトルトカレーといっしょにチンして完成という手も・・・

んで、チキンカレーは全く違う味付けに!

二品あると飽きが来ず、ごはんやパンがどんどんすすみます!

うわっ!また食べたくなってきた・・・       

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAGAR(サーガル) (★)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その3)

大名の「サーガル」、目と鼻の先に「ベースキャンプ」があります。

これこそ正に日本におけるインド料理店のスタンダード(タンドール標準装備~インド人シェフの上等(リッチ)な料理~ナンがうまい~豊富なメニュー)と言ってもよい様なお店なので、「超カレー通」な方は批評しちゃうかも知れないですが、オーナーやシェフの人柄等を含めてオススメできる、初めてでも安心なインド料理店だと思います。

自分はココ大好きです!(めっちゃウマイっス!)

ジーラ(クミン)ライス等、ありそうでなかなかないメニューもありますし、もちろんカレーもおいしい。
福岡のインド料理店を食べ歩くなら、ここは絶対外せないでしょう!

本格ゆえに少しだけ油っぽい(かな?)ですが、味・量とも大満足です。

【追記】: なんかココも最近ちょっと心配な感じが・・・<2009-4>

ё 福岡市中央区大名2-2-43イーエルケイ大名ビル1F

  (092)-714-7199

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エベレストキッチン (◎)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その2)

渡辺通り(ほぼ薬院)にある「エベレストキッチン」、ネパール料理のお店です。

よくどこのお店が美味しいかよく聞かれますが、このお店は絶対に紹介しています!(バリうま!)

このお店は正に“めし泥棒”!、“めし”に合うメニューのオンパレードです。

マトンカレー・フライドチキン・ダル(豆)系のカレー、どれもウマイ!
ついご飯がすすんで、メッチャおかわりしてしまいます。(是非ライスを選んで下さい)

ウマイだけでなく、ご夫婦もとってもいい方ですので、マジおすすめのお店です!

※ 赤坂に2号店(「ポカラキッチン」)があります。

ё 福岡市中央区渡辺通り2丁目8-1 王丸ビル2F

     (092)-721-5503

【追記】: 現在、渡辺通りの「エベレストキッチン」(上記住所のお店)は閉店していて、「ポカラキッチン」(※の2号店)を「エベレストキッチン」に店名変更して営業されてます。(住所等は、その記事(リンク先)にてご確認下さい)

                 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マイティガル(MAiTiiGHAR) (◎)

“カレーましーん「まらじ」”の福岡カレー解析(その1)

警固(薬院より)にある「マイティガル」、一番最初に紹介したかった、さっぱり・まろやかネパール料理のかわいいお店です。

何と言っても、「オーナー」&「マトンカレー」がピカイチなんですよ!!

もうね!、食べた瞬間 「うわ!、『マトンチャンプ』に出会っちゃった!!」状態ですよ!!(いや、ホントに!)

マトンを使ったカレーで、このお店以上なモノって、おそらく これからも出会えないんじゃないかな~・・・?(それ位、劇的にウマイです!)

ですので、マトンに不安がある方でも、ココのは一度試してみる価値アリアリです!

もちろん、その他にも 素朴でやさしい感じのネパールカレーや家庭料理の数々が楽しめますので、老若男女問わず オススメできるお店です。(^▽^)b

オーナーの人柄と、怪しげな雑貨のギャップも素敵ですので 是非!

ё 福岡市中央区警固1-4-23

   (092)-751-5363

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

豚カレーの巻

P2150213 (2/15・雨) 本日のカレーは、豚肉カレー!(パプリカ風味のスープなんぞも作ってみました)

先日福岡市内の某インド料理店で食べた宮廷風カレーのもったり感を再現するべく調理していると、やはり味見ごとに胃がもたれてきたので少し調整!

さらに南インド的な要素も加え、サラサラ仕上げに・・・ 

年々“もったり”より、“しゃばしゃば”が好みになってきている事に気づき、カツカレーでないと物足りなく感じていた頃を遠い目で思い出してしまいます・・・(でもカツカレーはやめられないんだけど)

明日は、ヘルシーなカレーにしよ~っと。 

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

福岡発!なにしろカレーばっかりのブログ(笑)

「ナマシュテ~!、あなたツイにこのブログきたね!、もうマサラからキトぬけだしぇないよ!」(笑)

カレーブログ・サイト・本などが まだまだ少ないココ九州・・・、情報源も カレー先進エリアの東京近辺とは比べ物になりません。(悲)

微力ながら、いつの日かこの九州を「カレーの王国」に変えるべく、水面下で活動している、福岡の“カレーましーん”こと「まらじ」です!(なんのこっちゃ!) 

「まらじ」とは、インドの言葉でシェフという意味で(※) 、日々カレーを作りまくり 食べまくる自分が、カレーのお店(料理人)や自作のカレーを紹介するブログって事でこの名前にしてみました!(ちなみに「カレーましーん」ってのは、調理ロボの様にカレーを作りまくる姿から呼ばれる愛称っス^^;)

(※ ホントは、「マハラージ」っぽい発音みたいなんですが、それだと「某ディスコ」とか「大王」を指す言葉の方の意味にとられそうなので(;´▽`A``、和製にアレンジして「まらじ」に、アドレスも「marazi」にしちゃってます!)

1日に最低1食はカレー(スパイス料理)を作り、当たり前の様に毎日食べている・・・

そんなカレーをこよなく愛するみなさん、(そこまでイッちゃってない方も)体中の毛穴からスパイスの香りが消えなくなって「お前、カレー臭(笑)がするぞ!」って言われる様になるまで、共にカレー道を突き進みましょう! 

このブログで、皆さんがどっぷりカレー漬けになる事を期待しております。(「いちゅも見るイイね!、ワタシしあわせ、アナタしあわせ」(笑)→「ココからトップページ行くね!・・、アリガトござま~しゅ!」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »